画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:213, 合計:7320:メッセージ
お名前:ゆめかざり ,2019-11-01 01:02:38 AM
題名: 博打の3点セットを合法にした両替えで、警察幹部の天下り
問題はゼロサムゲームで生産性が何もない問題。
競馬、競輪、宝くじよりも確立は悪く、確率の規制がないから全くでない事もある。
その攻略法など色々書きましたが、書くと長くなり過ぎるし、本論ではないと思われるので、機会があったら書きます。

お名前:ゆめかざり ,2019-11-01 12:54:57 AM
題名: カジノ
パチンコ、パチスロについて、思いでも含めて長文を書いていたのですが、操作ミスで消えてしまいました。

残念ですが、機会があればまた書きます、本日はそれで時間と体力を消耗しましたのでここまで。

お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 11:04:05 PM
題名: 今日はここまで
政治家に深い考えなどない

売国の本質とは何か?

経団連が外国で荒稼ぎしたい

国民が犠牲になってもどうでもいい
外国の言い分を聞いてやれ

政治家に賄賂

たったこれだけの理由で売国している

ワザと負けるこれを狙っているのが
左翼
実は同じ勢力でマッチポンプ

平和憲法もフェイク
既に安保法制が出来ており
いつでも日本人を戦争に巻き込むことはできます
次に狙っているのが

緊急事態条項で

平和憲法や9条は目くらましであり
左右はじつは同じ勢力だという証拠です

お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 11:01:05 PM
題名: 政治家は全員 詐欺師 犯罪者の集団w
これは自民と公明の筋書きのある戦いwプロレスw

反対のふりして政治家は賄賂をもらって賛成w

ht tps://www.jiji.com/jc/article?k=2018033000993
カジノ、全国3カ所の公算=自公、週明け合意目指す

 カジノを中核とする統合型リゾート(IR)の実施法案をめぐり、焦点となっているIRの整備箇所数について、
自民、公明両党が、「全国で3カ所」で合意する公算が大きくなったことが30日分かった。
「全国で2、3カ所に限定すべきだ」と主張する公明に対し、自民側が歩み寄る格好。
両党は週明け4月2日の協議で最終合意を目指す。
 箇所数をめぐって、自民はこれまで「少なくとも全国で4、5カ所」と主張。
30日の協議ではこの点で公明と折り合わず、当初の目標だった3月中の決着を持ち越した。(2018/03/30-18:05)

お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 10:57:08 PM
題名: マスコミの偏向報道やインチキ与論調査でも反対が大多数 口利き賄賂の法則国民は頼んでいない
【国内ニュース】

12月15日にIR推進法が成立。週末にかけて、大手メディアが世論調査を実施。

毎日新聞社
・17日、18日に全国世論調査を実施し、19日に結果発表
・「IR推進法」への「賛成」29%、「反対」59%
・結果は、2015年4月の法案再提出時とほぼ同様
・調査手法:
-無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に調査員が電話をかけるRDS法
-18歳以上のいる1532世帯から948人の回答を得た。回答率は62%

NNN(日本テレビ系列)
・16~18日に全国世論調査を実施し、18日に結果発表
・「日本の一部地域にカジノを作ること」について、「賛成」17.2%、「反対」73.6%
・調査手法:
-全国有権者1663人に、電話調査。回答率は42.6%

共同通信社
・17日、18日に全国世論調査を実施し、18日に結果発表
・「カジノ解禁の賛否」について、「賛成」24.6%、「反対」69.6%
・調査手法:
-全国電話調査

産経新聞社・FNN(フジテレビ系列)
・17日、18日に世論調査を実施し、19日に結果発表
・「IRをつくる」について、「賛成」29.5%、「反対」63.4%%
・「カジノの設置で懸念の有無」について、「ある」76.6%、「ない」21.0%

朝日新聞
・17日、18日に世論調査を実施し、20日に結果発表
・「カジノ解禁」について、「賛成」27%、「反対」64%
・「カジノがあるリゾートの経済成長につながる可能性」について、「つながる」41%、「そうは思わない」51%
(ただし、大阪では「つながる」52%、「そうは思わない」45%)
・調査手法:
-全国電話調査

お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 10:52:58 PM
題名: 口利き賄賂の法則
ht tp://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-08/2016120815_01_1.html
2016年12月8日(木)
カジノ法案提出議員に資金 ギャンブル業者から691万円 献金やパーティー券
 カジノ解禁推進法案の提出者である自民党など8人の衆院議員のうち少なくとも3人が、パチンコメーカーなどギャンブル関連業者側から献金やパーティー券購入など計691万円の資金を受け取っていたことが7日までに分かりました。
 兵庫県が発表した政治資金収支報告書の概要によると、自民党の西村康稔議員が代表を務める自民党兵庫県第九選挙区支部は2013年、14年、15年の3年間に大阪府のスロットマシン製造販売業パイオニア社から各37万円、合計111万円の献金を受けました。
 同党の平沼赳夫議員の資金管理団体「平沼会」の同報告書によると、パチスロ・パチンコ大手のセガサミー社(東京都)経営者から3年間に各150万円、計450万円の個人献金を受けています。
 日本維新の会の小沢鋭仁議員の資金管理団体「小沢さきひとを育てる会」は、パチンコホールの全国チェーンを展開するダイナム社(東京都)から13年に30万円、15年に100万円分をパーティー券代金として受け取りました。
 3議員ともカジノを含む「総合型リゾート」の実現を目指す超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(カジノ議連)に所属。小沢議員は副会長、平沼議員は顧問(15年3月現在)。
 ギャンブル関連業者から資金を受けた議員がカジノ解禁を推進することは、特定業界への利益誘導との批判を免れません。
 平沼議員の事務所は本紙の取材に対し、「(経営者には)昭和の時代から支援してもらっている。今回の法案と献金は関係なく、問題ないと考えている」と答えました。西村議員の事務所は「政党機関紙には回答していない」。
小沢議員の事務所は「政治資金規正法にのっとって適正に処理しており問題ない」と答えました。


お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 10:50:32 PM
題名: 安倍晋三はじめパチンコ議員ばかり
安倍首相は「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連)の最高顧問。
里見氏と安倍首相の思惑は一致する。今年4月末、里見氏は安倍首相と会食。7月には、
東京五輪招致のオフィシャルパートナーとなり、五輪招致にひと役買った。この五輪決定が
カジノ解禁を加速させたのだ。

もともと、安倍家とパチンコ業界との関係は深かった。「安倍総理こそパチンコ議員の典型」
という声さえあるほどだ。前出・永田町のベテラン秘書が言う。

「安倍首相が父・晋太郎氏から相続した下関市内の自宅の土地は、
もともとTという地元の大手パチンコ店のものだった。
それを父・晋太郎氏が買い取り、安倍首相が相続した。
もちろんこのパチンコ店は2代にわたって安倍家の有力な後援者でもあります」
パチンコ・パチスロ大手セガサミーの里見氏と安倍首相が結びつく素地があったのである。

現実味を帯びるカジノ合法化。「カジノは、秋にかならず動きだす」と、
安倍首相に近い自民党幹部は息巻いているという。

お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 10:48:43 PM
題名: オリンピックって何?
東京五輪が決定して約1週間後の9月16日。ホテルオークラで盛大な結婚披露宴が開かれた。
新婦は、売上高3千200億円を誇るパチンコ・パチスロ最大手セガサミーホールディングス会長兼社長・里見治氏(71)の
娘・有紀恵さん(32)。新郎は、経済産業省のキャリア官僚である鈴木隼人氏(36)。
披露宴には里見会長の肝いりで、現職総理に加え総理経験者2人を含む多数の政治家が集まった。
永田町のベテラン秘書が言う。

「大富豪の里見氏は政治家にとっての大スポンサーだからです。とくに、披露宴にも
出席した森喜郎元首相が会長を努めた『清和会』との関係が深い。安倍総理だけでなく、
こういう席にめったに顔を出さない小泉純一郎元首相(清和会出身)が出席したことでもわかるでしょう」

パチンコ業界に詳しいジャーナリストが続ける。

「里見氏はかなりの数の国会議員に招待状を送ったようです。披露宴には、
『両院議員総会ぐらいの国会議員を呼びたい』なんて言っていたらしい。
セガサミーにとってカジノ解禁はビッグビジネス。政治家に働きかけ、カジノ誘致を実現したいのです」

安倍晋三首相(59・清和会出身)もカジノ解禁に意欲的だ。今年3月、
衆院予算委員会で安倍首相は次のように答弁している。
「シンガポール、あるいはマカオがカジノによって世界からたくさんの人たちを
呼び込むことに成功している。私自身は(カジノ解禁で)かなりメリットがあると思っている」


お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 10:39:06 PM
題名: オリンピック 実はカジノ計画を考察しよう
2015.01.04 企業・業界
安倍首相と政府関係者、カジノ参入のパチンコ大手セガサミーとの“親密すぎる関係” 文=編集部
安倍晋三首相
(「首相官邸HP」より) 昨年末に衆院選が実施されたことにより、安倍晋三首相自ら「成長戦略の要」と位置づけていた
「統合型リゾート施設(IR)整備推進法案」(通称・カジノ法案)は先の臨時国会で廃案となった。
自民党と連立を組む公明党には根強いカジノ反対論がある。
今年の通常国会で再提出される見通しだが、こうした動きの中で、
安倍首相と親交のある里見治氏が会長兼社長を務めるセガサミーホールディングス(HD)はカジノ運営に本格的に進出した。
●パチスロ関連企業、こぞってカジノ事業に進出狙う
 セガサミーHDはアミューズメント機器のセガとパチンコ機器のサミーが04年に経営統合して発足。
14年3月期の連結売上高は3780億円、営業利益は385億円で業界最大手だが、06年3月期に売上高5532億円、営業利益1194億円をあげていた頃に比べると、業績は低迷している。
 そこで、新たな収益源と見込んだのがカジノ関連事業である。カジノの専用遊技機を開発中で、世界各地のカジノに売り込む方針だ。カジノの運営に本格的に進出するのは、
専用機器を売り込む一環とみられている。 
パチンコ・パチスロ業界は、かつて30兆円産業ともてはやされたが、相次ぐ規制の強化で03年をピークに下降線をたどる。
「レジャー白書2014」(日本生産性本部)によると、13年のパチンコ・パチスロの市場規模は18兆8180億円にまで落ち込んだ。
パチンコブームが起きるたびに、射幸心を刺激するとして規制が強化された。
1980年代のフィーバー機、90年代の連チャン機、2000年代前半の爆裂機の規制が好例だ。
長期低落傾向を受け、メーカーもホールも多角化を加速。
パチンコ・パチスロと親和性の高いカジノ事業が関心を集める格好となった。
安倍晋三首相(「首相官邸HP」より) 昨年末に衆院選が実施されたことにより、
安倍晋三首相自ら「成長戦略の要」と位置づけていた「統合型リゾート施設(IR)整備推進法案」
(通称・カジノ法案)は先の臨時国会で廃案となった。
自民党と連立を組む公明党には根強いカジノ反対論がある。
今年の通常国会で再提出される見通しだが、こうした動きの中で、
安倍首相と親交のある里見治氏が会長兼社長を務めるセガサミーホールディングス(HD)はカジノ運営に本格的に進出した。 
昨年11月、ゲーム・パチンコメーカー大手セガサミーHDは、韓国カジノ最大手パラダイスグループと合弁で、統合型リゾートに進出した。
韓国初の大規模IRは2017年上期の開業を目指す。
建設予定地はソウル近郊の仁川国際空港から数分の場所で、東京ドーム4個分以上(20万3000平方メートル)の敷地に外国人専用カジノ、
五つ星の高級ホテルのほか韓流エンターテインメント施設、国際会議場、スパ(温浴施設)などを備える。第1期の投資額は約1380億円だ。 
セガサミーHDとパラダイスグループの合弁会社パラダイスセガサミーが運営に当たる。
出資比率はパラダイス55%、セガサミーHD 45%。完成後は「パラダイスシティ」の名称で営業を始め、韓国に押し寄せる中国人富裕層をターゲットにする。
着工式に出席した里見氏は「北東アジアの観光の中心的存在にするため、グループの総力を結集する」と述べたという。
里見氏は日本でカジノが解禁された場合、12年に買収した宮崎県のリゾート施設フェニックス・シーガイア・リゾートにIRを誘致する構想を表明している。
だが、セガサミーHDにIRやカジノを運営するノウハウはないため、韓国でのIR事業を通してノウハウを蓄積する。
パチスロ関連企業、こぞってカジノ事業に進出狙う
 セガサミーHDはアミューズメント機器のセガとパチンコ機器のサミーが04年に経営統合して発足。
14年3月期の連結売上高は3780億円、営業利益は385億円で業界最大手だが、
06年3月期に売上高5532億円、営業利益1194億円をあげていた頃に比べると、業績は低迷している。 
そこで、新たな収益源と見込んだのがカジノ関連事業である。カジノの専用遊技機を開発中で、世界各地のカジノに売り込む方針だ。
カジノの運営に本格的に進出するのは、専用機器を売り込む一環とみられている。
パチンコ・パチスロ業界は、かつて30兆円産業ともてはやされたが、相次ぐ規制の強化で03年をピークに下降線をたどる。
「レジャー白書2014」(日本生産性本部)によると、13年のパチンコ・パチスロの市場規模は18兆8180億円にまで落ち込んだ。
パチンコブームが起きるたびに、射幸心を刺激するとして規制が強化された。
1980年代のフィーバー機、90年代の連チャン機、2000年代前半の爆裂機の規制が好例だ。
長期低落傾向を受け、メーカーもホールも多角化を加速。
パチンコ・パチスロと親和性の高いカジノ事業が関心を集める格好となった。
 パチスロ機主体のユニバーサルエンターテインメントは、IRの国内解禁をにらみフィリピンでカジノ事業に力を入れている。
ゲームを主力に、パチンコ・パチスロなど幅広い事業を手掛けるコナミは、米国、カナダ、オーストラリアでカジノライセンスを取得した。
パチンコホール最大手のマルハンは、香港上場のカジノ開発企業でマカオに本拠を置くサクセス・ユニバースに出資した。
12年にパチンコホール企業として初の香港上場を果したダイナムジャパンホールディングスもカジノ進出に意欲を見せる。
パチンコ・パチスロのメーカー、ホール大手はこぞってカジノを目指している。
●セガサミーと政界
 カジノを中心としたリゾート施設の整備を後押しすることを目的として、
前述のIR整備推進法案が超党派の「国際観光産業振興議員連盟」、通称カジノ議連の手でまとめられた。
同議連には、パチンコ業界の団体、パチンコ・チェーンストア協会のアドバイザーを務める国会議員が多数参加している。
いずれもパチンコ業界の族議員と呼ばれる人たちだ。
かつて、パチンコ業界の利益代弁者は、亀井静香議員のような元警察キャリア組だった。
影響力を失った亀井氏などの警察出身議員に代わってパチンコ業界の窓口となったのが安倍首相であり、
カジノ議連の最高顧問を務めていた(昨年10月に辞任の意向を表明)。
その安部首相に政権交代前から接近していたのが里見氏だ。
下野して支持基盤が弱くなる中で支援者を求めていた安倍氏と、政界へのパイプを欲しがっていた里見氏の思惑が一致。
政権交代後にも里見氏と安倍首相は複数回会合をもっている。
東京五輪が決定した1週間後の13年9月16日、ホテルオークラ東京で、里見氏の娘、有紀恵さんと、経済産業省のキャリア官僚である鈴木隼人氏の結婚披露宴が盛大に行われた。
披露宴には安倍首相を筆頭に、首相経験者2人を含む多数の政治家が集まった。
こういった席にはめったに顔を出さない小泉純一郎元首相も出席した。
安倍首相、小泉元首相は、披露宴に出席した森喜郎元首相が会長を務めた派閥「清和会」のメンバーであり、里見氏の政界人脈は清和会と関係が深いことを見せつけた。
昨年1月に日本版NSC(国家安全保障会議)の国家安全保障局初代局長に就任した谷内(やち)正太郎・内閣特別顧問も、セガサミーの顧問に就いていたことがある。
谷内氏は安倍首相の外交・安保のブレーンである。
「週刊文春」(文藝春秋)が13年に里見氏と安倍人脈との密接な関係を報じたが、
それによれば里見氏の知人が経営する東京・赤坂の高級韓国クラブに谷内氏は出入りしており、その交遊はかなり古い時代からのものだという。
さらに谷内氏はセガサミーのゲーム機の中国への輸出解禁にも尽力していると報じられた。
里見氏と谷内氏は家族ぐるみの付き合いで、前出結婚披露宴にも谷内氏は出席していた。
この披露宴に安倍首相が出席することについては、官邸内で議論があったという。
菅官房長官は出席を見送ったが、安倍首相は出席した。
なぜ反対が起きたかといえば、入管法違反で逮捕された赤坂の韓国クラブママと里見氏が親しい関係にあることが問題視されたためだとみられている。
安倍首相が成長戦略の目玉と位置付けていたカジノ法案は、今年の通常国会での成立を目指す。
公明党内には依然として慎重な意見が多く、与党間の意見集約は進んでいない。
カジノ利権目当てと見なされていることを、公明党は潔しとしない。
安倍首相の在任中に成立しなければ、カジノ法案が陽の目を見るのは難しい。
15年にカジノ法案が成立しても、カジノ議連が掲げている20年の東京五輪までにカジノ第1号が開業するのは厳しいとの見方が強い。

お名前:アルコ~ル ,2019-10-31 10:29:13 PM
題名: オリンピック 実はカジノ計画を考察しよう
ht tp://president.jp/articles/-/12453
歴代三首相が並んだセガサミー総帥令嬢の披露宴 2014年4月29日 14時15分
プレジデントオンライン
IR(統合型リゾート)推進法案(通称「カジノ法案」)の国会論戦が近づく中で、すでにその前哨戦が始まっている。
口火を切ったのが、3月20日の参院予算委員会における次のやりとりだ。
福島みずほ議員「(カジノでは)公益性と言えないですもん。金儲けでラスベガスの外資がやってくる。
金儲けが公益性アリと??賭博開帳図利(とり)罪を違法性阻却(そきゃく)することはできないと考えます」
菅義偉官房長官「カジノの合法化を含めた法案が国会に提出されています。国会での議論を見守りたいと思います」
外資参入を含むカジノに公益性はなく、民営ならば刑法上の賭博となり違法性は免れない。
刑法は地域ごとに個別化できないため旧来の構造改革特区も不適切。
刑法第35条「法令又は正当な業務による行為は罰せず」でカジノを認めたければ、何らかの根拠法が必要となる。
安倍政権が掲げた「国家戦略特区」はカジノ構想含みだ。
石原慎太郎元東京都知事が何度も挑んだ「台場カジノ構想」で昨秋、フジテレビ・鹿島建設・三井不動産が同特区による台場カジノ建設構想を提案。
ただ同特区は外国企業誘致が目的なので議論は堂々巡りになる。
従って、推進法制定の是非を巡る国会論議の一里塚は、カジノ含みのIR推進・実施が同特区で可能か否かの判断だ。
一方、「三店方式」で事実上“換金”可能なパチンコも、カジノ論議を機に風適法改正で合法化の動きを加速中。
だが、カジノ・オペレーターを目指す巨大チェーンもあり、構造的に一枚岩ではない。
カジノ合法化の恩恵を期待するそのパチンコ業界に近い国会議員は数多い。
過去4回、カジノ創設とパチンコ違法化を併せて衆議院に請願した城内実議員はパチンコを所管する警察庁元長官の子息。
日本創新党の党首時代からパチンコ反対を強弁する山田宏議員は、杉並区長時代に自ら認めたパチンコ店の建築基準法違反を黙認し続けたままだ。
カジノ礼賛の平沢勝栄議員は周知のパチンコ族議員。
そして、関係の深さを物語る頂点が、セガサミー総帥令嬢の結婚披露宴に列席した森・小泉・安倍の歴代三首相だ。
同社はカジノ進出の国内筆頭企業である。ゼネコンや株式市場など、カジノ含みのIRは利権の懐が広く奥深い。
カジノやパチンコと“関係”が深い政治家がちょっと多すぎるのではないか?
(ジャーナリスト・藤野光太郎)


お名前:LENNON ,2019-10-31 10:11:39 PM
題名: 首里城火災で思う事
日本は木造建築が一つの伝統文化として民間を問わず溢れている。そろそろ絶対に火災で燃えない木造建築を作れないものだろうか?木は燃える。燃えれば灰になる。木は加工しやすい。植えてキチンと面倒を見れば大きく育つ。燃やそうとしても燃えない木が有ればと思う。と言うか燃えない木にする為のコーティング技術なら何とかなりそうな気がする。

お名前:LENNON ,2019-10-31 05:28:14 PM
題名: マラソンって完走率を競う競技でしたっけ?
気温が高けりゃ厳しいのは当たり前。そして完走率が下がるのも当たり前。だったら涼しい時期を最初から選べって話。早い話が選手以外の連中がギャーギャー騒ぎ過ぎるって事。厳しい環境下で走り抜くから競技が尊い物になり勝者が尊敬される。嫌ならやめちまえ!

お名前:ゆめかざり ,2019-10-31 01:27:23 PM
題名: 今月16日に深夜に行われたマラソン競技、リタイヤ続出で非難の声
日刊スポーツの記事
マラソン札幌案背景に夜開催ドーハで「地獄」の世陸
[2019年10月16日23時13分]
国際オリンピック委員会(IOC)が東京オリンピック(五輪)でマラソン、競歩の札幌開催の検討を始めた背景には、同じ高温多湿のドーハで9~10月に行われた世界選手権で棄権者が続出し、強い批判を浴びたことがある。号砲時間はマラソンが深夜11時59分、競歩は同11時30分。選手は急きょ、錠剤型の体温計を飲み、深部体温を計測される事態だった。

女子マラソンはスタート時、気温32度、湿度74%。68人中、途中棄権は28人で完走率が60%を割ったのは大会初。7位の谷本を指導する天満屋の武冨監督は「2度とこういうレースは走らせたくない。昼やっていたら死人が出たのでは」と非難した。

スタート時気温31度、湿度74%の男子50キロ競歩も完歩率は約61%。前回大会覇者、リオ五輪王者も含め、46人中18人が棄権。金メダルの鈴木も「50キロ持つか不安だった」と話し、東京五輪のコース変更を訴えた。「地獄だった」と表現した選手もおり、五輪への懸念が深まっていた。

ただ、コース設定から仕切り直しとなると、陸上関係者からは「非現実的。1年を切った段階では厳しい」との声が上がる。札幌市では夏に北海道マラソンを開催しているが、運営面での準備期間は明らかに足りない。

お名前:LENNON ,2019-10-31 11:52:07 AM
題名: マラソンと競歩の問題は何処へ
マスコミが連日大騒ぎしてるが実に下らん。どんな大会やどんな競技でも棄権をする選手もいればやり抜く選手もいる。競技を成立させるのは選手であり実行委員でもなければマスコミでもなくましてやコメンテーターでも知事でも無い。オリンピックもそろそろ解体し一から作り直す時期かも知れない。川も流れが緩い所には水が腐りボウフラが湧く。空気でも何でも淀むとろくな事は無い。委員会なんて物も古くなると腐るしその腐る原因が屁理屈や金だ。IOCのトップは屁理屈が得意な弁護士らしい。

お名前:LENNON ,2019-10-31 11:34:42 AM
題名: 色んな政治家と関わりを持てば判る事ですが
政治家秘書ってのもピンキリで話を聞くと面白い。政党間や政党内の力関係や省庁との関係や内部事情。政治家本人も知らない事を知ってる場合も有る。ただ、政治家には後援会ってのが付き物でそこの能力や考え方で選挙の強弱が決まる。その辺のコメンテーターの無駄話より遥かに勉強になる。今の選挙制度や選挙手法じゃ政治がより良く機能するのは難しいし、無理だろう。今は選挙は当選させる機能しか無いがその当選が間違いだと有権者が判断しても次の選挙まで待つ他無い。これが時間と金の無駄だ。有権者の投票を取り消す制度が有れば良いのだが。それ程難しくは無い。デジタル選挙になればその道も開けるんだが。

お名前:LENNON ,2019-10-31 11:18:01 AM
題名: 寝首を掻く能力が有りますかね?
マスコミの希望的観測とすれば有り得るでしょうが。共産党その物がどんどん弱体化し風前の灯とも聞きますよ。本来なら欧米と同様に法律で禁止すべきなんですが何故か日本ではそれをしない。保守層の中にもそれを邪魔する勢力が混じってるとしか思えないし如何して邪魔をするのかは金を貰って。と、勘ぐってしまう。前回の参院選で二人の役立たずが送り込まれたが、その後役立ってるのか如何かをマスコミは一切触れない。マスコミは左巻きの巣だから頷けるのだが、これを見過ごして良いのか悪いのか?まあ全力でこいつらのやる事を邪魔しますけどね。確かに綺麗事だけじゃ危機は防げませんが。

お名前:LENNON ,2019-10-31 10:57:43 AM
題名: 首里城の火災は電気火災の可能性の一報が?
普通の民家も首里城も木造建築だから極めて燃えやすい。木造家屋の電気配線は屋根裏に集中するのが普通だし壁裏にも走っている。電線は圧力が加わるとその部分に電圧が加わり熱が発生する。それが続くと電線の被膜が炭化したりで燃える原因になる。被膜の材料も漏電防止が主であり火災防止では無い。最近は管路を通すのが普通になって来たが電線を裸のまま走らせてるケースが多い。中には又釘で思いっきり打ち付ける馬鹿な作業者もいる。点検が必要だ。また点検が容易に出来る仕組みも考えるべきだ。大きな金を使って簡単に燃えたんじゃ敵わん。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-31 09:54:35 AM
題名: 文字訂正
現在

以上2箇所

お名前:ゆめかざり ,2019-10-31 09:52:08 AM
題名: 寝首を搔く
国民の生活に対する不満や消費税に対する不満は物凄く多くて、山本太郎のパソコン大画面(100インチを越える大画面)を使った日本の統計説明には大勢が熱狂して聞いている。
現愛は九州を行脚中。

新宿では1000人が集まったと写真が乗っていて(10月)、選挙期間でも無いのに異常と報道されていた。

しかしそれ以外の内容は共産主義で、山本太郎の参謀も共産主義だから当然ではある。

そして、共産党と選挙協力をしたので、次期選挙には100人以上の候補者を山本太郎は出すことが出来る。
自力で20億円を集めるかも知れないが、共産党の援助があれば両党で政権に迫る候補を出す可能性があり、
消費税の値上げを狙う自民党は、時期選挙では寝首を掻かれるかも知れない。

他の野党は揚げ足取りに専念しているようであれば、日本から消滅の憂き目に合いかねない。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-31 07:36:35 AM
題名: 法務大臣が選挙違反の疑いと週刊文春が伝える、NHKニュース:沖縄の首里城火災、日本の女子チームが北朝鮮のサッカーチーム応援の為にサッカーの練習
上記の件で首里城はともかくとして、サッカーのニュースは何だったのかなと思っている。
オリンピックマラソンの問題で揉めているのは、機会があれば後ほど。
・叩けば埃の出る政治家、
ウグイス嬢への給料が2回に分けられて、領収証も日付を変えて2倍の金額を払っていた疑いを週刊文春が伝えた。。
・これは秘書の内部告発で、
消費税の増税理由のデタラメを衆議院事務所に何度か電話をしているが、消費税に賛成の秘書と反対の秘書がいて、
消費税賛成の秘書は忙しい、または別の電話がといってすぐに電話を切ってしまう。
消費税反対の秘書が出たときには、色々な会話を行う。
水道法のときも、入管法のときも、しかし秘書の対応がいつもとやや違う事に気が付いたのだ。
秘書の氾濫では無いけれど、何か少し不満のような、それは秘書の立場の問題かも知れない。
意見の違う秘書がいて、議員がどちらの意見を押しているかなのだが、消費税は段階的に上げる方向だし、株式の税金も5%上げる方向で11月から審議に入る事への事務所内の方向性に対するものかも知れない。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター