画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:74, 合計:7566:メッセージ
お名前:ドンキ ,2020-06-18 12:45:26 PM
題名: 遺伝子ワクチンに塩野義製薬も参画
井小野木製薬はつい先日、遺伝子ワクチンの開発を行い、1月には臨床に入る計画と発表していたが、タカラバイオのワクチン製造に参画するようだ。詳細はまだ調べていない。

大阪市長井小野木製薬はつい先日、遺伝子ワクチンの開発を行い、1月には臨床に入る計画と発表していたが、タカラバイオのワクチン製造に参画するようだ。詳細はまだ調べていない。

大阪市長吉村氏も9月に大阪で400人規模の遺伝子やクチン投与を行うと発表したらしい、そして今年中に数千人単位の投与を行う予定らしい、後で詳細を調べます。

お名前:LENNON ,2020-06-18 11:34:13 AM
題名: アメリカと日本の危機感の違いは
アメリカ人に大部分は基本的には自分で物事を判断し自立しないと生きて行けない。そしてそれを誇りにしてる人間が多い。日本では戦後に嘘で洗脳され誰かに依存するのが当たり前で政治はその為に有ると勘違いさせられ自立の誇りを失ったんだろう。その一つが神頼みだと思われる。経済ってのはあくまで民間が自分に合った仕事で金を稼ぐ事。政治は民間では出来ないインフラや国防、治安維持と環境を整える事だけやってりゃ良い。その為の制度はありとあらゆる可能性を考え事前に制度を準備しておく物だ。どうでも良いスキャンダルやなんかで準備を怠ってる奴の責任が問われる。大事な事は国民が自立し主権者の義務を果たしていない。平和ボケが日本人の誇りさえ奪ったんだろう。元々持ってたんだが。

お名前:LENNON ,2020-06-18 11:00:49 AM
題名: 今朝のとくダネとか言う糞報道番組で
差別問題とか言うどうでも良い事の無駄話を垂れ流していた。人種差別も民族差別もあって当たり前で無い方がオカシイ。互いに差別し合うのが人間ってもんだ。要は自分以外の人間は信用しないし信じないのが正しい。何故なら相手がどんな人間か害を及ぼすかどうかは判断出来ないからだ。その上で警戒するのも当たり前。それが嫌なら自分がその環境から遠ざかるしか無い。糞番組は自分がどう思うかの感想だけ垂れ流し自分が良い人と思われたい一心で綺麗事を並べる。そして最悪は解決策には一切触れない。解決策ってのは時として残酷な一面が必ず現れるからだ。綺麗事しか言わない言えない奴には避けるしか無い。結局は卑怯な連中だ。特に社会学者だの弁護士なんてのは馬鹿が多い。差別なんて物は気にしなきゃ起こり得ないし騒ぐ奴はその事を利用して利益を得ようとしてるだけだ。どうしても問題にするには実害を受けた当事者だけに騒ぐ権利があり関係の無い奴に騒ぐ権利は無い。テレビで無駄口を垂れ流す奴デモで騒ぐ奴なんてのは単なるバカでしか無い。実害を受けそうな状態になれば全力で闘えば良い。これが原則でナントカハラスメントなんてのも騒ぐ程の事じゃ無い。どれも社会を混乱させそれに乗じて利益を得ようとする卑怯者の企てだ。

お名前:ドンキ ,2020-06-18 08:28:40 AM
題名: アメリカと日本には危機感に違いがある
例えば、

経済が危機前の水準を大幅に下回っており、FRBは現時点では利上げを考えることも考えておらず、バランスシートの縮小に踏み切るまでにはかなりの時間がかかるとした。このため、回復を支援するためにかなりの長期間、ゼロ金利や量的緩和(QE)を据え置く必要があるとの考えを繰り返した。「現状で、バランスシートの規模を懸念すべき時ではない」とし、必要とあれば追加措置の可能性も除外しない考え。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本にこの蔵の対策が欲しい、アメリカの中央銀行は地方債を50兆円購入しているが日本は全く考えていない、緊急事態のコロナ危機に対して災害指定もしていない全くの危機感のなさ、国会で居眠りしているな!、全く緊張感が無い。

それどころか、バランスシートの縮小である復興税や消費税増税を2匹目のどじょうとして、ホップ12%。ステップ19%、ジャンプで考えている。

こんなアホだらけの国会では日本が潰れてしまう。



お名前:ドンキ ,2020-06-18 07:32:43 AM
題名: 歳入とは
税金を取らないで国債発行だけしたならインフレが悪化します、ハイパーインフレです、その防止の予算が歳入です。

お名前:ドンキ ,2020-06-18 07:26:12 AM
題名: 税収が減ることを問題にしているが、何が問題ですか?。
日経新聞、税収減 投稿者:ゆめかざり 投稿日:2020年 6月18日(木)07時19分21秒 返信・引用
税収 コロナ禍が直撃
19年度60兆円割れ、納税猶予響く 20年度も下振れ必至
2020/6/18付日本経済新聞 朝刊
保存 共有その他
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国の2019年度の税収が2年ぶりに60兆円を割り込む見通しだ。企業活動の停滞に加え、収入が急減した場合に納税を1年猶予する措置を導入したことも響く。20年度も不透明感が強く、民間では50兆円台前半まで落ち込むとの試算もある。

政府は19年度の税収を当初、62兆4950億円と見積もった。昨年12月に補正予算を編成した際、米中貿易摩擦などの影響を勘案して60兆18…
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

借りの数字を入れてみましょう
国の2019年度の税収が2年ぶりに60兆円を割り込み55兆円になる見通しだ。
20年度も下振れ必至で40兆円になる見通し。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、それで税収が減って何が問題、

国会議員の馬鹿どもと政治評論家の馬鹿どもに聞かせたい、

国の財源は歳出です、国債発行です、

では歳入は何、歳入はデフレ化のために、お金を消去するオペレーション、政府の国債償還のオペレーションです。

大不況でインフレ防止、デフレ化の予算(税収)が減って何が問題?。
国債償還の予算(税収)が減ってなにが問題、国債を償還したら世の中のお金が減ります、するとデフレ化します。

大不況、デフレ真っただ中でデフレ化の予算が減って何が問題?。

デフレ化する予算が減れば、世の中のお金が減らないのです、どこが問題?。


お名前:LENNON ,2020-06-17 06:52:26 PM
題名: 国境地帯の紛争は越境したら警告無しで射殺するのが正しい措置だ
弾の届く距離には誰も入らせないのが最も有効で12.7ミリ口径の遠距離狙撃用ライフルの銃座を作り防御するしか無い。この口径なら2キロメートル程度の有効射程が有るから相手も近付けない。インド軍も考え直しお人好しは止めるべきだ。射殺しなければ少しづつ侵食される。それが中国人の手口だ。遠慮せずに撃ち殺せばそれでも超えて来る度胸の有る中国人は一人もいない。

お名前:ドンキ・・・・中国=インド国境で軍事衝突 インド側兵士20人 ,2020-06-17 06:05:11 PM
題名: >インド政府筋は、交戦では鉄の棒や石が使われ、銃は使用されなかったと明かした。
中国=インド国境で軍事衝突 インド側兵士20人が死亡
2020年6月17日(水)09時11分

インド軍は16日、越境を巡り数週間前から中国軍とにらみ合いが続いていた国境付近で衝突が起き、兵士20人が死亡したと発表した。写真はインド北東部アルナーチャル・プラデーシュ州で2009年11月、両国の軍幹部による会合が行われた場所で撮影(2020年 ロイター/Adnan Abidi)

インド軍は16日、越境を巡り数週間前から中国軍とにらみ合いが続いていた国境付近で衝突が起き、兵士20人が死亡したと発表した。

インド軍によると、衝突が起きたのは15日夜、両国の係争地域であるラダック地方のガルワン渓谷。中国外務省もインド側と衝突があったことを認めたが、中国軍側の被害は明らかにしていない。一方、インド外務省は双方に犠牲者が出たとしている。両国の軍幹部が事態収拾のため協議しているという。

インド政府筋は、交戦では鉄の棒や石が使われ、銃は使用されなかったと明かした。

中国外務省は、インドに対して問題につながる一方的行動を取らないよう警告。報道官によると、インド軍が両国の合意に違反して中国側を挑発、攻撃したため深刻な事態に至ったという。

インドと中国は国境を巡り1962年に軍事衝突。それ以降も協議を続けたが国境を巡り紛争解決には至っていない。国境防衛隊の間で小競り合いが起こることはあったが、犠牲者は30年以上出ていなかった。

インド軍当局は、中国軍兵士が5月初めに複数の場所で実効支配線(LAC)を越境したとし、それ以降両国側で協議が持たれたが進展はなかった。

お名前:ドンキ ,2020-06-17 05:53:33 PM
題名: 復活は簡単、政府の怠慢と永田町のボケ老人が生み出した人災。
>一度止まれば復活が大変

ボケ老人がデカい顔をしている間は、復活は無いに等しい。

お名前:MH ,2020-06-17 04:16:34 PM
題名: 一度止まれば復活が大変
=一度止まれば復活困難=
 我が国の輸送機器すなわち航空機、自動車、船舶等共に第二次世界大戦中までは世界最先端を走っていた。しかし戦後諸事情により長期にわたって製造できなくなった航空機産業は極めて惨めである。
 1945年まで陸海空で世界最先端を突き進んでいた三菱重工業。2008年航空機製造会社として設立された三菱航空機、その「三菱航空機が人員半減、北米の2拠点閉鎖となる。新型コロナ感染拡大等で試験機を米国に移すめども立たず、また全日本空輸や日本航空、海外航空会社の納入が約300機ある、しかし新型コロナの影響で航空会社の経営も厳しい状態である」。このように天下の三菱であっても一度航空機製造が数十年止まってしまうと復活が厳しく、多額の経費と時間が掛かってします。
国産旅客機製造は自動車生産同様すそ野の広い産業であり、輸出等に大きく貢献できる。大変なこの時期に国としてこの飛行機を買うとか何とか応援できないものか。
同様の危機は、原子力発電所、石炭火力発電所、ソフトウエア産業、家電産業、DRAM、液晶パネルなど多義にわたる。後れを取ると復活は極めて難しい。頑張れ、踏ん張れ日本企業よ!!
「」内は毎日新聞6/月16日号参照


お名前:ドンキ ,2020-06-17 01:58:46 PM
題名: デキサメタゾン」は低価格で幅広く利用されているため、治療の「重要な突破口」になると期待
抗炎症薬「デキサメタゾン」、重症コロナに有効か
17日 3時23分
 イギリスの研究チームは16日、ステロイド系抗炎症薬の「デキサメタゾン」が、新型コロナウイルスの重症患者の死亡率を下げるとの研究結果を発表しました。

 イギリスのオックスフォード大学の研究チームは、新型コロナの感染者を対象に、ステロイド系抗炎症薬の「デキサメタゾン」の投与を受けたおよそ2100人と投与を受けなかったおよそ4300人を比較する研究を行いました。その結果、投与により、人工呼吸器が必要な患者の死亡率は3分の1減少、酸素吸入を必要とする患者の死亡率は5分の1減少したということです。「デキサメタゾン」は低価格で幅広く利用されているため、治療の「重要な突破口」になると期待されています。

 イギリスBBCは、「この薬が感染初期から使用されていたら、国内で5000人の命を救えた可能性がある」と指摘しています。

お名前:ドンキ ,2020-06-17 12:33:56 PM
題名: >役立たずの野党が何を血迷ってるんだか?実際に国会が>何の役に立ってるんだ?少なくとも言葉尻を捉えて難癖を付ける様な野党に一体何が出来るって言うんだろう?
全くその通りと思います。

お名前:LENNON ,2020-06-17 11:38:00 AM
題名: 国会を延長する申し入れをした様だ
役立たずの野党が何を血迷ってるんだか?実際に国会が何の役に立ってるんだ?少なくとも言葉尻を捉えて難癖を付ける様な野党に一体何が出来るって言うんだろう?早い話が今野党全員が死んだところで何も支障は無いし清々する。つまらんチマチマした綺麗事を完全に止め立法に努めるならまだしも。

お名前:LENNON ,2020-06-17 10:52:54 AM
題名: 半島でビルを壊すお祭り騒ぎがあった様だ
折角だから遠慮せずにドンパチで殺し合って欲しい物だ。半島で殺し合いが始まったら日本にいる連中も国防の為に帰国して参戦しなきゃ駄目だぞ。今こそ半島人の意地と誇りを見せる時だ。何なら半島大好きの日本人も義勇兵として行けば良いのに。絶対に止めんから。

お名前:LENNON ,2020-06-17 10:10:38 AM
題名: そうなんです。マッハ4,5のミサイルの弾頭を落とすには光速のレーザーや電子ビームで破壊すりゃどうってこた無いのです。
エネルギーの照射より速い兵器は世界の何処にも存在しない。そして一発撃った瞬間に未発射のミサイルも根刮ぎ破壊するのが正しい防衛政策、且つ考え方です。ただエネルギー兵器は無駄にデカくすると無数に飛んでる人工衛星を破壊する可能性が有るのです。まあ非常時の事ですから気にしないでぶっ放せば良いのでしょうが。または衛星に機能を持たせりゃ良いのだが。そうすりゃ発車前のミサイルなんか壊し放題。ミサイルって言うかロケットはほんの少しのヒビがあったりネジが緩むだけでも使えない。下手すりゃライフルの弾が当たっただけでも大爆発する代物だ。

お名前:ドンキ ,2020-06-17 09:56:13 AM
題名: 最新兵器
航空と宇宙, 防衛
来襲するミサイルやドローンを迎撃するレーザー兵器の開発
by 松尾 芳郎 • 2020年2月16日 •
2020-02-16(令和2年) 松尾芳郎
図:レーザーガン
図1:(US Air Force) 2019年4月、米空軍はニューメキシコ州ホワイトサンド・ミサイル演習場で、地上設置型レーザー・ガンを使い、高速で飛来するミサイルを迎撃、撃墜することに成功した。写真中央の円形がレーザー・ビーム発射装置。
飛来する弾道ミサイルを迎撃するミサイルの開発は1950年代から米露両国で始まった。最初に迎撃実験に成功したのはロシア(当時のソビエト連邦)で(1961-03-04)、ロシア東南部のカスピ海西岸のミサイル基地カプステイン・ヤール(Kapustin Yar)から発射されたR-12弾道ミサイルから分離した模擬弾頭を、カザフスタン・サリーサガン(Sary-Shagan)基地から発射したV-1000ミサイルで迎撃、発射140秒後、高度25 kmで撃破した。

それから60年の現在、攻撃側ミサイルは、デコイやターミナル段階でのチャフ散布、フレア発射、進路変更などを含む改良で、敵の防空網の突破を図っている。迎撃する側も識別機能の精度向上や射程の延伸などで性能を上げてきた。

[SHiELD]システム(航空機搭載用)

米空軍ではこれまで迎撃ミサイルや対空射撃に頼る伝統的な迎撃システムの発想を転換し、今後5年以内に全く新しい迎撃システムの実用化を目指している。

空軍技術研究所[ AFRL=Air Force Research Laboratory ]では、新しいミサイル防衛システムとして、「防御用高エネルギー・レーザー実証機 [ SHiELD=Self-Protect High-Energy Laser Demonstrator ]」の試作に取り組んでいる。

[ SHiELD ]システムの実証試験は、2019-04-23にホワイトサンド・ミサイル試験場(White Sands Missile Range, N.M.)のレーザー・システム試験設備で行われ、航空機から発射された複数のミサイルを迎撃、いずれも撃墜することに成功した。これは[ SHiELD ]Phase 1試験と呼ばれ、レーザー光線で敵ミサイルを撃墜できることを示した最初の一歩である。



お名前:ドンキ ,2020-06-17 09:31:07 AM
題名: >国防にイチャモンを付ける様な奴は国民の資格は無い
全くその通りで苛立ちさえ覚えます。
兵器の名前を忘れてしまったが、日本は指向性エネルギー兵器の技術で世界一と言われています。
アメリカもその技術を使ってレーザービーム、電磁波での迎撃、etc。

お名前:LENNON ,2020-06-17 08:59:48 AM
題名: イージスアショアの白紙
イージスアショアの白紙の理由が面白い。発車後のブースター落下地点が設置する演習場に落下しない可能性が有りその要件を満たす為のコストが増大するって事らしい。ブースターってのはミサイルの一段めの事だが海上に落下すれば何の問題も無いと思うのだが。その程度のコントロールは難しく無いだろう。ましてや迎撃ミサイルを発射する事態ってのは日本の国の存亡が掛かってる時でブースターが何処に落ちようが大した事じゃ無かろうに。ブースターの落下地点云々よりはんたいするじゅうみんが鬱陶しくなったんだろう。国防にイチャモンを付ける様な奴は国民の資格は無いしイザと言う時に護ってやる必要も無い。元々国防に地方自治体の承認もクソも関係無い。反対する奴は全部しょっぴけば良い。これも役立たずの憲法が原因だ。

お名前:ドンキ ,2020-06-16 07:16:23 PM
題名: 韓国にも文在虎にも興味はないが、北が文在虎を足蹴。
韓国の文在虎が求愛していた北朝鮮に(金与正氏が罵倒していたが)足蹴にされ開城の南北共同事務所爆破を見事なまでに粉々に爆破されてしまった。
動画映像も。

北に蹴飛にされても求愛を続ける文在虎だとしたら情けないが、北朝鮮・命の文政権だからどうなりますことやら?。

お名前:アルコ~ル ,2020-06-16 04:47:19 PM
題名: ドンキ そのニュース美味しい
Twitteに張って見よう

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター