画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:70, 合計:9024:メッセージ
お名前:ドンキ ,2020-12-21 05:23:51 PM
題名: 話を戻すと
金本位制は先進国では廃止された、それはアダムスミスが法則を見つけたからで、その法則が進化して現代の先進国では財政政策、金融政策か行われているが、学校で教えないし指導する教師もいないので国民は全く知らない。
それを利用した、甘い汁を吸いたいd教授やi教授が存在するし、内閣の中にも産業競争力会議のTや内閣参与のAなど悪巧みを行うものがいるし、s総理は真実と信じて疑わないので日本は今でも疲弊路線を歩んでいる。

いまの財政政策はこうですよと解説したの物がMMTで、導入するとかしないとかの問題ではない。

MMT理論が正しいかどうかは検証が必要だが、簿記で検証したて新たな発見があったりする、
結論はMMTは真実を映す鏡、現在の常識はウソだらけで、日本が良くならない。

世の中の需要と供給量をコンピュータに任せることが出来れば、人の介入が無用になるかもしれない。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 05:01:29 PM
題名: 100%機械化は今の世の中では無理でしょうね、100年後はどうか?、商売で書いてみよう
商店の廃棄ロスは店の裁量で廃棄ロスにするが、値引き販売もできる。
値引き率は売れるのか売れないのかで変わってくるのでコンピューターが決めるわけではない。

業者の欠品は、見逃せば不明ロスになる、業者は検品の甘い店に欠品商品を押し付ける。
店の管理が悪ければ、従業員の内引きが発生する、その額は数十万円から数百万円になる事もある。

ほとんどの店では仕入れと売り上げから帳簿上の在庫を計算して、バックルームと売り場を見て、経験で在庫があるかどうか監視している。

3か月に一度、棚卸をして在庫通りにあるかどうかの確認を行う。
単品単位でどの在庫が足りないかを、チェックするが、未登録商品や生鮮などバーコードのない商品のタッチパネルの御入力で、一部の単品情報が狂うので、棚卸でリセットする。
商品のカウントは棚卸業者が行っているので、わずかにカウントミスもある。

駅の売店では監視カメラによって無人で会計を行うテストを行っている、レジは監視カメラが商品を監視して清算をするので、いまのところに人数制限があるようで、試験段階のようだ。

業者も店ごとの発注した商品が、納品されて店に配れる状態かどうかチェックいているが欠品もある。

店も問屋ごとの欠品率をカウントしていて、欠品の多い業者や値入率の悪い業者は切って、店の利益向上に努める。

このような作業の中で、帳簿を付けることには現段階では、多少の裁量がある。

店ではあまりないが、菓子代や接客費は多少も盛って申告しても、食べてなくなるものは本人しか分からない、国会議員の経費のガソリン代が200万円にもなってばれて議員辞職後に選挙で復活した例もある、裁量は曖昧が車のハンドルの遊びと同じで必要?、だろう。

その裁量は店主、税務署などが許される範囲かどうか眼を光らせている。
いまはぞんな状態で、トヨタの看板方式は並大抵のことではできない現実もある。

お名前:LENNON ,2020-12-21 02:51:58 PM
題名: ヘエー。会計処理って不規則なんだ?
人間が不規則なんで極力人間を排除し自動で計算すれば悪さも出来んし嘘も排除出来るよ。今は64ビットだが16ビットの時代から経理ソフトを使って来たが何の支障も無かったけどな?無法な経理をし決算をしたのは誰?人間?コンピューター?プログラム?違法や不法や無法を考えるのは全て人間でPCやプログラムにそんな能力は無い。有るなら是非ともお目に掛かりたい。だから金を扱う場面から人間を排除するのが正しい経理の出発点だよ。そして違法な処理があれば証拠が残り言い逃れが出来なくなる。その上刑事罰の飛びっきり重い奴を準備してやりゃあ良い。簿記って言っても今時紙の帳面に手書きしてる馬鹿はほぼ居ないだろう。簿記の規則を元に経理ソフトは動いてるし。基本的にデジタルってのは面倒臭い事を簡単にするツールだし殆どの企業はデジタル化してると思うぞ。勿論それを拒否して手書きで面倒な処理をし続けるのも自由だが。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 01:18:56 PM
題名: 天皇系列の竹田恒泰氏
武田恒泰氏は金融庁と協議して、日本政府が補償するデジタル通貨、デジタルゴールドの2つの通貨を作った。
国家が補償しているので、現実のお金として多くの人が使えば、竹田恒泰デジタル通貨銀行が出来る。

武田恒泰デジタル通貨では、現時点の価格で竹田恒泰デジタルゴールドで、金が只今の国際価格で買えて、地金に変える事もできるし値上がりしたらデジタル通貨にも変換できて儲けもでる。

デジタル通貨では竹田恒泰氏が経営する新橋のラーメン屋でラーメンが食べられる。

多くの人、多くの国が使えば、中国のデジタル通貨を凌駕できるし、既に金融庁が認めているのだから日本が認めていることになる、日本人に浸透するかどうかだと思うが、基軸通貨になれば武田氏は歴史に残る。。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 01:02:23 PM
題名: 全てはデジタル化で片付く問題
脱税や架空計上による決算報告はデジタル化でも無理、会計事務所がグルになれば、無法の会計になる。

それで株主が大損をしたのがカネボウと東芝が有名。

架空計上で倒産を免れて、会社が立ち直り大会社になったと言わっるのが(真意は不明)、カタカナで表記のサムコ。

コンピュター規則に従ってプロブラミングにより計算するものだから(16進法、0・1の2進法で64ビットナのはパソコン)、不規則な物には対応できない。

不規則には統計や確立を使うと思われる。

経済は確実な会計処理の簿記があり、正しさは数100年にわたり証明されている。
いま中国はデジタル通貨を国際通貨にして、アメリカを潰しにかかっている、デジタル通貨でも流れの法則はMMTと同じだが、多くの国がデジタル通貨を使えば、基軸通貨が中国になり世界を支配できるはずで動いている。

アメリカにとっても日本にもロシアにとっても中国は脅威。

お名前:LENNON ,2020-12-21 12:44:03 PM
題名: 全てはデジタル化で片付く問題
日々の金の動きと口座の動きを連動させて把握すりゃアホな人間の口出しは排除出来るし余計な事、例えば税の申告だのの儀式は必要無くなる。浮いた時間をもっと別の有意義な事に使える。ラーメン屋だろうが何だろうが全て同じで自動計算させ自動徴収すれば良い。その為のサーバーや通信端末もインフラとしてタダで配れば良い。そして使う事を義務付ければもっと良い。こう言う出来るのにしないってのが政治の貧困だ。それを可能にする法整備だってそれ程難しい事じゃ無い。そして高速道路を雪の積もらない道路にするとか家の屋根に積もらない屋根にするとか。インフラってのは幾らでも改良の余地はあるし技術力もある。世界中の国が真似出来ないインフラ大国にすれば良い。そうすりゃ正しい形での経済対策になる。国民が困るあらゆる問題を解消するのが政府や行政の仕事だ。当然屁理屈も出て来るだろうが無視すりゃ良い。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 10:37:09 AM
題名: 理論だの考え方が如何のって言うより金の流れがリアルタイムで把握出来る仕組みを作らなきゃ
仕組みを知らないと、把握できないでしょ、仕組み(人間が作ったお金の流れを示す法則)。

これは金本位制廃止のアダムスミスにまで戻ります、この話は面白いので調べる価値があります。
これに気が付いたアダムスミス社は大金持ちになりました、そして銀行が生まれました、銀行の考え方はアダムスミスが元になっています。

お名前:LENNON ,2020-12-21 10:28:31 AM
題名: 理論だの考え方が如何のって言うより金の流れがリアルタイムで把握出来る仕組みを作らなきゃ
それが実現すりゃ理論もへったくれも吹っ飛ぶから。その上でその時々の対処法までプログラムしときゃ人間の屁理屈は一切排除出来る。変な思惑だので左右されない。徹底的にデジタル化すれば良い。今まで影響力を効かせてた奴等は猛反対するだろうが。そもそも経済は国だのが余計な事をしないで済む方が良い。なる様にしかならんし出来るだけ国民に任しときゃ良い。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 10:05:57 AM
題名: 麻生財務大臣の過去のyoutube(MMT)の言葉が無かった時代のMMT論
https://www.youtube.com/watch?v=lzC6sW4un8E&ab_channel=kstyle

お名前:ドンキ ,2020-12-21 10:02:00 AM
題名: MMTについて
MMTはマネーストックとマネタリーベースの仕組みを解説した書物、考え方です。
日本の財政の現時点の仕組みを解説しています。

新聞記者は、マネーストック、マネタリーベースの動く仕組みを全く知りません。
だから日経新聞の経済についてはウソだらけで読むに堪えないところがあります。

国会議員も殆どが馬鹿で知りません、麻生は一部間違えていますが、肝を知りつつウソをばら撒いています。

国民はマネーストックもマネタリーベースも家計に関係ないので知りませんし学校でも教えません、これにより日本の不幸が始まっています。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 09:51:44 AM
題名: MMTは導入するものではありません
財政のマネーストックとマネタリーベースについて考え方を示しています。

その考えは先進国では同じです、細かなところでは違いますが。

MMTを否定することは日本の金融政策、財政政策の仕組みを否定することです。
そして、否定してデタラメを行っているので、デフレ政策(MMTの仕組みで解説)になり、国民が貧困化するのは当たり前なのです。

日本でも暴動がおこることも考えられるかもしれません、さすがにクーデターは無いでしょう

お名前:LENNON ,2020-12-21 09:42:11 AM
題名: ところでMMTとやらを導入して成功してる国はあるのかな?
一国でも実例があれば我先にと取り入れるだろうね。何とか理論に飛び付かないのは日本のお国柄。慎重に石橋を叩いて渡るとか渡らないとか?と言うか経済学者って変なのが多いし。それよりもっと効率の良い制度設計を始める方が先だと思うがね。それと生きた金の使い方をもっと増やせば良いんだが。インフラ強化や拡充に。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 07:16:39 AM
題名: ソフトバンク
早くMBOをしなければ、危機が来ると思う、そのためのソフトMBO対策のはず、日銀や政府も対策が必要で、多くの企業に関係しそう

お名前:ドンキ ,2020-12-21 12:58:31 AM
題名: 麻生財務大臣のMMT論の誤りが一つあります?が、分かりましたか?、
麻生大臣はお金のプール論の話でMMTを説明しています、銀行に私が確認しましたら銀行も間違えていました。
日銀総裁が認めているのに銀行が認めない、銀行は知っている人が少ない、知らなくても銀行業務に支障が無いが、日本銀行は知らなければ商売にならないと思った。

つまり誤りはお金のプール論が間違えているのです。

それも、税理士のビデオの仕分けで解説していた、
結局は銀行は日銀との橋渡しをしているので、信用創造は日本銀行が行っている、銀行から会社が1000億借りた場合に銀行が信用創造すると解説されているが、実際は日本銀行が信用創造を行い、その金を銀行が会社に貸すという仕組みになっていると解明してくれている。

簿記の同一科目を相殺して残った結果を見ると、銀行が信用創造を行った形になるので、どっちも間違いではないことが分かる。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 12:39:18 AM
題名: 2004年の麻生大臣の財政(MMT論)についてのビデオ、私は昔にダウンロードしたが画質はこんなに悪くはない
https://www.youtube.com/watch?v=lzC6sW4un8E&ab_channel=kstyle

2004年以前の麻生総理の財政(MMT)論を語る、いまから16年以上も前のビデオ。

後ろに、故町村議員が座っているので、町村議員の他界した年代からもこのビデオが古いことが分かる。
2014年に安倍内閣が消費税増税をした時には、麻生総理待望論が多くのコメントとして書かれていた。
今回のコメントには、麻生は誰に脅かされているんだろ言うコメントが目立つ、だれかに弱みを握られて本当のことが言えないダメ大臣という評価が多い。

武村正義氏のことも言っていますね。

お名前:ドンキ ,2020-12-21 12:19:50 AM
題名: >>>三笠宮崇仁は戦犯C級
お前は中国共産党の犬だ、スパイは出ていけ!

戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議が日本では行われていて、アメリカとも共有されている

お名前:匿名 ,2020-12-20 10:10:06 PM
題名: 三笠宮崇仁は戦犯C級
三笠宮崇仁は戦犯C級なのに、偉そうにしていました為、他の方に嫌がらせがございました。
三笠宮崇仁が、テロリストに狙われたならば良かったのに、他の方は、他の方が悪いと思い込まされた為に、テロリストに狙われておりました。
何度も爆弾が送付されていましたのは、三笠宮崇仁以外にでした。
血液型Rh+A型の普通の人間の三笠宮崇仁は、戦犯C級のヒトラー派です。
匿名

お名前:ドンキ ,2020-12-20 08:58:19 AM
題名: 世界中が武漢肺炎で金融緩和と財政出動の大政策を行っている時に日本だけがけちけち財政
世界はグローバルにつながっているのだから、発行したマネーストックが少なければ円高になる事くらい、中学生になれば分かる(学校では教えないから無理だが)。

マスコミはマネタリーベースをみて、お金ジャブジャブと言っているが、日本と世界を混同して言っているので、話が分からない方向になる。

アメリカやヨーロッパ、イギリス、カナダ、オーストラリアはマネーストックもマネタリーベースもコロナの為にじゃぶじゃぶ政策を採っているが日本はマネタリーベースだけジャブジャブになり出口とマスコミは言っている。

このままでは日本の1人負けになるが、菅総理と取り巻きは経済を知らないアンポンタンで、竹中平蔵とアトキンソンのいう事をそのまま記者会見で発言しているから日本は重症。

お名前:ドンキ ,2020-12-20 08:40:22 AM
題名: MMTに熱心ですな?
>>>多分だが財務省もその考え方のシミュレーションくらいはしてるんじゃ無いのかね?二十年三十年程度のデータは持ってる筈だし
・・・財務省も麻生大臣も知っていてウソをついている、既得権益を守るために。

税理士のMMTの簿記による解明を見ていませんね、税理士の知り合いの話が書いてあったので、分かると思ったのだで、簿記でMMTの解明のURLを貼ったのだが。

簿記の計算はコンピューターを使えば早いし、そろばんでも電卓でもできる。

ここで税理士が解明したのは、マネタリーベースの増えるロジックとマネーストックの増えるロジックで、
・お金が無くても国は車が買える、財政出動が出来る仕組みであり、借金でない仕組みの解明。

麻生大臣は麻生ゼネコンの社長なので、帳簿くらいは見ることが出来る簿記の知識はあるし、簿記についても詳しいかもしれない、さらには2004年には財政の仕組みを解説していた,MMTがアメリカから入る前からMMTと同じことを言っていたビデオがある。

・お金が無くても、各諸政策に資金を充てて国の運営ができる。

・なぜ徴税が必要か?、この部分を簿記で解明している。
・このことをしらない国民が多過ぎるのでテレビや財務省に胡麻化されるのが実態、学校で教えないから仕方がないとは言えない時代になった。

アメリカも日本もイギリスもオーストラリアもカナダも財政出動と徴税の方式は同じです、
細かな決まりが国ごとに違っているだけで、大まかな方式は同じ。

架空計上や脱税をしていなければ、簿記で1円単位までの誤りがあばくことが出来るので何百年も簿記が世界中で使われている。

お名前:ドンキ ,2020-12-20 08:00:35 AM
題名: 面白すぎて、面白すぎて、・・・・くたばれNHK、寝ても覚めてもアメリカ大統領選挙
面白すぎて、またまたURLを貼ります。

https://www.youtube.com/watch?v=BqW63YgoHk8&ab_channel=%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%96%E3%82%8F%E4%BA%AE%E6%B2%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%94%B9%E9%9D%A9%E5%85%9A%E8%B1%8A%E5%B3%B6%E5%8C%BA%E8%AD%B0

くつざわ氏は信用できるのか、どんな人か調べたら、逆境の中を這い上がった人ですね。
福島県で動物病院を経営していが、動物病院の注射器の販売で逮捕され離婚され、右翼活動団体に入り、埼玉県で県議会議員、・・その後東京都豊島区で豊島区議会議員、NHKの悪巧みを追及し集金人のインチキから国民を守るテレビ改革党党首を結成して党首になる。

くつざわの名前を出すとNHKの勧誘や集金人が逃げるくらい恐れられる存在。

NHKから国民を守る党とは意見が合わず、喧嘩別れしたとどこかに書いてあった。
埼玉市、東京都でテレビ改革党義員候補、支部長を募集中で、選挙の仕方は指導するのでNHKのガタイの大きな・やくざ風・の怖い人に立ち向かう事の出来る男性を募集していると発信しています。

そんなわけで、女性の応募は原則ダメとの事。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター