画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:294, 合計:7882:メッセージ
お名前:LENNON ,2019-02-13 03:46:28 PM
題名: 国債について
国債とは国が発行し購入者が金を払い、政府が必要な予算を形成する一部だ。基本的には債券だから借金だ。国債保有者に金を払い国が買い取った時点で債務は消滅する。現在は日銀が買い取った債券の処理方法の制度が無い様だ。政府とは独立した存在だが会社で言えば子会社に当たるのだろう。その子会社が買い取った意味の無い債券を持ち続けるのも良いが債券と言う機能を終えた紙切れだ。債券でも資産でも無い。であれば発行主に返還しシュレッダーにでも掛けて借金から減額しなければならない。そして税とは民間の利益から一部所得税として徴収しインフラ整備や福祉、社会保障の財源や国防にも使われる。言い換えるなら社会に必要な施設や設備を作り国民の利便性向上に寄与する物だ。その使い方でよく無駄使いとか予算が消えたと言われる事がある。金は消える事など無く社会に流通している。しかし変な経済評論家や学者が嘘を言って政局に利用する。マスコミはそう言う嘘を垂れ流すのだが国民は嘘を知りたいのでは無く事実を知りたい。嘘かどうかを判断出来ないから垂れ流すと言わざるを得ない。日本国民はその悪意に踊らされる事無く良い判断をしている。今後も悪意のあるフェイクニュースに騙されない様にして貰いたい。

お名前:LENNON ,2019-02-13 02:24:26 PM
題名: 国会は揚げ足取りの場所?
予算を審議する予算委員会でオリンピック担当大臣に辞職を要求する変な議員が発言中。記者に聞かれて答えた発言に言った言葉に対してイチャモンを付け辞職を要求してる。辞職を要求するのは良い。しかし辞職、罷免を決めるのは総理大臣の職務であり責任だ。この要求をしてる議員が怒ろうが何を思おうが関係無い。議員と言う立場は有権者が決める物。野党の議員が感情に任せて資格が無いとか断定する権限も資格も無い。もっとも予算委員会で予算に関係無い質問が許される事が野党の馬鹿を助長してる。野党は変な事に一生懸命にならず政策で論争するだけで良い。三文新聞の様に政局に絡めて揚げ足取りに走るから支持が得られない。本来の議員の職務に取り組まなければ支持の回復も見込めないだろう。妙な悪意は棄てよ。

お名前:LENNON ,2019-02-13 12:00:39 PM
題名: 児童相談所問題について
子供の命を護る事を第一義に考えているなら現在の制度は生温いし命よりも親の親権の方が優先されると言う制度の在り方が問題だろう。親の親権とは子供を立派に育てられる能力に対してのみ認められれば良い。だから親権の停止や剥奪も含めて司法行政が判断し厳しく対処しなければ又繰り返される。と、同時に躾と虐待の定義をハッキリさせ何でも暴力と一括りにする態度も改める必要がある。体罰も場合によっては必要な時も有るし度を超えた場合は暴力或いは虐待と判定するのは致し方無い。その制度の立法が多分だが綺麗事で考えられ組み立てられている弊害だと思える。国会等の質疑を見てる限り感情論ばかりに終始して機能が疎かにされていると、感じられる。立法の過程に感情論を取り入れるとロクな結果にならない。そして複雑怪奇で現場の人間の手足を縛る結果にもなる。そして悲劇に繋がる。法律とは血も涙も無くて良い。その上で判断に感情を加味し的確な判断を下すのが裁判だ。どうも日本中が勘違いをしている様に感じられる。

お名前:MH ,2019-02-13 11:02:20 AM
題名: 関空連絡橋は黄金週間に全面開通予定!
関空連絡橋は台風21号で破損して一部対面通行になっているが4月~5月にかけての黄金週間には全面開通なる明るいニュース!

多くの観光客や商用などで大阪や京都、神戸、奈良方面にいらっしゃる人たちにとってさらに快適になる。
また多くの人たちが関空から世界に向かって羽ばたく。
そして大阪圏は潤い、西日本全体に潤いが広がる好循環ができる。
(写真はウイキペディアより拝借)


お名前:LENNON ,2019-02-12 10:52:16 PM
題名: レーダー照射事件について
青山議員が発言していたが韓国への対処は国連安保理の扱いにするのがベストだと思う。海自哨戒機は安保理決議の制裁に関しパトロールしてた。その邪魔をしたのが韓国海軍の駆逐艦だ。しかも、あろう事か威嚇飛行をしたと嘘の写真を発表したり、いつもの事だが被害者ヅラで日本を加害者として批判をする。ここいらの経緯は既に各国も承知の上だ。安保理に提訴しそこで決着を付けるのがベストだ。もう二国間で争う必要は無い。韓国も制裁破りとして北と同じ制裁対象にするしか無い。南北同時の制裁だ。これで北が逆らう様なら軍事制裁も視野に入れるべきだ。

お名前:LENNON ,2019-02-12 11:40:44 AM
題名: 言葉で?
言葉の通じない相手って者が居る。ですから目標にして取り組む姿勢は必要でしょう。ただ、人間が使う言葉の中には真実も有れば嘘も有る。だから騙し騙されが現実にあり相手の言葉の裏側を読む必要がある。ましてや人間って物は欲望で生きている。金や物質欲、食欲、性欲等々。その欲を満たす為には平気で嘘を吐く人間も現実に居る。剣よりも強しってのは大嘘です。ジャーナリストが作り出した。その欲が個々人のレベルなら大した問題じゃ無いが国家間になるとそう言う訳には行かない。領土の拡張欲なんてのはとどまる事を知らない。この場合は言葉でしか抗えなければ殺されるか奴隷にされるかだろう。抗う力が無ければ必ずそうなる。これは地球上の歴史が示している。近隣の何処かの国には言葉が通じない。国際法さえ守らない。条約さえも一方的に破棄し攻め込んで来る。この様な国に言葉だけで対処出来ると考えてるのだとすれば相当にオメデタイ。全てを否定はしないが、もう少し慎重な考え方をお持ちになられた方が良いと思われる。多分綺麗事を考える方は人間が全て完全無比な存在だと思ってる、または思いたい。ってのは願望としては良く分かるが、人間は不完全で欲で動く生き物だと認識してないと痛い目に会うでしょう。そして性善説は捨てた方が良い。後ろに力の裏付けの無い言葉は無力です。

お名前:MH ,2019-02-12 10:52:22 AM
題名: ペンは剣よりも強し
ことばで世界のかけ橋になりませんか。
ペンは剣よりも強し!
大砲よりも強し!
話し合いで全てが決まる世界に戻したいものです。


お名前:LENNON ,2019-02-12 10:32:40 AM
題名: IT化が遅れてる日本の行政
今回の厚労省による統計不正。今時の企業や商店等は漏れなく申告をしている。そして、PCを導入せず手書きの台帳で経理をしてる方が数は少ないだろう。そこで提案なんだがPCで経理をしてる場合は経理ソフトを導入してる筈だ。そのソフトウェアーを申告用と統計用に使える形で統一すれば今回の様な問題は解消する。統一するのはデータの項目名とその順序を統一するだけだ。いや、その必要も無いだろう。申告、報告用の書式さえ統一するだけで良い。基本的には税務署に送付するだけの話だから全てのデータは税務署を通じて財務省が把握してなければならない。要は日本中の納税義務のある法人個人のデータはある筈だ。どうして野党はそこに突っ込みを入れないのか不思議だ。現在の納税を含む行政の仕組みを全く理解してないとしか思えない。国会とは論戦を通じて国の持つ不備な部分を炙り出し改善する為の立法をする場所で政府にイチャモンをつける場所では無い。立憲何とかって言う党はその部分が皆無だ。口を開けば不毛な質問ばかりだ。しかも、官僚出身や弁護士出身、或いは検事出身まで居る。法律の専門家と普通なら思われる人が多くいる様だが、その出身その物が嘘または虚偽なのでは無いかとさえ思われる。今日も不毛な感情論ばかりに終始してる。少なくとも理屈の解ってる国民は笑って見ている事だろう。この低レベルの議員を総入れ替えしないと野党の支持率は今のままだろう。無党派の俺にとっても情け無いしみっともない。野党のレベルが上がらないと与党のレベルも上がらない。

お名前:平和 ,2019-02-12 09:15:38 AM
題名: 文在寅政権は苦しい
シンガポール以東から豪州までのアジアの国々の殆どは日韓関係悪化の原因は韓国側にあると思っている。文在寅政権にとっては苦しい現状。

お名前:LENNON ,2019-02-11 11:58:06 AM
題名: 名目賃金と実質賃金
最近よく耳にする実質賃金とは?賃金の動向に物価の上下動を加味しプラスとかマイナスを表わすものだが、実質賃金を追い求めるのなら物価の動向が大切で賃金はそれに合わせて賃金も合わせる必要がある。しかし、これは政府が物価や賃金に口を出して統制すれば良いのか?そんな事は出来るわけがない。自由経済を崩壊させ統制経済にしたいのだろうか?自由に国民が経済活動をし、その結果で納税し国の予算や政策を決めて行くのが駄目なのだろうか?統計ってのはあくまで指標を計算しそれを政策に活かして行くものだ。どうも左翼やマスコミは実現不可能な無い物ねだりで政権を追い込みたいと言う悪意しか感じない。しかし、その中で正しいのは消費税増税に反対してる事は珍しく良い事を言っている。しかし、その根拠に実質賃金を持ち出すのは間違っている。野党も反日マスコミもそこに出てるコメンテーターはアホだ。

お名前:LENNON ,2019-02-10 06:33:37 AM
題名: 朝ナマを見て
朝ナマに若手議員が集まって討論したがピントがずれてて笑わせて貰った。司会を始め政治学者も含めてだ。見終わった時点で思った事は俺でさえ目前に敵が居た場合は返り血を浴びても国民と国家を護る為には戦う覚悟が有ると公言してるんだが、こいつら政治家にその覚悟が有るかどうか?非常に怪しいと感じた。元官僚出身を集めたのかどうかは判らんが口では綺麗な言葉で終始した。少なくとも自分が戦う意思を示せない奴が国会議員なんかすべきでは無いしさせるべきでも無い。今後、選挙の度に覚悟の程を全候補者に聞く事にする。

お名前:平和 ,2019-02-08 02:01:32 PM
題名: 米朝首脳会談
大事なことは半島から核兵器を無くすことではないか、その方向で進めてほしい。


お名前:LENNON ,2019-02-08 10:48:29 AM
題名: 海上自衛隊がジャパンネイビーと無線で言った件
朝日新聞が海上自衛隊がジャパンネイビーと名乗った事にイチャモンを付けてるらしい。これは聞き取り難い無線交信で聞き取り易く易く判別しやすい様にフォネティックコードと呼ばれるアルファベットに割り当てた単語を使う。正しい単語はナンシーだがネイビーを使っても差し支えない。その程度の事だ。アマチュア無線でも良いが交信を経験した人であればすぐに納得出来るだろう。左巻きの人々は理屈を考えもせずに言葉狩りをしたがる。また、これは英語を使うが文法だの余計な事も関係無い。無線交信は聞き取り易さが最優先だ。またこの記事で無知と恥を晒した事は喜ばしい限りだが。

お名前:LENNON ,2019-02-07 11:16:38 PM
題名: 半島問題について
トランプ大統領は一歩も引かないとは思う。その上で半島全体を安保理常任理事国の強制統治として強制的に武装解除するのが最良の選択肢だと思われる。その上で永久に非武装地帯としてしまうのが後々問題を引き起こさない方法だ。難しい方法だが不可能では無いし隣接国の安全は少なくとも護られはする。そして国連軍が駐留すれば。

お名前: ,2019-02-07 10:46:41 AM
題名: 米朝首脳会談
米朝首脳会談はベトナムで開催。トランプ大統領、一歩も引いてはいけない、北は引けば引くほど前に出てくる。


お名前:LENNON ,2019-02-06 07:21:33 PM
題名: サイバー攻撃の対処
サイバー攻撃の手口を知っておこう。メールによるウィルス散布。知らないメールは開かない。本来ならメールサーバー経由で入って来るからサーバーの段階でウィルスチェックをすれば各端末にウィルスが届く事はなくなる。また、サーバーや個々のPCに侵入され管理者権限を盗られるとクラッカーのやりたい放題になる。その場合クラッカーは自分の素性を隠す為に世界中に散らばっている代理サーバーを禁止するかその代理サーバーの記録から割り出す仕組みを国際規模で組み立てるしか無い。元々ネットはプロトコルと言う方式で繋がっている。この場合誰も使った事が無い新しいプロトコルを作り古いプロトコルを排除するのも良い方法だ。一般用は古い方式で、公用のネットは新しい方式を使えば良い。役所や軍事やインフラはそれぞれ違う方式にして。

お名前:LENNON ,2019-02-06 07:02:54 PM
題名: 勤労統計について
毎月勤労統計に必要な調査項目は何だろう?給与月額?その元になる賃金計算に必要な時間単価と勤労時間?タイムカードに記載された勤務時間で残業時間も当然数字になる。給与月額は企業が計算するから当然単価等の必要な数字は持っている。そのデータを企業がファイルにして送れば良いだけの話。一々役人が調査に回る必要は無い。厚労省の調査その物が無駄な行為。企業は毎日PCに入力して持っている筈。そのデータを元に経理が利益を計算し申告をし税金を納めている。と言う事は税務署或いは財務省がデータを持っていないとおかしい。もしももっと詳しい数字が必要なら月々の締め日にファイルを役所に送れば良いだけ。また、役所はデータの並び順や書式を統一して送付をお願いすれば良い。国会のやり取りはそう言う実際の作業には関係の無い話ばっかりだ。その話で稼いでいるマスコミも評論家もピントのずれたトンチンカンな話ばっかり。情報処理の初歩でもお勉強すればどんな話をすれば馬鹿に見えないかは判るはず。

お名前:日本人 ,2019-02-06 09:09:45 AM
題名: 日本人
日中戦争当時の日本人とシナ人
(写真は数年前の産経新聞?より)


お名前: ,2019-02-04 11:05:14 AM
題名: サイバー攻撃
サイバー機密で英・米・カナダ・豪州・ニュージランドに日・独・仏が枠組みに参加する。これで中国を警戒できる。

お名前:LENNON ,2019-01-31 03:58:05 AM
題名: 国の基本と民主主義
国とはその国に生を受けた人間が構成する。それを国民と言う。その国民が生活をしていく上で個々人の生活をより良く豊かにする為に物々交換では無く通貨による取引で利便性が増した。その通貨は国が発行し価値を保証する事で利用する安心感が増加した。経済とは国民の生活を丸ごと一つの言葉で表した物だ。国民の間には争いも当然起きる。だからルールが生まれ司法制度が出来た。その様な経済や治安を維持管理する法が必要だから立法組織である国会が必要になった。そこで議論し良い法を作り又は改定する為に議員を有権者が選び権限を付託している。そして国民の税金で歳費を支払っている。議員の生活は国民が面倒を見ている。立法により必要とされる国民へのサービスが行政組織が担当している。ここで働く人達は公務を担当するから公務員と呼ばれその生活の糧となる給与を税金から拠出している。この公務員にも権限が与えられているが法に基づいた範囲で国民が付託している。ここまでで如何して国民が主権者である説明にはなったと思う。ここまでは国内の事だ。国と言う物が有れば当然争いが起きる。そこで話し合いで争いを解決する為に外交が必要であり外務省と言う組織が必要になる。外交とは口頭による問題解決を図る手段だ。その外交が国益に叶う成果を上げるには軍事力の裏付けが必要不可欠なのは国際常識だ。もう言い古された言葉だが富国強兵と言うのが有る。富国の部分は誰も異を唱えないだろうが強兵の部分を軍国主義の現れだという議論がある。では強民ならどうだろう?国民が強くある事に反対はしないだろう。主権者たる国民が選んだ議員が作った法を守り支持し行政サービスを受け必要な軍事の組織も持つ。しかし誰も言わないのは国民がその結果に責任を取るって事だ。最終責任は国民が負うのが正しい民主主義で文句だけを言うのは間違っている。と言うより民主主義を理解してない。自分は責任を負いたくない無責任でいたいと言うならば独裁国家に移住されればどうだろう?責任の全ては独裁者が握っているから無責任でいられる。世界には幾つかそう言う国がある。そしてどの様な国かは世界中に知られている。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター