画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:330, 合計:7319:メッセージ
お名前:松村 弘 ,2013-05-17 10:32:58 AM
題名: 私たちは国難に何ができるかー その3
山積する国難⇒領土問題、少子化問題、原発問題、等等等・・・

できることから始めましょう
1つ:食料輸入を減らし、国産の安全な農作物を食べましょう!⇒食糧需給率向上
1つ:農家は国民のために安全な農産物の提供にさらなる努力をしましょう。⇒健康第一
1つ:食べ物は見栄えよりも安全性の高いものが重要です。⇒健康第一
1つ:食料品店は商品作物の形にこだわらず、店頭に並べましょう!⇒無駄を省く
1つ:食料品店は健康のため、添加物や防腐剤の使用を控えましょう!⇒健康第一
1つ:食料品店は健康、顧客、農家のため、国産品を増やしましょう!⇒食糧需給率向上
1つ:食料品製造業は国民の健康のため、添加物や防腐剤の使用を控えましょう!⇒健康第一
1つ:養殖業者は国民の健康のため、できる限り薬品等の使用を控えましょう!⇒健康第一
1つ:飲食店は国民の健康のため、禁煙席を増やしましょう!⇒健康第一
1つ:飲食店は国民の健康のため、できれば養殖ものより天然ものを出しましょう!⇒健康第一

お名前:松村 弘 ,2013-05-16 04:46:54 PM
題名: 水資源が海外企業から買い漁られている
第75回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! 水資源が海外企業から買い漁られている、一刻も早い対策を願う!

SOS 日本が危ない! ネパールに強まる「反印度」毛主義派台頭に中国の影。日本も要注意!

SOS 日本が危ない! 米中の微妙な変化!4月12~15日韓国、中国、日本を歴訪したケリー国務長官は北京で「期待したよりもずっと多くの分野で、ほとんどの分野で、いやすべての分野で、不同意よりも同意が実現した」( [参考資料] 産経新聞2013年5月)

お名前:松村 弘 ,2013-05-16 09:23:43 AM
題名: 私たちは国難に何ができるか
山積する我が国の国難⇒領土問題、少子化問題、原発問題、等

できることから始めましょうか
1つ:健康のため、できるだけ「薬」使用を控えましょう⇒医療費削減
1つ:やればできる、生活保護者は自立しましょう!⇒無駄が減る
1つ:お金に余裕のある人は遊びまくりましょう(でも国内でね!)!⇒経済効果
1つ:輸入業者は知恵を出し、値上げを控えるようにお願いします!⇒購買力維持
1つ:何かひとつお金儲けをしましょう、そしてうんと使いましょう。⇒経済効果
1つ:起業して、できれば人を採用しましょう。⇒雇用拡大
1つ:健康で無職の方は健康を兼ねて働きましょう。⇒税金増
1つ:米は最高の健康食、なるべく米を食べる様にしましょう!⇒患者減
1つ:味噌汁は健康食の副食の王様、取るようにしましょう!⇒患者減
1つ:一汁一菜の食事で病気知らず、医療費激減す!⇒輸入費減

お名前:松村 弘 ,2013-05-15 10:54:05 AM
題名: 日本再生に取り組みましょう
1つ:企業は一人でも多くの人を採用しましょう。
1つ:企業には努力していただき、少しでも社員の昇給を実現させましょう。
1つ:企業はできるだけ国内で工場建設をしましょう。
1つ:銀行は貸し惜しみを控え、ジャンジャン融資しましょう。
1つ:銀行は雨の日に傘を貸しましょう。
1つ:銀行は晴れの日に傘の回収をしましょう。
1つ:ボランティア活用もいいですが、活用する側の人がお金を得るなら活用は遠慮すべきではないでしょうか。
1つ:ボランティアを活用するならば、感謝の気持ちを込めて少しでも謝礼をしましょう。
1つ:舶来品はほどほどに、国産品を買うようにしましょう。
1つ:海外旅行も大事ですが、国内旅行もお忘れなく!

お名前:松村 弘 ,2013-05-14 04:58:35 PM
題名: 橋下徹氏、慰安婦問題発言
SOS 日本が危ない! 
僕ちゃんの発言(橋下徹、慰安婦問題)は未完成の大人の発言!
外交は最も大事な柱の一つ、その外交とは何ぞや、を知らな過ぎる、お粗末極まりない。
失礼だが、まだまだ半人前である。
維新の会の限界が前回の選挙であり、市長選応援の結果である。
橋下氏が成長しない限り維新の会の躍進はあり得ない。
間違っても、ロシアのプーチン大統領や、米国のオアバマ大統領と渡り合えない。
僕ちゃんはまだまだお若い、勉強されんことを国民は願っている。

お名前:松村 弘 ,2013-05-14 10:06:09 AM
題名: かっての大国日本は敗戦国になり、ただの国!大国ドイツもイタリアも同じ運命!
第74回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! かっての大国日本は敗戦国になり、ただの国!大国ドイツもイタリアも同じ運命!
5月9日はロシアの対ドイツ戦勝記念日。モスクワの「赤の広場」で「戦勝68周年」の軍事行進が行われ、同国の誇る各種の兵器が披露された。

プーチン大統領は演説で「ロシア、ソ連こそがファシストの世界領有を許さなかった」「(ソ連が)欧州を解放した」と強調し、「戦勝は多民族のロシア国民が団結する象徴だ」と愛国心を鼓舞した。

戦勝記念日はロシア最大の祝日とされ、この日は24都市で軍事行進が行われた。プーチン政権は軍事支出を大幅に増やし、兵器の近代化を急ぐ方針を示している。

このことはなにもロシアのみならず、多くの国々が軍事支出増で軍事力をつけることを狙っている。

即ち「軍事力が物申す時代」であること象徴している。我が国も物申す国にならなければ、何もかもはぎ取られてしまう運命になる。

(一部抜粋書換加筆[参考資料] 産経新聞2013年5月10日)

お名前:松村 弘 ,2013-05-13 10:16:50 AM
題名: 中国が尖閣諸島譲歩狙い揺さぶりの「沖縄の領有権未解決」論文
第73回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! 中国が尖閣諸島譲歩狙い揺さぶりの「沖縄の領有権未解決」論文、人民日報に掲載。習近平指導部の意向によるものである可能性は高い。菅義偉官房長官が中国に抗議した。中国の踏み外した暴論は許されるものではない。
新中国の首相を務めた周恩来は、早くも1951年8月の声明で沖縄、小笠原への米国の統治を批判し、「これらの島嶼が過去、どんな国際協定の下でも、日本を離脱すると規定されたことはない」として、沖縄への日本の主権を明確に認めていた。毛主席も「日本に帰属」と。

(一部抜粋書換加筆[参考資料] 産経新聞2013年5月10日)

お名前:松村 弘 ,2013-05-11 11:14:27 AM
題名: 憲法9条の改正は当然である!
 今日の安全保障上からも改正は当然であり、特に問題とする点はない。今回の憲法改正の眼目は前文にある、現行憲法の前文が無意味であることは常識以外何物でもない。
(一部抜粋書換加筆[参考資料:産経新聞2013年5月6日])

[憲法の前文]
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。[参考資料]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%89%8D%E6%96%87

[可笑しい点の一部]
あの、日本国憲法の前文にはですね、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意したっと書いてあるんですね。つまり、自分たちの安全を世界に任せますよと、ゆっている。そして、えぇ、専制と隷従、圧迫と偏狭をこの地上から永遠に除去しようと務めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。自分たちが専制と隷従、圧迫と偏狭を無くそうと考えているんじゃないのですよ。国際社会がそう思っているから、それを褒めてもらおうと、いじましいんですけどね、みっともない憲法ですよ、はっきり言って。これは日本人が作ったんじゃないんですからね。こんな憲法を持っている以上ですね、えー、外務省も自分たちが発言すると言うのは、憲法上、義務づけられていないんだから、それは国際社会に任せるんですからね。精神がそうなってしまっているんですね。まぁ、そっから変えていくと言うのが私は大切だと思います。
[参考資料] http://www.anlyznews.com/2012/12/blog-post_15.html

お名前:松村 弘 ,2013-05-10 09:20:07 AM
題名: 憲法改正に当たって その2
[続き]
憲法のような国家の根本を規定するものは、今現在この日本列島に住んでいる人間だけが決めていいものではない。「2分の1+1」の住民が、単に今日的「利益」の必要や現代的価値観によって、改正してはならない。何故なら「我々は既に土に帰したる数千億万人の同胞」の歴史に規制されているからである。改正を発議する「2分の1+1」の国会議員と賛成する「2分の1+1」の日本国民は、その考えにおいて日本の歴史と伝統を踏まえていることによってのみ、圧倒的多数の日本人であることができるのである。
このことを踏まえての改正にしなければならない。

次回に続く
一部抜粋書換加筆
[参考資料:産経新聞2013年5月6日]

お名前:松村 弘 ,2013-05-09 05:06:18 PM
題名: ―憲法改正に当たって―
―憲法改正に当たって―

憲法改正となれば、「3分の2以上」というのは現実的ではない。関門を「過半数」に下げるべきである。この場合発議する国会議員と国民投票をする国民には日本の歴史にみられる歴史感覚を身につけておくことが重要である。民俗学者の柳田国男は、『時代と農政』の中で「国民の2分の1プラス1人の説は即ち多数説でありますけれど、我々は他の2分の1マイナス1人の利益を顧みぬというわけには行かぬのみならず、仮に万人ながら同一希望をもちましても、国家の生命は永遠でありますならば、予め未だ生まれて来ぬ数千億万人の利益をも考えねばなりませぬ。況や我々は既に土に帰したる数千億万人の同胞をもって居りまして、その精霊もまた国運発展の事業の上に無限の利益の感を抱いて居るのであります」と書いている。

次回に続く
一部抜粋書換加筆
[参考資料:産経新聞2013年5月6日]

お名前:松村 弘 ,2013-05-08 09:29:26 AM
題名: 日本は人民と国土とを護れるか!
第72回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! 日本は人民と国土とを護れるか!

押し寄せる中国の漁船や艦船、韓国の竹島の不法占拠、ロシアの北方領土占拠、等等等・・・。国内では少子高齢化問題、行き先真っ暗である。

現在国際社会を取り仕切っているのは、いうまでもなく第二次世界大戦戦勝国である、敗れた日独伊は勿論、核を持たない戦勝国(蘭、豪、新、等)もただの国である。結局力の問題、特に核を持つか持たないかの違いである。戦勝国且つ核保有国である米英仏露中5大国が世界を取り仕切っている。5大国以外に核を持つことは許されず、違反すると国際法違反のならず者国家になる、ならず者国家には国際社会が一致して制裁し、矯正して国際秩序を守らねばならない、例えばイラクのフセインの様に抹殺されても仕方がないというものである。
しかし5大国もイラクもイランも北朝鮮も平等に主権国家である。5大国に核保有の権利があり他の国にその権利がないのは不平等である。他の国も正当防衛のために核を持つのは当然の権利だ、印度、パキスタン、イスラエルも持っている、北朝鮮に核放棄を求めるなら米国も核を放棄せよというのが北朝鮮の理屈である。今正にここに風穴を開けようとしているのがその北朝鮮の行動である。
我々日本人もまた非核保有国民も北朝鮮に考えさせられる点がある、賢明な皆さんならとっくにお分かりでしょうがね。北朝鮮の核反対反対反対と唱えても、日本の安全性が高まるわけがない、北朝鮮より遥かに怖い怖い核が世界中に何百発何千発もある。そのいくつかが日本に向けられているのである。

[参考資料:週刊現代2013年5月4日号]

お名前:松村 弘 ,2013-05-07 01:18:02 PM
題名: 靖国参拝で総理や閣僚の戦死者追悼は人として当然である!
靖国参拝で総理や閣僚の戦死者追悼は人として当然である!他国からとやかく言われる筋合いものではない。日本では死者全てを悼む、私たちがあるのは過去の命の継承である。死者を大事に思うという習慣があることを私たちは知っている。諸外国にも似た習慣がある、例えば米国アーリントン墓地を訪れて戦死者に花輪を捧げる、これに当たるのが靖国神社参拝である。靖国にはA級戦犯が眠っているというが、A級戦犯とは戦勝国が決めたことである。A級戦犯者が我が国を滅ぼすために戦ったのだろうか、決してそんなことはない、連合国軍上層部や兵士が命をかけて戦ったように、我が国閣僚も兵士も命をかけて戦ったのである。そういう人たちが祭られているのである。
[参考資料:産経新聞2013年5月1日]

お名前:松村 弘 ,2013-05-02 10:39:24 AM
題名: 「核先制不使用」中国が明記せず!
第71回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! 「核先制不使用」中国が明記せず!

SOS 日本が危ない! 尖閣諸島死守! そのためには輸送力重視が不可欠。「防衛計画の大綱」改定を早くすることを怠ることなかれ。中身は、
① 自主憲法制定で集団的自衛権行使、国防軍設置。
② 国防の基本方針見直し
③ 動的機動防衛力の構築
④ 隙間のない対応に領域警備法整備、輸送能力強化
⑤ 核抑止戦略の調査・研究
⑥ テロ・ゲリラに備え自衛隊の原子力発電所警護
⑦ 敵基地攻撃能力の保有

[参考資料:産経新聞2013年4月23日]

お名前:松村 弘 ,2013-04-26 01:56:46 PM
題名: 汪副首相(胡錦濤前国家主席の側近)「日本の支援で発展」
日本は大国、世界に貢献中、頑張れ大日本!

―汪副首相(胡錦濤前国家主席の側近)「日本の支援で発展」ー
 
“親日発言にネットに批判殺到”

中国共産党指導部内には、日本に対して強硬姿勢継続と関係改善を求める二つの意見がある。汪氏は4月16日「今日の中国の発展は、日本や日本企業の支援と協力に助けられたところが大きい」と日本に感謝の意を述べた。そして「経済大国である日中両国は、どんなことがあっても経済関係を深めるべきだ」と強調した。
 共産党筋によれば、最近になってから胡前主席が率いる派閥は日本との関係改善を強く主張しているという。同派閥の李源湖国家副主席は3月末に日中経済協会の訪中団と会談した際にも「不正常な状態は双方に不利益があり、共倒れだ」と汪氏と同じ趣旨の発言をした。

我が国とすれば、こういった親日派とパイプを持ち且つその親日派に何ができるか、ではないでしょうか。

一部抜粋加筆書き換えた
[参考資料]産経新聞2013年4月23日(火)

お名前:松村 弘 ,2013-04-25 02:38:36 PM
題名: 安倍総理村山談話を継承せず
日本は大国、世界に貢献中、頑張れ大日本!

―安倍総理村山談話を継承せずー
 
平成7年の過去の植民地支配侵略を認めた「村山談話」に関し安倍内閣はそのまま継承していない、と述べた。

「防衛計画の大綱」(日本の国防政策と防衛力整備の基本方針)改定に防衛政策を根本的に見直す内容が網羅されている。
・自主憲法設定で集団的自衛権行使、国防軍設置
・国防の基本方針見直し
・動的機動防衛力の構築
・隙間のない対応に領域警備法整備、輸送能力強化
・核抑止戦略の調査・研究
・テロ・ゲリラに備え自衛隊の原子力発電所警護
・敵基地攻撃能力の保有

一部抜粋加筆書き換えた
[参考資料]産経新聞2013年4月23日(火)

お名前:松村 弘 ,2013-04-24 02:19:13 PM
題名: 日本は大国、世界に貢献中、頑張れ大日本!
―安倍総理のロシア訪問に向けてー
 
2010年9月メドベージュ大統領と胡錦濤国家主席は「第二次世界大戦の日本軍国主義の試みに両国は断固反対する」と宣言した。同時にもう一つの調印は「国家の主権、統一、領土保全の問題という核心的利益に関して両国は相互に支持し合う」と記した。中国が言う核心的利益とは、「死活的に重要であるために他国とは妥協や譲歩の余地が一切ない利益」という意味で、中国は長らく、台湾、チベット、新疆ウイグル自治区などを「核心的利益」と位置付けてきた。
 ロシアもチェチェン共和国や北カフカス地域にロシア連邦からの分離独立を目指す顕在的、潜在的な火種を抱えている。内政上の弱点への外部の容喙を排するため共同作戦を組む、これが中露の「戦略的パートナーシップ」関係を構築し維持すること大きな意義を見いだしてきた。
 今年3月の習主席とプーチン大統領の共同声明で中国語の「核心的利益」が二通りのロシア語に微妙に訳し分けられている。「コレンヌイ(根本的な)」利益と、「クリュチュボイ(鍵となる)」利益で、前者の方が後者に比べ重要度が高いロシア語である。
 10年の共同声明では「コレンヌイ」のみだったが、今回は「コレンヌイ」と「クリュチュボイ」が一回ずつ使われた、なぜ異なったロシア語訳が当てられたのか。それは、大統領は主席に表向き同調する素振りでやんわりいなし、必ずしも中国と同一歩調を取るわけではないという信号を送っているのだ。
 流石にプーシン氏である。総理はこの手強い相手と互角に渡り合えるようにこのことをよく理解していただき日露交渉に臨んでいただきたい。そうすれば日露関係は以前より前進以上のことがあり得るに違いない。

一部抜粋加筆書き換えた
[参考資料]産経新聞2013年4月23日(火)

お名前:松村 弘 ,2013-04-23 09:44:21 AM
題名: 日本は大国、世界に貢献中、頑張れ大日本!
外務・防衛両省の安保協力
・パプアニューギニア国軍に安全保障分野の能力構築支援検討中
・トンガ国軍に安全保障分野の能力構築支援検討中
・インドネシア軍に気象情報分屋で支援実施
・インドネシアに巡視船3隻を供与実施
・ベトナム軍に潜水艦乗組員に対する医療技術分野支援実施
・ベトナムに巡視船供与を検討
・フィリピンに巡視船供与を検討
・東ティモールに災害救助のための車両整備

[参考資料]産経新聞2013年4月21日(日)

お名前:松村 弘 ,2013-04-19 09:34:03 AM
題名: 中国の国防白書は宣伝用!
中国の国防白書を嘲笑う!

1.尖閣諸島をめぐる問題で「日本が騒ぎを引き起こした」。
1.中国は覇権や覇権主義的行動を求めない、軍拡競争にも乗り出さない。全く「正反対」。
1.中国南海艦隊のミサイル駆逐艦とフリゲート艦が沖縄本島と宮古島間を通過。
1.1月海上自衛隊の艦艇に中国海軍が射撃管制用レーダーを照射。
1.南シナ海の大半を自国の領土と主張。
1.3月中国海軍艦船がベトナム漁船に発砲。
1.領有権をめぐってフィリピン国連海洋法に基づき仲介裁判所に提訴しても中国は応じない。
1.中国ミサイル部隊の言及がなし。
1.中国国内の治安を取り締まる武装警察部隊の兵力の言及なし。
1.中国国防費の言及なし。

[参考資料:産経新聞2013年4月18日]

お名前:松村 弘 ,2013-04-17 02:52:58 PM
題名: 警官2人、拳銃2丁で与那国島を守るのか!
第69回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! 警官2人、拳銃2丁で与那国島を守るのか! 与那国島(東京の区の一つほどの広さ)は人口1600人。沖縄本島から509キロ、石垣島から124キロ、台湾から111キロの日本最西端の国境の島である。1996年には中国の誘導弾が与那国沖に飛んできたことを忘れてはならない。今揺れているがここに小駐屯地を建設・配備・訓練を考えれば少なくとも3年は掛かる。核抑止力は米国に頼るとしても、領土保全、同胞の紛争地からの退避は自分たちでしなければならない。南西諸島の防衛空白地を早急に埋めなければ、紛争が起きてからでは手が付けられない、国の速やかな行動を国民は願ってやまない。[参考資料:産経新聞2013年4月16日]

お名前:松村 弘 ,2013-04-16 09:23:18 AM
題名: SOS 日本が危ない!
第68回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

SOS 日本が危ない! 太陽電池は輸入品が席巻! 頑張れ日本企業!!

SOS 日本が危ない! 人口減少を食い止めよ、2040年⇒現在の三分の二!! 国は手を打て、もたもたするな!!

SOS 日本が危ない! 命がけで領土にした竹島は韓国に横取り! 国は何か手を打たねば、 漁も出来ない、嘆く日本の漁民! 笑うのは韓国、これでいいのか!!

SOS 日本が危ない! 核保有国、ロシア、中国、北朝鮮に囲まれたかっての世界5大強国の一つ日本が危ない! この危機を乗り越えるには抑止力が欠かせない。2009年7月米下院外交委の公聴会で、エニ・ファレオマベカ民主党議員が「日本も核戦力を開発する必要があるという議論が出ても自然だ」と証言していた。[産経新聞より] 的を得た発言のできる議員は米国にもいる。一刻も早い対策を国民は願っている。

SOS 日本が危ない! 中国には今年1月末現在原発16基稼働中、29基建設中、2020年までにさらに50基増やす計画。中国の原発1基当たりの問題は日本の5倍以上。事故が起これば想像を絶する被害が日本に押し寄せること必至!!!

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター