画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:142, 合計:7565:メッセージ
お名前:LENNON ,2020-04-06 10:39:11 PM
題名: 国債だの償還だのデフレだのインフレだの経済は一見複雑怪奇だが
要は経済を牛耳って好きに日本を操りたい誰かが居るって事だ。それは誰だろう?最も怪しいのは財務省で連中は得意の屁理屈で議員を誑し込み自由に操りたいと思ってるだろう。でなきゃデフレ脱却を目指してる時に消費税なんか上げたりしない。また、経済破綻だと嘘を撒き散らし経済を悪い方向に誘導したりもしない。財政を健全化すると言うお題目も嘘八百だ。財務省こそ国民の敵と言って良い。兎に角財務省の腐った根性を叩き直すのが第一歩だ。

お名前:アルコ~ル ,2020-04-06 10:38:53 PM
題名: 特定秘密保護法がある限り 官僚 公務員は国民の味方をしたら処罰される
恐ろしいことにどの政治家もどの政党も反対無


お名前:アルコ~ル ,2020-04-06 10:35:30 PM
題名: 特定秘密保護法がある限り 官僚 公務員は国民の味方をしたら処罰される
つまり官僚優位説は真っ赤な嘘

甘利のワイロ軽々と隠ぺい


お名前:アルコ~ル ,2020-04-06 10:31:51 PM
題名: 悪法 特定秘密保護法 これ消さないとダメ
こいつらが勝手にやった悪法をザックリ説明

特定秘密保護法案とは?

勝手に何でも国の秘密とか言って何でも秘密に出来る

政治家の外国企業や外国人から賄賂がもらえる←コイツがスパイ

官僚の外国大企業にも天下りで役員になれる←コイツがスパイ

それでいて

国家の秘密を暴く正義の公務員には処罰とか

これスパイのための法案だろ

国民バカにしすぎ

ついでw
【政治】「特定秘密保護法案」に不自然な“穴”。外国人スパイには罰則なし?
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1384583667/


お名前:LENNON ,2020-04-06 10:20:24 PM
題名: そう。消費税はインフレ対策で使うのが正しい使い方
インフレってのは何か?物が不足して貨幣価値が下がる事。それには生産力等の低下で供給が不足するとそう言う状態になる。そんな事が日本で起きるだろうか?意識的に生産をコントロールしない限り無理だ。ではデフレはどうか?生産や供給が上手く行き過剰になると物の値段が下がり貨幣価値が上がりデフレと言う状態になる。デフレとインフレの何方が国民の生活には良いだろうか?よくデフレは悪いと言うが国民生活の全体を見て言ってるか?給与が下がるとか上がるとか上っ面で判断してないだろうか。要は物と金の価値のバランスが取れた状態なら良いんじゃ無いか?経済なんて所詮はそう言う物で大騒ぎする程の事かと思うが。そのバランスや流れは細かい情報を集め分析しなきゃ解る訳が無い。今の日本でそれが出来てるか?全くと言って良いほど出来て無い。それを作り上げ正確な分析が可能になるまでは無理だ。

お名前:アルコ~ル ,2020-04-06 09:59:17 PM
題名: 消費税増税は経団連を主とする特権富裕層のピンはね
償還には
①期限が来たら償還する定期預金のような役割と、
②国民の税金で国債の繰り上げ償還だが、平成11年以降国債の繰り上げ償還が禁止された。

償還の禁止をとけばいいw

立場は法律を決めることのできる政治家が強い
官僚にも悪党は要るだろう洗脳しているというより結託している


お名前:アルコ~ル ,2020-04-06 09:48:55 PM
題名: 上下の戦いは数の戦いに変換しなきゃならん つまり周知活動と仲間集め
そのあたりで大きく工作に負けている状況

雑魚工作員を蹴散らすことは対して苦でもないがw



お名前:ドンキ ,2020-04-06 07:59:47 PM
題名: そして国債は民間から金を集める為に使うが日銀がそれを買い取った瞬間に債権の役目は終わりただの紙になる。
もう一つ方法がある。
日本政府が国債を出し過ぎて、ハイパーインフレの恐れが起きた時の対策、

その際は国民から余剰資金を集めて(税金で徴収して)、国債の借金返済(償還)に当てれば国債の発行額も削減出来るし、徴収した税金は世の中から消えてなくなる。

償還には
①期限が来たら償還する定期預金のような役割と、
②国民の税金で国債の繰り上げ償還だが、平成11年以降国債の繰り上げ償還が禁止された。

ではお金の出し過ぎによるハイパーインフレをどのように退治するかであるが、
それは30年間日本をデフレに叩き込んだ消費税で、対策できることを十分に証明している。
つまり
②´は消費税ということになる。

お名前:ドンキ ,2020-04-06 07:39:13 PM
題名: 竹田恒泰君が面白い事を言ってた。一人百万配れば経済危機なんて余裕で乗り越えられると。俺もそう思う。チマチマした事をやってもインパクトは無い。コロナ危機をコロナバブルに変えるくらい面白い話だ。
大賛成

お名前:LENNON ,2020-04-06 05:17:16 PM
題名: 日本には大黒様の打ち出の小槌が有る。
もう皆さんご存知の国債と言う打ち出の小槌と日銀の紙幣印刷機がある。国債は紙幣印刷機の稼働させる為の手続きだ。そしてその償還期限も自由に設定出来る。償還期限を百年にすれば百年間は自由に使える。そして国債は民間から金を集める為に使うが日銀がそれを買い取った瞬間に債権の役目は終わりただの紙になる。債権の役目が終わる訳だ。だから日銀が保有した国債は役目を終えている。その打ち出の小槌の使い方が過去も含めて政府は知らない。竹田恒泰君が面白い事を言ってた。一人百万配れば経済危機なんて余裕で乗り越えられると。俺もそう思う。チマチマした事をやってもインパクトは無い。コロナ危機をコロナバブルに変えるくらい面白い話だ。

お名前:ドンキ ,2020-04-06 02:44:10 PM
題名: 緊急事態
安倍内閣は本日、緊急態を出す方向で調整に入ったとメディア

お名前:ドンキ ,2020-04-06 02:41:40 PM
題名: 普通の人は絶対に知り得ない。
お見事

お名前:LENNON ,2020-04-06 02:03:26 PM
題名: 役人の議員に対する洗脳は当選直後から始まる
初当選をした議員の事務所に各省庁の人間がレクチャーに行く。そこでのレクチャーには法令の説明や省庁の方針、物の考え方等多岐に及ぶ。そのレクチャーで扱い易い手強い等の評価が決まりその後の扱いに差が生じる。ってのは永田町では常識だ。この結果省庁の手先として働く族議員となる。また全国に出先機関を持ち議員の選挙や様々な情報を集め役人による議員のコントロールが完了し省庁の意向に沿わないとスキャンダルを始めとした情報のリーク等で選挙結果を左右する場合もある。永田町と霞が関はドロドロの歪な関係が渦巻いている。ってのは普通の人は絶対に知り得ない。

お名前:ドンキ ,2020-04-06 01:28:18 PM
題名: 金本位制
日本は1931年に金本位制を廃止した、
アッメリカは1934年に金本位制を廃止した、
だが日本は1973年までドルペック制をとっていた、1973年に日本は自由経済になりアメリカと同じ経済方式をとるようになった。

その15年後くらいにバブル崩壊が日本であって、日本の国会議員の頭は金本位制のまま。
信用創造を理解していない、それを伝えたのはMMTで、簿記がその正当性を証明しているが、信用創造を理解していたのは、財務省だけだった節がある。

昨年の国会答弁で黒田日銀総裁に、信用創造の事実を確認した答弁があり、日銀は当初、認めたが財務省の圧力下?、一時は否定した。
しかし否定しきれずに認めている。

しかし、大勢の国会議員は財務省の各議員へのウソのレクチャーで洗脳されている。」

お名前:LENNON ,2020-04-06 12:54:22 PM
題名: やっと重い腰を上げて緊急事態宣言を出しそうだが
基本的に外出禁止令を現住所で過ごせと言わなきゃ効果は望めない。世の中には物事を甘く考え自分だけは良いだろうなんて考えの馬鹿が必ず居る。自分で考え判断出来るなら政府の要請でも構わんだろうが馬鹿には伝わらない。だから馬鹿をコントロールするには強制力で従わせるしか無いって事だ。弁護士だの評論家は人権がどうのと言って被害を多くしようとする。人間なんてのは本来自分勝手で手前の事しか考えない物だ。甘い事を言う奴は痛い目にあった事が無いか馬鹿か?何方かだ。そして自分も含めて自分以外の人間全てが保菌者だと考えた方が良い。見た目で判別出来ないからだ。

お名前:ドンキ ,2020-04-06 12:48:56 PM
題名: MMT
MMTが(ヨーロッパではなく)アメリカで提唱されたのに意味があり、国債発行、政府小切手発行、金融緩和、税金徴収、国債償還、この流れをアメリカ、イギリス、日本を例に解説した。

ユーロ圏や中国、ロシアは経済方式が違うし韓国は貨幣が信頼されていないから,MMTを行いたくても無理で、ウォン/ドルが1300を超えたら韓国はデフォルトすると言われ、つい最近1280があった。

つまりウォン安になってもウォン買い/ドル売りができないわけがある。

日本の場合はMMTの考えなど使わなくても、簿記の考えでMMTの正当性が証明できる。
だから税理士の安藤裕議員や西田昌司議員、中小企業診断士で会社経営の三橋貴明氏、長尾隆衆議院議員、藤井聡京都大学院教授が内閣にアドバイスしていたが、財務省の影響の強い内閣は無視し続けている。

そしてこの期に及んでも財政規律が大切で、経済が回らないのにお金の解決案を出せない安倍内閣、
麻生太郎は日本を破壊する元凶といってよい、財務省の操りロボットとなり下がった。

アメリカは4月中に全国民に1200ドル、144000円の政府小切手を配るし、すでに配っている。
何せ、リーマンショックの10倍の事態発生なのだから。

日本はマスク2枚を世帯に配る、4人世帯はどうするんだ、バカ野郎だ。

鴨下氏が西田議員の話を理解したのは自民党が変わるかもしれない布石と見た。

お名前:LENNON ,2020-04-06 12:14:32 PM
題名: 輝きだした?
輝けますかな?俺はこの程度の人間が司法試験に受かって検察官をしてたって事に大きな疑問を持ってたんだが。基本的に旧民主党にいた奴等はクズだと思ってる。政党同士がどうのこうのも有るんだが基本は有権者、特に選挙区のが政治家にプレッシャーをかける事でしか連中の性根は変わらん。これは与野党を問わず。玉木なんぞは元役人だから財政と言うより役人の慣習とか考え方なんて知ってて当たり前。それにしちゃ今迄の言動は綺麗事でしかなく本当に国家の事に対しての真剣さは疑わしい。山本なんぞは問題外だ。そしてMMTは一つの考え方に過ぎずそんな物で全てが上手くいく保証は無い。基本は全ての金の流れが把握出来るシステム作りから始まる。これは絶対に役人が猛反発する。要するに正しいデータが集約され人間の思惑を排除しなきゃロクな政治にはならない。

お名前:ドンキ ,2020-04-06 10:13:42 AM
題名: 山尾氏が輝きだした
山尾氏が超党派勉強会 国民・れいわ代表が出席、連携も?
2020年04月03日19時29分

超党派勉強会を発足させた山尾志桜里衆院議員(左)と、参加したれいわ新選組の山本太郎代表(中央奥)、国民民主党の玉木雄一郎代表(右)=3日午後、東京・永田町
超党派勉強会を発足させた山尾志桜里衆院議員(左)と、参加したれいわ新選組の山本太郎代表(中央奥)、国民民主党の玉木雄一郎代表(右)=3日午後、東京・永田町

 立憲民主党を離党した山尾志桜里衆院議員が3日、超党派の勉強会を発足させた。衆院議員会館で開いた初会合には、国民民主党の玉木雄一郎代表やれいわ新選組の山本太郎代表も出席。立憲側からは、新たな連携を模索する動きだとみて警戒する声が出ている。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
玉木国民民主党党首は元財務相出身なので、財政には詳しく,MMTについても詳しい。
枝野立憲民主党党首は全く経済を知らない、騙されたピエロ。

ここに渡辺よしみ氏も賛成しているが、表に出ないのは国防の問題だと思うが、れいわ新選組とみんなの党渡辺よしみ氏は協定を結んでいるはず。

自民党の100人と、それとは別に西田氏、そしてれいわ新選組と馬淵氏が立ち上げた勉強会の勢力が、日本を救うのか?。

お名前:ドンキ ,2020-04-06 09:47:05 AM
題名: お前の母ちゃんでべそ。。。。レベルのひどさ、それも匿名
小学生は中国では検索禁止、習近平の侮辱になる・・・・・そんなレベル

お名前:LENNON ,2020-04-06 09:44:46 AM
題名: 東京市場では今日は開始早々暴騰の様相を見せている
想像だが緊急事態宣言の可能性が高くなった事への安心感からか評価からか買いが殺到してる様だ。政府の決断を評価する買いと見て良いだろう。未だ安値感の範囲だ。当然暫くは乱高下が続くだろうが。今は単純に稼ぎ時だ。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター