言語掲示板
 Language Board


画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:14, 合計:732:メッセージ
お名前:国際通訳 ,2018-10-26 03:52:23 PM
題名: Paris La tour Eiffel
私が訪れた際のパリのエッフェル塔の写真です!
パリは、観光・芸術・ファッション・料理などに富んだ街ですので
一生に一度は訪れたい街ですね!


お名前:国際通訳 ,2018-10-26 10:14:19 AM
題名: Dalat
ダーラットあるいはダラット(ベトナム語: Đà Lạt / 多樂、Dalat)は、ベトナム中南部の都市でラムドン省の省都。中部高原に位置する観光都市で、フランス植民地時代に避暑地として開発された。 標高1475メートルの街はダーラット湖沿いに開けている。(Wikipediaより)
この写真は少なくとも50数年前に撮られた昔のものです。
ベトナムではベトナム語、英語、フランス語が話されています。


お名前:国際通訳 ,2018-10-25 01:29:20 PM
題名: 天王寺駅と言語
関空から快速電車や特急が止まり多くの観光客を見受ける。ヨーロッパやアジアの言語が多い、特に多いのが東アジアの言語だ。
JR天王寺駅は大阪府南部や和歌山方面、奈良方面への拠点駅で大阪では2番目(乗降者数)の大きな駅です。駅には小売り店、飲食店、喫茶店等多くいつも賑わっている。1階と2階でMIOと繋がっていて便利である。


お名前:KOKUSAI_ark ,2018-10-25 10:23:34 AM
題名: 中国語
世界で広く話されている言語は英語。
世界で多く話されている言語は中国語。
現代の2大言語になっています。
中国語と言えば主要な地域のものだけでも北京語、上海語、広東語、福清語、台湾語などがありますが、方言のようなものではなく、お互いに通じない、いわば違う言語なのです。そのため、北京語話者には北京語通訳、広東語話者には広東語通訳が対応する必要があります。国際通訳では中国各言語に対応しています。
対応言語の詳細は以下のURLからご覧ください。
https://www.kokusai.ne.jp/in-japan/


お名前:国際通訳 ,2018-10-24 01:33:19 PM
題名: 母語話者数とインターネット使用言語数
母語話者数ランキング
1位中国語、2位英語、3位ヒンディ語、4位スペイン語、5位アラビア語ですが(Wikipediaより)
なんと!インターネットで最も多く使用されている言語は英語のようです!
以下ネットにおける言語使用ランキングです。
1位英語、2位中国語、3位スペイン語
ネット普及率や経済の関係など色んな背景がありそうですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%94%A8

お名前:国際通訳 ,2018-10-24 10:36:01 AM
題名: 印度 インド India
ヒンディー語、英語、ベンガル語、 テルグ語、マラーティー語、タミル語 等多くの言葉がインドでは話されています。


お名前:Kokusai_m ,2018-10-23 05:40:42 PM
題名: チャモロ語
Håfa adai!(ハファ ダイ!)

リゾート地として日本からの旅行客も多いグアムでは、
英語以外に「チャモロ語」という言語も話されています。
チャモロ語は、グアム・北マリアナ諸島(北マリアナ連邦)の現地人の母語です。(Wikipediaより)

”Håfa adai”は「こんにちは」という意味です。
グアムでは英語もたくさん飛び交っていますが、
バスやお店に行くと、店員さんが”Håfa adai”とにこやかに声をかけてくれますよ。


お名前:kokusai ,2018-10-23 01:39:58 PM
題名: 訪日外客数の国別ランキング
最近日本を訪れる外国人が増えてきました。
昨年2017年の訪日外客数の国別ランキングは、このようになっているそうです。
 1位:中国 2位:韓国 3位:台湾 4位:香港 5位:アメリカ合衆国
 6位:タイ 7位:オーストラリア 8位:マレーシア 9位:フィリピン 10位:シンガポール
 ※日本政府観光局(JNTO)調べ
通訳、観光案内は広東語・台湾語や、タイ語などが増えてくるのかもしれませんね!

お名前:KOKUSAI_ark ,2018-10-23 11:17:43 AM
題名: 世界の国々と言語
世界には約3000~7000の言語があると言われています。
数に幅があるのは、方言として数えるか一つの言語として数えるかなどの基準により、数え方が変わってくるためです。世界ではそれぐらいたくさんの言語が話されているという事です。私たちが知っている言語はほんの一部ですが、国際通訳のホームページではどの国でどんな言語が話されているかを一覧表にしています。是非ご覧ください。
https://www.kokusai.ne.jp/worldlanguages/


お名前:国際通訳 ,2018-10-22 05:07:51 PM
題名: ヒンディ語
現在、中国語・英語の需要・話す人々が多く、今後も伸びるのは言うまでもなさそうですが、
インド人の人口も多く、将来も人口が多くなる事が予想されているということは
今後ヒンディ語の需要も高くなりそうな予感がします!

お名前:Kokusai interpreting Co., Ltd. ,2018-10-22 04:45:59 PM
題名: Arabic
We are an interpreting company with a large registration of minor languages.
Now, we are looking for Arabic and Japanese interpreters in Osaka..
Recruitment is not an employee but a registration system(registration is free).
If you have any questions, please do not hesitate to contact us. Thank you.

お名前:国際通訳 ,2018-10-22 10:02:08 AM
題名: ヒンディ語ー日本語の通訳
インドには、色々な人々の集団があると共に、それらの人々が話す多様な言語がある。少なくとも30の異なる言語があり、全体で、2000前後の方言が知られている。
インド憲法は、連邦政府の公的共通語として、ヒンディー語と英語の二つの言語の使用を規定している。連邦憲法はさらに第8附則において22の指定言語を定めているが、その公的な位置づけについては曖昧な部分が多い。 (ウイキペディアより)
日本語とヒンディ語の通訳を関西で探しています(登録制)

お名前:国際通訳 ,2018-10-19 08:34:59 AM
題名: カシミール地方
カシミール地方の言葉ができる人を探しています。


お名前:国際通訳 ,2018-10-18 08:39:12 AM
題名: フランス語
下記の写真(絵葉書)はサイゴン市(現ホーチンミン市)の写真で、恐らく50数年以上前に撮られたものです。ベトナムはフランスの植民地だったので当時はベトナム語とフランス語が主要言語でした。


お名前:国際通訳 ,2018-10-17 10:05:29 AM
題名: フランス国「MM船乗船券」
写真は昭和40(1965)年当時の乗船券(MMライン)。多くの日本人がこの客船でアジアや欧州あるいはアフリカに向かった! 船内はフランス語と英語で放送されていた。


お名前:国際通訳 ,2018-10-16 09:18:54 AM
題名: 1960年代以前は客船で海外に行った!
現在海外行は商用も観光も殆ど全部飛行機利用である、しかし昔は船だった。当時英語やフランス語、ドイツ語など外国語を話せる人は極めて稀であっただろうと思われる。
この写真は「アメリカ丸」(当時の絵葉書より)


お名前:国際通訳 ,2018-10-15 01:47:22 PM
題名: 土耳古語
トルコ語 土耳古語 Turkish の通訳(登録制)を探しています。


お名前:国際通訳 ,2018-10-15 08:43:15 AM
題名: 大阪最大の「久米田池」に来てください
久米田寺の南東にある大阪最大の水面積を有する池で周囲約2.6キロあり岸和田市にある。久米田池の外周は、三方を自然地形の台地に囲まれていて、残りの一方に堤防を構築して、作られた灌漑ため池である。久米田池の中央部には、旧春木川の川床が見られ、この川をせき止めることにより、ため池として構築された。 (ウイッキペディア参照)
水は比較的奇麗で聞くところによると魚が沢山いるらしい、外国人の姿はなかったが見るに値する池、それに直ぐそばに久米田寺がありお寺の好きな人には静かでよし。


お名前:国際通訳 ,2018-10-12 08:57:05 AM
題名: アラビア語を話す国々
アラビア語は主に西アジアや北アフリカの多くの国々で話されています。
当社は今アラビア語通訳を募集しています(登録制)。お気軽にお問い合わせください。


お名前:国際通訳株式会社 ,2018-10-11 10:07:21 AM
題名: 1960年代は船が主流
確か1964(昭和39)から我が国は観光で海外旅行ができる様になった。しかし当時は制限も多く500ドル(180,000円)までの持ち出しができなかった(給料で貯めるなら数年はかかる)。当時の給料は現在とはかけ離れており飛行機で欧州迄行くなら1年分の給料を貯めねば行けなかった時代、現在の人は羨ましいと当時人たちは思うでしょうね♬ その点貨客船でなら若干安く行けるので日本ーフランス間の定期船を利用した。多くの人達がスエズ運河経由でマルセイユに向かった。その時の乗船券が写真です!


戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37



KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008