ページ番号:251, 合計:8986:メッセージ
お名前: ,2020-02-01 11:51:54 AM
題名: 桜か命
桜か肺炎対策のどちらが大事か、野党は夜盗か?

お名前:LENNON ,2020-02-01 07:20:55 AM
題名: 中国からの帰国者には
チャーター機に搭乗する前、移動する場合に事前に防護服を着用させた方が良い。防護服は自分の防護と同様に他への感染も防ぐ。また、危機管理の遅れが指摘されてるがその通りだ。危機に際しての事は平時に考え整えておくもんだ。危機になって考えるのは危機管理でも何でも無い。平時に危機意識を持ち事前に考え事が起きた時は余計な事を考えず決められた事をただ実行すれば良い。今の日本は政府も国民もぬるま湯に浸かって危機を想定する事すら忘れてる。常に危機を考え最悪のシナリオに備えよう。

お名前:LENNON ,2020-01-31 11:55:15 PM
題名: そうか。緊急事態条項か?
緊急事態法が是非とも必要だな。危機管理法でも良い。人権、特に生存権まで含めて国民を護る為には敵対する奴等を問答無用で殺す権限も全国民に与えるとか含めて。緊急事態の場合は何処でも自警団と言う物が出来自分達の身は自分達で護るってのが古くからの人間の知恵だ。それを効率化する為には政府と国民が一体になって外敵と戦う覚悟と姿勢が必要不可欠だ。本当はスイスに習って国民皆兵制度が最良なんだが。国民も武器を所有し定期的に訓練を受け、戦う技術を身に付ければ良い。警察や国防の技術や権限を全国民が共有するのは悪い事では無い。現行の自衛隊は正式に国軍としそれ以外の国民は国内の敵を主に扱えば切れ目の無い国防と治安が可能になる。

お名前:アルコ~ル ,2020-01-31 09:38:11 PM
題名: パチンコもカジノも賭博
安保法制で自衛隊を戦地に送り
既に最前線で戦争は出来る
なのに憲法改正にこだわる理由は

緊急事態条項を通したいから

憲法9条はフェイクです
左翼も右翼もどうでもいい憲法9条にこだわることが
実はどちらも同じ勢力で
マッチポンプだという証拠です

☆ 緊急事態条項 とは?

「緊急事態の宣言」が簡単に出せる
「法律と同一の効力を有する政令を制定」できる
「財政上必要な支出その他の処分」
「地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる」
緊急事態中
基本的人権の「尊重」であるため「保障」ではない
ぶちゃけ人権侵害もおk

緊急事態宣言中

三権分立 無視
地方自治 指示出来る
基本的人権なし

☆事実上の内閣独裁です☆

そしてw

宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されない


お名前: ,2020-01-31 02:32:29 PM
題名: いつまで桜か
石破さんも桜か、蓮舫殿も桜か、桜桜桜、後3カ月弱でさくら桜サクラが見られるよ。いい加減にしなさいよ、税金が桜に使われては困る、国会議員としてふさわしいもっと建設的な話をされたし。

お名前:LENNON ,2020-01-31 11:48:12 AM
題名: 共産党の質疑中だが
共産党はパチンコを含むギャンブルは悪の権化だそうな。共産党系の弁護士がギャンブルで身を持ち崩した奴の生活保護を申請してるそうな。そして共産党の支持を取り付けてるらしい。こいつらも早い話がギャンブルをネタに金を稼いでるって見方が出来そうだがどうなんだろうね?綺麗事でワーワー騒いでるが警察の監視対象の連中だからね。反社会勢力の急先鋒の人間が国会に存在する事が日本の脅威なんだが?

お名前:LENNON ,2020-01-31 11:26:19 AM
題名: 又新しい馬鹿発見
奧野総一郎とか言う馬鹿はその他の野党の御多分に洩れずマスコミのフェイクニュースを信じてIRを邪魔する事でマスターベーションに浸ってる。カジノが嫌いなら先ずはパチンコ業界を敵に回して叩き潰さなきゃ。それをしないでカジノだけ悪者にするのはパチンコ業界の回し者だと言う判断にしかならない。

お名前:LENNON ,2020-01-31 10:30:02 AM
題名: 隔離をする時に人権を配慮するのは当たり前
しかし、伝染病の場合は隔離をしない事がその他の無関係の人間の人権を結果的に侵す可能性が有る。それらの事を考えれば人権の一時停止と言う制度もあった法が良い。伝染性の強い疾病を指定し隔離又は強制入院を課す制度を設け実行しなきゃ国民の安全は護れない。その上で脅威が無くなったと認められた時は人権を復帰すると明確に規定し制度を作ろう。と、これを書いてる時に山井のアホ議員が質問に立った。新型ウィルスの質問が始まったから、アレー、桜を見る会はどうしたの?って思ったらウィルスの事は早々に切り上げて、やっぱり桜が始まった。やはり国民の健康や安全より桜を見る会の方が優先されてるらしい。ウィルスの質問は単なるアリバイ作りだったんだなと、ある意味安心した。桜と一緒に散り消え去って貰えれば尚嬉しい。

お名前:LENNON ,2020-01-31 09:07:44 AM
題名: 指定伝染病法が作られた
作られたは良いが内閣法制局が罰則規定のある法は周知期間が必要だという事で施行が遅くなると言う間抜けな事態が起きた様だ。杓子定規に考えればそうだろうがその法の目的と効果を発揮させる為には周知期間がの替わりに情報に拡散を徹底すれば良い。平時と緊急時の違いを考慮すれば良いだけだ。基本的に役所の専門機関が法案を作り政治家がそれを判断し施行する。その法案を作る奴が曖昧で効力を考え無い奴だと役立たずの法が出来上がる。そう言う部分も含めてチェックをし改善改良をするのも立法府の役目だ。ところが日本では桜を見る会やその他のスキャンダルしか興味を持た無い連中が居る。これは国民にとって良い事なのか悪い事なのかを国民が判断しなきゃ。マスコミの嘘を信用せず言葉遊びに騙され無い様に注意しよう。

お名前:LENNON ,2020-01-30 02:54:27 PM
題名: 相も変わらず野党は桜を見る会一辺倒
まあ起きる事は無いだろうがテレビ中継中に野党が全員バタバタとくたばったらさぞかし気分が良い事だろう。その時は日本全国で赤飯でお祝いだな。国会中継を見れば見る程そう言う気持ちが溢れてくる。もう神頼みしか無いか?

お名前:LENNON ,2020-01-30 12:51:08 PM
題名: 新型コロナウィルスの治療の公費に国籍条項を付けろ
国籍条項を付け日本国民だけに公費支出を認めよう。そうで無いと中国等からの医療難民が押し寄せるだろう。仮に外国人の発症者であればその国の政府に請求し事前に許可を得た者以外は強制送還にすべきだ。本来なら感染症の場合はその国との国境封鎖或いは入出国を禁止すべきだ。

お名前:LENNON ,2020-01-30 12:31:45 PM
題名: 中国からの帰国チャーター機で
もしも帰国したい人が発症した場合は防護服を着せて他の者に感染しない処置をすれば良い。但し入院までの間マスクや防護服を絶対に脱がないとの条件で。多分日本に帰ってから入院治療を受けた法が安心出来るだろうし本人に取っても安全だろう。又は全ての者に防護服やマスクの着用を義務付けるかだ。又折角帰国してホテルが二人部屋だと文句をたれた奴が居るらしい。こいつは自分の置かれた立場が理解出来ん馬鹿なんだろう。それにしても危機管理の無さが情け無い。馬鹿野党の所為もあるが与党や政府の対応力や責任感には問題が残る。全ての危機に関する制度を総点検して万全にしろ。野党なんか完全無視で良い。

お名前:LENNON ,2020-01-30 10:16:12 AM
題名: 昨日の参議院予算委員会で
河野太郎防衛大臣の答弁は見事と言うか天晴れだった。質問者は日本人じゃ無いと評判の高い社民党の婆ア議員だったが。答弁は必要最小限の文章を早口で読むと言う物だった。馬鹿を相手に無駄口はたたかないと言う強い信念と決意の天晴れ現れとして受け止めた。委員長が大臣に丁寧にと注意をしたが臆する事無くほんの少し遅くした事で答弁をおえた。久々に愉快な大笑いが出来る出来事だった。今後も笑わしてくれ!

お名前:LENNON ,2020-01-30 09:58:52 AM
題名: 折角武漢から連れ戻してやったのに
何と二名のアホが検査を拒否して帰宅したそうだ。どうして厚労省の係官はもしも感染していて発症した後に他者に感染させた場合は傷害罪に問われる可能性が有ると警告しなかったんだろうか?今後の帰国者については検査を受け一定期間隔離を前提に連れ帰るべきだ。その約束も出来ない奴はチャーター機に乗せるべきではない。武漢において行け。それよりも強制的に検査入院をさせられない馬鹿な法律が問題だ。伝染病の感染時は強制的に検査させられる法制度に改めなきゃ国民は護れない。どうせ人権派と称する反日工作員が邪魔するんだろうが蹴散らせば良い。緊急事態法を作っていざという時の強制措置が必要だ。

お名前:LENNON ,2020-01-30 09:41:24 AM
題名: パチンコ依存症なんて放っときゃ良い。
自分が金儲けで始めた事は最後まで自分でケツを拭けば良い。何なら死んでも構わん。始めるのも自由止めるのも自由。死ぬのも自由だ。それとも可哀想だからマスコミが面倒を見たいのならそれも自由。好きにやってくれて構わん。そしてたかが疑惑如きで騒いでるより証拠を揃えて警察でも検察でも告訴なり何なりすれば良い。その自由はあるんだから。反日マスコミの挙げつらった事は見事に中国や北朝鮮に合致するんだが書いてる奴はその事実が解ってないらしい。笑える。

お名前:アルコ~ル ,2020-01-30 09:17:33 AM
題名: マスコミもまともな報道しろ 献金は賄賂だろw




ざっと張ったがw

献金と言えば賄賂じゃないとか

バカ統一教会の戯言

口利き賄賂まみれのこいつは何で逮捕されない

史上最悪の詐欺師なんだが?





お名前:アルコ~ル ,2020-01-30 09:14:08 AM
題名: マスコミ 企業 政府 警察 官僚 全部お仲間詐欺集団w
「パチンコと警察」

警察組織は基本的にどこの署でも二重帳簿で裏金を作っていることはつとに有名です。
しかしながら、行政組織の裏金は日本では広く見られる現象で、なにも警察に限ったことではありません。

他組織には見られない日本警察の汚職の特徴、それはパチンコ利権でしょう。
刑法に賭場開帳罪の規定がありますから、日本では法律上私営の賭博場 は作れません。
よってパチンコ屋はグレーゾーンにある業態です。なぜそんなものが公認されているのかといえば理由は2つあります。

ひとつはパチンコ屋が戦後に第三国人によって作られたために治外法権的「聖域」となっていたこと。
もうひとつがパチンコ屋が毎年警察に巨額の上納金を納めていることです。

パチンコ業界は「表10兆裏10兆」と呼ばれる一大脱税産業です。そのうち一体いくらが警察にわたっているのでしょうか。
一説によると在日朝鮮人系のパチンコ屋では北朝鮮に送金される金額より警察に上納される金額のほうが大きいそうです。

以前石原都知事がカジノ構想が持ち上げた際、一部代議士たちの猛反対にあって頓挫しましたが、その代議士たちとは「警察庁」出身の国会議員ばかりです。
カジノとパチンコは業種的に競合しますから、彼らはパチンコ業界の利権を代弁しているのでしょう。

実際テレビで田原総一郎氏が「カジノ構想は実現できない理由があるが、それを喋るとこのテレビ局自体が吹き飛んでしまう」という趣旨の発言をしていました。
ちなみに似たことは風俗にも言えます。もっともこちらはもともと保健所の管轄だったので、利権化したのは警察の生活安全課に移管になってからです。


お名前:アルコ~ル ,2020-01-29 11:28:52 PM
題名: 自民公明は残虐な連中
本人の8割が“やめる”相談
家族は本人との接し方に悩む

ぱちんこ依存問題相談機関のリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)が2017年の電話相談事業をまとめた報告書によれば、同年に受け付けた年間の電話相談件数は4923件だった。このうち沖縄RSNが受けたものは3832件で、初回相談は3219件だった。

相談内容は「話したい内容」と「知りたい内容」に大別される。初回相談のうち最も多かった「話したい内容」は、話を聞いてもらいたいなどの「当事者に対する感情(327件)」だった。「グチ(121件)」「ホールに関する苦情(34件)」がその後に続く。

一方の「知りたい内容」では、パチンコ・パチスロを「やめる方法」もしくは「やめさせる方法」が2311件と最も多く、初回相談内容の71.8%を占めた。次に多かったのが「家族との接し方(366件)」だった。

「知りたい内容」は、相談者が問題を抱える本人であるか、その家族や友人であるかで大きく異なっている。相談者の81.0%を占める本人からの相談の場合は、「やめる方法」が2154件(82.6%)と最も多いが、18.6%を占める家族や友人からの相談の場合は、「家族との接し方(360件)」が最も多い。

電話相談に対してRSNは3パターンの対応策をとっている。一つ目はギャンブラーズ・アノニマスや精神保健福祉センターなどの機関を紹介する「他機関紹介」。二つ目は相談者本人による問題解決を提案・支援する「電話相談終了」。三つ目が問題解決の方法についての提案・支援を留保する「経過観察」。

RSNは「相談者のたらい回し」を防ぐために、安易な他機関紹介を行わない方針を取っており、年々、「電話相談終了」となる割合が微増傾向にある。17年は他機関紹介が46.1%、電話相談終了が53.8%、経過観察が0.1%だった。


お名前:アルコ~ル ,2020-01-29 11:27:02 PM
題名: 政治家は全員 詐欺師 犯罪者の集団w
里見氏と谷内氏は家族ぐるみの付き合いで、前出結婚披露宴にも谷内氏は出席していた。
この披露宴に安倍首相が出席することについては、官邸内で議論があったという。
菅官房長官は出席を見送ったが、安倍首相は出席した。
なぜ反対が起きたかといえば、入管法違反で逮捕された赤坂の韓国クラブママと里見氏が親しい関係にあることが問題視されたためだとみられている。


安倍首相が成長戦略の目玉と位置付けていたカジノ法案は、今年の通常国会での成立を目指す。
公明党内には依然として慎重な意見が多く、与党間の意見集約は進んでいない。
カジノ利権目当てと見なされていることを、公明党は潔しとしない。
安倍首相の在任中に成立しなければ、カジノ法案が陽の目を見るのは難しい。
15年にカジノ法案が成立しても、カジノ議連が掲げている20年の東京五輪までにカジノ第1号が開業するのは厳しいとの見方が強い。


お名前:アルコ~ル ,2020-01-29 11:16:01 PM
題名: 金の出どころは政府と企業 左翼右翼は分断工作 実は全部同じ勢力でマッチポンプ
●セガサミーと政界


 カジノを中心としたリゾート施設の整備を後押しすることを目的として、
前述のIR整備推進法案が超党派の「国際観光産業振興議員連盟」、通称カジノ議連の手でまとめられた。
同議連には、パチンコ業界の団体、パチンコ・チェーンストア協会のアドバイザーを務める国会議員が多数参加している。
いずれもパチンコ業界の族議員と呼ばれる人たちだ。


かつて、パチンコ業界の利益代弁者は、亀井静香議員のような元警察キャリア組だった。
影響力を失った亀井氏などの警察出身議員に代わってパチンコ業界の窓口となったのが安倍首相であり、
カジノ議連の最高顧問を務めていた(昨年10月に辞任の意向を表明)。


その安部首相に政権交代前から接近していたのが里見氏だ。
下野して支持基盤が弱くなる中で支援者を求めていた安倍氏と、政界へのパイプを欲しがっていた里見氏の思惑が一致。
政権交代後にも里見氏と安倍首相は複数回会合をもっている。


東京五輪が決定した1週間後の13年9月16日、ホテルオークラ東京で、里見氏の娘、有紀恵さんと、経済産業省のキャリア官僚である鈴木隼人氏の結婚披露宴が盛大に行われた。
披露宴には安倍首相を筆頭に、首相経験者2人を含む多数の政治家が集まった。
こういった席にはめったに顔を出さない小泉純一郎元首相も出席した。
安倍首相、小泉元首相は、披露宴に出席した森喜郎元首相が会長を務めた派閥「清和会」のメンバーであり、里見氏の政界人脈は清和会と関係が深いことを見せつけた。


昨年1月に日本版NSC(国家安全保障会議)の国家安全保障局初代局長に就任した谷内(やち)正太郎・内閣特別顧問も、セガサミーの顧問に就いていたことがある。
谷内氏は安倍首相の外交・安保のブレーンである。
「週刊文春」(文藝春秋)が13年に里見氏と安倍人脈との密接な関係を報じたが、
それによれば里見氏の知人が経営する東京・赤坂の高級韓国クラブに谷内氏は出入りしており、その交遊はかなり古い時代からのものだという。
さらに谷内氏はセガサミーのゲーム機の中国への輸出解禁にも尽力していると報じられた。


戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター