画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:229, 合計:6517:メッセージ
お名前:日本再生 ,2018-11-14 09:16:25 AM
題名: 外国人就労受け入れについて
外国人就労受け入れは5年で最大34万人と政府は試算した。外国人就労は世界の先進国で問題が多発している。外国人に頼る国つくりには危険がはらむ、考えれば解決方法はいくらでもある、安易な楽な方法で目先を乗りきることは避けるべきである。

お名前:English ,2018-11-13 04:16:04 PM
題名: War
The sacrifice of the Great War was far from futile. A century on from the 1918 armistice we should remenber that 700,000 British troops died saving their nation from a worse fate, (The Yomiuri Shimbun dated 13 Nov.)

お名前:日本再生 ,2018-11-12 03:40:37 PM
題名: 辺野古移設
玉城デニー知事はなぜ辺野古移設に反対か、国はここ辺野古が適切だから工事をしているのだ。玉城知事はここに移設しないでどうして沖縄や日本を護るのか。知事は何を考えているのか、頭を冷やされたし。

お名前:日本再生 ,2018-11-12 11:16:56 AM
題名: 麻生さんの発言(?)に賛成
”自分で飲み倒して、運動も全然しない”で病気になった人に医療費を出すのはいかがと、麻生太郎財務相は知人の言葉を借りる形で発言したらしい。糖尿病が念頭にあるとみられる。だが、貧困層ほど糖尿病にかかる率が高いとの研究結果が多数ある。「自己責任」の論理を持ち込むのは妥当なのか。(参考資料:毎日新聞11/11号)
生活習慣病に罹る人の多くは食事や運動など健康に関しての知識の不足である、健康は自分で管理するものではないか。

お名前:b ,2018-11-09 02:38:32 PM
題名: 米国で銃乱射 12人死亡
28歳容疑者がロスアンジェルス郊外のバーで銃を乱射し12人死亡。このままでは悲劇が止まらない、銃規制以外にないのではないか。
世界も脅かされる核の脅威、いつ起きてもおかしくない現在。この危険を除くのは核兵器を廃絶させること以外にない。賢者よ努力されんことを願う。

お名前:移民 ,2018-11-07 11:21:30 AM
題名: 数千キロ 移民の厳しい旅
中米ホンジュラスから故国を捨て数千人が安住求めて米国へ集団移住。3週間余りで1500km.
何とかならないのか。

お名前:希望 ,2018-11-05 11:14:11 AM
題名: 明治の賢人たちと野党
 幕末、海外の列強が日本に押し寄せてきた。あからさまな外圧に動揺し、攘夷と佐幕との激しい対立を経て日本は維新を実現した。150年前の陽暦10月23日、元号が明治と改元された。
 新時代となり、日本は西洋の文明を懸命に学んだ。ひとえに国の独立を保つためだった。西郷の思いも独立、西洋文明の導入を唱えた福沢が目指したのも日本の独立を守る事、伊藤博文しかり。このようにして明治政府は真の独立を勝ち取っていった。日本を独立させることこそ、明治の賢人が得ようと格闘した近代国家の原点だった。
 GHQが大急ぎで創案した憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」とある、馬鹿げている、外国になめられる、これでは日本は真の独立国家ではない。こんな押し付けられた憲法だから何もできない、北方領土問題、竹島問題、拉致問題など。憲法9条を変えなくては何もできない。反対者や野党は憲法を変えなくてどうして諸問題を解決するというのか。9条を拝めば平和を維持できるのか?
(24日号産経新聞から一部抜粋と書き換え追加)

お名前:政治 ,2018-11-03 07:11:29 PM
題名: 即憲法改正
憲法改正は不可欠!

お名前:日本人 ,2018-11-02 01:53:54 PM
題名: 憲法9条は間違い、だから書き換えなければならない
今の国会議員は日本国憲法がGHQから押し付けられて成立した経緯を知らない。
 幣原喜重郎内閣のとき、次の総理大臣は吉田茂になることを見込んで、GHQ 序列3位のケーディスが吉田の自宅にやって来た。ケーディスは吉田の前に憲法前文を置いて、「君、これを3時間で理解して、是としたまえ。我々はその間、日向ぼっこをして、原子力の恩恵に浸って過ごすから」と。
 つまり、原爆をちらつかせて恫喝したのだ。吉田はしぶしぶ了解した。そういう屈辱的な経緯がある。
(参考文献:月間ウイル12月号)一部抜粋書き換え
次回に続く

お名前:RT ,2018-11-01 04:16:06 PM
題名: 辺野古工事を再開
国は年内にも沖縄県辺野古工事を再開する。反対反対と知事は言うけれど作らなければどうして日本を外敵から護るのか。何も好んで沖縄に基地を作っているのではない、地政学的に決めている。

お名前:日本人 ,2018-10-31 01:26:12 PM
題名: 嫉妬
韓国の最高裁は日韓関係を蒸し返す。
韓国の国民意識の底には依然として「過去の日本の朝鮮植民地支配は不法かつ不当である」という認識が強く、韓国司法はこうした世論を意識したとみられる。(参考文献:毎日新聞:金恩貞氏)

お名前:日本人 ,2018-10-30 02:46:18 PM
題名: 憲法9条は間違い、だから書き換えなければならない、日本が危ない
憲法9条は間違い、だから書き換えなければならない、日本が危ない
<敗戦の屈辱>
天皇陛下の尊崇は日本人のDNAに刻み込まれている。今の皇室がおかしくなった根本問題は憲法だ。マッカーサーが占領するため都合にいい憲法を作った、それが今の憲法だ。
第一条で「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の至高の総意に基く」というバカなことがかかれてしまった。
天照大御神(アマテラスオオミカミ)の頃から、国民が選らんで「あなたが天皇様です」としたわけではない。天皇と同時に国民は存在していた。天皇は権威であり、その下に権力がある。これが分断せずにやってきたのだ。(参考文献:月間ウイル12月号)一部抜粋書き換え
次回に続く

お名前:希望 ,2018-10-26 04:35:48 PM
題名: 明るい社会と国民が思える国にする!
人口減少は国難である、それを増加に向けるのは、「現在の社会を明るいと感じる国にすること」である。
「百姓たちは明治維新を明るい時代と感じたのである。これまでのように子供を間引かなくて育てても、明るく何とか生きていける時代であると感ずることが出来たのだ」。
化学史家板倉聖宣(きよのぶ)さんによる。(産経新聞より一部抜粋)

お名前:RT ,2018-10-26 04:03:17 PM
題名: 強いものが勝
デサント(スポーツウエア)と伊藤忠商事の溝深まる。長いものには巻かれろか。

お名前:9条 ,2018-10-24 04:57:35 PM
題名: 憲法9条
憲法9条で公明党は改憲に舵を取らねばただの金魚の糞、憲法を変えなければどうして日本を護れるのか。安倍総理大臣頑張れ!!!

お名前:noKYB ,2018-10-19 10:44:55 AM
題名: KYBは不適合も改竄
油圧機器製造会社KYBと子会社は不適合も改竄を繰り返していた。この様な会社は厳しく罰せられるべきである。飲酒運転で罰金が非常に高額になった、そのお蔭で飲酒運転は激減した。この様な企業は倒産寸前の罰金を科せばいい。国をなめている汚い会社、日本にはいらない。

お名前:たばこ ,2018-10-18 04:32:31 PM
題名: 松井知事は自分に優しいただの人!
松井知事は自分に優しい奴さんか
大阪府知事は公用車で煙草を吸っている、職員には厳しいが自分には優しい、これが維新の長である! 本来は公用車も禁煙である、しかし堂々と吸っているこれが松井知事である。”まつい”というよりは”ずるい”である。松井君よ何が”都構想”だ、”煙構想”じゃないか。

お名前:l ,2018-10-17 01:58:14 PM
題名: 反政府関係者は消される運命
サウジ記者死亡?
米国在住のサウジ人ジャーナリスト、カショギ氏が在イスタンブールサウジ領事館で殺害された可能性が高まっている(参照:新聞)。反体制派殺害は平和につながらない。

お名前: ,2018-10-17 10:44:33 AM
題名: 訪日外国人旅行者減
観光庁によると9月の訪日外国人旅行者は5.3%減で今年の3000万人に黄信号。しかし何も慌てることは無い、安全が第一、この落ち込んでいる間に万全をきすことではないか。

お名前: ,2018-10-16 10:14:11 AM
題名: 政府に外国人雇用には明確の見通しを願いたい
人が足りないからといって闇雲に外国人をその場限りで雇用すべきではない、必ず問題が起こることは間違いない。例えば移民に繋がる。欧州を見れば問題が一目瞭然だ、その前にいくらでもやることがある。私には考えはいくらでもある、私に声を掛けられたら如何、ボランティアでもやる。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008