画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:291, 合計:6828:メッセージ
お名前:まつむら ,2016-11-08 11:35:09 AM
題名: 生前退位
生前退位

天皇陛下の生前退位について皆さんはどうお考えですか。

私は、ずばり退位に反対です。
天皇は存在自体が大事である。
摂政かあるいは各皇室で分担すればよい。
とりあえず当面の対応を優先させればよいのではないか。

[参考資料]毎日新聞11月8日(火)号

お名前:新聞 ,2016-11-08 09:14:52 AM
題名: 正論2/4
産経新聞「正論」より抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーー
現在、中国の貿易の9割、輸入原油の9割が海上輸送であり、消費される石油の6割は輸入である。他方、日本は約200日、米国は約100日の備蓄があるのに対して中国の備蓄は約30日である。また、国内総生産(GDP)に占める貿易額は日本30%、米国20%に対して中国は40%である。

≪米国が圧倒する海軍力と核戦力≫

 東シナ海と南シナ海の出口は、間宮、宗谷、津軽、大隅、トカラ、宮古、バシー、マラッカ海峡であるが、宮古海峡とバシー海峡以外は海峡幅が数十キロで水深も数十メートルと浅く、潜水艦の行動は難しい。宮古海峡とバシー海峡は幅が200キロメートル以上あり、最浅部でも水深が500メートルから1000メートルあり潜水艦が活動できる。従って、制空権を確保し、主として宮古海峡とバシー海峡を封鎖すれば、東シナ海と南シナ海の出口を閉じることができる。太平洋戦争当時、バシー海峡は「輸送船の墓場」と言われた。戦時に中国海軍の艦艇はこれらの海峡を突破できず、太平洋やインド洋の航路帯の安全は確保されるだろう。日本向けの石油は南シナ海を迂回(うかい)できる。

 他方、中国は対米核抑止力の要として、核兵器による反撃を担う核ミサイル搭載原子力潜水艦を南シナ海に展開する計画を持っている。ただし、現在のところ米国の海軍力と核戦力は中国軍を圧倒しており、中国の原潜が港を出て行動できる余地はない。

(抜粋ホームページ:http://www.sankei.com/column/news/161102/clm1611020005-n2.html)

お名前:新聞 ,2016-11-07 03:50:29 PM
題名: 正論1/4
産経新聞「正論」より抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーー
東アジアを不安定化させる中国の海洋進出の背景と今後の見通しを探る。

≪政権支える攻撃的な民族主義≫

 中国共産党の核心利益は、(1)共産党支配(2)主権と領土(3)経済発展-である。中国共産党にとって最優先の目標は、共産党支配を守ることであり、そのためには経済発展を犠牲にすることもあり得る。

 共産党が資本主義経済を実行しているという矛盾は、中国共産党の支配体制を根本から侵食しつつある。中国共産党は腕力はあるが下半身は弱い。経済を重視すればするほど、共産党政権は弱体化する。現在の中国で最も影響力のある思想は拝金主義である。

 共産党はこの矛盾を、共産主義でも資本主義でもない民族主義・愛国主義をあおることで解消しようとしている。民族主義とは民族の利益を極大化する運動である。最も攻撃的な民族主義は国外へ進出して勢力圏を拡大する。自国の勢力拡大に反対する国民はいない。そこで中国は海洋に出てきたのである。これが「中華民族の偉大な復興」である。

 今、中国共産党は東シナ海や南シナ海を確保しようとする強い動機を持っている。中国は大国であるが、太平洋やインド洋に出ようとすれば、東シナ海や南シナ海を通る以外に出口はない。

(抜粋ホームページ:http://www.sankei.com/column/news/161102/clm1611020005-n1.html)

お名前:正義の人 ,2016-11-04 10:50:06 AM
題名: 不正指南
元厚生労働省の官僚が不正指南、偽装工作であの手この手! 診療報酬資料改ざん。歯科医も元官僚も良心がないのか?
これでは日本もよくならない。

お名前:領土 ,2016-11-02 05:17:23 PM
題名: 領土問題
領土問題
1)北方領土:1945年(昭和20年)8月14日に日本がポツダム宣言の受諾を決定した後、1945年8月28日から9月5日にかけて赤軍(ソ連軍)は北方領土に上陸し占領した。北方領土は現在に至るまでソ連およびそれを継承したロシアが実効支配を継続している。
[ウイッキペディア]

お名前:やまかわ ,2016-11-02 10:31:09 AM
題名: 責任をとらない人
盛り土で8幹部に責任ある。政治屋や特権階級は謝れば済む、責任をとらない、何かおかしい。小池さん今の人気で頑張ってほしい。

お名前:たなか ,2016-11-02 10:27:23 AM
題名: ミャンマー
ミャンマーのスーチー氏が来日。両国の発展のためにできることは応援したい。

お名前:統合 ,2016-10-31 04:36:39 PM
題名: 定期コンテナ
艇庫コンテナ船、日本郵船・川崎汽船・商船三井の3社が統合する。これで規模は世界第6位になる。これで一息だ。

お名前:やまかわ ,2016-10-27 05:26:16 PM
題名: 日比首脳会談
日比首脳会談はそれなりに成功である、南シナ海問題は「平和解決」で一致した。ただ米比同盟はあと長くは続かない模様。日本にとっては厳しい。

お名前:提携 ,2016-10-26 04:30:24 PM
題名: 提携
コカコーラとキリン提携。
皆さんはどうなると思われますか、効果はあると思われますか。
私はそれなりにあると思います。
参考までに大手は以前に始めた;
2011年:サッポロがポッカーを子会社化
2012年:アサヒがカルピスを買収

お名前:実行力ある人 ,2016-10-26 03:15:16 PM
題名: 実行力
ドゥテルテ大統領はなぜ国内でこれほど人気が高いのか。思うには、それは実行力がある、口先だけではない事実。それは市民が最も恐れる治安の改善を劇的に実行したこと。行動が伴わなければならない。

お名前:やまかわ ,2016-10-26 11:33:17 AM
題名: 大統領来日
ドゥテルテ フィリピン大統領来日!どのような話し合いになるのか楽しみです。いい方向に進むと期待している。日本のため、フィリピンのため、そして世界のためにもいい発信をお願いしたいものである。

お名前:ほへと ,2016-10-25 11:13:35 AM
題名: 自民強
衆議院補欠選挙で東京と福岡で自民党が制した。自民党強、というよりは民進党野合連合が完敗! 蓮舫氏では難しい、まず初めに二重国籍について責任説明を果たすべきだ。

お名前:松村 ,2016-10-25 09:40:44 AM
題名: なぜ企業生存率は低いか
=企業生存率は低いのですか=
私の回答です;

世の中はうまくできています。
もし起業生存率が高ければ、さらに起業する人が増え、結果として共倒れになる可能性が高くなる。だから必要以上増え過ぎないようにできている。植物もまた動物を見ても同じこと、増え過ぎると自然淘汰される。起業然り。
また経営者というのは、例えば、一流運動選手になれるためには“具有”を持ち合わせていなければならない、経営者然り。

お名前:EFG ,2016-10-22 03:09:28 PM
題名: 日本ーフィリピンの首脳会談
フィリピンと中国の首脳会談の内容から、日米にとっては痛手になる。日本ーフィリピンの首脳会談で何ができるか、何が進展するか、安倍総理に期待したい気持ちでいっぱいだ。

お名前: ,2016-10-21 05:43:45 PM
題名: 在留資格
外国人在留資格に「介護」も追加。

お名前:正義 ,2016-10-21 05:39:54 PM
題名: 棚上げ
フィリピンと中国は仲裁裁判を棚上げした。難しい問題である。フィリピンはお金の引き出し、中国は口止めか?

お名前:正義の味方 ,2016-10-20 05:18:56 PM
題名: お金が絡む?
東京オリンピックに向けて色々問題が出てきている。バッハ会長も日本に来ている。なぜこんなことが起こるのか?
権力とお金が絡んでいることは否定できない。残念である。

お名前:正義 ,2016-10-20 01:14:57 PM
題名: 野合連合
野党の殆どは何でも反対、これでは日本はよくならない。いいものはいいのです。
また野合連合はいかがなものか、全く政策が違うものが一緒になってもうまくいくはずがない。選挙のためのもの以外なにものでもない。

お名前:大阪 ,2016-10-19 05:27:10 PM
題名: よく働くことが全て
経済力が落ちれば、医療費も何もかも質が落ちる。そのためには私たちがよく働き、よく使う以外にない。棚から牡丹餅はない。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008