画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:220, 合計:11533:メッセージ
お名前:ドンキ ,2020-10-19 10:02:40 AM
題名: 問題が深すぎる
国民の99%と政治家の90%は経済の考え方を間違えているから、日本は良くならないし、学校では経済の根本を教えない、日教組が反日だし、だれも誤りを正す者がいない。

お名前:LENNON ,2020-10-19 09:26:15 AM
題名: 金を作る権限と機能は持ってるがそれをさせるのは国民。それが国民主権だから
だから国民が起業し消費を喚起したら政府は金を増やさざるを得なくなる。基本的に国防と治安を完璧にしてりゃ良い。あくまで経済は民間主導で行なう物。その為のデジタル化だと言っても良い。と言うより効率化かな。起業を生かすも殺すも消費者次第で政治家も当落を握ってるのは有権者国民だ。全ての判断は国民が握ってるしそれを間違えさえしなけりゃ細かい事はどうでも良いって事。それぞれの国民が自分で稼ぎ色々工夫して生活を良くする。その結果国も豊かに強くなれる。そうした根本を国民が握ってるから左翼の馬鹿共が国民を騙そうとする。だから文句しか言えない役立たずは排除すりゃあ良い。正しい競争原理を踏み外さなきゃ良い。そして効率化も。

お名前:ドンキ ,2020-10-19 07:52:47 AM
題名: 民間が手動で経済を作りその手助けしかさせちゃいけない。そしてその過程でフェアーにと言う事が大切でそれを守らせる法体系が必要だ。
国にお金を作ることが出来る唯一の機関が政府と日本銀行と銀行であり、そこを理解しないと現在のデフレは理解できない。

昨日の簿記でMMTを証明する動画でも政府と銀行と民間のお金の流れ、仕訳を説明している、解説者は税理士事務所の税理士だから分かっているのは当たり前だが、大学教授は分からずにデタラメを政府にアドバイスしているから、今後も日本は成長路線にならず、日本は後進国の道を歩みだした。

そして政府は日本のお金を消費税で減らし物価を上げている、するとどうなる?、日本は滅ぶ。

国が何のためにあるのかの根本にたどり着く。

お名前:ドンキ ,2020-10-19 07:40:26 AM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
中国で言え、ただし、政府に殺されても補償しないし家族が逮捕される手も感知しない。

お名前:LENNON ,2020-10-18 09:53:46 PM
題名: 世の中に幾ら金を発生させるかなんてのを政治に任せちゃダメですな
それこそ民間が決める事で政府は民間が動き易い環境を法制度で作ってりゃ良い。そんな事を政治に託せば経済その物を牛耳らせる恐れがある。あくまで民間が手動で経済を作りその手助けしかさせちゃいけない。そしてその過程でフェアーにと言う事が大切でそれを守らせる法体系が必要だ。人間はともすると汚い真似をする。原理原則を無視する馬鹿が必ず出て来る。民間でも政治でも人を簡単に信用しないってのが大切ですな。そしてシステムだがAIなんてのは実用化は程遠い。AIっぽいってのは既にあるが。物事の判断まで機械に任せる必要は無い。最後の判断は人間がしなくちゃ。責任の所在が問えなくなる。機械に任せて良い事だけこき使えば良い。システムの不具合の検出やその時の対処もシステムで可能だが何でも機械任せは危険が大きい。機械は現状を人間に報告する迄に止めなきゃ。

お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:52:08 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
09
保守という概念を正そう

人は集団で暮らす動物
集団で暮らすために
ルール モラル 法律等を作ってきた

 ☆  重要  ☆

☆ 法が一般国民の人権に向いているのか ☆

☆ 一部の特権階級富裕層に向いているのか ☆

自分自身の人権を守るために


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:50:57 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
08
☆ 重要 ☆

(賄賂)献金を受けない候補者を立てる

金で政治が買えないを訴える
大多数の支持を得る

ここまで来たらあとは余裕

多分大多数の最大幸福に近づくだろう


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:49:44 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
07
マスコミの工作は受けられないが
都知事選で確信した
ネットで可能
まともな政党が出たと
国民に思われたら簡単に勝てる


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:48:37 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
06
☆ 重要 ☆

献金受けるともうダメ
同じになる
金で政治が買える

国民に雇われた形の政治家を立てる
ここに独立した意味がある


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:47:25 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
05
口利き賄賂と天下りがまず
腐敗政治の温床
これを訴える ☆ 候補者 ☆ を大勢で押す
金はかからないが
人手は要る


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:46:16 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
04
工作員対策は出来るだけ正確な情報を拡散させることで鈍化できる。
本気で対策したいなら政治の買収をどうするかです。


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:45:36 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
03
逆転する方法は簡単です お金もかかりません
1パーセントvs99パーセントは「団結出来れば」逆転できます。
口利き賄賂と天下りの禁止を訴えて
普通の日本人が立候補したらいいのです


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:44:52 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
02
これが唯一の答えです

日韓議員連盟見るとわかるけど、どこに投票しても同じ
 無党派 支持政党無 が多いのはそのためです。
賄賂口利きが腐敗政治の根源です

搾取された金で政治を買う

怒りを感じたら立ち上がろう


お名前:アルコ~ル ,2020-10-18 08:43:56 PM
題名: 政府のやり方が危険と感じたら 国民が人権を取り戻す 完璧な方法が有る
01
☆ 賄賂システム ☆

政治家は日本国民から搾取しまくっている
特権階級から賄賂を受ける
日本国民が頼んでんない
売国を全力でやる

さて問題です
どおやって止めたらいいでしょうか?


お名前:ドンキ ,2020-10-18 07:16:34 PM
題名: 世の中にお金を発生させるシステムと、世の中からお金を消すシステムを簿記で表しただけの事
コンピューターでも瞬時に結果を出せるでしょう、ただ世の中にいくらお金を発生させるかは、与野党の協議で決まるので、コンピューターに勝手に決めさせるわけにはいかない。

つまり2%インフレとは何かという事になる、それは失業率の調整で財政出動額を与野党協議で決める、各国によってその額が違うので、コンピューター任せには出いない。

ただしAIが発達したら、すべてがコンピューター任せで人間は経済を考えないコンピユーターの奴隷時代もあるかもしれない。

経理システム、給与システム、人事システム、労務管理は昔は経理課があって、そこで行われていたが、現在は経理課がAIに置き換わって合理化行が多くなったと言われている、そこまで合理化の時代になった。

零細企業でもできるようにしたのが、先週IPOのあった日通システムでパラメータを変えるだけで、小型コンピューターやパソコンで自社の勤怠管理から給与システム、労務管理などすべてを自動で行うパッケージを売り収益を上げるのが日通システムで毎年収益を上げていて、東証マザーズに上場。

中小零細企業でも経理の人数を絞り込んで少人数で出来るようにしたシステムを企業に提案して売り上げが伸びている。

現に新日鉄の鉄鋼技術はコンピューター制御で、プログラムもどんどん追加してプログラムを分かっている技術者がいなくなりつつあると放送があたのが15年くらい前。

コンピューターがダウンしたら新日鉄は鉄を造れなくなる可能性があるし、プログラムは複雑怪奇でわかる技術者がいない可能性もあると考えている。

お名前:LENNON ,2020-10-18 06:31:17 PM
題名: 簿記の理屈としてはだがリアルデータじゃ無いって言う意味なんだがね
リアルなデータじゃ無ければ推測に過ぎんと言うか推測の域を出ない。そして簿記の理屈なんてコンピューターの計算に任せときゃ税理士の資格なんてのも必要無い。世の中は理屈より間違えない仕組みに進化してる。理屈は暇な奴が暇潰しに考えてりゃ良い。そしてコンピューターの計算結果で理屈の説明も出来るようになってる。レジのオバさんは簿記なんか知らなくても税理士資格を持ってなくても間違わない。社会では知識なんかより間違わない事の方が重要だ。なまじっか知識が豊富だと変な解釈をする変な奴が知識を悪用し脱税何て事を思い付く。要は人間の質が悪けりゃ知識なんて役に立たない。んで社会には間違いを排除し知識を持たない人間でも使える仕組みが必要だ。それを完璧に作り上げたら何の問題も無くなる。理屈はシステムの構築維持をする人間さえ知ってりゃ良い。そして証明なんてのも意味を持たなくなる。

お名前:ドンキ ,2020-10-18 05:51:50 PM
題名: ミクロの金の動きを把握する仕組みは今の所地球上には無い
ミクロの金の動きを把握する仕組みは今の所地球上には無い・・は言い過ぎで誤り
https://www.youtube.com/watch?v=_koJ5PDpJz4&ab_chan

簿記で解説できる、簿記の詳細が分からなくても結論を知っていれば、そこから応用が出来るし、簿記を知らなくても、中学程度の数学ではなく算数の加減乗除で証明できる。

簿記で証明したほうが、簿記を知っていればもっと簡単に簡素化で分かり易い。

結論
①国債を発行して財政支出をすると、民間のお金が増える【政府から民間へのお金の移動】
②国債を日銀が買い取ると国債の返済は必要なくなる、つまり国債は借金ではない
③納税(歳入)は、民間から政府へのお金の移動、民間が貧乏になる

お金が発生するロジックも簿記で証明している、つまり税理士であればこのことはいとも簡単にできる。
ただし稲田朋美は裁判官で、税理士資格を持っているが、これが理解できていないので、税理士をどのように取得したのか疑問がある。

以上
の証明を算数でするか、簿記でするかの違いで、どちらでも証明できる。

日本の円は明治39年から見ると1京4千兆倍になっているらしい、でハイパーインフレですか?、と年間2%インフレだからこそ毎年お金の価値が2%減るのであれば、土地価格が毎年2%上がるのであれば、物を買うし土地も買う。

仮に今の様にデフレ政策で、年間0.1%インフレまたはデフレ突入、土地は値下がりする、建物も毎年デフレで値下がりするとなれば、もっと安く来年は買えるので消費は控えられる、さらにデフレになる・・これが今の事象。

民主主義では緩やかなインフレでなければ、産業が荒廃して国が破綻する、それが今の日本。

お名前:別府 ,2020-10-18 05:04:30 PM
題名: 冠たる都市大阪
120年、130年の歴史ある世界に冠たる都市大阪を無くしてはなりません。ちょうどロンドンやニューヨーク、パリを無くすようなもの。
断じて都構想反対で参りましょう!

お名前:LENNON ,2020-10-18 07:57:28 AM
題名: 経済学者や経済ジャーナリストって連中の殆どが偉そうに喋ってるのは根拠の無い戯言が多い
偉そうに喋ってるマクロ経済ってのは結局ミクロでの金の動きを集約したものに過ぎない。その根本のミクロの金の動きを把握する仕組みは今の所地球上には無い。それは何故かと言うと現金での決済が主流で追跡が不可能で大まかな推測で考えるからに過ぎない。それで経済の動向を正しく分析するなんて不可能だ。早い話が通貨をデジタルに切り替えれば正確な分析が可能になり対処も早く確実になる。経済ってのは難しく言えば難しくなるが実は単純な事の繰り返しで出来てる。なんとか論なんてのは学者があーでも無いこーでも無いと屁理屈を掲げ自分を売りたいって目的で喋ってるに過ぎん。もっと言えばその論で自分に都合の良い奴が取り入れるだけだ。

お名前:LENNON ,2020-10-17 03:31:23 PM
題名: スパコンでウィルスの飛沫感染の拡散を計算し画像にした物がテレビで放映された
この映像が正しいとすれば換気扇を天井に取り付け真上に吸い取る気流を作れば感染リスクを下げられるだろう。ただスパコンを使うまでも無く常識で考えれば同じ方法は考え付くだろう。部屋の中に上昇気流を何メーター置きに作れば良いって事になる。と同時に遠紫外線の照射をすれば無菌状態には出来るだろう。建物の外の紫外線が降り注ぐ場所は太陽に任せりゃ良い。細かい事だが感染防止の為の設備は永く使えるから建物の価値も増すだろう。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2023 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター