画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:254, 合計:7882:メッセージ
お名前:アルコ~ル ,2019-10-13 10:59:09 PM
題名: 教育機関工作
学校で大事なことは教えないw
ウソもてんこ盛りw
政治に関心がいかないよう教育w

資金の出どころは政府と経団連他企業w

お名前:アルコ~ル ,2019-10-13 10:56:43 PM
題名: カルト宗教工作
簡単に騙せる信者から回収
簡単に騙せる信者を使ってF票

資金の出どころは政府と経団連他企業wと簡単に騙せる信者の財布

お名前:アルコ~ル ,2019-10-13 10:50:47 PM
題名: マスコミの工作
先ず国民にとって大事なことは報道しない
政治団体や政党もマッチポンプ政党のみ報道
選挙は金がかかると報道←仕事をしていませんと自分で言っているようなもの

資金の出どころは政府と経団連他企業w

お名前:アルコ~ル ,2019-10-13 10:44:17 PM
題名: 賄賂を献金と言えばスルー馬鹿だろこの国
賄賂を肯定しだしている工作員の特定だな
マスコミ工作員
カルト宗教工作員
ネット工作員
教育関係工作員
特権富裕層工作員
こんな感じかなw

お名前:LENNON ,2019-10-13 12:39:32 PM
題名: 日本の精神的な病の兆候
昔から日本では文武両道が良しと言われ重んじられて来た。しかし最近では学校現場やスポーツでの指導に暴力だのイジメだので何でもかんでも暴力だ暴行だ体罰だと馬鹿が大騒ぎする風潮がある。人間は文だけのへなちょこ頭でっかちじゃ生きては行けないし誰も護れない。どうも日本人から武を取り上げて人の言いなりになって生きろと言ってる様に感じる。人間は小さい時から良い事悪い事恥ずかしい事を見て学び体験する事でまともな人間に育つ。暴力でも良い場合と悪い場合が有り、時と場合と程度が有る。味噌も糞も一緒にして否定する奴は馬鹿だ。そして最近流行りのハラスメント。早い話が相手の言動が気に入らないって話だ。しかも済んだ事を後になって問題にする。金でも踏んだくれるって思うんだろう。その時々で文句なり喧嘩なりすれば終わる話なのに。これも問題を大きくして金にしようとする弁護士共の策のように思える。これは卑怯者を量産する原因になりそうだ。日本人の日本人たる精神性を破壊しようとする目的だと思えてしまう。兎も角頭デッカチの糞野郎が増え過ぎた。

お名前:LENNON ,2019-10-13 10:48:52 AM
題名: 人口減少について
産まれる人間と死ぬ人間の差が死ぬ方が多いって事なんだが、これも役所の計算上の話で確定したとか事実では未だ無い。将来の事を解る人間なんて居ないし、もし解るならオカルトの世界だ。減少する可能性が有れば、その原因を探し改善すれば良い。経済的な要因か何かはハッキリ断定されてないんじゃ無いの?出産祝い金をドンと出せば改善すると思うし少子化なんて言葉でマスコミが不安を煽ってるのも一因だろう。教育の無償化ってのも始まったようだし明るい部分も増えている。日本に居る反日的な思考の持ち主が仕掛けてるんだと思うがね。

お名前:LENNON ,2019-10-13 08:24:17 AM
題名: はい。毎度の事ながら今回も河川の堤防決壊で被害
毎度毎度河川の氾濫、決壊が繰り返される。一級河川は国土交通省の所管ですな。長い事あの党が大臣をしてるがまさかその所為じゃ無いとは思うが。国交相は治山治水に必要な予算は要求してるのかな?その予算を削ったり認めない理由は何なのかな?河川の浚渫をしない理由は何なんだろうかね?堤防ってのは自然堤防って言って土砂を固めて高くしてるだけで氾濫すれば簡単に削られ決壊する。鬼怒川の決壊の時に断面を見たが堤防を水が超えると確実に決壊するって素人でも解ると思うがね。多分だが役所の後ろに大学だの学者だのがゴロゴロ付いてると思うが誰も言わんのだろうかね?役立たずなんだね?役立たずに金なんか払うんじゃねーぞ。

お名前:LENNON ,2019-10-13 12:34:22 AM
題名: 誰が政策や経済を邪魔してるのか?
全て霞ヶ関の反日役人でしょう。日本に必要か不必要かと言う視点で一人ずつ査定すれば良いんですがね。そして不必要で害がある人間には消えて貰うのが最適な方法でしょう。多分八百万の神々は考えておられる事でしょう。また法律は現代的な法体系だと言われてますが国家国民を護れない法なんて無いに等しいでしょう江戸時代位の法の考え方に戻すべきかと。地位が高くなれば刑罰も重くして。切り捨て御免も今の日本には必要かも?

お名前:ゆめかざり ,2019-10-12 11:06:25 PM
題名: 年金
年金については、人口減少の日本においては、もらえる額が削減されて、今後の世代は年金で暮すのは難しく、非正規の社員の老後は地獄が予想される。
処置無しが現状でしょう。

国だけが出来る事があります、1000兆円を借りるとマイナス金利で3兆円もらえるのです。
これを利用しない手はありません。

さらに、自分が老人の年金を払うのではなく、自分の年金を払うように制度を替える必要と、年金に1000兆円を国費から赤字国債(100年債)を発行して投入。

今はデフレだし、年金に投入しても世の中にこのお金が出るのには時間が係るため、インフレにはならないでしょう。

もしも多過ぎれば税金で年金の引き算をすれば済む事です。

何よりも、日本人が豊かに暮らせることが出来る社会造りが必用で、安い労働力を外国から連れてきたり、水道を外国に売り渡したり、命の植物の種を外国に売り渡す事を決めた内閣は、売国と言われて非難されるべきです。

さらに、経済を知らない日本の政治家は真面目に経済を勉強するべきで、アメリカのバーナンキ氏やイエレン氏から経済を学ぶべきです。

日本にも藤井教授や本田氏、浜田教授、高橋教授がいますが宝の持ち腐れです。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-12 10:32:42 PM
題名: 年金については後ほど、今回は国土強靭化について

2012年頃に、国土強靭化に10年で200兆円の内閣発表に、新聞やテレビがこぞって批判したのを覚えているだろうか?。
国土強靭化と消費税増税反対、直近ではMMT(モダンマネタリー・セオリー)に取り組んできたのが、京都大学院教授の藤井聡教授で、昨年12月に内閣官房参与を辞任したのは大変残念なことです。
他にも本田悦郎内閣参与兼スイス大使も辞表を出して辞めていますし、エール大学教授の浜田氏も内閣参与を辞めたようです。

ここからは推測も含めて書きます、
昨年に岡山県倉敷市真備町で水害があり、温暖化による天災と報道されましたが、そのときに藤井聡教授はこれは人災だと言っていました。

国土交通省は日本の河川のどこが危険で、日本のダムのどこが決壊するなどの詳しい情報を持っているので、国土強靭化は必要で、そのほかにも東京直下型地震や駿河湾を震源とする地震等に備えなければならないと言っていた。

しかし政府は予算が足りないと言う理由で、予算を付けなかったのだが、今からでも予算をつけないといけない。

今なら200兆円で済むが、被害が起ればその何十倍、何百倍の復興予算が必要になると教授は話していた。

元東大教授で、中部大学武田邦彦教授はネットで1950年~1980年頃は巨大台風が日本に襲来していて、備えていたが1950年代は建築基準法も整っていなくて、大変な被害が出ていた。
最近の巨大台風は沖縄や九州では毎回来る台風レベルのものと発言している。

それにより、建築基準法が出来ているのだから、台風で電信柱が倒れてはいけないと話す。
しかしながら、今回の台風は、沖縄に来るレベルなので、ちょっとレベルが違ったように思う。
川の氾濫箇所は事前に把握出来ていると思うが、いまさら言えないのかも知れない。
私は常磐線に乗っていて、葛飾区綾瀬の多摩川の堤防の決壊が気になっていました、なにせ堤防の下に民家が広大に広がっているのです。

川崎市中原区に住んでいた頃には、多摩川の上流で民家が流されるニュースがあって、台風は凄いと思う程度でしたが、日本はバブル崩壊以降は公共事業を削りまくった、しかし幸いにも大きな台風は来なかった。

しかしまた近年になって、大きな大風が来るようになり、火山は爆発するし地震も増えている。

昨年は九州や山陰、大阪で地震が起ったが、大昔も同じ順番で地震が起こったと言うデーターが昔の古い文献にあるし、東北大震災と同じ東北の大災害も1100年前の貞観の大災害の記録があり、津波の範囲がそのときと同じ程度であったらしい。
昔の事過ぎて、みんなが忘れてしまっている事の不幸なのでしょう。

東北大震災の4年前に私は仙台の病院に入院していて、仙台では5年以内に大地震が来るとニュースでは流れていました。

その2年後くらいに、山形あたりで大きな地震があり、そのために川がせき止められて決壊すると被害が出るなどと騒がれました。
やっぱり来たと思ったのですが、その非ではなかったです、そのときは私は千葉県にいましたが、千葉県でも物凄い揺れでした。

話を元に戻すと、今からでも国土強靭化に200兆円以上かけで、災害対策に取り組むべきですし、核爆弾に備えて地価シェルターも必要、または先取防衛の為の攻撃を可能にする体制つくりが必用。

北朝鮮がテストしている軌道を変えるミサイルレベルでも、迎撃は難しく5分程度で日本に着弾する。
アメリカも自国を守らない日本を守ってはくれない。
自分で守るしかないとはず。

日本を攻撃すると、どの様になるかを思い知らせるための武器が日本には必要、
これが一番の安全保障と考える。

お名前:LENNON ,2019-10-12 12:07:23 PM
題名: 年金は継続すべきか廃止すべきか
年金とは何か?人は歳を取り何れ仕事をリタイアし次の世代に仕事を譲る。仕事を離れれば当然収入が減る。そこで生活水準を急激に落とし悲惨とまで言えない程度に維持する為に給付をする。そして購買意欲を無くさない程度に維持が出来れば良いと言う物だ。その為に国庫からの金も注ぎ込む。しかしその制度を維持すると言うお題目で増税のネタにしてる。それが本当に正しい事だろうか?増税のネタにすると言うのは運営に無理があり失敗したと言う事だろう。いっその事年金制度をそっくりそのまま民間に委譲すれば良い。民間で有れば余計な制約も無く投資で金を増やせる。今よりはマシになるだろう。金の管理や運用はどうせコンピューターを使いプログラムが管理をする。役人がダラダラとお役所仕事で浪費しなくなる。若しくは保険だから困った人間だけに給付する福祉制度に変更するかだ。その場合は資産も含めた計算が必要になる。銀行口座の名寄せや法務局のデータも含めた資産の把握も可能だ。今は世間で金持ちや資産家と言われる人にも支給している。国の豊かさとは個々人の豊かさなんだが徴税の仕組みや税法も変える必要がある。国がしなければならないのは正しいデータと正しい分析その結果を予算や政策に反映させる事だ。妙な思い付きでは無く。

お名前:LENNON ,2019-10-11 10:43:13 PM
題名: 経済を壊したい奴の口癖
公共事業で巨額な金が動く時に必ず無駄使いと批判する奴が現れる。そして決まってそいつは経済音痴だ。しかも綺麗事を言う反日が混ざってる。事業をするにはコストが掛かりそのコストが土木や建設に携わる業者に渡りそこの従業員の給料になる。そしてその給料がその家族の生活費になり衣食住に使われる。その衣食住を提供する事業者や生産者に流れる。無駄遣いという奴はこの流れを止めようと言うのか?こんな事は国を形作ってる産業や人間の営みが解ってない。そして中には自分がその流れの外だから邪魔をすると言う根性の腐った奴も居る。コンクリートから人へと言うお題目を唱えていた連中もそうだ。人へと言う意味は働かずとも食って行ける。と言う甘言で世間を騙し経済を破壊しようとする物だ。また人道や権利と言う言葉を多用して当たり前の人の営みを破壊し混乱させようと目論んでいる。しかもそう言う奴らは非常に弁が立ち人を騙す術に長けている。国会を見てればそこいらにこの屁理屈が登場し国民を惑わす議論が繰り広げられる。しかし、その薄っぺらい言葉の裏にある思惑を読み取ろうとすれば簡単に解る。立憲なんたらフォーラム等の議論は社会を壊す目的、思惑だとしか思えない。こう言う薄っぺらい事しか言えない連中の背後関係を洗えばきっと原因も解るだろう。

お名前:LENNON ,2019-10-11 07:42:25 PM
題名: 贈収賄の防ぎ方
贈収賄なんか遥か昔から存在する。どうしても許せない犯罪なら起きた時に証拠を添えて司法当局に通報し知らん顔で内定をし時期を見計らって逮捕する仕組みを認めれば良いのです。贈収賄の行為その物を悪党を捕まえる罠として使えば誰もしなくなる。通報する事で司法取引が成立するって事にしとけば。仮に通報しなければ通常通り両方とも逮捕。また、金を要求した奴も音声や動画で証拠を取っておき通報する。今時悪を罠に嵌める方法なんていくらでも手軽に取れるんだから。これも法を作る奴が馬鹿だから。何でも綺麗事と屁理屈で邪魔をする。

お名前:LENNON ,2019-10-11 06:35:45 PM
題名: 全て敵は霞ヶ関に在り。って事です。
財務省と言えどたかが役人です。それをねじ伏せられない政治が情け無い。反日役人をどうにかしないと日本は内側から崩されて行きます。昔の日本なら叩っ切れば済んだんですがね。兎に角武士が居なくなった。有権者がケツを蹴上げて根性を叩き直すしか無いですな。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-11 12:50:47 PM
題名: 何れにしろ智山治水や建設基準の見直しが必要不可欠だ。国土強靭化にも寄与する
その通りです、
しかしながら、自民党は橋本内閣、小泉内閣と公共工事を20兆円削り半減、土建業者の半分が廃業や倒産した。

これにより東北大震災では、公共工事を行う業者不足で工事が進まなかった。
民主党政権もコンクリートから人へと言う合言葉で、公共工事を3兆円削った。

京都大学院教授が、内閣官房参与として安倍内閣で消費税は日本を破壊すると詳細に解説したり、国土強靭化しないときの日本国の損害を6年間、政府にアドバイスしてきたが、政府の方向はあざ笑うように逆向き。

昨年12月に内閣に辞表を叩きつけて、内閣官房参与を辞任した。

その開いたポストに財務省の生え抜きの増税官僚が就任した。

お名前:LENNON ,2019-10-11 11:45:59 AM
題名: 台風のやり過ごし方
台風は自然災害だから仕方が無い。甘んじて受け入れるしか無い。ってのが一般的な捉え方だろう。台風の時に無駄に出歩く馬鹿は居ないに違い無い。では自宅に居て普通通りの生活が送れれば問題は無い。その場合に屋根が壊れ飛んだりしなければ安全は保たれる。自分で好きな様に作れるなら良いのだがそうはいかない。建築基準法があり業者が設計し施工をする。その対価を施工主が支払いそこに居住する。台風は風と雨が異常な強さで襲い掛かる。そして涼しい顔で通り過ぎるのを待つのが普通だ。その普通が通用する頑丈で安全な住居が提供出来る様に安全基準の見直しや基準法の見直しが避けて通れない。また、日本中に存在する天上川と呼ばれる居住区域より川底が高い場所だ。この川の氾濫により堤防の決壊が懸念されている。これも上流から運んで来た土砂が堆積した結果だ。以前スーパー堤防の建設計画があった。川底の土砂を掘り下げれば天上川では無くなるのにだ。これは土木建設会社は喜ぶが危険が解消されたわけでは無い。原因と結果を知った上で対処するのが科学的と言うもんだ。何れにしろ智山治水や建設基準の見直しが必要不可欠だ。国土強靭化にも寄与する。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-11 11:12:27 AM
題名: 下記の文章が1部間違えています
反対派をお金で抑えてきたしーーーー>反対派を抑えてきたし

お名前:ゆめかざり ,2019-10-11 11:08:59 AM
題名: 関西電力
虎の門ニュースに武田邦彦博士(物理学、原子力)が出演して、、原子力委員会の委員を昔行っていてが、
お金が飛び交う有様をまざまざと見ていた。
ジャーナリストの須田氏も言う、高給なクラブに接待して100万円を使い、50万円をバックしてもらうような事もあったのではないか?。

そしてNHKも新聞社も原子力発電の発展のために反対派をお金で抑えてきたし、反社会的勢力も暗躍していた。

それをNHKや新聞は何だと!、初めて知ったような報道振りに武田教授は怒っていた。

お名前:LENNON ,2019-10-11 09:38:52 AM
題名: 学校で教師がイジメ問題
学校で4人の教師が1人の教師を苛めたとする問題はどうして起きたか?苛めた教師側の勘違いが原因の一つ。子供相手に物を教える教師が陥り易い勘違いってのが有る。相手が従う自分は偉い、支配者だ、自分の思う事言う事が正しい。そしてどんどん支配欲が心地良い物になって行く。この勘違いの時点で馬鹿の証拠で先生失格。また苛められた一人の教師に付いてはやられた時点で逆らえなかったのか逆らわなかったのかで多少の差はあるが相手を増長させた責任が有る。やられたらやり返すのが人間の基本だがその基本が出来ていないヘタレ野郎だ。最近流行りの煽り運転もそうだが相手が弱そうだと思えば仕掛けてくる。相手が強い、こっちも酷い目にあうと判断すれば仕掛けて来ない。要は人間てのは相手が弱ければ虐めるし強ければ手を出さない。動物ってのはそう言うもんだ。其々が強ければイジメなんてどうでも良い事は起きなくなる。国際紛争もその延長線上にある。

お名前: ,2019-10-11 09:20:21 AM
題名: スーツ券
関西電力会長や社長等⒛人が金品を受け取った問題です。
スーツ券についてですが勿論受け取るべきではないことは明白でしょう。しかし返したくても返すことが難しい事情もあることも事実でしょう。また暫く預かって置き適切な時期を見て返すことも難しいでしょう。このスーツ券に全く手を付けずに保管し続けることはやはり難しいでしょうね。
皆さんなら何カ月も何年も手を付けずに置いておくことはできるでしょうか。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター