言語掲示板
 Language Board


画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:33, 合計:732:メッセージ
お名前:松村 弘 ,2012-11-30 11:14:23 AM
題名: マクガバン報告書
<米国上院議員栄養問題特別委員会報告書(マクガバン委員長)>
2年間にわたって熱心な審議調査を続けた理由は明白だった。米国上院栄養問題特別委員会のマクガバン委員長自身の言葉で言えば次の様な理由からだった。

「ガン、心臓病をはじめ多くの病気が増えている。そして進歩したとされる米国の医学を活用し、しかも巨額の医療費が注ぎ込まれているのに、米国民は病気ばかり増えてますます不健康になるばかりだ。この原因を解明し根本的な対策を立てないことにはアメリカは滅んでしまう」。

「我々は何か重大なことを見落としているのではないか。また現代の医学が進歩していると考えていること自体も間違っているのではないか」。

そしてその中のもっとも重要な結論は次の二つであった。
(1) 癌、心臓病、脳卒中など米国六大死因となっている病気は、現代の間違った食生活が原因になって起こる“食源病”である。この間違った食生活を改めることでこれらの病気を予防そる以外に先進国民が健康になる方法はない。
(2) 現代の医学は薬や手術といったことだけに頼りすぎた、栄養に盲目な片目の医学であった。栄養に盲目であない医学つくりに変える必要がある。

一部抜粋変更加筆
『いまの食生活では早死にする』2009 今村光一 株式会社経済界

お名前:松村 弘 ,2012-10-24 03:15:22 PM
題名: 野田総理大臣へ
財務省は国債を発行する。日銀がその国債を買う、日銀は国債を買うために輪転機で必要な額だけ刷る。中央銀行即ち日銀は株式会社であり、その機能はそれ(お金刷り)を阻止するための理屈である。確かに金融緩和、すなわち札を刷れば一時的に円安になり輸出等に少々よい影響は出るだろう。しかし言い換えれば“借金してご馳走を食べる”様なやり方で本来はしてはならないこと、ツケが後を追ってくる。大事なことは赤字を増やす方法で、その場しのぎの政策や、民主党の選挙対策ためにしてはならないのである。首相はお解かりでしょう!

お名前:松村 弘 ,2012-10-12 03:09:52 PM
題名: 円を国債通貨にすべき!

円は弗(ドル)、ユーロに次ぐ国際通貨である。


米弗のように基軸通貨になればその通貨が他国のものや資産の物差しになる。だから必要なだけ弗を刷れば世界中から好きなものを買える。円もその様にする努力が必要である。

現在主要国のどこででも、円で好きなものを購入できる、また国債、社債、株式などの円建ての金融資産も出回っている。しかし円建て貿易決済は主に本国と海外現地法人などの日本企業同士に限られ、多くは弗建て決済が現状である。

理由は円は他通貨に比べて変動幅が大きい、だから日本企業ばかりでなく、海外の企業も政府にとっても危険が大きい、ゆえに円建てを控えるのである。人民元のように人為的に変動を管理抑制する通貨と比べて円は不利である。

いままで野田政権は中国と通貨交換(スワップ)協力、円と人民元の直接取引拡大、中国国債の購入、人民元建て債券市場の育成などに協力している、目先の利益ばかりに目を向け、結果として、中国の通貨覇権を後押しする能天気振りである、これが野田政権である! 

本来は円をより強力な国債通貨にすべきことに知恵を出さねばならない、そういう意味で野田政権は即刻人民元の自由変動相場性への意向を、対中金融協調の条件とすべきである。

[参考資料] 産経新聞10月7日号

お名前:松村 弘 ,2012-09-24 11:47:37 AM
題名: <過度の中国投資は控えるべきでは>

尖閣問題で中国は日本にすき放題の行動を取っている

1) 日本商品の通関検査強化:時間が掛かり問題が発生する
2) 反日デモ被害の補償は無理:原因を日本のせいにしている
3) 中国従業員が職場放棄、賃上げを要求:損害が発生する
4) 大型連休解約続出:日本に被害拡大
5) ユニクロの張り紙(上海の店舗に「尖閣は中国領土」):地元警察が指示

例え今回嵐が過ぎ去ってもまた次に何が起こるかわからない、更に悪化すれば没収になることは間違いないでしょう。現在は海外の投資を呼び込む必要がある、雇用も必要、もう少し日本に頑張ってほしいのが本音だろう。しかし力が付いてきたなら日本よ、“さようなら”、気に食わなければ没収だよ、と企業を没収、このままでは泣き寝入りになってします。

中国進出はほどほどに、だれもあなたの会社を守ってくれない!!

お名前:松村 弘 ,2012-09-09 01:53:07 PM
題名: <集客の方法>
■その一つ

集客ができれば誰も苦労しない(当然例外はある)。集客に活用できる最も普及している道具の一つがホームページでしょう。

しかしどんなにいいホームページであっても見てもらえなければ意味がない、無いに等しい。だから検索順位を上位に来るようにする熾烈な競争がある。

ホームページを店に例えれば、その店が大阪駅前(この駅だけで1日60万人の乗降客がある)にあるか、心斎橋通り(1日10万人が通る)にあるか、あるいは田舎の駅前やその町の通りにあるかの違いである。言うまでもなく集客には雲泥の差がある。ホームページも同じで、人は普通1頁~3頁くらいしか見ない。それ以外は無いに等しい存在である(悲しい現状!)。

一番いいのは、
□ 1頁目の1行目:金
□ 1頁目の2行目:銀
□ 1頁目の3行目:銅


一歩譲って、
□ 1頁目:金
□ 2頁目:銀
□ 3頁目:銅
□ 4~5頁:入賞


検索順位を上位に持ってくることが集客確保の勝敗を決める、と言っても過言ではあるまい。その検索順位を上位に持ってくる方法があるとすれば、そのことを実効に移せばいかがでしょうか。

弊社(国際通訳株式会社)のことで恐縮ですがご参考にしていただければと思います、
例えばグーグルで検索すれば:

検索語:通訳
約 16,100,000 件中 1頁目 2行目
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E9%80%9A%E8%A8%B3&gbv=2&rlz=1R2GGLL_ja&oq=%E9%80%9A%E8%A8%B3&gs_l=heirloom-hp.13..0l10.2844.9125.0.12594.9.9.0.0.0.0.422.1547.2-3j1j1.5.0...0.0...1c.sqpAXW453Ic


検索語:講演します
約 62,200,000 件中 1頁目 1行目
http://www.google.co.jp/search?q=%E8%AC%9B%E6%BC%94%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99&hl=ja&gbv=2&rlz=1R2GGLL_ja&gs_l=heirloom-hp.13..0l10.2844.9125.0.12594.9.9.0.0.0.0.422.1547.2-3j1j1.5.0...0.0...1c.sqpAXW453Ic&oq=%E8%AC%9B%E6%BC%94%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99


検索語:文通
約 4,120,000 件中 1頁目 1行目
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%96%87%E9%80%9A&hl=ja&gbv=2&rlz=1R2GGLL_ja&gs_l=heirloom-hp.13..0l10.2844.9125.0.12594.9.9.0.0.0.0.422.1547.2-3j1j1.5.0...0.0...1c.sqpAXW453Ic&oq=%E6%96%87%E9%80%9A


検索語:世界平和
約 9,050,000 件中 1頁目 6番目
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%94%BF%E7%95%8C%E5%B9%B3%E5%92%8C&hl=ja&gbv=2&rlz=1R2GGLL_ja&gs_l=heirloom-hp.13..0l10.2844.9125.0.12594.9.9.0.0.0.0.422.1547.2-3j1j1.5.0...0.0...1c.sqpAXW453Ic&oq=%E6%94%BF%E7%95%8C%E5%B9%B3%E5%92%8C
他に多くの頁で上位です。

皆さんも勉強されたらきっと集客に繋がりますよ!

お名前:松村 弘 ,2012-08-29 05:15:43 PM
題名: 「円高」並びに「金不足」

日本は、円高弗(ドル)安、並びに税不足で大変だ、大変だ、といっています。しかし何も大変なことはありません。

円高の解消方法は、
1. お金を米国の弗札の様に刷ればいい。そうすれば円安になる。結果として、
1) 輸出が進む!⇒企業が儲かる⇒社員の給料が上がる⇒物が売れる!!
2) 消費増税は不必要!
2. 年12兆円程度の米国債を買っている。国際を買うのを止めて、同盟国米国から原潜でも買って国の守りを固める! 日本も米国もよし、一石二鳥ではありませんか。


私が衆議院議員なら国民の皆様に、納得できるように分かりやすく説明し、実行に移しますがね!

お名前:松村 弘 ,2012-08-27 05:19:15 PM
題名: -原子力発電所-

 国家戦略として、経済、食料政策、国のエネルギー政策はこの上なく重要である。また、エネルギーの安全保障から、火力発電(天然ガス、石炭)なしでの、再生可能エネルギー(太陽光、風力等)のみでの供給の保証は困難である。

〇電源別費用(国家戦略室)1キロワット時当たり
・天然ガス:10.7円
・石炭火力:9.5円
・原子力:9.0円
〇燃料費+排出権費用の全体の費用占める割合、
・天然ガス火力:87% 
・石炭火力:71% 
・原子力発電:11% ⇒海外に支払われる
・火力発電⇒海外に支払われる:70~80%以上
・ 原子力発電⇒海外に支払われる:数%以下

全国で開いた原発の意見聴取会で
原発零:7割
意見公募では、
即時原発零:8割

しかし、我国が30年40年先で原発零は無理だろう。原発零にするには平成30年には費用が高い再生可能エネルギーを35%に高めねばならない、すると電気料金は現在に比べて最大で2倍になる。
42円の太陽光発電の買取を20年間続けることは可能か。また製造業にとっても費用逓減への技術開発意欲に繋がらない。実現できるかどうか分からない再生エネルギーの技術革新をエネルギー政策の前提にすべきではない。

原発が止まる方が恐ろしいか、それとも事故が恐ろしいか。再稼動反対派は、文明を支えている原発の重要性は理解できる、しかし一旦事故が起これば恐ろしい、だから原発を廃止しよう。一方賛成派は、現在の文明を原発なしで継続は不可能である、ゆえに少なくとも当座の間は利用しよう。
 結局原発なしで例えば夏の暑さを乗り切れるか、乗り切るためには火力発電を稼動するためには少なくとも年間3兆円相当の化石燃料の輸入が必要である。すると当然電気料金が値上がりする。そうなれば、
1. 家庭の電気料金の値上げ⇒家庭に大打撃
2. 産業に大きな影響を与える⇒企業の倒産や規模縮小
3. 製品の値上げ⇒輸出が減る
4. 失業者が増える⇒救済に多額のお金が必要
5. 停電低頻度は維持できず医療機器が動かなくなる⇒病院が大混乱
6. 信号が止まる⇒交通事故の多発

これはごく一部のことであり、海外や今後の世界の動きに大きく左右される可能性を否定できません。しかし日本が独立国で世界の一等国であり続けるためにも、極めて難しい選択ではある、が選択の誤りは許されないということを肝に銘じることではあるまいか。

さて、あなたならどちらを選びますか、原発継続、それとも廃止!?

私が政治家なら現在、20年先、50年先を見据え、専門家や国民の意見を聞き、議論もし、一人でも多くの国民に納得戴く最善の方法を見出します。そしてそれこそ命をかけてこれが最善の方法だと国民に説得して廻ります。

[参考資料] 産経新聞、8/2号、8/21号、23号

お名前:松村 弘 ,2012-08-14 04:01:10 PM
題名: <野田総理大臣へ>

野田総理は明日15日終戦記念日に靖国神社を訪問されれば多くの国民から見直されるだろう!
私が総理なら靖国神社の英霊に感謝と鎮魂のためにお参りします。

野田総理は尖閣諸島に上陸されたらいかがでしょうか、首相が上陸すれば我国の領土あることを世界に再確認してもらえる絶好の機会です。何も隣国に気兼ねすることはありません、私たちの島ですよ。
私が総理なら上陸しますが!

消費増税が決定しました、総理殿!増税して何になるのでしょうか。選挙公約で増税しないと約束しながら国民を欺きましたね、一口で言いえば嘘つきですよ。間違っても一国の総理が嘘をついてはなりません。総選挙は間違いなく大敗北でしょう。
私が総理なら天変地異があろうと国民に嘘をつけませんが。

総理殿、ご存知のように毎月2兆円近く円を売り弗を買い米国に送金している(米国債を買う)。これを止めるだけで消費増税は必要ないのではないでしょうか。元財務大臣中川昭一氏を見習われたらいかがでしょう。
私が総理なら日本も大変だから何とかしてくれませんかと米大統領に話をしますが・・・。

お名前:松村 弘 ,2012-07-19 05:38:52 PM
題名: 第24回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく


SOS 日本が危ない! 露西亜シベリア鉄道 荷物輸送に「護衛料」を強制!!

SOS 日本が危ない! 再生エネルギー へまをすれば誰が責任を取るのか!! 政府は勉強されたし!!

SOS 日本が危ない! 運転免許で外国人カンニング! 日本は嘗められている! 政府は威厳を示されたし!!

SOS 日本が危ない! 超円高 輸出困難! 国産品を買おう!!

SOS 日本が危ない! 輸出が危ない! 国産品を買おう!!

SOS 日本が危ない! 輸入商品安売り競争! 素晴らしい国産品を買おう!!

SOS 日本が危ない! 外国製遺品氾濫! 国産品を売ろう!!

お名前:松村 弘 ,2012-07-13 11:16:43 AM
題名: 第17回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく


SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 敵は豊かさだ!! ホンダを見よ!!

SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 敵は豊かさだ!! 京セラを見よ!!

SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 言い訳が多すぎる! それが経営者かな!!

SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 創意工夫が足りない! それが社長かな!!

SOS 日本が危ない! 甘え医療! 至りつくせず! いくら金があっても足りぬ! 仕組みを変えねば!!

SOS 日本が危ない! 外国から怒涛のごとくなだれ込む商品! 売れない良質国産品 国産品も買おう!!

SOS 日本が危ない! 日本が赤字! 消費税はまた上がる、圧力で上がる! 避けるには国産品を買う!!

お名前:松村 弘 ,2012-07-13 10:25:14 AM
題名: 第16回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! 企業は日本脱出をすべきではない! 甘えでは! その考えでは成功なし!!

SOS 日本が危ない! 企業は日本脱出をすべきではない! 脱出すれば技術を抉り取られて丸裸!!

SOS 日本が危ない! 企業が日本脱出! 日本は空洞化! 明日の日本がない!!

SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 甘えでは! 三菱電機を見ろ!!

SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 甘えでは! 三菱重工を見ろ!!

SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 甘えでは! 日立製作所を見ろ!!

SOS 日本が危ない! 企業は甘えるな! 円高じゃない! 敵は己、豊かさだ!!

お名前:松村 弘 ,2012-07-06 04:57:31 PM
題名: <無いか少ないほうがよいもの>1.
「日本再生」
沈みかけている我が祖国日本、この日本を愛国心ある私達が先頭に立って、「日本再生」に取り組んでいこうではありませんか。

趣旨:沈みかけている日本を再生させる

<無いか少ないほうがよいもの>1.
病院は本来無い方がよい、しかし零にはならない。何においても適正な割合がある、例えば面積と人口、学校と生徒数、人口ピラミッドとその形等である。

世の中は誰が創ったのか非常に上手くできていると感心する、恐らく神が創造したのでしょう。ちょうど「蟻の法則」や「二八の法則(2:8の法則)」、「ユダヤの法則」のようにである。世の中は常に均衡の取れた適正な割合でなりたっている。人間の体も同じである、何かの比率が壊れたときに病気になる。例えば製造業において、自動車生産台数はそれなりの理屈の上に成り立っている、面積や人口、経済等である。国はできるだけ嘴を入れない方が何事も上手くいく。しかし企業も国も自分達に有利になるようにするため均衡が崩れて変になる。しかし国が最初から大きく関与する場合にはこの均衡が崩れる。

 仮定であるが、本来地上に病人がいないのなら、病院をはじめ、医師、看護士、製薬会社、薬局、救急車、医療機器等は不要である。それは生産性がなく費用になるだけだから、しかし現実問題として零にはなりえない、しかし病院等は少ないにこしたことはない。そうすれば私たちは支払う薬代や税金が減り生活が豊かになる。

住みよい国にするには、病院、医師、看護士、製薬会社、薬局、救急車、医療機器を減らすことである。即ち病人を減らすこと。そうすれば世の中は間違いなくよくなる。現在国がしているのは病人を増やす政策のように思えてならない、果たして私の思い違いだろうか・・・。

続く

お名前:松村 弘 ,2012-07-05 11:08:12 AM
題名: 「日本再生」
「日本再生」
沈みかけている我が祖国日本、この日本を愛国心ある私達が先頭に立って、「日本再生」に取り組んでいこうではありませんか。

趣旨:沈みかけている日本を再生させる

日本再生⇒ 全国の照明をLED照明にする、そうすれば原発を1.5基減らせる!!

日本再生⇒ 景気を良くするには⇒国産品を買う様に努力する!!

日本再生⇒ 首相が理念を打ち出す、すなわち日本の方向を決めること!!

日本再生⇒ 英語推進ではなく、日本語教育を!!

日本再生⇒ 節約ではなく、無駄を省く!!

日本再生⇒ パイを小さくするのではなく、大きくする工夫を!!

日本再生⇒ 薬ではなく、自然治癒力に力を!!

http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=kokyaku-nihonsaiseibenkyokai

お名前:松村 弘 ,2012-05-28 10:49:27 AM
題名: <絶対成功する経営>

絶対成功する経営とは、
1約束は必ず守る
2.迷わない
3.部下をかばい部下の失敗まで責任をとる
4.言行一致
5.時流より原則
6.先約を守る

すなわち、
A.収益よりも社会性(世にプラスになること)
B.教育制(それに関する人たちの人間性を向上させること)を追求する経営法
C.人中心の経営法で、お金や物やノウハウよりも、人を最大の経営要因と見る
D.長所伸展により業績改善する経営法で、短所是正にはできるだけ手をつけない。

此処から作成者松村の文章;
 人間がする以上絶対ということはありえないとは思うが、やはり絶対的に信頼できる人の経営でしょう。私も多くの人に会ってきて同感です。

一部抜粋変更加筆
[参考文献]
『超人「船井幸雄」の近未来予測』 2007 柳下要司郎 あ・うん

お名前:松村 弘 ,2012-05-27 03:30:17 PM
題名: <お金持ちになりたいのなら>
■お金の法則
 お金とのつき合い方は二つしかない、
1)お金の主人になる
2)お金の奴隷になる

現在の資本主義社会では、その中間はない。銀行はお金のある人には幾らでも融資するが、ない人には一銭も貸さない。それは銀行も商売である以上確実に回収できなければ貸さない、回収できなければ銀行が破綻する、破綻すれば預金者や行員に迷惑がかかる、普通の起業となんら変わりない。銀行というのは晴れの時には傘を貸しに来て、雨が降ると傘を取りに来る、とても厳しい会社である。

此処から作成者松村の文章;
いいか悪いかは別として、彼方は主になるか奴隷になるかである。主になるためには、お金を愛し、貯めることから始めることでしょう! そうすればきっと道は開ける。

一部抜粋変更加筆
[参考文献]『ユダヤ人大富豪の教え』2004 本田健 大和書房

お名前:松村 弘 ,2012-05-19 05:07:01 PM
題名: <経済人の第一の条件>

 宮島清次郎日本工業倶楽部理事長をしていたときに、事務局が、東京・丸の内にあった日本工業倶楽部の屋上にゴルフの練習場を設けてはどうかと提案した。高齢者が多い財界人の健康を気遣ってのことだったが、宮島は一喝した。
 かって丸の内にあり、今日では改装されて新しくなった日本工業倶楽部の屋上には、近代日本の産業発展の基礎を築いた人々の象徴として、「織姫」と「炭鉱夫」の像が立てられていた。
 これらの人々の苦労を考えず、そのそばでゴルフクラブを振るとは何事か。これが宮島の怒りだった。
 宮島はかねてより、経済人としての最大の条件は、経営手腕よりも、人格にあると考えていた。だからこそ、自らを律し、教育にも情熱を注いだ。人格の養成は、その基礎となる学校教育が大切だというのが宮島の考えだった。勿論、点数主義ではなく、人を磨くために必要な、英知や知識の養成だった。
 経済学の父、アダム・スミスの不朽の名著『諸国民の富』は、『道徳情操論』の延長線上にあった。また社会学者マックス・ウエーバーは、「産業資本主義の精神」の生みの親はプロテスタントの「倫理」にあったと述べている。
 宮島の一生はまさにアダム・スミスやマックス・ウエーバーの指し示したとおりだった。法令順守以前に、経済人は守らなければならない倫理がある。「はじめに倫理ありき」の原点に戻れ。

此処から作成者松村の文章;
 耳の痛い経済界の関係者のみならず、我国の明日を担う政治家や弁護士等先生と呼ばれる人達も今一度よくよく自問していただきたいものである。

一部抜粋変更加筆
[参考文献]
『転進』2008新井喜美夫 講談社


お名前:松村 弘 ,2012-05-11 09:03:02 AM
題名: <米中旧味方同士の感情の回復を恐れる>

■何故日本は「米国債を買い続けなければ」ならないのか
米国は困っているので日本は米国債を買い続けている、しかし本音は買いたくない、中国も買いたくない。弗(ドル)が下がれば日本も中国も困る、それ以上に困るのは弗が全部ちゃらになれば更に困る。中国国内では米国債をこれ以上買わないと言っている。
 しかし胡錦濤は買わないとは言っていない、それは弗を支えないと中国経済も困るからである。いざとなれば中国は軍事力があるから買うのを止めることはできる、だが情けないが日本にはできない、軍事力が無いから、米国の言われたとおりにする以外にないのである、恐らく。東京裁判史観に知識人や言論人、歴史学者、昭和史論者が呪縛されているだけではなく、総理大臣以下、官僚を含めて政治家が東京裁判史観に閉じ込められているのではないか。
 米国が、大東亜戦争がアジア解放戦争だったということになることを一番恐れたと思う、という風にクリストファー・ソーンが書いている。日本が世界の解放者になれば、米国に太平洋戦争という大義名分がなくなる。そうすれば日本は米国に頭を下げるという根拠がなくなる。その点をこれから明らかにしていかないといけない点です、が、戦時資料は対独戦争のものはあらかた解放されたが太平洋戦争に関連する部分は100年間封印です。

続く

一部抜粋変更加筆
[参考文献]『保守の怒り』2009 西尾幹二、平田文昭 草思社

お名前:松村 弘 ,2012-05-07 09:15:22 AM
題名: <米中旧味方同士の感情の回復>

■何故日本は「米国債を買い続けなければ」ならないのか
 米国は困っているので日本は米国債を買い続けている、しかし本音は買いたくない、中国も買いたくない。弗(ドル)が下がれば日本も中国も困る、それ以上に困るのは弗が全部ちゃらになれば更に困る。中国国内では米国債をこれ以上買わないと言っている。
 しかし胡錦濤は買わないとは言っていない、それは弗を支えないと中国経済も困るからである。いざとなれば中国は軍事力があるから買うのを止めることはできる、だが情けないが日本にはできない、軍事力が無いから、米国の言われたとおりにする以外にないのである、恐らく。東京裁判史観に知識人や言論人、歴史学者、昭和史論者が呪縛されているだけではなく、総理大臣以下、官僚を含めて政治家が東京裁判史観に閉じ込められれているのではないか。
 米国が、大東亜戦争がアジア解放戦争だったということになることを一番恐れたと思う、という風にクリストファー・ソーンが書いている。日本が世界の解放者になれば、米国に太平洋戦争という大義名分がなくなる。そうすれば日本は米国に頭を下げるという根拠がなくなる。その点をこれから明らかにしていかないといけない点です、が、戦時資料は対独戦争のものはあらかた解放されたが太平洋戦争に関連する部分は100年間封印です。

続く

一部抜粋変更加筆
[参考文献]『保守の怒り』2009 西尾幹二、平田文昭 草思社

お名前:Kokusai Interpreting ,2012-04-30 11:55:30 AM
題名: < 経営顧問(助言者)>
■ 経営顧問(助言)をします
 非常に厳しい経済環境下、皆様方の会社はいかがでしょうか。
微力ながら皆様に少しでも応援できればと考えております。今はやりのコンサルティングに近い、顧問あるいは相談役、一番わかり易い適切な言葉で助言者、「経営者の助言者」をさせていただきます。

[趣旨]
業績が少しでもよくなり一人でも多くの雇用が生まれること(日本再生に繋げる)
[地域・費用]
地域は「全国」で顧問料は「無料」です、但し交通費は実費でお願いしています。
※私が受けますのは経営者の助言者、経営者の話し相手になることです。
※職種等によりお断りする場合もあります、予めご了承下さい。
お問合せ:kokusai@kokusai.ne.jp

[助言者氏名]
松村 弘(まつむら ひろし)
[最終学歴]
関西大学大学院文学研究科地理学専修修了
[職歴] 
京都生花株式会社(京都市)
三菱商事株式会社(倫敦支店)
数社転職
[会社設立]
学習塾設立(大阪語学倶楽部、神殿進学塾)
通訳会社設立(国際通訳株式会社)
[学位 専門  職業]
学 位:文学修士
職 業:会社社長


用語の説明;
■コンサルタント(consultant))
コンサルティング (consulting) とは、業務または業種に関する専門知識を持って、主に企業(まれに行政など公共機関)に対して外部から客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うことである。
「コンサルティング」とは従来の日本における「顧問」と類似する。ただし日本において顧問とは政界や財界で長い経験を持つ人間が特定の団体や企業に個人的な程度で相談に乗る、あるいは「顧問」「相談役」の役職に付くということが多かった。
一方、米国などにおいては特定の業界で幾つもの企業において経歴を積んだ後で独立し、顧問業を営むということが専門職を中心とし発展した。また同時期に発展した経営学とともに、これらを基礎にした顧問業を専門とする経営コンサルティングを主業務とする企業が誕生、従来行われていた知識・方法を教授するだけの業務内容から、戦略などの企画・参謀としての役割を果たす役目へと発展していった。
これが日本に導入された際、かねて存在していた「顧問」との区別付けのため英語をそのまま外来語とし「コンサルティング」という呼称が確立された。現在コンサルティング企業の業務範囲はまちまちで、問題の発見・提起だけを行う場合もあれば、対策案を実行して成果を出すところからその後の長期的な保守・運用部分まで責務を負う場合もある。

一部抜粋変更加筆
[参考資料]
ウイキペディア:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0 2012.04.29


■コンサルタントという仕事
 先生と呼ばれる仕事には3種ある。
第1:免許を持った代行業。
得意先が本来義務として自分でやらなければならない仕事を法律、規則に従って文書を作成し、官公庁に提出し、必要な説明などを代行する。国家資格を持つ必要があり、ある意味で仕事が保証されている税理士、行政書士、弁理士、弁護士などがこれにあたる。

第2:自分が開発した手法を教える教育者。
自分が開発した手法の有効性を説き、教えて、得意先がその手法を使って仕事を効果的に進める様に、指導する先生。その手法を採用するかどうかは得意先の選択。教えても実行してくれるかどうかは分からない。品質管理や安全などの先生がこれにあたる。開発した手法が本当に優れた独創的なものであれば手法に名前をつけて宣伝も可能であり、資格を与えて、後継者を教育することも可能。コンサルタントの大先生といわれる人の多くがこれにあたる。

第3:本当の意味でのコンサルタント、相談役。
経営者が仕事の進め方に自信がない時、問題に直面して動けなくなっているときに相談に乗ったり、仕事のお伝いをする。まず、得意先の方に問題があって、得意先が相談にくる形ではじめて仕事となる。問題解決の手法が先にあるのではない。得意先の問題が先にあるのだ。問題を解決する手法は「何でもあり」で、得意先、と新しい手法をこれから一緒に勉強をしていくという形が一番効果的。

 コンサルタントの能力とは、
1.経営者を説得して動かすこと
2.洞察力、問題発見能力 
3.仮説設定能力 
4.人間関係能力
 とりわけ、経営者にお会いした時に、絞り込み能力がないとだめだ。その時与えられた問題は大概漠然としている。それをその場で小さな焦点に絞り込んで、青写真を見せることができるかどうかである。

一部抜粋変更加筆
[参考資料]
http://www.d1.dion.ne.jp/~masehts/message/99111message.html 2012.04.29



お名前:松村 弘 ,2012-04-29 09:48:28 AM
題名: <日本は経済の超大国である>

■<日本は破綻しない>

 日本、スイス、米国、英国、これらの国は財政破綻しません。これらの国の共通点は、国際の発行を自国通貨で賄っていることです。第二次世界大戦の真っ最中に、英国は公債のGDPに占める比率が、250%まで行った。ちなみに今の日本は200%ですね。それでも英国は、全く破綻しなかった。国際的な信用のあるスターリング・ポンド建ての債権で賄っていたからです。大戦後、経済のパイを大きくして返済していき、問題なく返し終わった。英国はその経験があって、金融を他国に握られると死活問題だと知っているから絶対にユーローには入らないのです。
 ギリシャ国債は、国民が持っているのは30%で、残りの70%は海外市場で売っているのです。しかも国民も外国の金融機関もユーローで買っている。これが何を意味するかというと、ギリシャ国債はいわば外債だということ。対して日本国際は、日本人が持っている93%も、外国人が持っている7%も、すべて円建て、そして、返せるだけの資金はちゃんと国内にある。ですから、国債の格付けが下がることで金利が上がりインフレにはなるかもしれませんが、財政が破綻することだけは絶対にありません。
 借金には貸方と借方が必ずあって、百万円借りている人がいれば、必ず百万円貸している人がいるはず。それと同じで今、政府は九百兆円の国債を発行、すなわち九百兆円の借金があるが、それなら必ず九百兆円を貸している人がいるはずです。誰が貸しているかと言えば日本国民で、そちらから見れば九百兆円は借金ではなく立派な資産とも言えます。

■ 此処からは松村の文章
 鯛は「腐っても鯛」「日本は腐っても鯛」「日本は腐っても日本」、日本は腐っていませんがね(笑い)。円が高いということは、“円は強い”“価値がある”“信用がある”からに他ありえません。外国人投資家は買う外貨が無いので円を買っている、円がましだから買っているということはない。皆さんも何かを買う場合にはやはり信用のあるものを買います、買うものが何も無いからといって適当な買物はしませんねえ。それと同じです。国債も結局同じです。だから日本の破綻はありえませんよ、どうか安心して下さい。

一部抜粋書換え加筆
[参考文献]『文藝春秋』麻生太郎元総理大臣2012年4月号 

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37



KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008