画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:260, 合計:7336:メッセージ
お名前:ゆめ ,2019-05-13 01:52:59 PM
題名: 首相の訪中
首相の訪中はいいこと、習氏の訪日を歓迎したい。

お名前:ゆめ ,2019-05-10 09:37:51 PM
題名: MRJ
政府はMRJを応援すべき

お名前: ,2019-05-10 04:49:09 PM
題名: 人攫い
憲法改正で日本を護る国つくりすなわち国防が不可欠。人口減少が進んでいる離島に大都市から移住したい魅力ある島づくりが国に求められているのではないか。
そのためには島民にお得感を与えること、
安心して暮らせること、当然警察署も基地も必要でしょう。

お名前:LENNON ,2019-05-10 10:31:13 AM
題名: 拉致問題とは
拉致が外国勢力の元で日本国内で起きたのは日本の警察力や国防力の稚拙さが生んだ物だ。二度と再び起こさない為にその防止策を国民総出で議論し何が必要かを法に生かさなければならない。日本では長い間綺麗事と平和ボケの生んだ変な人道主義が蔓延っている。そのお陰で国防は疎かになり、治安は乱れている。この感染源の一つが大学になっている。

お名前: ,2019-05-08 01:36:02 PM
題名: 北朝鮮との会談
安倍総理大臣は金正恩氏と会談希望。それも条件付けずで、日本は一歩踏み込んだ! 北朝鮮は何と出るか?

お名前:LENNON ,2019-05-07 11:56:23 PM
題名: 消費増税
消費増税の延期をするかどうかで政府はお悩みの様ですがいっその事減税しましょう。5%いや3%いや0%?今は消費税は社会保障と税制の健全化が目的らしいが?消費税が誕生した時は直間比率の見直しという事だった筈なんだが目的が変わって来ている。と言うより変えて来ている。消費税と言う制度は定着してるんだから税率はその時々の経済事情で決めれば良いだけだ。その目的は日本の経済と国民の暮らしぶりをどうするかだけだ。財務省がどう思うかなんて関係無い。基本的に国の予算は国債で手に入れ、その返済は税で行うのが正しい。財務省は国債と言う借金が嫌だから税で賄おうと思ってるとしか考えられない。その財務省の首根っこを捕まえて問答無用で仕事をさせるのが政治家の仕事だ。役人に操られる様な政治家は日本には必要無い。

お名前:LENNON ,2019-05-07 10:49:42 PM
題名: 公明党?
公明党が与党の一端に位置してるのが日本政治最大の汚点ですよ。連中は日本の事なんて全く考えていないし邪魔をし、国力を削ぐ事が目的です。一時も早く与党から追い出し消滅させなきゃ駄目です。なにせあの国とくっ付いてるから。奴等は与党に位置したいだけの世渡り上手、金魚の糞的存在に過ぎません。本当であれば維新が保守勢力として連立を組んだ方が遥かに日本の為になるんだが。

お名前: ,2019-05-04 08:27:04 PM
題名: 憲法改正
憲法改正には公明党の応援も大事だが維新の応援もこれまた大事。総理も難しい判断を迫られるかもしれない。

お名前:LENNON ,2019-05-04 11:31:08 AM
題名: 女系天皇容認論とは
男系男子を護って来た天皇の継承に女系容認論が出て来るが何を狙っての事だろうかを考えればよく解る。男系とは何処の馬の骨とも判らん人間を排除すると言う至極もっともな理論が有るからだ。女性が天皇位を継承した事はあるがその場合も男系だ。仮に女系を良しとすれば過去の男系に馬の骨が混じって過去の天皇家が知恵を絞って受け継いだ血統が壊れる事になる。世界広しと言えど男系を護って来た唯一の血統に傷を付ける事になり天皇制に反対する連中に恰好の攻撃材料にされるだろう。男系でなければ存続の意味が無いって言う事でだ。この連中は天皇に対する尊敬などは無いどころか世界に唯一の皇室の存在さえも否定し日本の誇るべき日本人の護り通して来た伝統を踏み躙りたい意思が有る。宮家の復活やあらゆる手段を用いて男系を存続させなければならない。また皇室とは主権者たる国民の中心に位置して決して上に仰ぐ存在では無い。

お名前:LENNON ,2019-05-04 11:30:41 AM
題名: 女系天皇容認論とは
男系男子を護って来た天皇の継承に女系容認論が出て来るが何を狙っての事だろうかを考えればよく解る。男系とは何処の馬の骨とも判らん人間を排除すると言う至極もっともな理論が有るからだ。女性が天皇位を継承した事はあるがその場合も男系だ。仮に女系を良しとすれば過去の男系に馬の骨が混じって過去の天皇家が知恵を絞って受け継いだ血統が壊れる事になる。世界広しと言えど男系を護って来た唯一の血統に傷を付ける事になり天皇制に反対する連中に恰好の攻撃材料にされるだろう。男系でなければ存続の意味が無いって言う事でだ。この連中は天皇に対する尊敬などは無いどころか世界に唯一の皇室の存在さえも否定し日本の誇るべき日本人の護り通して来た伝統を踏み躙りたい意思が有る。宮家の復活やあらゆる手段を用いて男系を存続させなければならない。また皇室とは主権者たる国民の中心に位置して決して上に仰ぐ存在では無い。

お名前:令和 ,2019-05-01 10:31:24 AM
題名: 令和元年
本日より令和が始まる。おめでたいことである。
心を新たに我が国と世界の人々の安寧と幸せを願いたい。

お名前:LENNON ,2019-04-29 11:34:32 AM
題名: 一帯一路の潰し方
中国の他国を借金漬けを解消するのは意外と簡単だ。民間の金貸しが高利で必要以上に金を貸し付ける事がある。この場合は意図的に踏み倒す事が可能だ。借りた人間が一方的に悪いわけでは無い。返せない規模を貸し付ける側も責任がある。この場合は正当に踏み倒せる。そのリスクを考えずに貸した方が馬鹿だ。また、港湾を99年間自由に使えるなんてのも政権が変わり国民が使わせないと言う結論を出せば拒否する事は可能だ。今現在借金で首が回らない国は勇気を出して踏み倒そう。恥ずかしい事でも間違った事でも無い。何故なら政府は自国民の生活や命を護る責務は有るが他国に支配させる責任は無い。こう言う事を国債社会で共通認識を持ち他国の支配の排除を目指せば良い。それを現実に議論する事で他国を意図的に支配する魔の手を妨げる事になる。

お名前:LENNON ,2019-04-26 07:56:30 PM
題名: 綺麗事ですな。
それで戦争は無くなりましたかね?核兵器が無くなりましたかね?ほんの少しでも成果と呼べるものが有りましたかね?日本人の平和ボケが増える事くらいじゃ無いですかね?きっと隣国の連中は日本に平和ボケが増えて攻め込みやすい様に期待してるんだろうね。必要以上に平和、人権、護憲、反戦を唱える共通点は全て反日だって事かな?

お名前: ,2019-04-26 01:59:40 PM
題名: 原爆資料館
原爆資料館は一人でも多くの人たちに見ていただき悲惨さを知ってもらうことではないでしょうか。
戦争をすればこうなるのだということを知らせる。
そして二度と再び戦争がおきないように努力すること。

お名前:LENNON ,2019-04-26 09:04:33 AM
題名: 原爆資料館の目的?
アメリカの舐めた真似を残して置く?戦争は駄目だ、抵抗しては駄目だ、他国には言いなりにならないと駄目だ、国益を考えるのも国民を護ろうとするのも駄目だ?平和の為には。って事を刷り込む為なのかな?俺から見ると原爆の威力は大きいから日本も持たなきゃ駄目だ?やられたらやり返さなきゃ駄目だ?立場が変われば見方も変わるし捉え方も変わる。原爆資料館は何を目的として存在させてるんだろうね?被害者ビジネスの一環?まさか隣国の意図が入って無いだろうね?だいたいこんな遺産だか何だか知らないが残して置く目的は何なのかね?

お名前:LENNON ,2019-04-26 12:07:29 AM
題名: いったい何時まで原爆を?
いったい何時まで終わった事で?70年も前の出来事に悲惨だの何だのと。戦争で死んでも老衰で死んでも同じ死なのに。この地球で何人が毎日死んでるか?事故死、餓死、病死地球に生きてる60億人の人間は間違いなくいつかは死ぬ。一方的に殺されないためには何が必要かを考える事が今生きてる人間に与えられた責務だよ。それを怠って平和だけ願うのが平和ボケと言う病だ。もういい加減に平和ボケから脱却しないと駄目だよ。原爆だろうが普通の爆弾だろうが何方も変わらない。原爆は今のところ日本だけの災いだが核兵器は決して無くならない。過去ばかり見てないで現実に戻ろう。

お名前:MH ,2019-04-25 04:44:35 PM
題名: 原爆資料館
広島市の新装原爆資料館が開館した。
一枚のこの被爆少女は痛ましい限り、言葉にならない。
二度と再びこのような悲劇を起こしてはならない。
幸せに生きている現在の私たちはなんと幸せか。
(写真は本日の毎日新聞より借用)


お名前:LENNON ,2019-04-25 01:06:43 PM
題名: スリランカでのテロ
無差別に人を巻き込んだ自爆テロがまた起きた。スリランカ政府は予兆が有ったにもかかわらず防止が出来なかった。これにはテロリストは問答無用で頭を吹き飛ばし射殺すると言う原則に躊躇したのかも知れない。人が大勢集まる場所に大きな荷物を持ち込む奴はテロリストとして射殺しなければ駄目だ。無抵抗な人間を巻き込んで自爆するなんて卑怯な事をするのは生かしておいちゃ駄目だ。本来ならイスラム教徒が自分達でテロリストを見つけ出し殺すのが正しい。そうでなければいずれは宗教戦争に拡大するだろう。それを望まないのであれば同じ宗教内で解決を図るべきだ。綺麗事では人は守れない。

お名前:English ,2019-04-24 11:33:28 AM
題名: condolences
I express my heartfelt condolences to those who passed away in Sri lanka.

お名前:LENNON ,2019-04-23 09:36:13 AM
題名: 統一地方選を終えて
地方議員や首長ではどうして無所属と言うのが存在するのか不思議だ。この無所属の人達はどんな政治姿勢で臨むのかは殆ど明らかではない。ただ無所属でも政党の推薦は有るようだ。党籍を持ちそれを明らかにするとどんな不都合が有るのか全く分からん。これも政治姿勢を曖昧にする事でお互いに責任を回避したいと言う知恵なんだろうか?知恵と言うより無責任な姿勢に見える。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター