ページ番号:280, 合計:8986:メッセージ
お名前:アルコ~ル ,2019-11-27 11:23:22 PM
題名: 財務省はフェイク 法律を変える権力がある政治家が決めています 黒幕は経団連w
経団連会長、10%への消費再増税「予定通り実施すべき」 2016/4/4 16:59
 経団連の榊原定征会長は4日午後の記者会見で、安倍晋三首相が訪米中に来年4月に予定する消費増税について言及したことに関連し、
経団連としては一貫して「予定通り実施すべきだという立場にある」と語った。
その上で、前回(2014年4月)の増税時のように、
税率引き上げで経済に変調をきたすことがないよう「横ばい状態の消費を刺激し、(消費が)上向いた状況で増税を迎えられるよう準備が必要だ」と指摘。
増税に向けて環境整備の必要性を主張した。

 また、政府が経済統計の精度向上に向けて検討を進めているのに対応し、経団連として提言を取りまとめる方針を打ち出した。
榊原会長によると、現在議論を行っている段階で「所定の手続きを経て近いうちに公開したい」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


お名前:アルコ~ル ,2019-11-27 11:18:04 PM
題名: ここ俺以外工作員しかいないなw
 表2は、消費税の還付金が多い上位6税務署と還付を受け取っている大企業名と還付金額を示したものです。

 1位の東京・麹町税務署管内には、三井物産や丸紅、三菱商事などの本社があります。
2位、3位も東京都心の税務署で、4位が豊田税務署です。
豊田税務署の還付金額1700億円のほとんどがトヨタ自動車1社に対するものであると思われます。
上位6税務署の消費税の還付金額は1兆1795億円で、うち大企業13社への還付金額は推算で8342億円にも上ります。
 湖東税理士は「輸出大企業への還付金は消費税の税率が上がれば上がるほど増える。
だから財界が税率引き上げに執着する。この問題を放置したまま予定通り増税を実施するのは大問題」と語ります。
全国商工新聞(2013年11月11日付)


お名前:アルコ~ル ,2019-11-27 11:15:25 PM
題名: 赤字国債の何が問題か?バカだろw悪さしかしない特権富裕層からゴッソリ税収しろw
税務署が赤字? 消費税輸出還付金の秘密
 消費税収入がマイナス(赤字)の税務署が全国に10署あり、赤字額トップの愛知・豊田税務署の還付はほぼトヨタ自動車1社に対するもの―。
元静岡大学教授で税理士の湖東京至さんの調べで判明しました。
湖東税理士は「輸出還付金制度は消費税の不公平性のなかでも最たるもの」と来年4月からの増税中止を強調しています。
 表1、2は湖東税理士が2011年分の各国税局の発表資料や各社の有価証券報告書から推算したもの。
 表1は、消費税収がマイナスの大きい順に並べたものです。
トヨタ自動車の本社がある豊田税務署はマイナス1365億円、日産自動車の本社がある神奈川税務署はマイナス561億円と続きます。
 湖東税理士は「消費税の税収がマイナスということは、その税務署管内の納税額より還付金の方が多いことを示している。
消費税の不公平性を示す証拠と言ってよい」と指摘します。


お名前:LENNON ,2019-11-27 10:58:59 PM
題名: 定かでは無いがIMFが日本の消費税は15%が望ましいと言ったとか?
良くは知らんがIMFには財務省の役人が出向してるとか?どう言う意図が隠れてるのかは判らんがやはり日本の癌は財務省の様に思える。元々直間比率の見直しが目的で消費税を導入したんだが所得税を大幅に減税するんだろうか?若しくは所得税を廃止するとか?それにしても税金の話の前に日本をどんな国にしたいのかのビジョンを示すのが先だろうに。

お名前:LENNON ,2019-11-27 07:43:56 PM
題名: シュレッダーの調査で何か分かったのかな?
大型のシュレッダーってのがニュースに出てたが値段は幾らなんだろうね?文書の漏えい防止の為のシュレッダーなんだろうが、紙なんか水の入ったタンクに放り込んで上から攪拌すりゃ安上がりで確実なんだが。どうせ再生業者は水で撹拌し漂白するんだから。多分このシュレッダーもぼったくってるんだろう。役人ってのは馬鹿だからね。

お名前:LENNON ,2019-11-27 07:12:48 PM
題名: 必要な予算はドンドン国債で
治山治水の重要性が少なくとも役人が気付いたらしい。当たり前過ぎて笑えるんだが。しかし、未だ財務省の権限を取り上げるまでには至って無いのが心配の種だが。役人は地方自治体の予算の集計だけしてりゃ良い。その調整をするのは政治家の仕事。基本的に山も川も道路も地方行政が管理してりゃ良い。早い話が国の省庁はその集計とそれらしい説明文を書いてりゃ良い。省庁なんかコンピューターに置き換えりゃよい。防災減災と外交防衛だけ国の仕事だ。余計な省庁はこの際廃止して良い。スッキリする。

お名前:ゆめかざり ,2019-11-27 02:55:59 PM
題名: 時事通信より
予算編成本格化、高まる歳出圧力 「補正10兆円」の声も
2019年11月26日07時13分
 25日の財政制度等審議会の建議(意見書)を受け、2020年度予算案の編成作業が年末に向けて本格化する。政府は19年度補正予算案も含めた「15カ月予算」と位置付け、今年10月に東日本を襲った台風19号などを踏まえた災害対策や、景気下支えを柱にした新たな経済対策を盛り込む。与党内には国が財政資金を直接支出する「真水ベース」で10兆円規模の補正を求める声もあり、歳出圧力が高まっている。
 経済対策の策定は16年以来約3年ぶりで、19年度補正と20年度当初の各予算に振り分ける。災害対策に関しては、堤防やダム、河川施設の増強など防災機能の強化が中心となる。
 消費税増税後の景気対策としては、10月に始まったキャッシュレス決済時のポイント還元に関する追加原資を計上。マイナンバーカード保有者の商品購入時にポイントを付与する制度についても、来年9月の開始に向け、関連経費を組み込む。
 与党幹部からは「少なくとも10兆円程度の大型補正を」(自民・森山裕国対委員長)、「国民の命を守る予算をしっかり確保する」(公明・高木陽介国対委員長)といった意見が相次ぐ。特に災害対策では、一連の台風や大雨が各地で甚大な被害をもたらしただけに、財務省内からも「ある程度の予算規模になるのはやむを得ない」(主計局幹部)と一定規模の歳出を容認する声が漏れる。
 一方、財源の確保は厳しい。米中貿易摩擦の影響で法人税収が落ち込んだことにより、今年度の税収は当初予想より1兆~2兆円下振れする見込み。政府は補正予算の編成に当たり、3年ぶりに赤字国債を追加発行する可能性が高い。25日の財政審建議が「目標として堅持すべきだ」と強調した基礎的財政収支の25年度黒字化は、一層難しくなりそうだ。
【経済記事一覧へ】 【時事ドットコムトップへ】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
赤字国債の何が問題?、
基礎的財政収支の25年度黒字化ーーーこの考えに何の根拠があるの?、

政治家は馬鹿?、
時事通信は正しいと思ったが・・・わかっていない記者が書いた記事。
共同通信は・・・朝日新聞、毎日新聞、東京新聞と同列。

お名前:LENNON ,2019-11-27 02:12:40 PM
題名: 中国の法律では中国人は全てスパイで間違い無い
中国人は全てスパイであると共に兵士でもあるとされている。そんな法律の国の人間を雇うなんて馬鹿以外の何物でも無い。差別がどうたらって言う馬鹿が居るがこれは良い差別だ。マスコミの馬鹿どもは味噌と糞を一緒くたにして物事を説明する。こうして馬鹿な視聴者が騙されより馬鹿になって行く。中国も半島と同様近づけない様にしなきゃ駄目だ。日本で犯罪を犯すのは半島人と中国人と相場が決まっている。

お名前:ゆめかざり ,2019-11-27 01:28:13 PM
題名: 毎日新聞より
東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論
会員限定有料記事 毎日新聞2019年11月26日 07時30分(最終更新 11月26日 20時38分)社会一般
 東大大学院情報学環・学際情報学府で特任准教授を務める大澤昇平氏がツイッターに、自身が経営する会社の採用で「そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします」などと投稿し、物議を醸している。大学は発言を「不適切」と謝罪、大澤氏が担当する公開講座に資金を寄付する民間企業も「(大澤氏の)価値観は到底受け入れられない」とし、寄付の停止を表明した。一方で、大澤氏は新たに「私企業が採用方針を表明しただけで、東大の思想を代表したものではない」などと投稿し、反論している。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】
批判受けても反論「営利企業じゃ使えない」

 大澤氏は20日、「(自身が経営する会社で)中国人は採用しません」とツイート。他のアカウントからの批判に対し、「中国人のパフォーマンス低いので営利企業じゃ使えないっすね」「そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします」と相次いで反論した。ネット上では「コンプライアンスの問題以前に基本的人権を理解していないのではと疑われる」などの批判的な意見がある一方で、「会社の利益を守ることは当然のこと」と理解を示す書き込みもある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー.
反日の地上派では、これ位しか報道しないでしょう。

書かれてはいないが、IT産業では使わないでしょう。
IT企業に来る中国人はファーウエイのスパイの可能性が高く、情報を少しづつ盗むので、賠償請求が難しいらしい。
深田モエ氏もIT企業を経営していて、大学の日本人同級生を雇っていたが、別人格で中国にも戸籍があり、AIの機密を日本人と思って教えたが、ファーウエイに流れた。
ファーウエイは情報を盗んでくるとボーナスがもらえる仕組みで、シリコンバレーから、かなりの情報が流れたようだ。
さらに、シャープを買ったホンハイはファーウエイの軍需工場で、シャープの機密を目的で安く買い叩いた。
それを見抜けなかった日本は間抜け。

ジャパンディスプレイも中国に買われたと思ったが、ディスプレイがないとIT製品は使い物にならないから、中国が特許を使わせないと言ったら、日本の家電は作れなくなる。

お名前:LENNON ,2019-11-27 12:56:53 PM
題名: 反社会勢力の把握をするには
ヒルオビの馬鹿コメンテーターが反社会勢力の桜を見る会への出席にあーでも無いこーでも無いと無駄話をしてるが防御策なんて何も言わない。日本では戸籍制度が充実していて戸籍に反社会勢力とか反日勢力等を書き込み区別すれば簡単に識別出来る。戸籍制度を強化して警察の捜査と連携させれば良いし政府が戸籍でチェックすれば紛れ込みは完全に排除できる。それを全力で反対するのがマスコミや反日政党や弁護士の連中なんだが。法制度の強化をすれば良いのだが真っ先に反対するのが反日勢力だ。何とも不思議な構図だ。それと議員の不逮捕特権を完全に廃止すれば良い。野党は反対するだろうが。

お名前:LENNON ,2019-11-27 12:14:46 PM
題名: ローマ教皇がお帰りになった
核兵器の保有国はキリスト教国が殆どだってご存知無いのだろうか?キリスト教のトップに君臨されてるのだから保有国を先ず説得するべきじゃ無いのかね?また帰りの飛行機の中で原発は使うべきでは無いと自論と前置きの上で言われた様だがこれも核兵器と同様にキリスト教圏が殆どだ。もっと言うなら中共に対して何も言わないのは何故だろうね?綺麗事しか言えない立場だと言うのは理解してるが変な利用の仕方をされてる様に見える。宗教って所詮は綺麗事の世界なんだよね。

お名前:LENNON ,2019-11-27 12:03:02 PM
題名: 桜を見る会に反社会勢力が来てたんだと?
反社会勢力を生かしておくから紛れ込む。反社会勢力の代表格は共産党だし朝鮮人が紛れてる政党も含まれるんじゃ無いのかな?反社会勢力の定義を法に書き込み犯罪として取り締まらなきゃ駄目じゃ無いのかね?

お名前:LENNON ,2019-11-27 11:57:21 AM
題名: 小児誘拐犯は小児性愛病患者だろう
児童ポルノや児童買春に見られる精神異常者と見て間違い無いだろう。この手の性倒錯者は刑務所に入れても良くはならない。精神異常が完治するまで精神病院に隔離するのが社会に害を及ぼさない唯一の方法だ。多分日本の精神科医が正しい分析をするだろう。

お名前:LENNON ,2019-11-27 10:17:12 AM
題名: 国賓の可能性は高く無いと思う
国賓云々は当然アメリカとも相談済みで共産党政府に良い方向での可能性を与えてるだけだと思うけどね。基本的には中国包囲網の中心は日米であり下手な真似はするなと言う歯止めじゃないかね?硬軟織り交ぜて相手に考えさせるのは良い事だ。但しその手法が功をそうするかは半々だが。そうする内にシューキンペーが失脚するかも知れんし何が起きるかも判らん。本当は共産主義国とは国交を絶つのが正しい。

お名前: ,2019-11-27 09:08:03 AM
題名: 国賓として迎えるのはいかがなものか
習近平国家主席を国賓と迎えるのは如何なものか。尖閣諸島問題や香港問題、ウイグル族問題などの改善が全く見られない現時点では精精公賓でしょう。即ち中国や世界に誤解を与えかねない。

お名前:アルコ~ル ,2019-11-26 11:05:59 PM
題名: 政治家は全員 詐欺師 犯罪者の集団w
搾取国家から99パーセント貧困層が逆転する方法

分断工作の基本戦略が右と左そして搾取強化

現政党は全て一つと言っていい
なんせ金で買える
一部の富裕層が搾取してため込んだ金で
政治を買い人権すら削られる

 ☆ 怒りを怒りを感じたなら 立ち上がろう ☆

富裕層1パーセントvs貧困層99パーセント
数は断然多い
まず賄賂は受け取らない
どんな奴もCIAは監視しているので
監視されても悪い情報が出ない
そういいうやつを立候補させて
我々が全力で支持する

これ以外にない

無血で出来るぞ

異論があれば受ける


お名前:アルコ~ル ,2019-11-26 11:04:21 PM
題名: 特権富裕層に金を持たせても悪さしかしない こいつらから税収したらいい
経済ってお金で物とサービスを回しますが
循環をとどめてる元凶が

税金を払わない富裕層

特権富裕層が国民から搾取した金で政治を買収

どの政党も消去法でも選択肢がない
結局
金で政治が買えるため
どこも同じになる
左右ではなく階層なんです

献金を受けない候補者を立たせて
我々が押せば
簡単に逆転できます
金も要らない
99vs1パーセント
大多数の最大幸福に近づくと思われる


お名前:アルコ~ル ,2019-11-26 10:59:54 PM
題名: 正論を自信を持って語れ 逆転それ自体理屈は簡単です あとはやるだけ
記事を読むのは面倒だと思いますのでザックリ説明

韓国の政治は

税金は搾り取るが特権富裕層のみに回して
市場を干からびた状態にする
そこで最低賃金を上げても
中小企業と貧困層が更に潰される
カードローンやカジノで国民を借金まみれに追い込んで

それを人質に軽減すると共産国へ→人権すら国民から取り上げた

もう人間のやる事とは思えない


お名前:アルコ~ル ,2019-11-26 10:56:17 PM
題名: 周りに真実を広めるだけ金がかかるわけじゃない 国民は死活問題 周りに変な反対意見を言うやつは恐らく工作員
そしてトドメ 明日は我が身ですよ日本国民?
国韓国・共産主義化へ  2018/01/03(Wed) 06:40:01
会憲法改正特別委員会の諮問委員会が1日、非正規雇用制度をなくして整理解雇を原則的に禁止するとともに、労働組合の経営参加を保証する左傾的内容の憲法改正案草案を作っていたことが分かった。世界的な傾向である「フレクシキュリティ」(労働市場の柔軟化)とは逆行する内容を憲法に盛り込もうというものだ。諮問委はまた、憲法前文などで国家体制の根幹をなしている「自由民主的基本秩序」という言葉を削除・修正するなどしている。

本紙が同日単独入手した諮問委の改憲案には「期間制・派遣制労働の事実上禁止」「整理解雇禁止」「労働者役員制」などの条項が多数盛り込まれている。改憲案第35条第2項は「労働者を雇用する時に正当な理由がない限り期間の定めがなく、直接雇用しなければならない」となっている。また、「解雇から保護される権利」も規定している。経済界関係者は「現行の期間・派遣制労働者の存在を否定し、事実上、労働者の終身雇用を確保するという意味だ」と説明する。

経済分野では、法案に入れるだけでも議論を招く事案を憲法に盛り込んでいる。諮問委は第119条第3項を新設し、企業に対する消費者の集団訴訟と懲罰的損害賠償制の保証を明記した。企業が「経営負担が増す」と懸念している制度を憲法で規定しているのだ。現政権が雇用創出案として提示した「社会的経済」に関する内容も諮問委の憲法改正案に盛り込まれている。改憲案には「所得と社会サービスを保証される権利」などもある。

諮問委はまた、憲法前文から「自由民主的基本秩序」という言葉を外した。「自由市場経済」の代わりに「平等な民主社会」が強調されている。第4条では統一政策の前提を「自由民主的基本秩序」から「民主的基本秩序」に変えた。「民主的基本秩序の方がもっと広い意味になる」と言っているが、自由民主主義と市場経済秩序を大幅に弱体化させるとの指摘もある。

(中略)

梁昇植(ヤン・スンシク)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/02/2018010200988.html


お名前:アルコ~ル ,2019-11-26 10:53:02 PM
題名: 国民に関心がないとかいうやつは工作員なんじゃないのか?
韓国も深刻な賄賂口利き
一方、韓国の所得分配の不平等さを表すジニ係数は、アジアの他の国に比べて低かった。韓国のジニ係数は1990年の32から2013年には31にやや減少した。同じ期間で中国は33から53に、インドは45から51に、日本は27から31に上昇した。アジアの国々の所得の不平等は深刻だが、高速成長に支えられ、1日の所得が1.25ドル以下の「貧困層」の割合は1990年から2010年までに55%から21%に急減した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「それなのに韓国政府は財閥の味方」
「これが韓国の現実。李明博(イ・ミョンバク)前大統領と朴槿恵(パク・クネ)大統領に任せた韓国の7年間を返してほしい」

「アジアで1番?そこまで深刻だとは思わなかった」
「われわれの選んだ政治勢力が作り出した法によりこの結果が生まれたのだから、不満を言ってはいけない」

「はあ…。豊かな国ではなく、良心があり、市民意識の高い国に生まれたかった」
「韓国人の人生は生まれた時点ですでに決まっている。お金持ちの家に生まれれば楽して幸せになれるが、平凡な家に生まれてしまったら、どんなに頑張っても幸せになれない」

「本当に45%?実際はもっと高い割合を占めているだろう」
「金が金を産み、欲が果てしない欲を産んだ結果。不平等の解決は国民の意識を変えることから


戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター