画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:296, 合計:6828:メッセージ
お名前:om ,2015-11-02 04:59:12 PM
題名: 慰安婦問題
安倍首相と朴大統領の首脳会談で慰安婦問題で早期妥結で一致した。これからが大変だ!

お名前:松村 ,2015-11-02 03:20:59 PM
題名: 医療費激減の秘策
=薬では長生きできない=
「神経痛の速攻療法」「高血圧はもう大丈夫」「長生きするにはこれで」・・・等々。そんなに薬が効くなら、どうして年々現代人の病気がうなぎ上りに増えていくのか。この薬が効くという実証があるならば、どうして次から次へと違う薬がたくさん造り出されるのか。
「我々が使う病薬は、ことごとく毒物であるから、一服ごとに患者の活力を削減するものである。医師たちは病気を治療するという名目のもとに、かえって甚だしい害を与えている・・・」、これはアラング・クラーク博士の書いた本の中の一節である。
 現代医学は、もともとドイツのウィルヒョウの「細胞病理説」やフランスのパスツールの「細菌病理説」が基本となり発達したので、細菌を発見したり殺したりすることには威力を発揮するが、細菌によらない病気、例えば、高血圧、脳卒中、がん、心臓病、神経痛などの成人病に対しては全く無力に等しい。それは現代医学発達の過程が「細菌を殺す」ことに集中された結果にほかならない。
 薬物もまた、主として「細菌を殺す」ことに力を注いで研究されてきたため、確かに結核、肺炎、各種伝染病、化膿性疾患などには、素晴らしい効果を発揮する。だが細菌とても、「生き物」である、これを殺すためには毒物を用いなければならない、つまり「毒をもって毒を制す」という考えから出発したのが薬物である。だから薬には必ず毒性があると思っていいのである。
 こうみてくると薬でながいきできるはずがないことがお分かりいただけたでしょう。薬をできるだけ控えましょう! このようなことを書いていると製薬会社や薬局などに怒られるかもしれません、どうかがご容赦ください(笑)

次回に続く
[参考文献]『無病長生術』昭和50年 伊藤賢治 健友館

お名前:000 ,2015-10-28 05:16:22 PM
題名: 南沙諸島
南沙諸島
米国は南シナ海南沙諸島で、中国が埋め立てた人工島から12海里内をイージス艦が航行したことについて、中立性を強調した。このことについて、欧州や日本も支持した。

お名前:om ,2015-10-28 04:36:01 PM
題名: 辺野古埋め立て工事は間もなく着工
辺野古埋め立て工事は間もなく着工する運びとなった。沖縄のために、日本のためにも必要不可欠の工事である。反対の皆さんもよくご理解いただきたい。

お名前:om ,2015-10-26 05:46:56 PM
題名: 伊方原発
四国電力の伊方原発が年明けにも運転可能性大! 細心の注意を払って再開できることを国民は願っている。

お名前:松村 ,2015-10-21 05:52:45 PM
題名: TPP 市場開放
市場開放による明暗。
我が国の即時撤廃は51.3%、最終的な撤廃は81.0.である。この機会を逸することなく前向きの思考で物事にあたれば我が国にとって得るものが多いだろう。国とともに関係分野の方々は大いに知恵を出していただきたいものである。「案ずるより産むが易し」である。皆さん頑張りましょう!

お名前:松村 ,2015-10-19 01:37:21 PM
題名: 高齢者の介護を減らす
少子高齢化時代を乗り越えるには、高齢者の介護を減らすことである。
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=hiroba_120_2

お名前:adg ,2015-10-05 02:58:40 PM
題名: 自由民主党復党のご挨拶
■自由民主党復党のご挨拶

今般私は、新たな行動を決意いたしました。

それは次世代の党を離党し、あえて古巣の自由民主党に戻り、政権党の中で改憲状況を前進させるということであります。

私が政治を志し、生涯を国政とふるさと岡山の発展に捧げてきた最大の目的は今更申すまでもなく「自主憲法の制定」です。今日まで一貫して、わが国の独立と国民の安全をしっかりと守ることができる体制を構築することが日本の未来と国民の幸福にとって最も重大な政治の課題だと訴えてまいりました。

しかし、今のままの政治状況では、国際情勢の変化に対応した安全保障体制の構築も、ましてや憲法改正も極めて困難です。未だ解決の目処の立たない拉致被害者救出、中国の軍事的台頭など日々悪化する国際情勢を見るとき、これ以上の政治の停滞は許されないとの思いに焦燥感が募るばかりです。

「憲法を変える」ということは、与党が衆参両院の三分の二を占めればできるということではありません。国民的な議論を深め、憲法改正に真剣に取り組む野党の存在もなければ実現できません。

しかし肝心の与党が、国民の安全と将来の日本のために不退転の決意で臨まなければ、憲法改正ができないのも事実です。

次世代の党が中山恭子新代表の下で新しい体制へと移行した今、私もまた、憲法改正の動きを更に推進するために、自由民主党復党という決断に至りました。
これまで惜しみないご支援をお寄せいただいた多くの皆様に感謝申し上げますと共に、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

現在、私は不本意ながら体調を崩しており、幸い大事には至らなかったものの、この際徹底的に療養に努めて万全の状態で公務復帰をしたいと考えております。ご心配をお掛け致しますが今後ともご指導ご鞭撻のほど重ねてよろしくお願い申し上げます。

平成二十七年 十月
衆議院議員 平 沼 赳 夫

※転載です

お名前:松村 ,2015-09-28 05:43:21 PM
題名: 医療費激減の秘策

「老人一人に若者二人」ということがある。若者というのは世話をする人の意味である。
 こうなると何のために生きているのかわからなくなるし、もっと大きく考えれば、社会全体の労働力を削減していることになる。これは大変な問題に違いない。
 だから、とにかく何でもかでも長生きすればよいというものでは、本当の長寿の意義が薄れてしまうのである。そればかりではない。場合によっては、長生きすることによって、かえって人間の不幸を招くことにもなりかねない。
 そうかといって、「年寄りは早く死ね」などといってはならぬ。それこそ人文主義(人道主義)に反する由々しき大問題になるだろう。
 と、いうようなわけで、多くの人々は、このむずかしい問題に頭をかかえている。何分にもことがことだけに、「あちらを立てれば、こちらがたたず・・・」ということになり、社会全体の労働力、経済力の面だけを考えて対策を建てようとすれば、とんでもない現代版“姥捨山”が出現するだろうし、個人の人情だけに頼っていると社会にとっては少なからぬ損失になる。
 ところが、実は、為政者もホトホト困りぬいているこの大きな社会問題である“老人対策”も、私にいわせれば、きわめて簡単な解決策があるいえるのである。
 それは一口に言えば「老人の若返り」ということ。つまり老人たちが、いつまでも健康で若々しくなる方法を講じればよいということだ。すべての老人が元気で働けるようになれば、こんな問題はたちどころに解決してします。しごくあたりませのはなしである。
次回に続く
[参考文献]『無病長生術』昭和50年 伊藤賢治 健友館
https://www.facebook.com/hiroshi.matsumura.5494

お名前:taka ,2015-09-16 06:21:58 PM
題名: 安倍含め賛成党は二度と選挙には入れない
安保法案とうじた党含め、二度と選挙では投票しない、きっちりと名前を焼き付ける。

お名前:xyz ,2015-09-10 05:20:02 PM
題名: ホルムズ海峡の機雷掃海
「ホルムズ海峡の機雷掃海」で同海峡が封鎖されても7.6%の電力供給が滞るだけと、維新の党の片山虎之助氏は指摘。その通りかもしれない、しかしそのことが各分野に伝播して国民を不安に陥れかねない。それが怖いのである。現在でも真夏の電力消費量は九電や関電などは綱渡り的な発電量である、さらに7.6%減ればただ事ではすまぬ、余裕を待たせなければならない。集団的自衛権の行使は必要不可欠である。反対する者は頭を冷やされたし!

お名前:ACE ,2015-09-02 05:49:00 PM
題名: 組織委の不概査
五輪エンブレムの撤回により、企業の広告修正が急がれる。大会組織委員会は一体何をしていたのか、情けない。烏合の衆の塊か?

お名前:ひろしま ,2015-09-02 02:51:00 PM
題名: 法案
野党は「戦争法案」と勝手なことをいっているが、この法案が可決しなければどうして日本を守ることができるのか。

お名前:松村 ,2015-08-24 09:10:26 AM
題名: 次世代の党タウンミーティング(IFCON)in倉敷
◆次世代の党タウンミーティング(IFCON)in倉敷
西村眞悟(前衆議院議員)講演会
「日本の安全保障~安全保障を含む法整備」

現在、集団的自衛権を軸とした我が国の安全保障法制の見直しが行われている。
中国の南沙諸島への軍事進出は東アジアの緊張状態を生み、北朝鮮は、我が日本国民を不当に拉致し、いまだ解決の糸口すら掴めぬままである。
日米安全保障の下で日本は、アメリカ追従だけではなく主権国家として、どう行動するべきなのか?
安全保障法制の現状を分析し、憲法改正の必要性について、次世代の党支部長 前衆議院議員の西村眞悟氏が熱く語る。

【日 時】 平成27年08月29日(土) 14時30分~16時30分(開場:14時)

【会 場】 倉敷商工会館 第5会議室
        岡山県倉敷市白楽町249-5 086-424-2111  交通:倉敷駅より徒歩20分、車で5分

【参加費】 大人:1000円、学生:500円、高校生以下無料
       ※党員無料 (当日会場で入党申込された方も含みます)

【懇親会】  17時~19時頃予定 (懇親会費別途必要 当日会場にて受付)

【申込先】 8月28日23時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)

★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます

【主 催】 次世代の党 岡山県議会第一支部 千田まさひろ
FAX 086-428-6870
E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp

講師 西村 眞悟(にしむら しんご)氏
前 衆議院議員(6期)
昭和23年7月7日 大阪府堺市生まれ。
京都大学法学部卒業。昭和57年 司法試験合格。
第40回衆議院議員総選挙旧大阪5区に民社党公認で出馬し初当選。
平成11年 小渕内閣第2次改造内閣の防衛政務次官に就任。
平成26年、第47回衆議院議員総選挙大阪16区の次世代の党公認候補として出馬するが、落選。
著書は『「英霊との対話」としての政治』『国家の再興』など10冊。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◎平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/

◎平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org

◎次世代の党本部
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
公式サイト http://jisedai.jp/index.html
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

転載です。

お名前:AbCE ,2015-08-07 10:16:40 AM
題名: 思い通りのことが書けない
戦争はあってはならない。しかし負けると思い通りのことが書けないのが現状である、残念である。安倍総理もこの辺が苦しいところであるだろう。、

お名前:ひろしま ,2015-08-06 05:44:35 PM
題名: 8月6日
もくとう
安らかにお眠りください
二度と戦争を起こさない決意が何よりもだいじです

お名前:松村 ,2015-07-16 04:26:05 PM
題名: 安保法案、衆院通過

■本日 平成27年7月16日 安保法案、衆院通過
「安保法制について」
本日、衆議院において一連の安全保障関連法案が可決された。次世代の党は同法案に賛成した。
本来ならば憲法を改正すべきであるが、日本の抑止力を高める最低限の「戦争抑止法案」と考えるからである。
我が国を取り巻く安全保障環境は、核弾頭の小型化に邁進する北朝鮮のみならず、中国の急激な軍事的台頭、南シナ海における軍事施設建設、東シナ海における軍事転用可能な海洋プラットホーム建設等、これまでになく厳しさを増している。
自衛隊が米軍等と緊密に連携し対応していくことが日本の防衛力を高め、結果的に地域の平和を守っていくことができる。
次世代の党はこれまで、「集団的自衛権の見解」「集団安全保障見解」「国家安全保障基本法案」のみならず、独自の「領域警備法案」を策定してきた。
特に我が党の「領域警備法案」は別の野党が提出している名称が同じ法案とは内容が異なり、グレーゾーン事態における一切の「隙間」を埋めるものである。
領域警備を含め、武器使用権限など、政府案は「普通の国」としての法整備に欠ける。日本は再び「想定外」だったと言い訳してはならず、時代遅れの法制に頼っていては国家、国民を守れない。
次世代の党は日本の防衛を高め、世界に貢献する日本のあるべき姿を常に考え、政府に求めていく所存である。

■平和を守るために安保法制をしっかりと。
安保法制議論の出発点は、変化する国際情勢の中で如何にして日本と日本人を守り抜き、国際秩序を安定させるために安全保障体制がどうあるべきで、そのための法制をどう整えるべきかということであるはずです。
日米安保改定のときも、PKO法案のときも、カンボジア国際平和協力業務のときも、ペルシャ湾掃海派遣のときも、インド洋派遣海上支援のときも、イラク人道復興支援活動のときも「自衛隊の海外派遣は許されない」「日本が戦争に巻き込まれる」「日本を戦争する国にしようとしている」「子供たちを戦場に送るな」という今と同じような議論や報道がありました。
自衛隊の派遣は当事者国や関係国から感謝されました。
日本は軍国主義国家になりましたか?
戦争に巻き込まれましたか?
軍靴の響きは「海の向こう」から聞こえているのではないでしょうか?
平和を守るために今こそ安保法制をしっかりと確立しておく必要があります。
それこそが国民の平和と安全を守るために政治家に課せられた責任であり、使命です。

■平成27年8月2日(日) 次世代の党 IFCON(イフコン) in 岡山

【テーマ】次世代のための「憲法改正」「安保体制」「地域創生」

【講 師】 党首 平沼赳夫

IFCON(イフコン)とは、次世代の党の三つの柱
「自立(Independence)」、「次世代(Future Generations)」、「新保守(Conservative)」を軸として、国民の皆さんとの会話(Conversation)を通じて日本の未来を考える集いです。
お誘いあわせの上、ご参加をお待ち申し上げております。

【日 時】 平成27年8月2日(日) 14:30~16:00  (開場14:00)

【会 場】 岡山ロイヤルホテル 2F光楽  岡山市北区絵図町2-4  Tel086-255-1111

【参加費】 無 料 ※どなたでもご参加いただけます。

【主 催】
次世代の党 岡山県支部連合会
岡山市北区蕃山町3-30-602  Tel086-226-1378/ FAX 086-233-0358
次世代の党衆議院岡山県第三支部
津山市大田81-11  Tel0868-24-0107/ FAX 0868-24-1967

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◎平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/

◎平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org

◎次世代の党本部
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
公式サイト http://jisedai.jp/index.html
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
====================

※上記は転載です。

お名前:松村 弘 ,2015-06-23 09:04:19 AM
題名: 平沼赳夫動画メッセージ

■平沼赳夫動画メッセージ 6/22更新
「近隣諸国の脅威に対して今までの安全保障では国土・国民は守れない」
http://hiranuma.org/new/message/message20150622.html


■「沖縄戦終結の日を迎えて」

本日、沖縄戦終結の日を迎え、あまたの戦歿者に対して謹んで追悼の意を捧げたいと思います。

米国の占領下にあった沖縄がわが国に復帰して四十三年になりましたが、いまだ戦歿者の遺骨収集も
不発弾処理も終わっておらず、戦争の傷が癒されているとはとても言えない状況です。

我々は改めて戦中・戦後の沖縄の苦難の歴史に思いを馳せ、その歴史を正しく語り継いでいくとともに、遺骨収集や不発弾処理などがさらに進むよう対応していきたいと思います。

また、残念ながら、南西諸島において外国の不法行為が頻発し、安心して漁業を営む環境が損なわれるなど、県民に不安を与えています。
こうした外国の不法行為に対しても適切に対応できるよう、責任ある安全保障体制の構築を含む対策に全力を尽くして参ります。

平成二十七年六月二十三日

次世代の党
党首 平沼赳夫


■タウンミーティング(イフコンin永田町)
本日ですが下記の日程でタウンミーティングを開催します。

日時:6/23火 17:30~19:30
場所:参議院議員会館1階「101会議室」
講師:和田政宗政調会長(他に党役員より挨拶あり)
会費:無料
定員:110名

※お申し込みは、次世代の党党本部TEL03-3595-3555までご連絡ください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◎平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/

◎平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org

◎次世代の党本部
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
公式サイト http://jisedai.jp/index.html
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
====================

お名前:松村 ,2015-06-22 05:47:46 PM
題名: 平成27年度教科書展示会」始まる!
■「平成27年度教科書展示会」始まる!

本年は中学校教科書採択の年です。
あらゆる中学校で、日本の全ての子供たちが我が国の歴史に誇りを持つことが自然にできる歴史の教科書、
公平な感覚を養うことが出来る公民の教科書、
豊かな情操と言語感覚を培うことが出来る国語の教科書、
極端な家族否定思想にもとづかない家庭科の教科書などが
採択されることを強く期待しています。

検定を通過し、これから子供たちが学ぶ可能性がある教科書を実際に読み較べてみて
定められた教科書検定基準を充たし、より子供たちが学ぶにふさわしい教科書をしっかりと見極める必要があります。
各会場では読み較べた感想を「アンケート」という形で表明することが出来ます。

お忙しいとは存じますが、ぜひお近くの教科書展示会場にお出かけください。
皆さんの目で確かめてください。

参考◎岡山県 平成27年度教科書展示会について(岡山県教育委員会HPより)

 県内各地の教科書センターでは、毎年6月から7月にかけて別表のとおりー定期間、教科書展示会を行っています。
これは、校長及ぴ教員、採択関係者による教科書の調査・研究のため、また、県民の教科書及ぴ教科書採択制度への信頼を確保し、よりー層の理解を深めていただくためです。
本年度展示される教科書については、小学校用は昨年と同様ですが、中学校用は平成26年度に新たに検定を経たものが展示されます。
また、高等学校用は、昨年度と同様のものに加えて平成26年度に新たに検定を経たものが展示されます。

(1)中央教科書センター
(岡山県総合教育センター・メディアセンター)
〒716-1241 加賀郡吉備中央町吉川7545-11
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
土曜日及ぴ日曜日を除<
9時~17時(13時15分~14時15分を除く。)
【連絡先】岡山県教育委員会
電話086-226-7584

(2)中央教科書センター丸の内分館
(岡山県立図書館・児童図書研究室)
〒700-0823岡山市北区丸の内2-6-30
【期間・日時】6月19日(金)~7月4日(土)
月曜日を除く平日9時~19時 土日10時~18時
【連絡先】岡山県教育委員会
電話086-226-7584

(3)岡山教科書センター
(岡山市教育研究研修センター・教科書センター)
〒704-8115岡山市東区向州1-1
【期間・日時】6月19日(金)~7月4日(土)
日曜日を除く10時~17時
【連絡先】岡山市教育研究研修センター
電話086-944-7255

(4)岡山教科書センター御津分館
(岡山市立御津図書館)
〒709-2121 岡山市北区御津宇垣1629
【期間・日時】6月19日(金)~7月4日(土)
月曜日を除く1O時~18時
【連絡先】岡山市教育委員会
電話086-803-1591

(5)旭東教科書センター
(赤磐市立熊山公民館)
〒709-0705赤磐市松木623
【期間・日時】6月19日(金)~7月4日(土)
水曜日を除<9時~17時
【連絡先】赤磐市教育委員会
電話086-955-0972

(6)備前教科書センター
(備前市立備前中学校)
〒705-0001備前市伊部1857
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
土曜日及び日曜日を除く9時~16時30分
【連絡先】備前市教育委員会
電話0869-6←1840

(7)倉敷教科書センター
(ライフパーク倉敷倉敷教育センター教科書展示室)
〒712-8046倉敷市福田町古新田940
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
日曜日及び月曜日を除く9時~17時
【連絡先】倉敷教育センター
電話086-454-0400

(8)玉野教科書センター
(玉野市立第二日比小学校)
〒706-0025玉野市明神町1-1
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
土曜日及び日曜日を除く9時~16時50分
【連絡先】玉野市教育委員会
電話0863-32-5575

(9)笠岡市教育委員会
(笠岡市役所分庁第2)
〒714-0081 笠岡市笠岡1866-1
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
土曜日及び日曜日を除く9時~16時45分
【連絡先】笠岡市教育委員会
電話0865-69-2152

(10)高梁教科書センター
(高梁市立高梁中央図書館)
〒716-0029高梁市向町21
【期間・日時】6月19日(金)~7月2日(木)
月曜日を除く9時~17時
【連絡先】高梁市教育委員会
電話0866-21-1509

(11)高梁教科書センター新見分館
(まなび広場にいみ)
〒718-0011 新見市新見123-2
【期間・日時】6月19日(金)~7月4日(土)
月曜日を除く平日・土10時~19時:日・祝10時~17時
【連絡先】新見市教育委員会
電話0867-72-6146

(12)津山教科書センター
(津山市役所久米支所)
〒709-4603津山市中北下1300
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
土曜日及ぴ日曜日を除く9時~17時
【連絡先】津山市教育委員会
電話0868-32-2115

(13)津山教科書センター真庭分館
(真庭市役所勝山支局)
〒717-0013真庭市勝山53-1
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
土曜日及び日曜日を除く9時~17時
【連絡先】真庭市教育委員会
電話0867-42-1087

(14)津山教科書センター美作分館
(美作市作東農村環境改善センター)
〒709-4234美作市江見945
【期間・日時】6月19日(金)~7月8日(水)
土曜日及び日曜日を除<9時~17時
【連絡先】美作市教育委員会
電話0868-72-2900

◇展示の対象
(1)小・中学校用
○文部科学大臣の検定を経た教科用図書(検定済教科書)
○文部科学省が著作の名義を有する教科用図書(著作教科書)
※中央教科書センターには、県教育委員会において調査・研究をした学校教育法附則第9条の規定による教科用図書(小・中学校の特別支援学級及び特別支援学校において使用する教科書)も展示する。

(2)高等学校用(分館での展示なし)
○文部科学大臣の検定を経た教科用図書(検定済教科書)
  平成26年度に新たに検定を経た教科書及び、昨年度展示した教科書を展示する。
  なお、教科書センターによっては、ここに記載されている場所以外においても閲覧ができる会場を設けています。詳しくは、それぞれの達絡先にお問い合わせください。


■「美しい日本の憲法をつくる岡山県民の会 設立準備会」
~美しい日本の伝統を守り、未来に引き継ぐため今こそ行動のとき!~

いよいよ憲法論議が活発になってきました。制憲、加憲、修正などを含み憲法改正に前向きな政党や議員が衆参両院で、国会発議に必要な三分の二を確保する可能性は十分にあり、改正発議の先には十八歳以上の国民有権者による国民投票が現実のものになろうとしています
 この流れを受けて、左記の日程で「美しい日本の憲法をつくる岡山県民の会 設立準備会」を開催し、百地章日本大学教授のご講演と櫻井よしこ氏が共同代表を務める「美しい日本の憲法をつくる国民の会」全国キャラバン隊による提言をお聞きいただき、現行憲法の課題と今後の展開についてともにお考えいただき、岡山県においても憲法問題に取り組む体制を整えて参りたいと存じます。
 各位におかれましてはご多用中とは存じますが、何とぞお誘い合わせの上ご参加いただきますようご案内とお願いを申し上げる次第です。

     記

日 時  平成27年7月6日(月) 午後1時30分~3時30分(開場1時)
会 場  岡山総合福祉会館1Fホール
            岡山市北区石関町2-1  電話086-226-3501
    岡山電気軌道電車「東山行」・「城下」下車、徒歩3分
※会場に駐車場がありませんので、お車の場合近辺の有料駐車場をご利用下さい。

◎報告会 [午後1時30分~2時20分]
「美しい日本の憲法をつくる国民の会」全国キャラバン隊より活動報告
各界からのご提言
◎講 演 [午後2時30分~3時30分]
演 題 「日本の未来に必要な憲法議論を!」(仮題)
講 師  百地 章 氏
美しい日本の憲法をつくる国民の会幹事長、日本大学教授、国士舘大学客員教授。昭和21年生まれ。専門は憲法学。著書に『憲法の常識 常識の憲法』、『憲法と日本の再生』、『女子の集まる憲法おしゃべりカフェ』(監修)など多数。

参加費  無 料 ※どなたでもご参加いただけます。

主 催  美しい日本の憲法をつくる岡山県民の会 設立準備会
(事務局)岡山市中区奥市3-22 岡山県神社庁内
電話086-270-2122

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◎平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/

◎平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org

◎次世代の党本部
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
公式サイト http://jisedai.jp/index.html
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
====================

転載です。

お名前:河村 ,2015-06-11 10:08:56 AM
題名: 何のために憲法があるか
憲法解釈の議論もそれなり重要である。しかしその前に何のために憲法があるのか、何のために憲法改正か、その議論が先決ではないか。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008