ページ番号:316, 合計:8957:メッセージ
お名前:LENNON ,2019-10-02 09:50:05 PM
題名: 俺は止めんよ。好きにしてくれ。どうぞどうぞ
馬鹿を止めようなんてそんな無駄な事はしないよ。アルコール君の頭を正常にする暇なんて無いし知ったこっちゃ無い。頑張って馬鹿を晒してくれ。哀れな奴よのう。

お名前:アルコ~ル ,2019-10-02 09:48:01 PM
題名: 続きは明日w
読んでも中身のないスレでどんどん下げる工作するのがLENNON一味w

下らない連発スレを読まずにお楽しみくださいw


お名前:アルコ~ル ,2019-10-02 09:43:01 PM
題名: じゃあなぜ左翼も右翼も既に戦争できるのに9条で騒いだのか?
マッチポンプ どちらも同じ勢力で

狙っているのは 緊急事態条項


お名前:アルコ~ル ,2019-10-02 09:34:25 PM
題名: まあwカスはほっとこうw
国連決議なしで自衛隊の後方支援容認

重要影響事態安全確保法 で解釈拡大どこでもしゃしゃり出る

派遣期間の限定もなし

「武力行使の新3要件」に、まず「我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生」
すると武力行使ができるとした。

つまりどこでも最前線で戦争できる


お名前:LENNON ,2019-10-02 09:30:36 PM
題名: 国連にグレタ16歳の女の子が
国連総会にグレタ女の子が登場し世間を騒がせた。この女の子の背後関係はどんな物だろう?一時的に注目は集めたが何時まで続くのだろうかね?ところで海洋汚染やCO2削減に何かしてるんだろうか?口先だけで世間を煽って喜んでるだけにしか見えんが。若い時は一時的にグレるのは良くあるし仕方ないけど。誰かの受け売りで利用されてるのなら自分の頭で考えて普通の女の子に戻る事を勧めるね。良い年こいて捨てられる前に。多分誰かが吹き込んで良い様に操ってるだけだと思うよ。誰が得をするんだろうね?

お名前:アルコ~ル w ,2019-10-02 09:27:12 PM
題名: LENNON 俺は止められんぞw
国連決議なしで自衛隊の後方支援容認 恒久法で政府方針[日経新聞]
2015/2/20 2:00
政府は19日、自衛隊の海外活動に関する恒久法で、国連安全保障理事会の決議なしで武力行使する他国軍の後方支援を認める方針を固めた。
自衛隊活動の幅を広げる狙い。日本周辺での米軍などの後方支援を定める周辺事態法は名称を変更し、地理的制約がないことを明確にする調整に入った。

自衛隊が多国籍軍などを支援する際は国会で特別措置法を制定してきた。法案審議では国連決議の有無も検討材料になった。
米同時テロ後の2001年にテロ特措法によりインド洋で給油活動をした多国籍軍には国連決議がなかったが、03年のイラク特措法の際は国連決議があった。

恒久法ができればその都度、国会で議論する必要はなくなり、基本的に政府の判断で自衛隊を派遣できる。
派遣期間の限定もなくなる。公明党は歯止めとして国連決議や国会承認を求めている。

周辺事態法は日本周辺で日本の平和と安全に重要な影響を及ぼす「周辺事態」が起きたときの米軍への後方支援を定める。
法律に明確な規定はないが、事実上の地理的制約があった。
政府は周辺事態の文言をなくし、日本周辺でなくても日本に重大な影響を与える事態なら他国軍を後方支援できるようにする方針だ。

↑重要

国連安全保障理事会の決議なしで武力行使する他国軍の後方支援を認める方針を固めた。

日本周辺での米軍などの後方支援を定める周辺事態法は名称を変更し、地理的制約がないことを明確にする調整に入った。(周辺事態安全確保法→重要影響事態安全確保法[24])

恒久法ができればその都度、国会で議論する必要はなくなり、基本的に政府の判断で自衛隊を派遣できる。
派遣期間の限定もなくなる。


お名前:アルコ~ル ,2019-10-02 09:21:00 PM
題名: ほらwどんどん改悪w ああwハエみたいなのがたかってると思ったらLENNON
改正される法律[編集]

平和安全法制整備法案は、以下の10の法律を一括改正する法案である[2](その他、別の10法[23]について附則により技術的な改正も行われる[2]。)。
1.自衛隊法
2.国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律(国連PKO協力法)
3.周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律(周辺事態安全確保法→重要影響事態安全確保法[24])
4.周辺事態に際して実施する船舶検査活動に関する法律(船舶検査活動法[25])
5.武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律(事態対処法[26])
6.武力攻撃事態等におけるアメリカ合衆国の軍隊の行動に伴い我が国が実施する措置に関する法律(米軍等行動関連措置法[27])
7.武力攻撃事態等における特定公共施設等の利用に関する法律(特定公共施設利用法)
8.武力攻撃事態における外国軍用品等の海上輸送の規制に関する法律(海上輸送規制法[28])
9.武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律(捕虜取扱い法[29])
10.国家安全保障会議設置法

3をよく見てみようぜw


お名前:アルコ~ル ,2019-10-02 09:14:50 PM
題名: 勝手に権力者があの国友達だから自衛隊で後方任務に就くねってやつ
重要影響事態安全確保法
じゅうようえいきょうじたいあんぜんかくほほう

平成11年法律60号。正式名称「重要影響事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律」。1997年に見直された日米防衛協力のための指針(ガイドライン)に基づき,「周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律」(周辺事態法)として成立,2015年平和安全法制の成立により現名称に変更するとともに,活動の対象と内容を拡大した。放置すれば日本への武力攻撃にいたるおそれのある事態を「重要影響事態」と規定し,重要影響事態における日本の対応措置とその手続きなどを定める。自衛隊は重要影響事態に際し,日本の領域外を含め,日米安全保障条約に基づいて活動するアメリカ軍や,国連憲章に基づいて活動する外国の軍隊などに対して,補給,輸送,修理や整備,医療,通信などの後方支援活動や,捜索救助活動,船舶検査活動などを実施できる。周辺事態法では「周辺事態」の地理的範囲が国会審議の過程で論点となったが,改正により事態の定義から「我が国周辺の地域における」という文言が削除された。


お名前:LENNON ,2019-10-02 09:05:14 PM
題名: アルコール君嘘は駄目だよ
君の妄想癖は充分分かった。全てが妄想のレベルだね。悔しいのは解るが嘘はいかんよ。もしも内閣や与党が犯罪行為をしてると言うなら証拠を添えて検察に直接告訴しなさい。そうすれば妄想かどうかがハッキリする。唯ここに書いてる様な事を言うと強制入院させられるかもね?ソロソロ目を覚ますか病院に行って洗脳を解いて貰いなさい。良い医者を紹介して上げようか?それとも中国にでも行って実際を見て来なさい。

お名前:アルコ~ル ,2019-10-02 09:04:33 PM
題名: 小さく通して大きく育てる 気が付いたら危ない法になっている いつもの自民の手口
武力行使の新3要件

朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします

武力行使の新3要件(2015年09月20日 朝刊)
集団的自衛権を使う際の前提条件。
(1)密接な関係にある他国への武力攻撃が発生し、日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある(存立危機事態)
(2)我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない
(3)必要最小限度の実力行使にとどまる??の3点からなる。

閣議決定と新3要件(2014年07月06日 朝刊)
政府は閣議決定で、集団的自衛権を使うことを「憲法第9条の下で許容される自衛の措置」と位置づけた。
前提となる「武力行使の新3要件」に、まず「我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生」と他国での戦争参加を明記。
さらに憲法前文の「国民の平和的生存権」や13条の「生命、自由及び幸福追求権」に触れ、
「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」に、
「必要最小限度」の武力行使ができるとした。
閣議決定と新3要件(2014年07月06日 朝刊)
政府は閣議決定で、集団的自衛権を使うことを「憲法第9条の下で許容される自衛の措置」と位置づけた。
前提となる「武力行使の新3要件」に、まず「我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生」と他国での戦争参加を明記。
さらに憲法前文の「国民の平和的生存権」や13条の「生命、自由及び幸福追求権」に触れ、
「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」に、
「必要最小限度」の武力行使ができるとした。


お名前:アルコ~ル ,2019-10-02 08:46:21 PM
題名: 今度は嘘つきどもは無視して 安保法制を説明する 改憲に繋がる重要な内容です
実はもう戦争いつでもできます

自衛隊の派遣が国民側から止めることが出来ない
これはかなりヤバい
武力行使もおkなので
最前線で戦闘します
戦争可能なわけです
日本の政治家は外資企業からも賄賂を受け取ることが出来るので
外国の企業なんかからも賄賂を受け取り
自分の私兵のごとく国運営の自衛隊を派遣できてしまう

もう国防目的の自衛隊ではなくなる

政治家の賄賂欲しさで自衛官らが亡くなることになります
また遠い外国や外国人からも恨まれる可能性も高くなります
親密な外国が戦闘を始めれば
確実に戦争に巻き込まれます


お名前:アルコ~ル ようw ,2019-10-02 08:30:30 PM
題名: 財務省じゃないぞwちゃんと官邸でチェックw
おいwLENNON読んでも内容が解らんwもう他行けよw

張るの2回目かなw


お名前:LENNON ,2019-10-02 08:06:29 PM
題名: みんな存在は知ってるだろうが詳しい事は知らない
誰もが特別会計って言葉は聞いた事が有ると思う。しかし、その規模や使われ方や詳しい事は誰も知らない。知っているが知らない振りをしてるのかも?本来なら政治が財務省に命令し真実を公開するか?又は財務省から切り離し内閣で管理するか?政府内で適切な方法を議論すべきだ。本当は財務省解体が必要不可欠では有るが。

お名前:みんな官僚政府にだまされてる ,2019-10-02 07:08:16 PM
題名: 特別会計
真意は特別会計と言う存在を知ってもらおう拡散祭り

お名前:LENNON ,2019-10-02 06:22:41 PM
題名: 小泉環境大臣が福島入り
汚染土の福島の中間貯蔵から他の地域に移転させると言う事だが。一体何処に持ち出すのか?受け入れる先が有るとは思えない。土壌と放射性物質を分離し汚染が除去された土壌は福島で使うも良しなんらかの材料に使うも良し。又はプラズマで原子や分子の形で消滅させるも良し。先ずは施設をそこに作って研究と開発を同時に行う必要が有ると思うのだが。第一原発の処理水も然り。電気分解し水素と酸素に分離しガイガーカウンターでどれだけ無害に出来るか等の検証をするのが先だ。水で流すって言うから不安になるんで不安を解消する為にも無害にする研究をするのが先だ。ましてや反日の工作員が不安を煽るんだから。

お名前:LENNON ,2019-10-02 05:14:27 PM
題名: 関西電力の金品受け取り問題

これも法律の不備と言わざるをえない。この解決方法は金品を渡されたら直ぐに相手が誰でも通報すれば受け取った側は罪を問われない。と言う法律を作り全ての国民に周知させる事だ。これは事件の前に司法取引をする。と言う効果がある。コメンテーターをする弁護士はこう言う罪に当たる可能性だの何だのと屁理屈とも聞こえる言い方しかしない。通常の考え方だと両方を罪に問わなければ不公平だとか言い出しそう。悪い事に公平もクソも無い。

お名前:LENNON ,2019-10-02 02:07:48 PM
題名: キャッシュレスは根付くか
先ずは公職に就いた者から始めれば良いのに。議員、役所の人間は現金の授受を禁止し確実に証拠の残る銀行振込以外の現金の受け渡しは賄賂又は不正な物として禁止する制度を作ろう。勿論物品の受け渡しも禁止。キャッシュレスがイカサマ行為の防止に役に立つかを身を持って示すべきだ。またキャッシュレスを悪用する考え得る全ての行為も含めて。口座間の取引のみに限定すれば言い逃れは不可能になる。どうせ進めるのなら法制度も含めて徹底的にやるべきだ。

お名前:LENNON ,2019-10-02 01:31:32 PM
題名: テコンドー協会が大荒れ
スポーツの組織ってのは腐敗の可能性が高い。使う器具に関する癒着や同じ種目の国際間での癒着。どんなスポーツにしても選手あっての物だがそれを支配する立場の者は必ず勘違いをする。勘違いを起こす原因は金が絡んでる。それにしても空手のパクリのテコンドーなんかをしようと思う気が知れん。単なるブドウに見える動きをするダンスだ。突きも蹴りも破壊力が無い。空手やその他の武道もだが相手を殺す破壊力を持ちながら殺さない様にする物だ。自分の身を護るには相手を殺す威力と殺さないまでも相手を制する技術を持てば良い。人間なんて弱い生き物でチョットした事で簡単に死ぬ。そう言う当たり前の事を忘れてしまっている。

お名前:LENNON ,2019-10-02 12:23:38 PM
題名: 逃走した奴は逃げ得の様だ
拘束中の人間が逃走しても何の罪にも問われない様だ。そう言う法律になってるらしい。これは司法関係者が全員馬鹿だと言う判断になる。またはそう言う法律を成立させた事に関係した奴も全員馬鹿だと言う事にもなる。法律を変えないのなら逃走防止に足錠を掛けて逃走防止をしなきゃ駄目だ。又は監視役の人間を常時付けて防止しなきゃ。この裏には人権がと叫ぶ馬鹿に突っ込まれたく無いという変な怖気が働いてるんだろう。犯罪を犯す奴は他人の人権を犯した結果だと言う事実を再度重く受け止めなきゃ。この逃走の裏に変な組織が絡んでなきゃ良いんだが。しかし間抜けな話だ。国民を舐めてるんだな。

お名前:ゆめかざり ,2019-10-02 11:48:43 AM
題名: ちょっと一服
ヒートアップ後のクールダウン


戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター