画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:525, 合計:11333:メッセージ
お名前:M.H. ,2014-10-07 01:36:22 PM
題名: 濡れ衣払拭 個人の挑戦「慰安婦」
―濡れ衣払拭 個人の挑戦「慰安婦」-
「20万人の強制連行」「性奴隷」「終戦間際の虐殺」など、日本国の濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)と不名誉を晴らしたいと本当に思えば、個人だってここまでできる。そう実感したのが、谷山雄二朗氏が全編、英語で語った作品『スコッツボロガールズ』だった。

  私はこれをDVDで観(み)たが、作品の題名を氏は1931年に米国アラバマ州スコッツボロで起きた事件からとっている。白人女性2人が黒人青年9人に強 姦(ごうかん)されたと訴え、8人に死刑判決が下された。証拠は女性の証言のみ、物証はなかった。後に女性の1人が被害話を嘘と認め、被告人らは50年に 釈放されたが、全員の無罪確定は事件からなんと70余年後だった。

 谷山氏は黒人青年らの濡れ衣の苦しみと日本人の慰安婦問題の苦しみに 共通性を見いだし映画の題名をつけた。氏は41歳、日本で生まれ豪州、タイで育ち、英語は極めて流暢(りゅうちょう)だ。言論の自由を尊び差別を憎む。氏 は少年時代に受けた人種差別の記憶があるからこそ、「今になっても、偽善や、どうみても筋が通らないことに対し、黙っていられないのかも」と語っている。

 なぜ人は事実に目をつぶり偏見を抱くのか。氏はこうも訴える。

 「僕がチャレンジする慰安婦問題は(海外では)超アウェーの議論になるでしょう。だって国際社会では今や『慰安婦=セックス奴隷』ですから」。しかし、「もう傍観できない。日本人として反撃キックオフ、それしかない」

 氏は韓国人の言い分を聞くべく、まず、ソウル郊外にある元慰安婦のための施設、ナヌムの家を訪ねる。しかし、そこで摩訶(まか)不思議な体験をする。大阪の在日の人々に阻まれ、門前払いされたのだ。彼らは一体そこで何をし、何を隠そうとしているのか。

  日本大使館正面に設置された慰安婦像前の集会で歌や踊りに熱中する韓国の若者にも氏は問う。金学順氏の「貧しさゆえに14歳で母親に売られた」とのハン ギョレ新聞の告白記事を読んだことがあるかと。彼らは読んでいない。金氏は女子挺身隊の名の下に連行されたとの「朝日」の記事を信じているのであろう。

  谷山氏は別の元慰安婦、文玉珠氏の残した貯金通帳の拡大コピーを示し、東条英機首相の月給が800円だったとき、彼女が2年間で2万6145円を貯金した ことを明らかにする。ソウルでは1000円で家が買えた時代に26軒分の資産を2年で蓄えた女性を奴隷と呼ぶのは無理だと、これは誰でもわかる。

 こうした情報はすでに大半の日本人が共有する。問題は、しかし、当の韓国をはじめ諸外国の人々が恐らく、ほとんど知らないことだ。だからこそ全情報を英語で発信する谷山氏のように、国際社会にあらゆる面で事実を知らしめる具体策が急がれる。
[参考資料]産経新聞10月6日号転載

お名前:M.H. ,2014-10-06 11:31:12 AM
題名: 拉致問題は対応が甘すぎる
拉致問題を解決する日本政府の対応をみている限り甘すぎる、完全になめられている。これではどうみても解決は難しい様に思われてならない。解決するためには、主導権を握り、北朝鮮に振り回されることなく具体的に期限を切って一つ一つ解決することである。また拉致被害にあっている他の国々と連携し圧力を加える、国連を活用する。日本の担当者が北朝鮮に行くのではなく日本に呼ぶ。北朝鮮に好き放題にされている、一体いつまでかかっているのか。皆同じ思いであると

お名前:M.H. ,2014-10-03 01:10:03 PM
題名: 国会議員定数削減
―国会議員定数削減―
定数削減をすればいいというものではない、重要なことは無駄な議員がいるかどうかである、国のために必要なら削減する必要はない。

お名前:M.H. ,2014-10-02 03:09:24 PM
題名: 香港民主化デモ
中国は2017年に予定されている香港特別行政区の次期行政長官選びで普通選挙の導入を認める一方、親中派からなる指名委員会で候補を事前選考し、民主派を事実上、排除する仕組みを決定した。中国は1997年に香港が英国から返還される際に、「一国二制度」下での「高度な自治」を保証した。香港トップの候補者の恣意的な選抜は「国際公約」違反である、デモは当然おこる。英国や米国、欧州、日本も中国に対して公約の順守の順守を促すべく、強く働きかけてもらいたい。
[参考資料]産経新聞9月30日号

お名前:松村 ,2014-09-30 09:11:39 AM
題名: 安倍首相所信表明演説に対する代表質問

■平沼赳夫 次世代の党 党首 代表質問のご案内
日時:平成26年10月1日(水)15:00~15:25
概要:衆議院本会議
   安倍首相所信表明演説に対する代表質問
質問者:平沼赳夫 党首
備考:本会議の進行により、時間が前後する場合があります。


■Youtubeに次世代の党チャンネルを開設いたしました。
是非チャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/user/jisedaiCH/


■次世代の党 結党大会 所属議員紹介PV
https://www.youtube.com/watch?v=RRdD-jmnRDI&list=UUuayKkheYJwSAo3TFOmrbcw


■次世代の党「2045ビジョン」プロジェクトについて

 温故創新を謳う私たちは政策を考える上で経済や防衛、人々の生活などすべての分野において過去と現在そして未来を見通す必要があると思っています。
  例えば日本は100年前には人口約3000万人で平均寿命は約35歳でした。終戦時には多くの方が亡くなりましたがそれでも人口は7200万人に増え、平均寿命は52歳となりました。そして現在平均寿命は83歳まであがり、人口は1億2500万人に増えていますが、これから人口は減っていくでしょう。
経済規模については100年前は約4兆円だったものが終戦時には約20兆円に増加しています。そして現在は481兆円にまで増えています。次に国防費の多い主要国家を見ることで世界の様子が見えてきます。
上位三か国で比較してみると100年前はイギリス、フランス、ロシアだったものが第二次大戦の終わりにはアメリカ、イギリス、ドイツとなり現在はアメリカ、台頭してきた中国、そしてロシアとなっており、世界に与える影響力がある国や紛争の火種となっている国が見えてきます。最後に人々の生活様式を見てみましょう。(これはご覧いただいている画像の通りですが、)人々の暮らす町並、着ているものなどからも当時の世相が見えてくるものです。
  2045ビジョンはこのように温故創新の見地から次世代の日本はどのような国になっているのかそしてどんな国にすべきなのかを考えるプロジェクトです。2045ビジョンで考えること。我が党は日本人が幸せに暮らせる国づくりを提言します。
 また我が党は次の世代のためにより良い国づくりを行うだけでなく、その良い日本をしっかりと引き継いでいきたいと考えています。今我が国が抱える問題を考えたとき、果たして日本の未来はどうなるのだろうかと様々な不安が頭をよぎります。
 高齢化は進み、労働人口は減っていきます。生活保護世帯は増大し、外国からの軍事的圧力も日増しに強まっています。異常気象による災害対策や環境問題への対応も必要です。学力の低下は日本の競争力を削ぎ、年金財源は枯渇しそうです。原発の廃炉問題や世代間の格差、医療費の増大など問題は目の前に山積しているのが今の日本です。しかし、そんな現状に不安を感じることを一休みしてまずはあるべき日本の姿を想像してみようではありませんか。

  それではプロジェクトの具体的内容の説明に移ります。
 来年は終戦から70年です。我々次世代の党は終戦から100年経った日本のグランドデザインを考えていきます。それは経済や技術革新、国際関係や安全保障など様々な観点から考察します。そしてもちろん政治の在り方についても考えます。そこで我々次世代の党は2045ビジョンプロジェクトを立ち上げます。
 2045年の日本はいったいどんな国になっているんでしょうか。またどんな国にしていくべきなんでしょうか。皆さんも想像してみてください。
 2045年、私たちは国民自らの手で作った憲法を持っています。また、国と地方の役割分担が明確になり次世代の活躍しやすい国になっています。ライフスタイルも大きく変わります。エネルギー自給率が100%の日本、食料自給率が100%の日本。自前の力で自国を守れる日本。世界一税率が低い日本。伝統文化やポップカルチャーで世界中から観光客が集まる日本。労働力不足をロボットがサポートしてくれる日本。そして国民が100歳まで健康で安心して暮らせる日本。こうやって我々が想像するのは来年生まれる次の世代の日本人が30歳になったときの日本です。
 そしてそれは30年後に私たちが生活している日本なのです。私たちは今までの政党が近視眼的にしかとらえてこなかった政策立案を全く新しい形で考えます。
 2045ビジョンは2045年に実現したい日本の姿を構想するプロジェクトです。次世代の党はこのプロジェクトの提言をもとに2045年にあるべき日本の姿を実現するための政策を立案していきます。
 2045ビジョンで私たちは提案します。次世代の日本の姿を。
 その未来の日本を作るための政策を。発表を行うのは2015年8月です。終戦から70年がたつその月に、私たちの政策を発表します。このプロジェクトは終戦70年後の日本から、終戦100年後の日本へのメッセージなのです。そしてこれは次世代の日本人へのメッセージでもあるのです。
 2045ビジョンでは我が党をご支援いただく皆様も未来の日本を”そうぞう”するメンバーの一員です。
 さぁ、一緒に未来を考えましょう。100年単位の時間軸で日本と国民のことを考える唯一の政党である、私たち次世代の党、そして我が党の2045ビジョンにご期待ください。

(結党大会にて)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/

平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org

次世代の党 事務局
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
プレ公式サイト http://jisedai.jp/index.html

※転載です

お名前:松村 ,2014-09-29 05:27:01 PM
題名: 英語が上手になって栄えた国はあるだろうか
英語が小学校5年生から正式な科目になる、しかし問題点もある、授業時間の確保、英語の不得手な先生がはたして教えられるか。大事なことは英語が話せるだけでは一部の人を除いていったい何の役に立つのか。英語のできない人ほど英語英語と騒ぐのである。世界を見回して英語が上手になって栄えた国はあるだろうか。

お名前:M.H. ,2014-09-22 02:32:56 PM
題名: スコットランドの選挙
スコットランドの選挙を終えて
一番喜んだのは中国ではないかなあ
もしチベットやウイグル自治区で同様の選挙が行われることがあれば、
結果はいかに?!

お名前:M.H. ,2014-09-17 05:39:44 PM
題名: スコットランド 明日住民投票
スコットランド 明日住民投票 独立 賛否拮抗

独立をしない方がいいのではないだろうか、
それは世界に広がる可能性がある、民族主義等である。
難しい問題だ。

お名前:M.H. ,2014-09-04 04:54:01 PM
題名: 北海道分割から免れた
□ヤルタ密約
昭和20年2月4日から11まで、クリミヤ半島ヤルタで米ルーズベルト、英チャーチル、露スターリンの3か国首脳会談が開かれた。会談でルーズベルトはソ連による千島列島と南樺太の領有権を認めることを条件として、スターリンに日ソ中立条約を破棄しての対日参戦を促した。

□ソ連の北海道占領計画
スターリンはトルーマンに、
1)日本軍がソ連に明け渡す区域に千島列島全土を含めること。
2)日本軍がソ連に明け渡す区域地域には北海道の北半分を含むこと。
と伝えた。

□占守島の戦い
カムチャッカ半島の南端から海峡を隔てて10キロ余、千島列島の最北端に占守島(しゅむしゅとう)という島がある。この島に、将兵の誰もが戦争は終わったと信じていた8月18日午前0時過ぎ、カムチャッカ半島のロパトカ岬からソ連軍長射程砲の砲撃が開始された。「ソ連軍、占守島に不法侵入を開始す」という電文が北千島方面の第91師団長、堤不夾貴中将から札幌にある第5方面軍司令部に入ったとき、司令官の樋口李一郎中将は反撃命令を発した。
 実際の戦闘では、ソ連軍は上陸用舟艇16席など計54隻、総人員8300人余りで、18日午前零2時に島北端に急襲上陸を図った。1日で全島を占領し、千島列島を南下する計画だったが、日本軍の予想外の抵抗により大きな被害を出し、変更を余儀なくされた。
 結果として北海道は護られたのである、樋口李一郎中将の英断であった。もし樋口中将の英断がなかったなら北海道北半分はロシア領になり、東西ドイツや南北朝鮮の様な悲惨な状態になっていたかもしれない。

[参考資料]産経新聞 8月19日号 続く

お名前:M.H. ,2014-08-29 04:45:06 PM
題名: ヤルタ密約
「ヤルタ密約」
昭和20年2月4日から11まで、クリミヤ半島ヤルタで米ルーズベルト、英チャーチル、露スターリンの3か国首脳会談が開かれた。会談でルーズベルトはソ連による千島列島と南樺太の領有権を認めることを条件として、スターリンに日ソ中立条約を破棄しての対日参戦を促した。
[参考資料]産経新聞 8月19日号

お名前:M.H. ,2014-08-25 05:39:27 PM
題名: 朝日新聞慰安婦等反日の経緯
=朝日新聞慰安婦等反日の経緯=
昭和20年8月15日、朝日新聞は「玉砂利握りしめつつ宮城を拝しただ涙」との見出しで、「英霊よ許せ」『天皇陛下に申し訳ありません・・・』「それだけ叫んで声が出なかった」(記者謹記)という記事を掲載している。
朝日が「反日」に転じた契機となったのは、占領政策に反するという理由で発行禁止になったことにあり、以来朝日は発行禁止にならないように、占領軍の目で反日記事を書くようになった。
[参考資料]産経新聞 8月16日号

お名前:松村 ,2014-08-22 11:19:10 AM
題名: 朝日新聞が虚偽
 河野談話の前提とも推測される「慰安婦を強制連行した」という証言報道を朝日新聞が虚偽と認めた。なぜ日本国の過去、現在、未来に対してこの様なひどいことを書いて社長や編集長などは謝罪しないのか。
 河野洋平官房長官談話に「強制連行」の文字はないが、強制連行を認めた談話であるという印象が世界中に広がっている。河野氏が発表後の記者会見で「強制連行と考えてよいか」との質問に、「おおむねその通り」という趣旨の答えをしたのが原因だ。
         [参考資料]産経新聞 8月16日号

お名前:松村 ,2014-08-21 04:05:00 PM
題名: 責められるべきは罠をかける
靖国に祀られることをひたすら念じて逝った人々が、残した家族と「再会」できる唯一の厳粛な場を、一部の国や人が「軍国主義の象徴」と糾弾する。しかし首相も国民も靖国に詣でる目的は、ただ戦没者への哀悼の表現である。「中国は歴史問題を日本批判の材料に使う。罠にはまってはいけない」(ハーバード大、ジョセフ・ナイ教授)という忠告もある。責められるべきは罠をかける方だ。
[参考資料]産経新聞8月15日号

お名前:松村 弘 ,2014-08-20 11:00:09 AM
題名: 主な遺骨収集の状況
平成26年7月末現在
戦没者:約240万人
収集遺骨:約127万柱
未収集遺骨:約113万柱

ロシア(旧ソ連)(モンゴルを含む)
戦没者:54400
収集遺骨:2110

中国東北部(ノモンハンを含む)
戦没者:245400
収集遺骨:39310

アリューシャン、樺太、千島を含む
戦没者:24400
収集遺骨:1730

ミャンマー
戦没者:137000
収集遺骨:91390

北ボルネオ
戦没者:12000
収集遺骨:6910

インドンデシア
戦没者:31400
収集遺骨:11030

西イリアン
戦没者:53000
収集遺骨:33370

フィリピン
戦没者:518000
収集遺骨:148520

中部太平洋
戦没者:247000
収集遺骨:73530

東部ニューギニア
戦没者:127600
収集遺骨:50780

ビスマーク・ソロモン諸島
戦没者:118700
収集遺骨:58490

硫黄島
戦没者:21900
収集遺骨:10350

祖国のために戦って命を落とした人たちのお蔭で現在の平和な時代があります。しかし戦ってくれた人たちの遺骨収集は捗っていません。一人でも多くの、一刻も早い収集がなされることを私達は願うのみです。
[参考資料]産経新聞 8月15日号

お名前:松村 ,2014-08-18 05:27:31 PM
題名: 十七条憲法
=十七条憲法=
推古天皇12年(ユリウス暦604年)に、聖徳太子(厩戸皇子)が作ったとされる17条からなる法文

第一条に、「人と争わずに和を大切にしなさい」、とあります。日本国は他国と争わずに和を大切にする国、平和国家であります。

第二条に、「三宝(=釈迦、その教え、僧)を深く尊敬し、尊び、例をつくしなさい」、とあります。日本はこの様な奥ゆかしい素晴らしい国です、戦争なんかしません。第二次世界大戦に突入したのは止むに止まれず、だった。

第三条に、「天皇の命令は反発せずにかしこまって聞きなさい」、とあります。お蔭様で現在の日本がある。

第四条に、「役人たちはつねに礼儀正しくありなさい」、とあります。はたして今の役人はいかがか。

第五条に、「道に外れた心を捨てて、公平な態度でさばきなさい」、とあります。日本ではそうありたいと願っています。

第六条に、「悪いことはこらしめ、良いことはどんどんしなさい」、とあります。言うは易しく行うは難かし、しかし出来るところから実効に移せば日本はさらによくなる。

第七条に、「仕事はその役目に合った人にさせなさい」、とあります。適材適所です、好きな仕事をさせるのが理にかなっています。

第八条に、「役人はサボることなく早朝から夜遅くまで一生懸命働きなさい」、とあります。いいことです、しかし役人さんはこの様に働いていますかね(笑)

第九条に、「お互いに疑うことなく信じ合いなさい」、とあります。理想です、これなら問題は殆ど起こらず、警察官不要論が出るかも(笑)

第十条に、「他人と意見が異なっても腹を立てないようにしなさい」、とあります。今の政治家には頭が痛い、いや耳が痛いことでしょう(笑)

第十一条に、「優れた働きや成果、または過ちを明確にして、必ず賞罰を与えなさい」、とあります。こういうことは役所にも企業にも大事です。私も賞が欲しいな(笑)

第十二条に、「役人は勝手に民衆から税をとってはいけない」、とあります。しかし現在は取れるところかからむしりとる、そんな気がしてならない(笑)

第十三条に、「役人は自分だけでなく、他の役人の仕事も知っておきなさい」、とあります。しかし現在はどうでしょう、知らな過ぎる役人が多すぎるのでは(笑)

第十四条に、「役人は嫉妬の心をお互いに持ってはいけない」、とあります。はて現在は?

第十五条に、「国のことを大事に思い、私利私欲に走ってはいけない」、とあります。しかしそうだろうか、走りすぎている人が多すぎるのでは、捕まるのは氷山の一角(笑)

第十六条に、「民衆を使うときには、その時期を見計らって使いなさい」、とあります。はて現在は?

第十七条に、「大事なことは一人で決めずに、必ず皆と相談しなさい」、とあります。役人さん、そうされていますか、自分ら都合のいいことだけを相談していませんか(笑)

[参考資料]ウィキペディアなど

お名前:松村 ,2014-08-15 10:07:27 AM
題名: 六十九回目の終戦の日を迎えて
 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」を迎え、あらためて全ての戦没者に対し、哀悼の誠を捧げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 今日、私たちが享受している平和と繁栄は、祖国の為に戦場に散った三百万余の同胞の尊い犠牲と、国土の復興の為に奮闘された先人たちのお陰であることを一時たりとも忘れてはならないと思います。
 昨年十二月に安倍総理が戦没者追悼の中心施設である靖国神社に参拝されたことは、戦没者への哀悼を示す意義深い行為でした。春秋に行われる例大祭にも総理が参拝されることを強く望みます。
 終戦から六十九年を経ちましたが、未だに百十万余柱の御遺骨が日本に帰還しておりません。また、海外の戦没者慰霊碑や国内各地に存在する陸軍墓地や海軍墓地も管理も十分ではありません。
 次世代の党は、これらの課題解決にも全力を尽くしてまいることをお誓い申し上げます。
 
平成二十六年八月十五日
 
次世代の党        
党首 平沼赳夫

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org
次世代の党FB https://www.facebook.com/jisedai.party
プレ公式サイトhttp://jisedai.jp/index.html
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

これは転載です

お名前:M.H. ,2014-08-13 02:55:13 PM
題名: 国境近い離島 無人化防止
外国人不法上陸などを避けるため、一定の定住者が必要な地域を「特定国境離島」に指定。奥尻島、利尻島、対馬、与那国島を候補。産経新聞より

お名前:K.F. ,2014-08-06 01:45:24 PM
題名: 安倍政権を応援
日本が独立を保つためには国を護らねばなりません、そのためには人、もの、かね、が必要です。安倍政権を応援していきませんか。

お名前:松村 ,2014-08-04 09:41:39 AM
題名: 移民受け入れを皆さんはどう思われますか
=移民受け入れを皆さんはどう思われますか=


先日、このような記事が配信されました。

『2014年3月13日 産経新聞「毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140313/plc14031319260010-n1.htm

これについては、菅官房長官が否定するコメントを出しています。

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2014/03/122184.php



しかしながら、今回外国人労働力の活用提起がなされた「経済財政諮問会議」や、規制緩和を推進する「産業競争力会議」、また自民党の「国際人材議員連盟」などに、移民推進派の委員・議員が多いのも事実であり、上記の情報の真偽は不透明な状況です。さらに、日本のマスコミの多くがこの問題を報道せず(大企業や反日団体からのスポンサーや利益供与を受けているマスコミが多いこともあり)、このままでは国民が知らないままに移民受け入れが決定してしまうという、民主主義国家としてあるまじき選択がなされてしまう可能性があります。そのようなことになる前に、私たち国民一人一人が意思表示するべきではないでしょうか。仮に菅官房長官の言葉通り「政府として決定したわけではない」のが事実であったとしても、今のうちに国民として意思表明をすることは、推進派への抑止力という観点からも意義があると考えます。



移民受け入れは、単なる経済の問題ではありません。「自然国家」であったはずの日本国を、アメリカやシンガポールのように、移民によって成り立つ「人工国家」に変えてしまう、つまり国の在り方を変えてしまうほどの大問題です。


日本で報道されない移民問題 まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139670105244828501

ヨーロッパでの移民政策の失敗 - 人口統計より(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=kq4Kn5vw26k

『世界の移民政策 国内反発続き 経済メリット少なく』
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140313/biz14031322170028-n1.htm
毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始
sankei.jp.msn.com
政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維...

お名前:M.H. ,2014-08-03 01:26:16 PM
題名: 節電と無駄
節電、節電と列島は大騒ぎ!節電は大切ですがこの時期無駄も省きたいものである。例えば道端やインターチェーンジ、駐車場に止めた車内で昼寝はいかがなものか、休憩所があるところではできるだけその場所を利用していただきたいものです。私は昼寝をしません、現在車を運転しないから(笑)

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2022 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター