画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:333, 合計:7336:メッセージ
お名前:松村 弘 ,2013-02-19 01:35:34 PM
題名: <健康革命>その7
―発症原因―
(リンパ癌)
リンパ液内の代謝物でリンパ管を通れない大きなものはリンパ球(白血球の一種)が細分化する。細分出来なかった代謝物がリンパ管に付着する。抗癌剤でリンパ球が生成されないと、代謝物が付着するためリンパ癌が発生する。リンパ癌の殆どは抗癌剤の薬害である。

抗癌剤は、もともとドイツが第一次世界大戦で毒ガス用に開発したものと同じ原料です、だから抗癌剤は打てば打つほど寿命が縮みますよ。間違っても治るはずはありません! 薬はどの薬も副作用のない薬はありません。だから薬をクスリと書きますね、後ろから読めば「リスク」危険ですよね!
十二分にご注意下さい、命は一つしかありません!!

(肺 癌)
肺は呼吸時に常に外気にさらされる。そのため温度、湿度、化学成分、鉱物成分などに細胞が影響される。特にアズベストなどが付着すると細胞が再生できず癌化する。

(皮膚癌)
強力な紫外線を長期間に皮膚細胞が受けると、皮膚細胞のDNAの記憶が毀損する。

一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『健康革命』2012 井上富夫
次回に続く

お名前:松村 弘 ,2013-02-18 09:49:09 AM
題名: <健康革命>その6
―各種癌の発症原因―
(前立腺癌)
性交で使用されない精子が排出管に付着する。付着する原因は精子の水分不足。前立腺癌を宣告された患者の中で、玉を取られたお気の毒な方も居られる。
皆さんも二の舞にならない様にご注意下さいね!

(乳 癌)
使用されない母乳は、排出される。母乳は血液から造られ血液の水分がないと粘性が高い母乳の為、排出が出来ず付着する。付着された細胞は再生が出来ず癌化する。
年間5万人が発症して、2万人が乳房を切除される。
5万人の一人に、ましてや2万人の一人に入らない様に十分ご注意下さい。

※ご心配な方はご連絡下さい、出来る範囲何で助言させていただきます。

一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『健康革命』2012 井上富夫
次回に続く

お名前:松村 弘 ,2013-02-15 09:33:16 AM
題名: <健康革命>その5
―癌の発症原因―

○栄養分の酸化燃焼の違いで未燃焼になる。
細胞では炭水火物、たんぱく質、脂肪などの栄養分で燃焼に差がある。自動車の燃料で言えば、ガソリンは炭水火物、たんぱく質は軽油、脂肪は重油と置き換えると理解できます。燃焼に違いあり、酸化物も違ってくる。

○酸素の活性の違いで未燃焼になる。
赤血球の酸素で栄養分は酸化燃焼さるが、酸素の活性が弱いと栄養分がうまく酸化燃焼できない。専門家の活性酸素が、病気を引き起こすとの見解は誤りである。
正しくは酸素の活性がなく、栄養分がうまく燃焼できず、未燃焼で発生する有害な酸化物が体毒とされる病気の原因である。
※ 体内の全ての細胞は酸化物が代謝できなければ、汚れでDNAが毀損する。

癌の発症原因をよくご理解いただけたと思います、不明な点は講演会でご質問下さい。

一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『健康革命』2012 井上富夫
次回に続く

お名前:松村 弘 ,2013-02-14 09:32:56 AM
題名: <健康革命>その4
―世界で初めて癌の原因の内4つを解説―

1:細胞内部は栄養を燃焼するエンジン、汚れでDNAが毀損。
2:細胞への付着物が付着するとDNAが毀損。
その他

理論は自動車(機械)も動物も同じである。自動車は揮発油や重油等を燃焼させてエネルギーに変えて動く、人間の体は穀類等を食べて燃焼させてエネルギーに変えて動く。

燃焼で発生する酸化物で汚れ、其の酸化物の代謝が出来ないとDNAが毀損する。パナソニックやシャープの弱電工場は製品の不良を防止するため、製造ラインの空気などを清浄機で常に綺麗に保っている。そうしないと不良品が出来る。細胞も同じように精密工場の様に内部が綺麗でないと、DNAが毀損して不良細胞が出来る。

一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『健康革命』2012 井上富夫
次回に続く

お名前:松村 弘 ,2013-02-13 09:58:37 AM
題名: <健康革命>その3
(胎児異常の原因)
同じように異常胎児の原因も同様にDNAの毀損が原因である。正常に身体が出来ない細胞のDNA異常が原因である。妊婦が私の対策を実行すれば年間10万人とされる胎児の異常も防止可能である。世界中で胎児の異常が解決すれば、大きな悲しみが防げる。

100万人強の出生で10万人とはとてつもない大きな数字である。10万人全部とは言わないが、一人でも多くの胎児異常を減らすことができるなら、ご両親にとって何物にも代えがたい喜びであるに違いない。当然国にとっても大きな喜びである。

「癌はDNAが毀損する原因を解明しないと解決しない。」
西洋医学の癌研究で癌細胞のDNAを調べる方法では研究の着眼点が誤っている。
「癌の原因、DNAの毀損はどうして起きるの?」
DNAの毀損は正常細胞が出来ない要因ですが、癌は其の1つに過ぎない。
例えば、再生できず死亡する細胞、再生しても細胞の機能が正常に出来ない欠陥細胞、再生したがすぐ死亡する細胞等がある。

一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『健康革命』2012 井上富夫
次回に続く

お名前:松村 弘 ,2013-02-12 01:15:00 PM
題名: <健 康 革 命>その2
西洋医学では癌が解決できないのは何故でしょう?
「解決しないのには理由がある」、まずそれをお話する。現代医学の誤り! 「癌のDNAから癌発症の原因発見は絶対無理!」。癌のDNAは結果である。結果を発症原因とする現在の研究方法では解決は不可能。

※ DNA=塩基による電気的な記憶媒体、細胞や身体の設計図。
※ 塩基=酸と反応して塩(エン)と水を作る物質。

例えば、
1)自転車で事故を起こしたとしよう、その事故は結果である。その結果のみをみても事故の発生原因を解明することは不可能に近い、解明するためには運転手のことや自転車の構造等を知ることが先決である。
2)ある生徒の英語の点が悪かったとしよう、それでその点数(結果)のみを見てその生徒の出来具合の原因発見は難しい。原因を発見するにはその子のことを知ることが先決である。

結局、現在の癌研究者は癌の結果のみ、即ち癌細胞のみを見て、癌のできる細胞の機能を知らないからではないか。

「癌を知るにはまず細胞の機能を知ることが大切!」

癌は正常細胞のDNA毀損した、細胞分裂する細胞で・・・・・細胞は子宮内で細胞分裂して育ち・・・設計図のDNAに従って手や足や目などが作らる。身体が完成すると細胞分裂は止まる。以降、1個の細胞から1個の新たな細胞が作られる。

蟹や海老の脱皮の様に常に再生して、新たな細胞が作られる。癌は細胞分裂が止まった正常細胞が、細部内のDNAのデーターが毀損して、次の再生時から細胞分裂が新たに再開する細胞である。毀損したDNAによる新たな細胞が癌細胞になる。

一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『健康革命』2012 井上富夫

お名前:松村 弘 ,2013-02-08 05:45:31 PM
題名: <健 康 革 命>その1
「世界に日本の伝統療法を普及する活動」
「人類の切なる願い!」
人類は癌を解決できないのか?⇒
回答⇒できる! できるんですよ!!

「世界初の快挙です!」
日本は先人の知恵で癌を解決した!
癌は一番の難問だが、解決策が分ると解くのは簡単。

これが光子理論での癌研究の結論です。
癌細胞もあなたの細胞です、癌が見つかってもすぐに治療(殺)するのは危ない!

一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『健康革命』2012 井上富夫先生

次回に続く ご期待下さい!

お名前:松村 弘 ,2013-02-07 12:45:57 PM
題名: 癌の原因を突き止めた学者
ガンは怖くない!

臓器は栄養分の酸化物、細胞の屍骸が大量に発生する。微量元素やビタミン
等は、のため白血球が細分化できない代謝物を細分化する。すなわちリンパ液
で大きく、流れない代謝物の細分化をする役目をする。これは今までの医学が
注目していい機能です。

 臓器や血液中のこの代謝物が細分できないと、詰まった部位に、癌等が発生
する。
例えば、
1)前立腺癌は、性交で使用されない精子が排出管に付着する。付着する原因
  は精子の水分不足。
2)乳癌は使用されない母乳は、排出される。母乳は血液から造られ血液の水
  分がないと粘性が高い母乳の為、排出が出来ず付着する。付着された細胞
  は再生が出来ず癌化する。
3)リンパ癌は、リンパ液内の代謝物でリンパ管を通れない大きなものはリン
  パ球(白血球の一種)が細分化する。細分出来なかった代謝物がリンパ管
  に付着する。抗癌剤でリンパ球が生成されないと、代謝物が付着するため
  リンパ癌が発生する。リンパ癌の殆どは抗癌剤の薬害です。

一部抜粋書換加筆

[参考資料] 『健康革命』 2012 井上富夫 健康力
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=kokyaku_iryohisakugen_gannogenin

お名前:松村 弘 ,2013-02-05 04:53:33 PM
題名: <お願いし上ます>
■病気がこうして治った、改善した、等の体験談や方法等の発表をお願いできないでしょうか。

その趣旨は、
(1)一人でも多くの病人や半病人を家庭から、そして病院から解放する。
(2)病人を作らない。
(3)国家予算90兆円の約3分の1、30兆円の医療費の多くを削減する。
参加者は体験談や方法等の話を聞いて自分に合ったやり方で病気を治すまたは改善してもらう。
会場は大阪です。
参考のホームページ:①
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=kokyaku_kenkokakumei

http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=makkigan_seikansya02

不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
電子メール:annai@kokusai.ne.jp
電話:06-6631-3838
FAX:06-6631-9771

お名前:松村 弘 ,2013-02-04 03:50:12 PM
題名: 少子化の克服は
(一頁に纏めました)
<<少子化を克服するのは貴方です>>

はじめに
我国は人口減少が続いている、このまま進めばいつの日か日本国消滅である。国家が滅ぶのはいとも簡単、人がいなくなれば消滅!丁度廃村になっていくように・・・・・。
国力の一つが人口である、人口減少は国力衰退につながる。現在の人口規模を維持するために私たちに何ができるか、一緒に考えていこうではありませんか、私たちにはきっと方法がある。
私が思うの、人生は楽しいと思える人つくり、国つくりではないかと。人生が楽しいとわかれば親から子、子から次へと継承されていくはずだ。賢明な皆さんのお考えを是非お聞かせ下さい、そして人口減少に歯止めをかけようではありませんか。

<目次>
Ⅰ.少子化の原因
1.未婚化
2.晩婚化
3.子供に恵まれない夫婦
1)隠れた少子化
2)機能性物質の不足
4.夫婦の出生力の低下
Ⅱ.少子化の原因の背景
1.仕事と子育てを両立できる環境整備の遅れや高学歴化
1)働く女性の増大
2.結婚・出産に対する価値観の変化
1)女性の場合、
(1)「ある程度の年齢までには結婚するつもり」
(2)「理想の相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」
2)自由や気楽さを望む
3.子育てに対する負担感の増大
1)理想の子ども数よりも実際の子ども数が少ない
2)夫婦が仕事と家庭の時間配分
4.社会が発展すると少子化になる
Ⅲ.対応策
1.出産・育児と仕事の両立を可能にする。
1)子育て期において育児や仕事の負担軽減を図る。
2) 保育所の拡充等や育児休業の取得促進、勤務時間の短縮、再就職促進等の雇用。
2.経済的不安定の対策
1)失業者やフリーターを減らす
2)就業支援、人材育成、雇用・就業の場の提供
3)未婚者の対策
3.社会的少子化要因の解消や支援
1)適齢期の親同居未婚者の支援
2)婚外子に対する社会的支援
3)託児施設不足の解消
あとがき


Ⅰ.少子化の原因
1.未婚化の進展
1)2000年の未婚率(1980年代以降、25~34歳の未婚率が上昇している)
・男性 25~29歳:69.3%、 30~34歳:42.9%、
・女性 25~29歳:54.0%、 30~34歳:26.6%
2)2000年の生涯未婚率(近年上昇している)
・男性:12.6%、
・女性: 5.8%

2.晩婚化
1)平均初婚年齢(1970年代から2000年までの間に晩婚化の進展)
・昭和50(1975)年には女性で24.7歳、男性で27.0歳
・平成12年には女性で27.0歳、男性で28.8歳

3.子供に恵まれない夫婦
1)隠れた少子化問題がある。
それは、「子供に恵まれない夫婦」である。原因の一つは食生活が原因で母体の新陳代謝機能が低下する。体液の流動不足は卵子の排出不良や月経時の子宮内の代謝機能が衰え、妊娠を難しくする。(肉食中心の食生活が増え、均衡のよい日本の家庭食が激減している。ハンバーガーなどのファーストフードが普及しているが、米国人の肥満を見れば如何に不健康な食物か判断できる。さらに妊娠に大切な血液、体液の汚れは、子宮癌、乳癌を多く発症する。)

2)機能性物質(酵素、微量元素(ミネラル)、ビタミン)の不足
 現在日本を含め先進国の多くの国々の農業は有機栽培ではなく無機栽培(化学肥料)である。そのことで土地がやせる、私達はそのやせた土地で育てられた農作物やそれを飼料として育てられた動物を食べる。だから微量元素やビタミン、酵素が不足する。この栄養不足の食べ物を摂取することにより、本来の健全な母体ではない可能性がある。これが子供に恵まれない原因の一つである。
参考までに、酵素とは生物体内に起こる化学反応の触媒となる。微量元素の働きは、体内で発生する代謝物を細分化して代謝機能を補填する物質である。母体の健康は新陳代謝機能がもっとも関係する。

4.夫婦の出生力の低下
「第12回出生動向基本調査」(2002年)結婚持続期間が0~4年の夫婦に尋ねると、
・理想子ども数(理想的な子どもの数):2.31人
・予定子ども数(実際に持つつもりの子どもの数):1.99人
※ いずれも上の世代より少ない。

Ⅱ.少子化の原因の背景
1.仕事と子育てを両立できる環境整備の遅れや高学歴化
1)1980年代から働く女性の増大
・仕事と子育てを両立できる環境が十分整っていなかった
・晩婚化や晩産化につながる
・高学歴化

2.結婚・出産に対する価値観の変化
1)女性の場合、
(1)「ある程度の年齢までには結婚するつもり」
・1987(昭和62)年):54.1%
・2002(平成14)年):43.6%

(2)「理想の相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」
・1987年:44.5%
・2002年:55.2%。

2)個人が自由や気楽さを望むあまり、家庭を築くことや生命を継承していくことの意識が失われつつあるのではないか。

3.子育てに対する負担感の増大
1)理想の子ども数よりも実際の子ども数が少ない理由として、
・子育て費用や教育費の負担
・若い世代:育児の心理的・肉体的負担の重さや子どもの育つ社会環境の問題
・高年齢層:高齢。
教育費の負担をみると、幼稚園から大学までの費用は、公立か私立により変わってくるが、概ね約1,400万円から約2,000万円かかっている。
2)夫婦が仕事と家庭に時間をどう配分するか

4.社会が発展すると少子化になる
 植物や動物をみれば一目瞭然である。下等植物ほど繁殖率が高い、動物も下等動物ほど繁殖率が高い、種の保存である。人間も同じではないか、一般的に開発途上国ほど子沢山であり、先進国ほど子供の数が少ない。

Ⅲ.対応策
1.出産・育児と仕事の両立を可能にする。
1)子育て期において育児や仕事の負担軽減を図る。
2) 保育所の拡充等や育児休業の取得促進、勤務時間の短縮、再就職促進等の雇用。

2.経済的不安定の解消
1)失業者やフリーターを減らす
90年代以降20歳代の若者の失業率が最も高く、失業者やフリーターの増大など、こうした若者の経済的不安定が結婚に影響を及ぼしている。2003(平成15)年には、フリーター数は217万人と推計されており、15~34歳の労働力人口のうち、10人に1人はフリーターとなっている。また、ニートは約52万人と推計。
2)就業支援、人材育成、雇用・就業の場の提供
政府による就業支援や人材育成策、企業側も若者への雇用・就業の場の提供や、長期的な視点から人を大切にし、人材育成、キャリア支援を図る。
3)未婚の対策
未婚の理由
・ 適当な相手にめぐり合わない
・ 必要性を感じない
・ 自由や気楽さを失いたくない
・ 結婚資金が足りない(厳しい雇用情勢(産経新聞2013年1月15日)で、20~34歳独身者男性の3割弱が年収200万円未満(非正規雇用、就職先がない、自立が難しい、親のすねをかじる)。同居する35~44歳未婚者(総務省統計研修所資料)は、男性:184万人、女性:111万人 計:295万人。)

3.社会的少子化要因の解消
1)適齢期の親同居未婚者の支援
2)婚外子に対する社会的支援
3)託児施設不足の解消


あとがき
少子化の原因は極めて複雑でこれが原因とは言い切れない難しさがある。しかし本質的に子育ては親の責任である、このことは他の動物をみれば歴然としている。
纏めるなら、結局、植物も動物も周りの環境に適応して進化していく。動物も人間も例外ではない。ごく自然の成り行きである、よくいえば合理的に、悪く言えば楽な方へ楽な方へと進化していく。動物でいえば都市に集まる鳩や烏等、これは食べ物が比較的たやすく得られるからではないか、即ち楽をしたい(動物はそんなことを考えないだろうが(笑い)本能的に)。人間の場合も同じで、損をしたくない、得をしたい、即ち楽をしたい(本能的に)(笑い)。

[参考資料]
□http://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/w-2004/html-g/html/gg122000.html
□http://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/w-2004/html-g/html/gg121000.html
□国立社会保障・人口問題研究所「第12回出生動向基本調査」(2002年)
□2012 井上富夫 健康力
□参考資料の一部を手違いで削除され掲載できませんでした(ご了承下さい)

お名前:松村 弘 ,2013-02-01 10:06:48 AM
題名: 少子化を克服するのは貴方です ⑥最終回
あとがき
少子化の原因は極めて複雑でこれが原因とは言い切れない難しさがある。しかし本質的に子育ては親の責任である、このことは他の動物をみれば歴然としている。
纏めるなら、結局、植物も動物も周りの環境に適応して進化していく。動物も人間も例外ではない。ごく自然の成り行きである、よくいえば合理的に、悪く言えば楽な方へ楽な方へと進化していく。動物でいえば都市に集まる鳩や烏等、これは食べ物が比較的たやすく得られるからではないか、即ち楽をしたい(動物はそんなことを考えないだろうが(笑い)本能的に)。人間の場合も同じで、損をしたくない、得をしたい、即ち楽をしたい(本能的に)(笑い)。

[参考資料]
□http://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/w-2004/html-g/html/gg122000.html
□http://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/w-2004/html-g/html/gg121000.html
□国立社会保障・人口問題研究所「第12回出生動向基本調査」(2002年)
□2012 井上富夫 健康力
□参考資料の一部を手違いで削除され掲載できませんでした(ご了承下さい)

お名前:松村 弘 ,2013-01-31 01:20:54 PM
題名: 少子化を克服するのは貴方です ⑤
少子化を克服するのは貴方です ⑤

Ⅲ.対応策
1.出産・育児と仕事の両立を可能にする。
1)子育て期において育児や仕事の負担軽減を図る。
2) 保育所の拡充等や育児休業の取得促進、勤務時間の短縮、再就職促進等の雇用。

2.経済的不安定の解消
1)失業者やフリーターを減らす
90年代以降20歳代の若者の失業率が最も高く、失業者やフリーターの増大など、こうした若者の経済的不安定が結婚に影響を及ぼしている。2003(平成15)年には、フリーター数は217万人と推計されており、15~34歳の労働力人口のうち、10人に1人はフリーターとなっている。また、ニートは約52万人と推計。
2)就業支援、人材育成、雇用・就業の場の提供
政府による就業支援や人材育成策、企業側も若者への雇用・就業の場の提供や、長期的な視点から人を大切にし、人材育成、キャリア支援を図る。
3)未婚の対策
未婚の理由
・ 適当な相手にめぐり合わない
・ 必要性を感じない
・ 自由や気楽さを失いたくない
・ 結婚資金が足りない(厳しい雇用情勢(産経新聞2013年1月15日)で、20~34歳独身者男性の3割弱が年収200万円未満(非正規雇用、就職先がない、自立が難しい、親のすねをかじる)。同居する35~44歳未婚者(総務省統計研修所資料)は、男性:184万人、女性:111万人 計:295万人。)

3.社会的少子化要因の解消
1)適齢期の親同居未婚者の支援
2)婚外子に対する社会的支援
3)託児施設不足の解消

続く

お名前:松村 弘 ,2013-01-30 10:35:58 AM
題名: <<少子化を克服するのは貴方です>>④
Ⅱ.少子化の原因の背景
1.仕事と子育てを両立できる環境整備の遅れや高学歴化
1)1980年代から働く女性の増大
・仕事と子育てを両立できる環境が十分整っていなかった
・晩婚化や晩産化につながる
・高学歴化

2.結婚・出産に対する価値観の変化
1)女性の場合、
(1)「ある程度の年齢までには結婚するつもり」
・1987(昭和62)年):54.1%
・2002(平成14)年):43.6%

(2)「理想の相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」
・1987年:44.5%
・2002年:55.2%。

2)個人が自由や気楽さを望むあまり、家庭を築くことや生命を継承していくことの意識が失われつつあるのではないか。

3.子育てに対する負担感の増大
1)理想の子ども数よりも実際の子ども数が少ない理由として、
・子育て費用や教育費の負担
・若い世代:育児の心理的・肉体的負担の重さや子どもの育つ社会環境の問題
・高年齢層:高齢。
教育費の負担をみると、幼稚園から大学までの費用は、公立か私立により変わってくるが、概ね約1,400万円から約2,000万円かかっている。
2)夫婦が仕事と家庭に時間をどう配分するか

4.社会が発展すると少子化になる
 植物や動物をみれば一目瞭然である。下等植物ほど繁殖率が高い、動物も下等動物ほど繁殖率が高い、種の保存である。人間も同じではないか、一般的に開発途上国ほど子沢山であり、先進国ほど子供の数が少ない。

続く

お名前:松村 弘 ,2013-01-30 09:41:18 AM
題名: ー本日の国会代表質問ですー
■平沼赳夫 衆議院本会議 代表質問

 いつも大変お世話になります。
 さて平沼赳夫が下記の日程で衆議院本会議におきまして、日本維新の会を代表して代表質問を行います。

平成25年1月30日(水) 衆議院本会議
13:00~安倍総理所信表明に対する各党代表質問

15:00~平沼赳夫 日本維新の会国会議員団代表
※質問 30分 答弁 30分を予定
※議事の進行の都合で、多少時間が前後する場合もありますのでご注意下さい。

中継予定
○ NHK総合
※放送局の都合等で中継が行われない場合や中断する可能性もありますのでご注意下さい。

○ 衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

■動画メッセージ 
超人大陸平沼赳夫警鐘塾(第150鐘)
「代表質問の主な内容をご報告致します」
http://www.hiranuma.org/new/message/message20130128.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
e-mailアドレス
info@hiranuma.org

転載です。
ご覧いただけましたら幸いです。
松村 弘

お名前:松村 弘 ,2013-01-29 09:03:40 AM
題名: 少子化を克服するのは貴方です ③
Ⅰ.少子化の原因
1.未婚化の進展
1)2000年の未婚率(1980年代以降、25~34歳の未婚率が上昇している)
・男性 25~29歳:69.3%、 30~34歳:42.9%、
・女性 25~29歳:54.0%、 30~34歳:26.6%
2)2000年の生涯未婚率(近年上昇している)
・男性:12.6%、
・女性: 5.8%

2.晩婚化
1)平均初婚年齢(1970年代から2000年までの間に晩婚化の進展)
・昭和50(1975)年には女性で24.7歳、男性で27.0歳
・平成12年には女性で27.0歳、男性で28.8歳

3.子供に恵まれない夫婦
1)隠れた少子化問題がある。
それは、「子供に恵まれない夫婦」である。原因の一つは食生活が原因で母体の新陳代謝機能が低下する。体液の流動不足は卵子の排出不良や月経時の子宮内の代謝機能が衰え、妊娠を難しくする。(肉食中心の食生活が増え、均衡のよい日本の家庭食が激減している。ハンバーガーなどのファーストフードが普及しているが、米国人の肥満を見れば如何に不健康な食物か判断できる。さらに妊娠に大切な血液、体液の汚れは、子宮癌、乳癌を多く発症する。)

2)機能性物質(酵素、微量元素(ミネラル)、ビタミン)の不足
 現在日本を含め先進国の多くの国々の農業は有機栽培ではなく無機栽培(化学肥料)である。そのことで土地がやせる、私達はそのやせた土地で育てられた農作物やそれを飼料として育てられた動物を食べる。だから微量元素やビタミン、酵素が不足する。この栄養不足の食べ物を摂取することにより、本来の健全な母体ではない可能性がある。これが子供に恵まれない原因の一つである。
参考までに、酵素とは生物体内に起こる化学反応の触媒となる。微量元素の働きは、体内で発生する代謝物を細分化して代謝機能を補填する物質である。母体の健康は新陳代謝機能がもっとも関係する。

4.夫婦の出生力の低下
「第12回出生動向基本調査」(2002年)結婚持続期間が0~4年の夫婦に尋ねると、
・理想子ども数(理想的な子どもの数):2.31人
・予定子ども数(実際に持つつもりの子どもの数):1.99人
※ いずれも上の世代より少ない。

続く

お名前:松村 弘 ,2013-01-28 10:58:44 AM
題名: 少子化を克服するのは貴方です  その2
<<少子化を克服するのは貴方です>>2

<目次>
Ⅰ.少子化の原因
1.未婚化
2.晩婚化
3.子供に恵まれない夫婦
1)隠れた少子化
2)機能性物質の不足
4.夫婦の出生力の低下
Ⅱ.少子化の原因の背景
1.仕事と子育てを両立できる環境整備の遅れや高学歴化
1)働く女性の増大
2.結婚・出産に対する価値観の変化
1)女性の場合、
(1)「ある程度の年齢までには結婚するつもり」
(2)「理想の相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」
2)自由や気楽さを望む
3.子育てに対する負担感の増大
1)理想の子ども数よりも実際の子ども数が少ない
2)夫婦が仕事と家庭の時間配分
4.社会が発展すると少子化になる
Ⅲ.対応策
1.出産・育児と仕事の両立を可能にする。
1)子育て期において育児や仕事の負担軽減を図る。
2) 保育所の拡充等や育児休業の取得促進、勤務時間の短縮、再就職促進等の雇用。
2.経済的不安定の対策
1)失業者やフリーターを減らす
2)就業支援、人材育成、雇用・就業の場の提供
3)未婚者の対策
3.社会的少子化要因の解消や支援
1)適齢期の親同居未婚者の支援
2)婚外子に対する社会的支援
3)託児施設不足の解消
あとがき

続く

お名前:松村 弘 ,2013-01-25 05:27:10 PM
題名: <<少子化を克服するのは貴方です>>
はじめに
我国は人口減少が続いている、このまま進めばいつの日か日本国消滅である。国家が滅ぶのはいとも簡単、人がいなくなれば消滅!丁度廃村になっていくように・・・・・。
国力の一つが人口である、人口減少は国力衰退につながる。現在の人口規模を維持するために私たちに何ができるか、一緒に考えていこうではありませんか、私たちにはきっと方法がある。
私が思うの、人生は楽しいと思える人つくり、国つくりではないかと。人生が楽しいとわかれば親から子、子から次へと継承されていくはずだ。賢明な皆さんのお考えを是非お聞かせ下さい、そして人口減少に歯止めをかけようではありませんか。

お名前:松村 弘 ,2013-01-18 10:58:07 AM
題名: <少子化の原因>
主な原因は未婚化と晩婚化である。それ以外に隠れた少子化問題がある。それは、
「子供に恵まれない夫婦」
原因の一つは食生活が原因で母体の新陳代謝機能が低下する。体液の流動不足は卵子の排出不良や月経時の子宮内の代謝機能が衰え、妊娠を難しくする。(肉食中心の食生活が増え、均衡のよい日本の家庭食が激減している。ハンバーガーなどのファーストフード(注)が普及しているが、米国人の肥満を見れば如何に不健康な食物か判断できる。さらに妊娠に大切な血液、体液の汚れは、子宮癌、乳癌を多く発症する。)
(注)ファーストフード(=fast food)とは、直ぐに作れる又は食べられる手軽な食品や食事。[参考文献] 2012 井上富夫 健康力

お名前:k.h. ,2013-01-17 03:14:11 PM
題名: 虎視眈々!
本日新聞を読んで、気になる
記事は、B787の相次ぐ不具合
ですが、この最新の機種は、日本の
リチウムバッテリー他部品が約35%使われており、日本の
誇る象徴的な最新技術や部品ですが、
現時点で相次ぐ不具合の原因はわか
りませんので、まだ心配する必要は
ないかもしれませんが、気になるのは、
日本のこれらの最新技術や部品が、
バッシングの対象になり、それらを
韓国や中国他が特に、攻撃してくる
という点です。彼らは日本の部品や
技術に取って代わろうとしており、この
相手のミス(現時点では断定はできませんが)
を利用し、一気に後釜を狙おうとチャンス
を伺っていると心配しております。

お名前:k.h. ,2013-01-16 05:54:14 PM
題名: 「売国奴!」
今日の新聞では、中国で
当局の批判をネットで続けている
作家が、サイン会で来場者
にいきなり顔を殴られ、「売国奴!」
とののしられり、当局側から禁止
されたり、襲撃されたりしながらも、
本人はめげずに、言論を続けて
いると報道がありました。これについて、
中国(韓国も)で、中国側に少しでも
不利な発言をすると、周りから、
「お前はそれでも中国人(韓国人)か!」或いは
「売国奴!」と彼らの「殺し文句」で罵られ、自由な発言が
出来ないのが現状で、結果的に当局だけで
なく、巷でも言論が封じがされています。
日本に来ている中国人でさえ、これが
見られます。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター