画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:316, 合計:6490:メッセージ
お名前:片岡和久‐東京大学大学院教授( ,2008-12-03 08:03:09 PM
題名: ニュース
今日も私は兄弟に来るなと意地の悪いことを言われました。私は兄弟のところに全く行っていません。もう、二度と永久に行きません。だから、兄弟が結婚詐欺にあっているからでしょうか。弟が立派なのになぜ兄弟は弟を応援しないのでしょうか。実のおばも私にしつこくあほと言って来ます。私は兄弟や実のおばにいじめられるので、私は外を一歩出ればよってたかられて日課いじめられます。皇后美智子が私のことを嘘としつこく言って来ます。のりのみやはエイズだし、毒盛りをしますので、皇室はエイズであり、毒盛りをします。天皇制廃止。

お名前:銀治郎 ,2008-12-02 09:46:51 AM
題名: 今度の選挙は・・・・
もと事務次官暗殺。あまりにも内情を理解していない、国民の為に仕事した人を殺すなんて、ひどい。天下り、随意契約は確かに悪。それに乗っている事務次官だけが悪いというのはおかしい、誰だって同じ立場に立たされれば何もできない。元をたたないと。確かに、河川施設・道路などは狭い箇所に、天下り業者が3,4(社)工事を行っている。1(社)でやると半分ですむのに、会計検査委員は各省庁の出身者が多く、指摘はしません。850兆円の赤字はほとんど、多大な工事費。赤字国債がなければ、らくちんに大恐慌も乗りきれるんですが、県や市もやりたい放題、裏金を作る業者しか発注しないというのは、悪代官そのもの。それを容認し自民党に投票してきた国民が一番の悪です。

お名前:もも ,2008-12-01 02:32:38 AM
題名: 【国籍法改正案】を廃案にする署名をしよう!
緊急!!いま国会で【国籍法改正案】が可決しようとしています。
これは外国人が超簡単に日本人になれる法案でこれが可決すれば
日本崩壊まっしぐらです。
ネットユーザが立ち上がり日本を危機から救おう!
今からでも遅くありません、FAXが一番効果的ですから自宅に無い
方はコンビニで送ろう!
↓の記事、宮崎正弘の国際ニュース・早読み、第2407号を参考に

http://www.melma.com/backnumber_45206_4306692/

12月1日(月曜日)午後1時に予定されている本問題をめぐる
民主党の両院議員を集めての勉強会があります、それに合わせて今から
FAXで「国籍法改正案」に対する抗議を電話やFAXでして下さい。

1日を過ぎても諦めずに継続してFAXしましょう。
FAX署名は文章に「DNA鑑定導入は必須」と
「付帯条項から【重国籍を検討】を削除するべき」
を必ず入れてください。とにかく意思が伝われば問題なしです。

国籍法改正案について詳しく知りたい方は↓で確認ください
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

お名前:1 ,2008-11-29 10:38:19 AM
題名: 沖縄に外国人3000万人受け入れ計画
沖縄に外国人3000万人受け入れ計画

http://ameblo.jp/campanera/entry-10065099538.html
こんな法案が可決したら日本は破綻する
(ちなみに東京の人口は1280万人)
選挙権がある方は良く考えて投票してください

皆さん、どうかこの危険な法案を一人でも多くの人に伝えて下さい。
人権擁護法案、外国人参政権、移民法などと同じくこの法案をマスコミは報道しません。
http://jp.youtube.com/watch?v=2hKjzkjZxaQ

http://jp.youtube.com/watch?v=jNONagTF_-M&feature=related
人権擁護法案は簡単に言うと「中国人、韓国人の人権を守る権利」

http://jp.youtube.com/watch?v=T7qtOWb133Y&feature=related
真実。阿部内閣は体調不良で辞任したんじゃない!
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html
小沢一郎の正体

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html
民主党の正体

お名前:井上照子 , 電子メール : sinsiuumeso-565-67@yahoo.co.jp 2008-11-23 02:53:00 AM
題名: 和光大学にいるマナーは守らない中国人
和光大学のマナを守らない中国人。さっさと日本から出て行け。日本国家に謝罪しろ。

お名前:羽澄不一 ,2008-10-23 07:18:41 AM
題名: 日本革命続行中!
■私は現在、小説「オンリー★ワン」の資料読みをしています。私がロシアとグルジアの軍事衝突を止め、その報酬としてロシアの核兵器百発を対日攻撃使用のために確保。
全国十二都市に核攻撃をして、日本のファシズムを打倒するという、勧善懲悪ストーリーです。月内には執筆開始する予定です。
■日本の株価も気持ち良く下落し、後はロシアが対日核攻撃をすれば決定打となる。私は年内の大統領就任を目指して、断固たる行動をする!
10/20日銀白川が「国内景気は停滞」発言。同日、経団連と連合が協議し、「景気大幅悪化の可能性」で一致。21日、政府が「景気弱まっている」発言。
九月の塗工紙国内出荷高、七年振り2桁減。
日銀景気判断、全地域で下方修正。来年愛知県の税収過去最悪の見込み。
二〇〇九年三月期、トヨタ営業利益半減。今年九月の百貨店&スーパーの売り上げ、前年比減。
私は今、対日闘争で王手をかけた。経済的にも軍事的にも最早日本政府に逃れる道はない!
日本人が即時無条件で私への人権弾圧を止め、今すぐ大統領にしないと日本国は滅亡し、日本人一億二〇〇〇万人が死ぬぞ! 私は口先だけではなく、有言実行の人間だ!
■森が「親や子を殺す世の中は戦後教育の過ち」と言っているようです。国民を死地に追い遣り、1000万人以上の死者を出したのは、戦前の皇国史観ではないか!
森は現実を認識出来ない精神異常者!
■民主党が政権を取ったら、日本が変わる? どうせ嘘だろ?
与謝野が言ったように、自民党と民主党のファシズム体質は一緒! 私の境遇改善はしないのではないか?
民主党が私の境遇改善をするつもりなら、政権奪取する前に、今でも出来る事だ! しかし、何もしていない!
私は誰にも頼らず、日本経済を破壊し、対日核攻撃して、自分の力で大統領になる!
■民主党が政権を取ったら、国連決議で自衛隊が武力行使? 不快!
民主党議員は全員死刑だ!
■明仁即位二十年の休日? 私は今年中に大統領になり、来年には天皇制を廃止するように活動しています。
■名古屋市の松原が4選不出馬するようです。彼は悪徳政治家だったから、当然ですね。
神田知事もさっさと辞任しろ!
■麻生がASEMに出席するようです。ASEMは私が発案したものだ。
次回からは私自身が大統領になって、出席したいですね。
■私の境遇改善が実現したら(今回は可能性が高いと思う)、私は当初の目的を達成したのでネット掲示板の書き込みを終了し、今後は表舞台で活動する事になる。ネットではまともな反応が少ないし、馬鹿が多いからね。
ネットをやるだけ、時間が無駄だとさえ思い始めている。もっとも、私はパソコンをもう一台購入し、私自身のサイトを創設する事はあるかもしれない。

お名前:ミネ ,2008-10-02 11:51:10 AM
題名: サステナブル新党発足
今日の日経では小泉改革の総括に2面ものスペースを取っています
簡単に結論すれば「功罪半ば」というところでしょうか
ご本人は 次々と成果?が覆されていくのを見て「面白い」はずはありません。
氏の性格から引退は当然の行動でしょう。
しかし氏が「今回の選挙は郵政法案が是か非かを問う選挙だ」と叫んで、国民の意思を問うた選挙、これは見ようによってははじめての国民投票でした。
このため当時、国民の政治への関心は非常に高まったことは記憶に新しいところです。
今 世論調査中ですが、参加政治(国民投票や並存政治)の支持
は66%です。
自己意思が議員の私物になる間接政治は賞味期限がきたと多くの国民が思いはじめられたものでしょう
昨日、ヴァーチャル政党「サステナブル新党」が発足しました
http://lp.jiyu.net/sustainable-newparty.htm
政治制度としては並存政治を提唱されています、
新党の発展を大いに期待しています

お名前:ちゃん ,2008-08-31 08:22:51 AM
題名: 左派政党を応援しよう!
社共を応援しよう!

お名前:匿名希望 ,2008-08-28 06:52:07 AM
題名: 天皇の子孫
明治天皇には大正天皇以外にも男子がいるとかいう噂が明治時代にありましたが、その男系子孫が多数存在するとかいう噂がネット上で広まっています。

お名前:あちょー ,2008-08-25 11:45:13 PM
題名: 日本国憲法
注意!訳は日本国憲法から訳して下さい。
外も日本国憲法から経済など。
政治道徳から考えてみよう。
宗教(超能力等)要注意!

お名前:8月27日 ,2008-08-19 12:30:06 PM
題名: 残酷な資本主義の運命...
主は、これに公平を望まれたのに、 見よ、流血。
正義を望まれたのに、見よ、叫び。
見よ、主の日が来る。残忍な、怒りと憤りの日が、
大地を荒廃させ、そこから罪人を絶つために。 ... <イザヤ書>

私たちは.その日を審判の日と呼びました...JUDGEMENT DAY 
2008.27....最後の8... 
2001999.......7の月...
http://jp.youtube.com/watch?v=7i06cWfmnrw
http://jp.youtube.com/watch?v=SCJeR0UebR8
http://jp.youtube.com/watch?v=HfNivoUxYLM

お名前:一国民 ,2008-08-18 08:47:34 AM
題名: 福田総理殿
福田総理殿
ご先祖のお墓参りはされないのでしょうか。
されるでしょう、
それならなぜ靖国を参拝されないのですか、
そこに眠っている将兵はご参拝を待っていますよ、
かれらは日本のために、日本国民のため戦火に散ったのですよ。
今からでも遅くない、
私たちも総理のご参拝を待っております。

一国民より

お名前:片岡和久 ,2008-08-14 09:30:31 PM
題名: 東京大学医学部卒業
片岡和久,灘高等学校卒業、東京大学医学部卒業、ハーバード大学卒業、東京大学医学系大学院修了。医学博士。ノーベル物理学賞小柴昌俊に師事。現在、東京大学教授(細菌学)。今年、ノーベル生理学・医学賞、ノーベル平和賞決定。専門は黄熱病の研究。

お名前:石垣眞人 ,2008-08-14 02:53:55 PM
題名: 私説公開
「平成の黙示録」という表題の私説を公開していいます。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。

お名前:羽澄不一 ,2008-08-14 07:09:39 AM
題名: 日本革命続行中!
【1】「無手勝流」は6回目の推敲が終わり、原稿用紙593枚になりました。
原稿完成は21日頃になると思います。
【2】私がグルジア紛争について、調停案を明示したら、即座にロシアが作戦終了宣言をした。
私はこれほど偉大な人間なのに、日本のマスコミは私の報道をせず、私の本は出版社から出ない。
日本人は実生活では私に暴行を加えようとし、インタネットでは匿名で私の悪口ばかり書いている!
日本人は非常に卑劣で性悪だ!
私は今回グルジア紛争を調停した報酬として、ロシアの核兵器百発を対日攻撃用として確保することが出来た。
7月の企業物価指数は27年半振りとなる7・1%の高い伸び率。
7月の中古車販売は28ヶ月連続前年割れ。
6月の鉱工業生産は2・2%低下。
4~6月期のGDPがマイナス成長。
日本は着実に滅亡の一途を辿っている!
日本人が即時無条件で私への人種差別を止めなければ、1億2000万人が死亡するぞ!
【3】ダイヤモンド社は倒産、社長は死刑とする!
【4】亀田ジムが承認されたようです、不快!
亀田一家と大橋秀行は死刑だ!
【5】野口みずきは五輪辞退したので、情状酌量する。
【6】右翼が拉致問題を理由に、米国大使館前で日本刀を振り回して逮捕されたようです。
これを見ても、拉致関係者が日本の悪の勢力と密着しているのは明白!
拉致関係者は全員死刑だ!
【7】福原愛一家、サザンオールスターズ、星野ジャパンのメンバー全員は死刑だ!
【8】消費者庁なんてインチキはどうでもいい!
日本人が私への人種差別を即時無条件で止めなければ、日本は滅亡するぞ!
自公政権が極悪なのは当然だが、民主党、社民党、共産党だって、
これまで私の境遇改善に何の役にも立っていないし、多くの嫌がらせをしてきた!
既成政治家の言うことなど、一言たりとも聞くものか!
社民党の福島はさっさと辞任しろ!
このアバズレ!
【9】山之内秀一郎が死亡したようです。
しかし、鉄道博物館とJAXAは廃止するよ。

お名前:山本新之助 ,2008-08-11 05:16:00 PM
題名: 公明党について
私の記憶によれば公明党って平和の党

沖縄県のヘノコという部落に広大な珊瑚の海を埋め立てて米軍の飛行場を建設すよう

なぜ公明党は見てみぬふりするのか
自民党に真っ向から反対しないのか

公明党は自民党と何か裏取引でもしたのか

お名前:平和を愛する国民 ,2008-08-11 03:01:58 PM
題名: humble but not helpless
Nagasaki Peace Declaration We will not forget the atomic cloud that rose into the sky on that fateful day.
On August 9, 1945 at 11:02 a.m., a single atomic bomb dropped by a United States military aircraft exploded into an enormous fireball, engulfing the city of Nagasaki. Unimaginably intense heat rays, blast winds, and radiation; magnificent cathedral crumbling; charred bodies scattered amongst the ruins; people huddled in groups, their skin shredded by countless glass fragments, and the stench of death hung over the atomic wasteland.

Some 74,000 people perished and another 75,000 sustained terrible injuries. Those who somehow survived the blast suffered from poverty and discrimination, threatened even today by the physical and psychological damage caused by radiation exposure.

This year marks the 100th anniversary of the birth of the city of Nagasaki’s first Honorary Citizen, Dr. Takashi Nagai. Despite sustaining injuries in the atomic blast while at work at Nagasaki Medical College, Dr. Nagai devoted himself as a physician to the relief of the atomic bombing victims, and broadly conveyed the horror of the atomic bomb through written works such as The Bells of Nagasaki, even as he himself continued to suffer “radiation sickness”. Dr. Nagai once said, “There is no winning or losing in war; there is only ruin”. His words transcend time in reminding the world of the preciousness of peace and continue today to sound a warning to humankind.
The reverberations of a written appeal entitled “Toward a Nuclear-Free World” are being felt around the world. The authors of this appeal are four men who promoted nuclear policy under successive American presidents: former US Secretaries of State Henry Kissinger and George Schultz, former Secretary of Defense William Perry, and former Senate Armed Services Committee Chairman Sam Nunn. These four men now promote their country’s ratification of the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty (CTBT) and demand that the U.S. keeps the promises it agreed to at the Nuclear Non-Proliferation Treaty (NPT) Review Conference, calling for the leaders of all the countries in possession of nuclear weapons to work intensively to reduce nuclear weapons with the common aim of creating a world without nuclear weapons.

These appeals mirror those that we have been making repeatedly in Nagasaki . the city that suffered the fate of an atomic bomb.

We made even stronger demands to the nuclear-weapon states. First of all, the U.S. and Russia must take the lead in striving to abolish nuclear weapons. These two countries, which together are said to possess 95% of the world’s nuclear warheads, should begin implementing broad reductions of nuclear weapons instead of deepening their conflict over, among others, the introduction of a missile-defense system in Europe. The United Kingdom, France, and China should also fulfill their responsibility to reduce nuclear arms with sincerity.

We also demand that the United Nations and international society do not ignore the nuclear weapons of North Korea, Pakistan, and Israel, as well as the suspicions of nuclear development by Iran, but take stern measures against these countries. Furthermore, India, whose nuclear cooperation with the U.S. is a cause of concern, should be strongly urged to join the NPT and CTBT. Japan, as a nation that has experienced nuclear devastation, has a mission and a duty to take a leadership role in the elimination of nuclear weapons. To ensure the denuclearization of the Korean Peninsula, the Japanese Government must cooperate with international society to forcefully demand that North Korea completely destroys its nuclear arsenal. Moreover, based on the ideals of peace and renunciation of war prescribed in the Japanese Constitution, the Japanese government should realize the enactment of the Three Non-Nuclear Principles into law and seriously consider the creation of a “Northeast Asian Nuclear Weapon-Free Zone”.

In Nagasaki elderly victims of the atomic bombing tell the story of their experiences even as they continue to endure physical and psychological pain, while young people continue to present petitions calling for the abolishment of nuclear weapons to the United Nations under the slogan of “humble but not helpless”. As guides for peace, the citizens of Nagasaki stand at the site of nuclear devastation and convey the terrible realities of the atomic bombing. Medical workers respond sincerely to the health problems suffered by atomic bomb survivors over a lifetime.

Next year, the cities of Nagasaki and Hiroshima will join together to host in Nagasaki the General Conference of Mayors for Peace, which has a membership of more than 2,300 cities worldwide. Banding together with cities around the world, we will undertake activities to promote nuclear disarmament in the run up to the 2010 NPT Review Conference. The city of Nagasaki is also strongly encouraging municipalities throughout Japan that have made anti-nuclear declarations to join us in widening the circle of these activities. The use of nuclear weapons and war also destroys the global environment. Unless nuclear weapons are abolished, there is no future for humankind. We ask that the people of the world, young people and NGOs, shout out a clear “No!” to nuclear weapons.

Some 63 years have passed since the atomic bombing and the remaining survivors are growing old. We also demand that the Japanese government hastens to provide atomic bomb survivors, residing both in Japan and overseas, with support that corresponds with their reality.

I pray from my heart for the repose of the souls of those who died in the atomic bombing, and pledge to work untiringly for the elimination of nuclear weapons and for the achievement of everlasting world peace.

Tomihisa Taue
Mayor of Nagasaki
August 9, 2008

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/abm/heiwasengen/sengen_j.htm
少しでも多くの方々に読んでいただくために掲載させていただきました。 平和を愛する国民

お名前:平和を愛する国民 ,2008-08-11 02:51:24 PM
題名: 長崎平和宣言
あの日、この空にたちのぼった原子雲を私たちは忘れません。
 1945年8月9日午前11時2分、アメリカ軍機が投下した一発の原子爆弾が、巨大な火の玉となって長崎のまちをのみこみました。想像を絶する熱線と爆風、放射線。崩れ落ちる壮麗な天主堂。廃墟に転がる黒焦げの亡骸。無数のガラスの破片が突き刺さり、皮膚がたれさがった人々が群れをなし、原子野には死臭がたちこめました。
 7万4千人の人々が息絶え、7万5千人が傷つき、かろうじて生き残った人々も貧困や差別に苦しみ、今なお放射線による障害に心もからだもおびやかされています。
 今年は、長崎市最初の名誉市民、永井隆博士の生誕100周年にあたります。博士は長崎医科大学で被爆して重傷を負いながらも、医師として被災者の救護に奔走し、「原子病」に苦しみつつ「長崎の鐘」などの著書を通じて、原子爆弾の恐ろしさを広く伝えました。「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである」という博士の言葉は、時を超えて平和の尊さを世界に訴え、今も人類に警鐘を鳴らし続けています。


 「核兵器のない世界に向けて 」と題するアピールが、世界に反響を広げています。執筆者はアメリカの歴代大統領のもとで、核政策を推進してきた、キッシンジャー元国務長官、シュルツ元国務長官、ペリー元国防長官、ナン元上院軍事委員長の4人です。
 4人は自国のアメリカに包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を促し、核不拡散条約(NPT)再検討会議で合意された約束を守るよう求め、すべての核保有国の指導者たちに、核兵器のない世界を共同の目的として、核兵器削減に集中して取り組むことを呼びかけています。
 これらは被爆地から私たちが繰り返してきた訴えと重なります。
 私たちはさらに強く核保有国に求めます。まず、アメリカがロシアとともに、核兵器廃絶の努力を率先して始めなければなりません。世界の核弾頭の95%を保有しているといわれる両国は、ヨーロッパへのミサイル防衛システムの導入などを巡って対立を深めるのではなく、核兵器の大幅な削減に着手すべきです。英国、フランス、中国も、核軍縮の責務を真摯に果たしていくべきです。
 国連と国際社会には、北朝鮮、パキスタン、イスラエルの核兵器を放置せず、イランの核疑惑にも厳正な対処を求めます。また、アメリカとの原子力協力が懸念されるインドにも、NPT及びCTBTへの加盟を強く促すべきです。
 我が国には、被爆国として核兵器廃絶のリーダーシップをとる使命と責務があります。日本政府は朝鮮半島の非核化のために、国際社会と協力して北朝鮮の核兵器の完全な廃棄を強く求めていくべきです。また、日本国憲法の不戦と平和の理念にもとづき、非核三原則の法制化を実現し、「北東アジア非核兵器地帯」創設を真剣に検討すべきです。


 長崎では、高齢の被爆者が心とからだの痛みにたえながら自らの体験を語り、若い世代は「微力だけど無力じゃない」を合言葉に、核兵器廃絶の署名を国連に届ける活動を続け、市民は平和案内人として被爆の跡地に立ち、その実相を伝えています。医療関係者は、生涯続く被爆者の健康問題に真摯に対応しています。
 来年、私たちは広島市と協力して、世界の2,300を超える都市が加盟している平和市長会議の総会を長崎で開催します。世界の都市と結束して、2010年のNPT再検討会議に向けて核兵器廃絶のアピール活動を展開していきます。国内の非核宣言自治体にも、長崎市が強く呼びかけて活動の輪を広げていきます。
 核兵器の使用と戦争は、地球全体の環境をも破壊します。核兵器の廃絶なくして人類の未来はありません。世界のみなさん、若い世代やNGOのみなさん、核兵器に「NO!」の意志を明確に示そうではありませんか。


 被爆から63年が流れ、被爆者は高齢化しています。日本政府には国内外の被爆者の実態に即した援護を急ぐよう重ねて要求します。
 ここに原子爆弾で亡くなられた方々の御霊の平安を心から祈り、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に力を尽くすことを宣言します。



2008年(平成20年)8月9日 
長崎市長 田 上 富 久

上記はより多くの方々に読んでいただけるように掲載させていただきました。 平和を愛する国民

お名前:M17 ,2008-08-08 04:24:53 PM
題名: 8月17日 首都東京大地震の日
首都東京大地震の日
17日(満月の日)

阪神大震災の日
17日(満月の日)

17日は破滅の日、聖書のノアの方舟にも出てくる
有名な日付け 要注意日! 1日、2日前に赤い月
が出たら間違いなく起こる!

目次の月齢カレンダーをクリック月齢を見ればシンクロ
していると分かる。
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

お名前:M17 ,2008-08-08 04:22:15 PM
題名: 8月17日 首都東京大地震の日
首都東京大地震の日
17日(満月の日)

阪神大震災の日
17日(満月の日)

17日は破滅の日、聖書のノアの方舟にも出てくる
有名な日付け 要注意日! 1日、2日前に赤い月
が出たら間違いなく起こる!

目次の月齢カレンダーをクリック月齢を見ればシンクロ
していると分かる。
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been ANZXJE^[ visitors to this page since November, 2008