画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:249, 合計:7234:メッセージ
お名前:LENNON ,2019-07-12 11:19:12 AM
題名: 国連人権なんとか
国連人権なんとかがフィリピンの違法薬物の取り締まりにケチを付けた。国連人権なんとかは違法薬物の売買組織に金で買収されたのか?違法薬物の取引は全て死刑で良いのだが。何故なら違法薬物を蔓延させることが人権を侵す結果に繋がってる事に気が付いていないアホばかりが薄っぺらい議論をしてるんだろう。結局こいつらが犯罪を後押しし多くの被害者を作り出してる原因だと気が付いていない。まあどうせ弁護士だのの人の不幸で金を稼いでる奴等の集まりだろう。

お名前:LENNON ,2019-07-12 10:33:43 AM
題名: ホルムズ海峡問題
ホルムズ海峡だけに依らずシーレーン防衛は海自の当然の任務だ。日本の船に限らず民間の船を護り危害を加える相手が海賊だろうと何だろうと関係無く問答無用で沈めれば良いだけだ。それを徹底すればフザけた事イコール死ぬ事を繰り返せば抑止力になる。それを躊躇すれば足元を見られ逆に狙われる事になる。憲法がどうだのなんて無視すりゃ良い。

お名前: ,2019-07-11 04:55:58 PM
題名: 英国タンカー拿捕未遂
英国タンカーがホルムズ海峡付近で拿捕未遂。
英国フリーゲート艦警告により未遂に終わった。
日本のタンカーなら当然日本が護衛しなければならない、そのためには憲法改正は必至。憲法改正反対者は何を考えているのか。

お名前:国際通訳 ,2019-07-11 09:55:03 AM
題名: 政治・経済を良くする
いつもご覧いただきありがとうございます。
政治や経済を今より少しでも良くするための掲示板です。
皆さんの記事を多くの人たちは読んでいます。
また海外でも読まれています!
投稿していただいて少しでも日本が良くなればと願っています。
引き続きよろしくお願いいたします。

お名前:LENNON ,2019-07-10 11:55:40 AM
題名: 反社会勢力と闇営業
反社会勢力の実態と構成員の情報を警察は把握してる筈だ。反社とは知らなかったって声がある様だ。それは警察が持ってる情報を国民と共有出来てない事になる。警察はその情報を包み隠さず公表すれば知らなかった云々は無くなる。そこで問題になるのがアホな弁護士共が人権侵害だと騒ぐ事だ。弁護士は犯罪者であっても金になるなら共犯関係にでもなる。キチンとした法整備をして国民と情報の共有をしないとこれからも同じ事が起きる。若しくは反社会的勢力は社会に必要で無い存在なら丸ごと隔離するしか無い。これも立法府が気合を入れて法整備をすれば済む事だ。世の中に反社会勢力が存在しなければ問題その物が起きる事は無い。全ては政治の不作為による物だ。政治は学者や弁護士等の屁理屈を無視すれば良い。

お名前:LENNON ,2019-07-10 08:58:20 AM
題名: 国を護るのは誰か?
国を本当に護るのは自衛隊も含めた国民だ。別に政治家や政党が護る訳じゃない。基本は国民が国を好きで護る気にならなきゃ護れる訳がない。いざという時に国民が命懸けで護るもんだ。それを国を護らされるとか戯けた事を言うのは大間違いだ。国が嫌いで国を護る事が強制されると考える人間はこの国で暮らす資格は無い。戦争でも治安でも基本は国民が護ろうとしそれを専門の組織が手助けをすると言うのが正しい。どうもその基本をジワジワと崩そうとする工作が日夜行われている。それを平和ボケ工作と言う。国民には国を護る権利がある。その為には国民個々人が強くある事が必要だ。

お名前: ,2019-07-09 04:28:27 PM
題名: 当選には手段を選ばずの野党
野党は選挙では与党には何でも反対!

お名前:MH ,2019-07-09 04:09:23 PM
題名: 仁徳天皇陵外堀
仁徳天皇陵外堀の右側(古墳)はまるで静寂な密林の様だ。住んでいる狸に餌を与えないでと看板があった。狸にすれば天国だろう!


お名前:MH ,2019-07-09 11:30:17 AM
題名: 生命を守る政党
今選挙戦酣である、誰に投票するかの判断は“生命と財産を守る”政党である。奇麗ごとを並べても国を護ることは出来ない。すなわち生命と財産を守り安心して暮らせる国にできる政党ではないか。

お名前: ,2019-07-09 09:34:33 AM
題名: 烏合の衆
烏合の衆は何処まで行っても”烏合の衆”、野党は何処まで行っても野党、どこまで行っても野党!
野党は口から好き放題のことを言い放っている、何でも反対の野党。
しかし仕方がない、それが野党の仕事だ。
まあ野党も夜盗よりはまし!

お名前: ,2019-07-08 04:57:49 PM
題名: 自衛隊
私たちの命と財産を”命がけで守って”くれているのは自衛隊です。そのことを忘れてはならない。

お名前: ,2019-07-08 04:42:49 PM
題名: 改憲無くして日本を護れない!
改憲無くしてどうして日本を護るのか。
警察官は何のために件銃所持しているのか、
自衛隊無くしてどう我が国を護るのか?

お名前:MH ,2019-07-08 09:42:04 AM
題名: 大阪の世界遺産
先日世界遺産に決まった大阪府堺市にある古墳の1つ「仁徳天皇陵」を見学した。
天気に恵まれていたせいもあり堀の周りを歩いている人たちを結構見かけた。また正面ではたくさんの人たちが写真を撮ったり楽しんでいる様子だった。しかし何分広い(古墳最大長:840メートル、古墳最大幅:654メートル、墳丘長:486メートル)ので堀の外に張り巡らされた鉄柵からはうっそうとした ”ただの森を見ている感じ” 、さらに道中休憩できる場所は広さの割に少なすぎると思う、観光に力を入れるには見学者に満足していただく手腕が問われる。
この遺産で多くの人たちに来てもらえれば堺は潤い周辺にも波及効果が期待できる。


お名前: ,2019-07-07 09:13:51 AM
題名: 好き放題の野党
野党は好き放題に言い放っている。
年金月5000円給付、
高速料金はどこまで走っても2000円、
家賃補助月10000円。
財源はどこにあるのか。

お名前:LENNON ,2019-07-06 10:48:03 AM
題名: そう。自分の命は自分で護る物。
自分の命を自分で護るには腕っ節が強く心が強くなけりゃ護れない。国民には自分を護る権利が有り国を護る権利もある。アメリカでは武装する権利が認められてるが日本では認められてない。こんな基本的な事を屁理屈で国民を弱い存在にしてるのは珍しい。国民全てが強い存在で危険に立ち向かえないヘタレじゃ国を護るどころか家族も護れない。中国の様に人民は共産党の家畜で有れば弱い方が都合が良いのだろうが。国でも個人でも敵である相手を殺す能力を持ってるが簡単に使わないってのが抑止力になる。これが自然の掟と言うものだ。

お名前:LENNON ,2019-07-06 10:30:58 AM
題名: 基本的に金は自分で稼ぐ物
世の中見渡せば合法的に金を稼ぐ方法なんて山ほど有る。ボーッと生きてる奴はそれを見逃す。自分のアホに気が付かず金を欲しがるのは何処かの国の血が流れてる奴だろう。合法的に金を稼ぐ自由は保障されてる。自由経済とは人の金を当てにする物じゃ無い。自由だの人権だのと大声で叫ぶ奴に限って他人の金を欲しがる。こんな連中は日本で生きる事は相応しく無い。

お名前: ,2019-07-05 08:28:19 PM
題名: 韓国という国
慰安婦財団が正式に解散した。韓国は日本との合意を無視した、極めて身勝手な国。

お名前: ,2019-07-05 10:22:00 AM
題名: 憲法改正無くして日本を護れぬ
日々のニュースで私たちに突き付けているのは「自分は自分で守れ」「我が国は我が国で護れ」である。我が国を護るには憲法改正は不可欠である。憲法改正なくしてどうして日本を護るのか、いつまでも米国は日本を護れない、また護ってもらっていること自体が不思議だ。自分の命は自分で、自分の財産は自分で守るのと同じこと。

お名前:English ,2019-07-05 09:13:16 AM
題名: 2 top jobs to women
German Defense Minister Ursula von der Leyen was named to replace Jean -Claude Juncker at the head of the European Commission for the next five years.(Sanko shiryo from AFP-Jiji) BUSSELS

お名前: ,2019-07-04 04:07:43 PM
題名: 貰うことばかりを考えるべからず
愈々選挙が始まった。
夫婦の老後資金が2000慢円不足とか。急速な少子高齢化で我が国も大変な時代に突入、元気ならもらうことばかり考えず働いたらどうか。国も精一杯のことをしているではないか。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008