画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:228, 合計:6828:メッセージ
お名前:じみん ,2019-07-16 04:51:44 PM
題名: アベノミクス6年の実績
若者の就職内定率:過去最高水準
中小企業の倒産:28年ぶりの低水準
正社員有効求人倍率:史上初の1倍超え
有効求人倍率:史上初で全ての都道府県で1倍超え

お名前: ,2019-07-16 03:28:32 PM
題名: 無駄を省くことも大事だが収入を増やすことがもっと大事では!
日本維新の会は精力的に選挙に臨んでいる。無駄を省くことも大事だがパイを大きくすることも大事であることを忘れずに。

お名前:LENNON ,2019-07-16 08:48:46 AM
題名: 野党なんて
野党なんて所詮は労働組合を貧乏人の味方だと称して煽り不満を増大させ操ってきたんだから。社会の仕組みなんて理解してないんだよ。不満を煽る方法だけは長けてる。今まで色んな組合を見たけど民主的な運営は一つも無かった。有るのは上から問答無用の命令と従わなけりゃ袋叩きにする。まるで何処かの国の様だ。中学から社会科を学び直した方が良い。兎に角こいつらは屁理屈ばかりの屑だ。

お名前: ,2019-07-15 09:01:48 PM
題名: 大企業は極めて重要
一部の野党は大企業敵視の様子だが大企業のお陰で外貨を稼ぎ燃料や食料等を確保している。大企業なくして日本は成り立たない。

お名前:LENNON ,2019-07-15 01:47:08 PM
題名: 協議?説明会?
こう言うくだらん話が報道で続いている。ホワイトボードにワザワザ説明会と紙を貼っていたのは経産省グッジョブ。本当は会議の内容を録画録音で残して置き、相手が違う事を言えば録画録音を公表し間違いを正す事をしなきゃダメだ。それじゃ無くても口を開けば嘘しか出て来ない民族なんだから。嘘を防止する為にも証拠は残しておかなきゃ。WTOに提訴や日本製品不買運動と言う脅しやなんかには惑わされない姿勢が必要だ。また国際機関が必ず正しい裁定を下すなどと言う幻想も捨てなきゃ。今までの事実としてロビー活動で多数派工作も行われる。これでも負けない様に。目標は相手が日本を利用出来ない事を理解させ国交断絶を言い出す様に仕向けよう。

お名前: ,2019-07-15 09:53:20 AM
題名: 落ち着くところに落ち着く
日本の対韓輸出管理で韓国経済はさらなる苦境になることは避けられぬ。身から出たさび。

お名前:LENNON ,2019-07-13 09:43:37 PM
題名: 化学物質の横流し
化学物質三品目の横流しは安全保障に関わる重大な懸念が指摘されている。今回の日本の措置が行われなかったら製造元の日本が大きな責任を問われる可能性が大きい。しかも横流しの予防と摘発は韓国政府の責任だ。そう言う懸念が出て来た以上優遇措置を見直すのは当たり前の話だ。こう言う悪用されたらマズイ物の監視は当然アメリカも含めた各国が行っているのも当然な話だ。日本政府が発表する以上アメリカとも協議した結果である事は容易に想像出来る。物を作り販売する事は責任が伴い信用出来ない国への輸出は安全と信用が確認されるまでは禁止すべきだ。その結果どうなるかなんて気にする必要は無い。政府の対応はまだ甘い。

お名前: ,2019-07-13 04:28:43 PM
題名: 日韓問題は韓国が震源地
対韓輸出問題は韓国側にあり。生物・化学兵器物質を韓国が第3国へ不正輸出したこと。

お名前:LENNON ,2019-07-13 10:20:22 AM
題名: 通貨と経済
通貨とは何だろう?通貨が生まれるまでは人間は物々交換をしていた。物々交換んでは交換する物を持ってない人間は欲しい物を手に入れる事さえ出来ない。今と比べると物凄く不便だった訳だ。その不便を解消する為に貨幣が生まれ労働の対価を貨幣で支払いその貨幣で必要な物を手に入れる事が出来るようになった。貨幣とは物を手に入れる権利を象徴する物だ。だから貨幣とはその物に価値が有るわけじゃなく物を手に入れる為のツールでしか無い。価値が有るのは貨幣で手に入れられる物に有る。だからバーチャルな存在で有り架空の物に過ぎない。であれば口座という所に入っているデータさえしっかり管理されれば良い。全ての商取引きが口座から口座へ移動し個々人の財産としての権利が保障されればそれで良い。今ではクレジットやプリペイドやスマホ決済が可能になり現金での取引以外が主流になりつつある。そして現金は盗まれたり隠したり違法な取引に使われる。しかも把握が困難だ。これは経済としてはマイナスだ。全ての金の流れが口座から口座へ移動すれば不正な行為は出来なくなる。裏金や賄賂も存在出来なくなる。これは正常な経済への第一歩だ。

お名前:LENNON ,2019-07-12 07:17:07 PM
題名: マスコミの世論調査が正しい?
世論調査って固定電話に電話して誘導尋問にも思える質問をする電話アンケートが主流です。今の時代に固定電話を持ち質問に答えるってのは多分だが老い先短い高齢者が殆どだと思う。こう言うアンケートを行う場合は年齢別のパーセンテージは最低限の情報として公表しなきゃ調査の信憑性を問われる。信用するかどうかは個々人の自由だが。仮に高齢者が殆どで有るなら死んだ後の事に責任を持つ答えをするとは考え難い。そんな奴ばかりじゃ無いとは思いたいが。

お名前:LENNON ,2019-07-12 07:03:10 PM
題名: 日本は資源の無い国?
そんな事は有りません。エネルギーを作り出す為の物は無尽蔵と言って良いほど有るのです。日本には近海に二つの潮流が有りそのエネルギーたるや取り出す技術さえ開発すれば良いのです。またメタンハイドレートと言う資源もメタンガスを取り出す技術さえ本気で開発すれば良いのです。また食料を無駄に廃棄してるが糞尿も含めてメタンガスに変えればこれも人間が存在する限り枯渇する事は有りません。その設備と仕組みを作りさえすれば良いのです。それもこれも役人がアホだから実現出来てないのです。そしてエネルギーを大量に使い電気に姿を変え送電し国民が消費すると言う流れが固定観念として持っている事で先に進めないと言う原因になっているのかも知れませんね?

お名前: ,2019-07-12 01:48:14 PM
題名: 改憲か属国か
新聞(毎日)社による参院選候補者アンケートによると9条改憲反対は53%。。反対の候補者は憲法を変えないでどうして日本を護るのか。米国に頼むのか、それとも属国になるのか。議員候補者よ頭を冷やせ!!

お名前: ,2019-07-12 01:40:06 PM
題名: 人口減
我が国の総人口は12、477万人で前年より43万人減少した。地方自治体はじめ国が知恵を出せば減少幅は縮まり増加に転じる、もっと知恵を出さなきゃ! 平和ボケと同じでまだ実感がないのだろう。新聞や雑誌、テレビ、ラジオ等は対策についてもっと報道すればそれなりの効果は出てくる。煽るのはいい加減にしてほしい。

お名前: ,2019-07-12 11:42:27 AM
題名: 原発は不可欠
我が国には石油や石炭などの埋蔵量が極めて少ない、且温暖化対策等で化石燃料にこれ以上の依存は厳しい。風力や地熱発電等は経費が高くまだまだ先の話である。経済等の現状維持を求めるなら原発は必要不可欠である。安全性面は世界で極めて高い国の1つである。原発は反対反対と言っている人は勉強不足ではないか。

お名前:LENNON ,2019-07-12 11:19:12 AM
題名: 国連人権なんとか
国連人権なんとかがフィリピンの違法薬物の取り締まりにケチを付けた。国連人権なんとかは違法薬物の売買組織に金で買収されたのか?違法薬物の取引は全て死刑で良いのだが。何故なら違法薬物を蔓延させることが人権を侵す結果に繋がってる事に気が付いていないアホばかりが薄っぺらい議論をしてるんだろう。結局こいつらが犯罪を後押しし多くの被害者を作り出してる原因だと気が付いていない。まあどうせ弁護士だのの人の不幸で金を稼いでる奴等の集まりだろう。

お名前:LENNON ,2019-07-12 10:33:43 AM
題名: ホルムズ海峡問題
ホルムズ海峡だけに依らずシーレーン防衛は海自の当然の任務だ。日本の船に限らず民間の船を護り危害を加える相手が海賊だろうと何だろうと関係無く問答無用で沈めれば良いだけだ。それを徹底すればフザけた事イコール死ぬ事を繰り返せば抑止力になる。それを躊躇すれば足元を見られ逆に狙われる事になる。憲法がどうだのなんて無視すりゃ良い。

お名前: ,2019-07-11 04:55:58 PM
題名: 英国タンカー拿捕未遂
英国タンカーがホルムズ海峡付近で拿捕未遂。
英国フリーゲート艦警告により未遂に終わった。
日本のタンカーなら当然日本が護衛しなければならない、そのためには憲法改正は必至。憲法改正反対者は何を考えているのか。

お名前:国際通訳 ,2019-07-11 09:55:03 AM
題名: 政治・経済を良くする
いつもご覧いただきありがとうございます。
政治や経済を今より少しでも良くするための掲示板です。
皆さんの記事を多くの人たちは読んでいます。
また海外でも読まれています!
投稿していただいて少しでも日本が良くなればと願っています。
引き続きよろしくお願いいたします。

お名前:LENNON ,2019-07-10 11:55:40 AM
題名: 反社会勢力と闇営業
反社会勢力の実態と構成員の情報を警察は把握してる筈だ。反社とは知らなかったって声がある様だ。それは警察が持ってる情報を国民と共有出来てない事になる。警察はその情報を包み隠さず公表すれば知らなかった云々は無くなる。そこで問題になるのがアホな弁護士共が人権侵害だと騒ぐ事だ。弁護士は犯罪者であっても金になるなら共犯関係にでもなる。キチンとした法整備をして国民と情報の共有をしないとこれからも同じ事が起きる。若しくは反社会的勢力は社会に必要で無い存在なら丸ごと隔離するしか無い。これも立法府が気合を入れて法整備をすれば済む事だ。世の中に反社会勢力が存在しなければ問題その物が起きる事は無い。全ては政治の不作為による物だ。政治は学者や弁護士等の屁理屈を無視すれば良い。

お名前:LENNON ,2019-07-10 08:58:20 AM
題名: 国を護るのは誰か?
国を本当に護るのは自衛隊も含めた国民だ。別に政治家や政党が護る訳じゃない。基本は国民が国を好きで護る気にならなきゃ護れる訳がない。いざという時に国民が命懸けで護るもんだ。それを国を護らされるとか戯けた事を言うのは大間違いだ。国が嫌いで国を護る事が強制されると考える人間はこの国で暮らす資格は無い。戦争でも治安でも基本は国民が護ろうとしそれを専門の組織が手助けをすると言うのが正しい。どうもその基本をジワジワと崩そうとする工作が日夜行われている。それを平和ボケ工作と言う。国民には国を護る権利がある。その為には国民個々人が強くある事が必要だ。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008