ページ番号:306, 合計:8986:メッセージ
お名前:ゆめかざり ,2019-10-22 02:57:02 AM
題名: 世のなかに出るお金は少なくなっている
世のなかに出るお金=歳出ー歳入
=6兆1100億円
予算の時点でデフレにしますという予算では、日本の目指すインフレ率2%になるわけがない。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-22 02:46:30 AM
題名: 歳入予算の内訳


お名前:ゆめかざり ,2019-10-22 02:44:10 AM
題名: >成長って何?説明しろよw
国会の野党の質問のようなくだらない事に噛み付いているのは感心しない。

国会をみろ、極左新聞の朝日新聞、毎日新聞を元にした議論を2年半行って、さらにまだ行う構えの野党。
突っ込みどころ満載で、手を変え品を変え、議論が深まらないのは生産性がない。

それと同じと判断、本質の歳出と歳入、財源が問題なのだから、そこに焦点を当てるべき。




お名前:ゆめかざり ,2019-10-22 01:37:09 AM
題名: 何が気に入らないのか分らない
あなたのいろいろな資料は、その通りなので参考になるところもある。

それで、私の書いた文章のどこに問題があって、何を指摘したいのかが、書かれていない。

現状の安倍政権の問題点は書いてあることは分ったし、問題はある。
あなたの考える現状に対する解決案が示されていないし、私の文章の問題点も示されていない。

問題がなければ、新たな問題を書けばよいのだが、まるで問題があるかのような文章だが、それについて触れていないのはおかしい。

お名前:アルコ~ル ,2019-10-21 09:31:44 PM
題名: カス工作員ども出てこいよw遊んでやるぞw
消費税を上げて経済を運用すると
上げた始めの一時期は税収は上がりますが
貧富の差が広がり
(貧困層は生活に必要な物にしかお金をかけなくなるため)
経済規模も縮小します
時間がたてば経つほど
お金が集まるところから税収せず→さらに貯まるところにたまる
表ででまわるお金が減る→さらに消費税での税収も減ることになります

(貧困層は生活に必要な物にしかお金をかけなくなるため)
時間がたてば経つほど
累進課税でなく消費税だと
お金の量が一定だった場合と考えて
お金が集まるところから税収せず→さらに貯まるところにたまる
表ででまわるお金が減る→さらに消費税での税収も減ることになります

これも随分前のスレw
☆補足でつけると予算100兆の税収半分 半分ピンハネしてる連中がいるわけw


お名前:アルコ~ル ,2019-10-21 09:27:04 PM
題名: ずっと前に作ったレス 懐かしいなw インフレデフレに状態とつけたのが味噌w
いつもは常駐してるくせに出てこないなww
出てこいw見てるだろw

国のお金が一定だとする

累進課税だと(物品税、資産税など)
お金が集まるところから抜くので
滞るお金より、出回るお金が増える
すると一般人の給料が増え中間層が増える
インフレ状態

消費税だと
お金持ち(お金が集まるところに貯まり続ける)ので
出回るお金より滞るお金が増える
一般人の給料は減る貧富の差が開く
デフレ状態

日本の社会保障対策は消費税を無くせば良い
日本の社会保障は消費税を無くす、さらに派遣法を無くすことで保険料は集まる
(日本人の雇用があれば保険料は給料から天引され集まる)
また雇用があると社会保障額は軽減される
(無職が多いと生活保護などの社会保障費は国債を発行して賄うため)
(それを銀行が買い取り政府の借金となる)
日本人の雇用があると政府の借金も増えない
財政出動などで景気がよくなれば保険は運営できる
(保険は株などで運営される消費税がなければ景気がよくなる)
景気が良くなると銀行は企業にお金を貸した方が得なので
政府の借金対策にもなる


お名前:アルコ~ル ,2019-10-21 08:53:12 PM
題名: 日本人も出生下がって減ってるけど
政府の借金増やして搾取して何が成長したんだろう?


お名前:アルコ~ル ,2019-10-21 08:37:36 PM
題名: しかし工作員ってバレバレなウソ何度もやるよなw
(歳出100、歳入100でこれでは日本国民を奴隷に出来ません)
これだろw


お名前:アルコ~ル ,2019-10-21 08:32:41 PM
題名: 税収が足りない理由を2日間かけて長々とやりましょうかw
ゆめかざり 待ってるぞw
国民をわざわざ苦しめる理由はなんだろうなw


お名前:アルコ~ル ,2019-10-21 08:28:41 PM
題名: 読む気無くす長文だなwザックリ訳せよw
(歳出100、歳入100でこれでは日本は成長しません。)
成長って何?説明しろよw


お名前:アルコ~ル ,2019-10-21 08:23:11 PM
題名: 煙に巻くだけの駄文は要らないw題名: バカだろ工作員どもw 、税収は財源だ!と政治家もいっています に対し
刷るだけで良いなら生活保護費を月200万円くらいにして

俺が言いたいのは税金払いたくないから刷れ だが国民は搾取して奴隷にしろ
というお前らの言い分に反発した書き込みで
何度も消費税(税金)に関しちゃ貼っている
お前の駄文よりわかりやすく
貼れというなら貼ってやるぞw


世の中は回るが(AIが世のなかをコントロールするようになれば可能かも知れない)
要らないwバブル時代に取って回すこのシンプルなシステムで十分だったw


お名前:LENNON ,2019-10-21 06:05:34 PM
題名: まだ断水してるんですか?
そんな自治体は何も考えてないんだからサッサと見切りをつけて引っ越した方が良いね。ライフラインも満足に維持出来ない自治体なんかサッサと見切りを付けましょう。馬鹿を食わせてやる必要は無い。そんな場所に住んでる自己責任で。基本は国交相がアホだからだが。それと河川工学ってのが有るらしくその教授の説明がトンチンカンで責任回避の中途半端な説明に終始してた。各界各層の馬鹿を排除しないとこの国は良くならない。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-21 05:36:34 PM
題名: 毒を持って毒を制す
日本の財政を一番知っているのは日本共産党。
旧ソ連のコミンテルン日本支部の日本共産党(中国支部は中国共産党)で、目的は国家転覆であり、破防法指定団体の事は国会質問で日本中に知られたと思っています。
選挙になると選挙妨害や選挙違反がネットにアップされるので、共産党の体質には問題があると思っています。

その共産党に、歳入は税源では無いんですよ、国会で言って下さいと言ったら?、
あなたは頭がおかしいと最初は思われましたが、
歳出は国家予算で、社会保障や医療、介護、公共工事のために使い国債でまかなう。
歳入はインフレ防止の為の我々の税金であり、国民からの徴収して需要の過熱を防止する。
完全に分けずに再分配して複雑な考えにしているが、完全に分けても同じなので、分けて考えてくださいと、詳しく説明をしたら目からウロコの理解でした。

日本が財政出滅ぶか安全保障で滅ぶか?、どっちもイヤだが選択の余地がなくなったと確信しています。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-21 05:19:50 PM
題名: >医療費で潰れる
国の予算で書きましたが、歳出は国家予算の国債、
歳入はインフレ防止の為の我々の税金であり、国民からの徴収して需要の過熱を防止する。
医療費42兆円ですか?、国で42兆円をとりあえず出して、無駄があれば無駄の削減。
令和新選組が参議院調査室に、消費税を0%にした場合のイオンフレ率調査を依頼して、シミュレーションしてもらっています。

消費税8%の時のシミュレーションで0%にすると、歳入が30兆円減ります。
逆な見方をすると歳出が30兆円増えます、それでも数年後にインフレ率が最大1.6%に成り、そこからインフレ率が下降を始めるので、さらに手当てをしないと、目標のインフレ率2%に達しないとの結果が出ています。

結論から言えば歳出を医療や介護、公共工事、教育に出費するべきで、世界恐慌にも負けない日本にするべきです。

米中貿易戦争で世界景気が減速を始めている徴候があるし,CDS派生商品でドイツ銀行の破綻が世界恐慌の引き金に成り、株価が大下落すると可能性、
その様な場合にはソフトバンクの拡大戦略が仇に成り、ソフトバンクの倒産、さらにはみずほ銀行の倒産,JAバンクの倒産などが根拠を示して言われています。

さらに、経産省は消費税増税10%で、5年後に中小企業の1/3が倒産や廃業をするとのデーターを出しています。

かなり危うい日本だと思っています。

そのためにも、インフレ率2~5%程度まで上げて、恐慌に備えるべきだし、2~5%成長は良いことです。
バブルの頃のような成長は、現在の国会議員では無理ですから心配する事は無いと思います。

お名前: ,2019-10-21 04:39:36 PM
題名: 医療費で日本は四苦八苦
厚労省は9月26日に18年度の医療費は概算で42兆円強と発表した。国家予算の1/3強である。このままでは日本は医療費で潰れる。医療費を毎年減らしていく方向で勉強すべきだ。
誰も好き好んで注射したり、薬を飲んだり、介護をしてもらうことを希望する人はいない。いつまでも元気な老人になってもらうためには何をすればいいか考えればいい、決して難しいことではない。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-21 03:12:04 PM
題名: テレビでやっていましたよ
理髪店が泥まみれなのだけど、断水で何も出来ない。
水道局が洪水で操業出来ないために、その地区が断水していて、給水車が給水を行っている。

理髪店は、近くの工場から井戸水水をもらって、清掃をしているけれど進まないって、店主はこれでは営業が出来ないので、いつになることやら?、収入もないしと嘆いていました。

生活費を国が面倒見なければ、どうにもならないところがありそうです。
見舞金くらいは出るのでしょうけれど?。

お名前:LENNON ,2019-10-21 10:46:15 AM
題名: 被災地の泥除去は
如何して水が運んで来た土砂や泥を水で洗い流さないんだろう?下水道が詰まるから?川に流すのが悪い事だと思っているから?水道代が掛かるから?理由を知ってる人が居たら教えて貰えるかな?水道代云々ってのなら自治体が水道代を徴収しないと決めれば良いだけなんだが。被災者はお気の毒だが如何して効果的な事をしないのか良く分からん。

お名前:LENNON ,2019-10-21 07:59:11 AM
題名: 介護が必要な人が入って生活出来る施設が必要なんですよ。
介護が原因で仕事を辞めなくて良いように。又はその人が介護をするって事で収入が得られれば良い。それらの大元の原因が核家族ってやつじゃ無いですかね?介護って言うけどやってる事が中途半端なんですよ。だから介護保険って言う保険を作る事が目的だったんじゃ無いかと思ってしまいます。そう言うイカサマを厚労省は以前にやってますからね。もっと言えば介護は福祉の範囲でやれば良く社会保障なんてものじゃ無い。そして介護という名のビジネスだと思いますがね。また介護と言っても具合が悪くなりゃ医者や看護士の力は必要で医療と切り離す事自体間違いでしょう。しかも厚労省の屁理屈で成り立っている。一番良いのは老人ホームを充実させる事でしょうね。病院と隣り合わせの。早い話が老人をターゲットにした金儲けに他ならない。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-21 03:48:47 AM
題名: 在宅介護
現在の問題は在宅で家族や親の介護で、そのために会社を辞めなければいけなくなる事で、収入がなくなり共倒れなどは、テレビ出放映されています。

介護も体の不自由度合で、週1回・3時間程度の身の回りの世話、部屋の掃除、買い物,料理など食事の準備等が介護師の仕事のように、隣人の世話に来る介護師を見ていて思います。
週2回の家も近くにありますし、今まで来ていた介護センターが廃業の為に、別の所から介護師が新たに来ている家もあります。

さらに、心不全も患っている家庭には、申請が認められれば、訪問看護婦が週2日訪問に来て、健康のチェックをするし、家に直通の装置があり、ボタンを緊急のときに押せば来てくれるサービスがありますが、
緊急は夜中の場合が多くて、24時間のサポートなどは無理な人員体制ですから、完全な体制ではありません。
介護については、国内に人がいないので外人を受け入れていますが、外人を見たことがないので、どの程度のサポートレベルなのかが問われると思います。

本来は日本人で意思の疎通ができていることが望ましいのですが,あまり詳細に分らないので、これについては分れば続きを書きます。

隣の93歳のおばあさんは、週1回の訪問看護でしたが、体調を崩して入院、とても元気な方でしたが、会話の中で足が腫れて歩けなくなったとか、その他いろいろ話してくれましたが、今になって思うと(ある件で心不全をの症状を調べたことがあり)、心不全だったんだと思うようになりました。


心不全は心不全の度に心臓の機能が低下して、回復するのは半分程度、何度か心不全を起すと、心臓が回復しなくなり死亡する。

水分制限に及ぶと、かなり心臓が弱っていて、塩分やむくみのチェックが必要で、毎日血圧手帳と心不全手帳に、項目を記入して、通院時や訪問看護婦が訪問した際に、手帳を見てもらい体調の管理を、
介護師が食事を作る場合は、塩分を減塩にした味付けの料理にしているようで、主婦でないと家庭の冷蔵庫を見て料理など難しいと思います。

隣のおばあちゃんが、手鍋の料理を食べてと言って熱々を持ってきてくれたことがありました。
介護師の料理が口に合わなかったのでしょう。

お名前:LENNON ,2019-10-20 10:39:48 AM
題名: 介護制度が必要ですかね?
介護制度が生まれた前後を思い出してみて下さい。それまでは病院に入院した老齢の患者の世話をしてたのは看護士でした。それを介護士って職種を作り資格を作り制度にし保険を作った。その狙いは何だったんですかねえ?本当は親は子が面倒を見て働けない時には食っていける様にその家族に介護をする費用を払えば良いだけでしょうに。まあ色んなケースが有るから複雑だとは思うが結局は金でしょう?介護士が有ればその資格を付与したり教えるって事が必要になり業界が出来団体が出来そこに利権だの天下りが産まれる。これを社会保障だの福祉だのといえば誰も反対しずらい。良く出来た優しさビジネスですな。人間誰でも歳をとって死ぬんだから適当で良いと思うんですけどね。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター