画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:336, 合計:7563:メッセージ
お名前:M.H. ,2014-11-05 05:45:43 PM
題名: 命がけで全うすること
自民党税制調査会の野田会長曰く、
消費税を「上げるのが政治責任」と。
そうじゃない、
政治責任とは約束を何が何でも守ることではない、それなら誰でもできること、
大事なことは国民の生活向上である。それを命がけで全うすることだ!

お名前:M.H. ,2014-11-04 04:21:18 PM
題名: 珊瑚(さんご)密漁の本当の目的は何か
小笠原諸島や伊豆諸島一帯で中国漁船が多数操業している。密漁の罰金は最高で1000万円に過ぎないが、中国で良質な珊瑚は億単位で取引されているらしい。
この密漁を減らす一つの方法は、罰金を高くして採算が合わないようにする、あるいは逃げ得にならないように監視を強化する等いくらでもある。国の対応が甘い、だから完全になめられている、他国と同様に厳しく取り締まることである。しかし本当の目的は日本の出方を中国は見ている、皆さんはどう思われますか。
[参考文献]毎日新聞11月1日号

お名前:c.h. ,2014-10-30 10:53:41 AM
題名: 消えた紙おむつ
店頭から紙おむつが品薄になっている、原因は中国人によう本国への転売だらしい。

お名前:松村 ,2014-10-21 08:56:31 AM
題名: ノーベル賞に関しては、日本⇔中国、韓国の歴然たる差

たとえどんなに経済成長を続け、強大な軍事力を誇っても、その国が世界中の尊敬を集めることはありません。重要なのは、どれだけ人類史上に残る知的財産や文化的財産、すなわち普遍的価値を生み出したかに尽きる。またそれによってのみ、国民の真の自信と誇りが備わるのです。

中国籍、韓国籍を持って自然科学分野でのノーベル賞受賞者はいない。なぜ日本人ばかりがノーベル賞を取れるのか。
第1に、幼少期から成長していく過程で身近に美しいものがなければなりません。豊かな自然や優れた芸術、文学に触れて美的感受性を養うことが必要です。
第2に、精神性を尊ぶ風土も不可欠です。要するに、金儲けや実用性だけを追求せず、役に立たないと思えても精神性の高いものには敬意を払う土壌が肝要と言えます。日本では1400年の前から一般庶民が腹の足しにもならない歌を詠んでいる。そこに価値を生み出すことが何より大切なのです。多くの科学分野では、100年後に目が出るか、100年後に実用化するかどうか分からないことも研究しています。それを単なる無駄と考えてしまったら人類の進歩はないのですね。中国や韓国にも有能な人材はたくさんいますが、残念ながら彼らの多くは金融関係や弁護士、医者といった“金になる”仕事に就いたり、海外へと流出している。利益だけを優先すると“無駄”な科学に人材が向かわなくなるのです。
 また日本人受賞者には“海外留学しなくてもノーベル賞が取れる”という珍しい国です。こんな国は世界でも米英独仏露の6か国ぐらいではないでしょうか。

一部抜粋、加筆、書き替え [参考資料] 週刊新潮10月23日号

お名前:松村 ,2014-10-20 11:28:50 AM
題名: 皇后陛下お誕生日を心より寿ぎ奉ります
■皇后陛下お誕生日を心より寿ぎ奉ります

 皇后陛下におかせられましては、10月20日のお誕生日で満八〇歳をお迎えになられますこと心より寿ぎ奉ります。
 「国民の叡智がよい判断を下し、人々の意志がよきことを志向するよう常に祈り続けていらっしゃる陛下のおそばで、私も全てがあるべき姿にあるよう祈りつつ、自分の分を果たしていきたいと考えています」とかつて述べられた皇后陛下の御言葉に込められたご決意と、国民に寄せていただいている慈愛に満ちた限りなく温かい御心にお応えするためにも、私たち国民も努力と精進をすることを怠ってはならないと思います。
 常に天皇陛下とともに、国民の幸せと平和をお祈りいただいているご聖恩にあらためて感謝申し上げ、天皇皇后両陛下が、いつまでもお健やかであらせられ、皇室の益々の弥栄と、平成の御代が幾久しく続かれますようを心よりお祈り申し上げます。


■次世代の党 街頭演説会のご案内

平成26年10月22日(水) 東京 新橋駅前 SL広場前
次世代の党の第二回目の街頭演説会です。是非お集まりください!
予定弁士:
平沼 赳夫 党首
藤井 孝男 総務会長
山田  宏 幹事長
中田  宏 国対委員長
西野 弘一 幹事長代理
宮沢 隆仁 副幹事長
三宅  博 総務副会長
松田  学 政調会長代理


■平成26年10月16日、次世代の党拉致対策委員会にて「拉致問題解決に向けた日朝交渉に関する要請」を採択し、山谷拉致問題担当大臣に手交しました。

「拉致問題解決に向けた日朝交渉に関する要請」

私たちは、今なお北朝鮮に拉致されている被害者全員が一刻も早く帰国することを希求しています。

5月28日の日朝合意を含め、現在の日朝交渉は、北朝鮮側の戦術に沿って進められていると言わざるを得ません。

日本側は、北朝鮮側が特別調査委員会を立ち上げるとの報告を受け、3分野の規制を解除し(言葉対行動)、北朝鮮側は大きな成果を得ました。
未だ調査委員会からの報告は無く、政府は、北朝鮮の誘いに乗って調査団を派遣する方針であると報道されています。
また、日本側は日本人遺族の墓参を国の事業として実施していくことを北朝鮮側に伝えたとの報道もあり、この事業によって、北朝鮮側は日本側から多額の資金を獲得することとなります。
このままでは、拉致問題に触れぬまま、なし崩し的に北朝鮮側に更なる規制解除、人道支援等の譲歩を与えることになります。
私たちは、現在の形での交渉を続ける限り拉致被害者の救出には至らないとの強い危惧を抱いています。

この流れを変えるためには、日本政府は、北朝鮮に対し、拉致被害者の救出は喫緊の課題であり、拉致被害者の帰国なくして日朝関係の進展はないことを明確に示すとともに、拉致被害者に関する報告がなされなかった以上、この交渉は一旦中断せざるを得ない旨伝え、日本側の今後の交渉のあり方について再検討する必要があります。

政府におかれましては、以上の点を踏まえ、安倍総理が最重要課題と位置づける拉致被害者全員の一刻も早い救出に向けて、北朝鮮内部の情勢も慎重に把握しながら、戦略的に交渉に臨まれるよう、次のことを要請します。

一、拉致被害者に関する報告がなされなかった以上、これまでの交渉を一旦打ち切り、拉致被害者救出に的を絞った交渉を行うこと。

一、このため、平成26年7月4日に解除した3分野の規制措置を再び課すること。

一、交渉に当たる組織については、拉致対策本部、警察、公安などを中心とした交渉団を編成し、北朝鮮側に対しても、拉致被害者解放について権限を持つ者が交渉を担うよう求めること。

平成26年10月16日

内閣総理大臣
安 倍 晋 三 様

次世代の党
党首 平沼赳夫


■国会審議について

次世代の党の山田宏幹事長は、混乱を招いている国会審議について
「我が党は政権与党のスキャンダルを探し出して足を引っ張るよりも、危機にある日本を救うことのみに全力投球する」
「党利党略の足の引っ張り合い、スキャンダル攻撃みたいなことをやる余裕は日本国にも、国民にもないはずだ」
と述べ、不祥事は政倫審で別途審議すべきであり、審議は審議として進めることが望ましいとの認識を示しました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◎平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/

◎平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org

◎次世代の党本部
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
公式サイト http://jisedai.jp/index.html
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

※転載です。

お名前:M.H. ,2014-10-17 12:49:34 PM
題名: 再生エネルギー買い取り制度見直し
理由は、①契約申し込みが急増、②全てを受け入れると大規模停電が起こる恐れがある。また目標通り自然エネルギーを増やした場合、電気料金が毎月700円程度高くなる可能性あり。しかし何れも最初からある程度分かっていること、計算が甘かったのではないか。何れにせよ電気料金が上がるのは家庭や企業にとって大きな問題である。考えられるのは、太陽光、風力、地熱、波力発電など研究を続けていくと同時に、現在稼働している水力、火力、再開待ちの原子力発電所等を有効利用する。安定供給のためには、節電に取り組み、必要ならば新発電所の建設である。
[参考資料] 産経新聞10月16日号

お名前:松村 ,2014-10-16 01:32:14 PM
題名: リニア中央新幹線
リニア中央新幹線、東京―名古屋間の工事着工を目前に控えた、いよいよだ。♪ 問題は名古屋―大阪間で京都と奈良の綱引き、しかし奈良を通ることは既に確定済みである。VSIT JAPAN大使後藤氏の発言の様にリニア新幹線はJR東海に、そして東海道新幹線の運行主体をJR東日本(私は一貫性のことを考えるとJR西日本が望ましい)にする。そうすれば競争原理も働き、大阪―東京に鉄道の2大幹線ができ日本はさらに発展するだろう、勿論京都も奈良も栄える! 県単位の小さいことを考えずに日本全体のことを考えることが肝要ではないか。それが政治家であり大企業の社長の仕事である。
[参考資料] 産経新聞10月15日号

お名前:M.H. ,2014-10-15 05:40:55 PM
題名: 後期高齢者の医療費増
75歳以上の後期高齢者の医療費が2016年から段階的に上がる。しかし後期高齢者がこれをいい機会ととらえ、運動や食事等を工夫すれば病院に行く回数や医療費が減り、よりよい健康な生活が持続出来ると思う。そのことにより国難の一つである医療費削減に繋がるのである、皆さん一緒にがんばりましょう!♪♫

お名前:M.H. ,2014-10-14 03:08:00 PM
題名: 働かざる者食うべからず
「働かざる者食うべからず」という言葉がある。聖書にも「働きたくないものは、食べてはいけない」と書いてある様に、働こうとしない怠惰な人間は食べることを許されない。食べるためにはまじめに働かなければならないということである。
ここに書かれている「働きたくないもの」つまり「怠惰なもの」とは、働きたくても働くことができないで人の世話になっているといった、止むを得ない生活をしている人のことではなく、正当で有用な仕事に携わって働く意志をもたず、拒んでいる者のことである。
 多くの人は、少々病気でも働いているのである。生活保護受給者にも、出来る限り軽労働を義務づけることである。また成人になっても、就職して自分の食べるだけの収入を得ようとしない人には、何か罰を与えてもいいのではないか。例えば選挙権を与えない、健康保険料の税率を上げる、といった。私達が働いて国に税金納めなければ国はなりたたない、国に何かをしてもらうのでなく、何かをすることである。
[参考資料]ウィキペディア、産経新聞10月1日号

お名前:M.H. ,2014-10-10 05:49:27 PM
題名: TV出演
■平沼赳夫TV出演

10月12日(日) 9:00 NHK「日曜討論(生放送)」
概要:安全保障政策についての、各党責任者による討論
平沼 赳夫 次世代の党 党首・次世代の党 安全保障調査会長

ご高覧いただければ幸甚に存じます。

■動画メッセージ(「超人大陸」HPより)

「朝日新聞の誤報について国会召致を求めるべきだ」
http://akibach4.sakura.ne.jp/hiranuma140922.wmv

「国内外の問題に対して日本は毅然たる態度で解決すべき」
http://akibach4.sakura.ne.jp/hiranuma141006.wmv

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◎平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
◎平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org
◎次世代の党本部
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
公式サイト http://jisedai.jp/index.html
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
====================
転載です

お名前:M.H. ,2014-10-07 01:36:22 PM
題名: 濡れ衣払拭 個人の挑戦「慰安婦」
―濡れ衣払拭 個人の挑戦「慰安婦」-
「20万人の強制連行」「性奴隷」「終戦間際の虐殺」など、日本国の濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)と不名誉を晴らしたいと本当に思えば、個人だってここまでできる。そう実感したのが、谷山雄二朗氏が全編、英語で語った作品『スコッツボロガールズ』だった。

  私はこれをDVDで観(み)たが、作品の題名を氏は1931年に米国アラバマ州スコッツボロで起きた事件からとっている。白人女性2人が黒人青年9人に強 姦(ごうかん)されたと訴え、8人に死刑判決が下された。証拠は女性の証言のみ、物証はなかった。後に女性の1人が被害話を嘘と認め、被告人らは50年に 釈放されたが、全員の無罪確定は事件からなんと70余年後だった。

 谷山氏は黒人青年らの濡れ衣の苦しみと日本人の慰安婦問題の苦しみに 共通性を見いだし映画の題名をつけた。氏は41歳、日本で生まれ豪州、タイで育ち、英語は極めて流暢(りゅうちょう)だ。言論の自由を尊び差別を憎む。氏 は少年時代に受けた人種差別の記憶があるからこそ、「今になっても、偽善や、どうみても筋が通らないことに対し、黙っていられないのかも」と語っている。

 なぜ人は事実に目をつぶり偏見を抱くのか。氏はこうも訴える。

 「僕がチャレンジする慰安婦問題は(海外では)超アウェーの議論になるでしょう。だって国際社会では今や『慰安婦=セックス奴隷』ですから」。しかし、「もう傍観できない。日本人として反撃キックオフ、それしかない」

 氏は韓国人の言い分を聞くべく、まず、ソウル郊外にある元慰安婦のための施設、ナヌムの家を訪ねる。しかし、そこで摩訶(まか)不思議な体験をする。大阪の在日の人々に阻まれ、門前払いされたのだ。彼らは一体そこで何をし、何を隠そうとしているのか。

  日本大使館正面に設置された慰安婦像前の集会で歌や踊りに熱中する韓国の若者にも氏は問う。金学順氏の「貧しさゆえに14歳で母親に売られた」とのハン ギョレ新聞の告白記事を読んだことがあるかと。彼らは読んでいない。金氏は女子挺身隊の名の下に連行されたとの「朝日」の記事を信じているのであろう。

  谷山氏は別の元慰安婦、文玉珠氏の残した貯金通帳の拡大コピーを示し、東条英機首相の月給が800円だったとき、彼女が2年間で2万6145円を貯金した ことを明らかにする。ソウルでは1000円で家が買えた時代に26軒分の資産を2年で蓄えた女性を奴隷と呼ぶのは無理だと、これは誰でもわかる。

 こうした情報はすでに大半の日本人が共有する。問題は、しかし、当の韓国をはじめ諸外国の人々が恐らく、ほとんど知らないことだ。だからこそ全情報を英語で発信する谷山氏のように、国際社会にあらゆる面で事実を知らしめる具体策が急がれる。
[参考資料]産経新聞10月6日号転載

お名前:M.H. ,2014-10-06 11:31:12 AM
題名: 拉致問題は対応が甘すぎる
拉致問題を解決する日本政府の対応をみている限り甘すぎる、完全になめられている。これではどうみても解決は難しい様に思われてならない。解決するためには、主導権を握り、北朝鮮に振り回されることなく具体的に期限を切って一つ一つ解決することである。また拉致被害にあっている他の国々と連携し圧力を加える、国連を活用する。日本の担当者が北朝鮮に行くのではなく日本に呼ぶ。北朝鮮に好き放題にされている、一体いつまでかかっているのか。皆同じ思いであると

お名前:M.H. ,2014-10-03 01:10:03 PM
題名: 国会議員定数削減
―国会議員定数削減―
定数削減をすればいいというものではない、重要なことは無駄な議員がいるかどうかである、国のために必要なら削減する必要はない。

お名前:M.H. ,2014-10-02 03:09:24 PM
題名: 香港民主化デモ
中国は2017年に予定されている香港特別行政区の次期行政長官選びで普通選挙の導入を認める一方、親中派からなる指名委員会で候補を事前選考し、民主派を事実上、排除する仕組みを決定した。中国は1997年に香港が英国から返還される際に、「一国二制度」下での「高度な自治」を保証した。香港トップの候補者の恣意的な選抜は「国際公約」違反である、デモは当然おこる。英国や米国、欧州、日本も中国に対して公約の順守の順守を促すべく、強く働きかけてもらいたい。
[参考資料]産経新聞9月30日号

お名前:松村 ,2014-09-30 09:11:39 AM
題名: 安倍首相所信表明演説に対する代表質問

■平沼赳夫 次世代の党 党首 代表質問のご案内
日時:平成26年10月1日(水)15:00~15:25
概要:衆議院本会議
   安倍首相所信表明演説に対する代表質問
質問者:平沼赳夫 党首
備考:本会議の進行により、時間が前後する場合があります。


■Youtubeに次世代の党チャンネルを開設いたしました。
是非チャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/user/jisedaiCH/


■次世代の党 結党大会 所属議員紹介PV
https://www.youtube.com/watch?v=RRdD-jmnRDI&list=UUuayKkheYJwSAo3TFOmrbcw


■次世代の党「2045ビジョン」プロジェクトについて

 温故創新を謳う私たちは政策を考える上で経済や防衛、人々の生活などすべての分野において過去と現在そして未来を見通す必要があると思っています。
  例えば日本は100年前には人口約3000万人で平均寿命は約35歳でした。終戦時には多くの方が亡くなりましたがそれでも人口は7200万人に増え、平均寿命は52歳となりました。そして現在平均寿命は83歳まであがり、人口は1億2500万人に増えていますが、これから人口は減っていくでしょう。
経済規模については100年前は約4兆円だったものが終戦時には約20兆円に増加しています。そして現在は481兆円にまで増えています。次に国防費の多い主要国家を見ることで世界の様子が見えてきます。
上位三か国で比較してみると100年前はイギリス、フランス、ロシアだったものが第二次大戦の終わりにはアメリカ、イギリス、ドイツとなり現在はアメリカ、台頭してきた中国、そしてロシアとなっており、世界に与える影響力がある国や紛争の火種となっている国が見えてきます。最後に人々の生活様式を見てみましょう。(これはご覧いただいている画像の通りですが、)人々の暮らす町並、着ているものなどからも当時の世相が見えてくるものです。
  2045ビジョンはこのように温故創新の見地から次世代の日本はどのような国になっているのかそしてどんな国にすべきなのかを考えるプロジェクトです。2045ビジョンで考えること。我が党は日本人が幸せに暮らせる国づくりを提言します。
 また我が党は次の世代のためにより良い国づくりを行うだけでなく、その良い日本をしっかりと引き継いでいきたいと考えています。今我が国が抱える問題を考えたとき、果たして日本の未来はどうなるのだろうかと様々な不安が頭をよぎります。
 高齢化は進み、労働人口は減っていきます。生活保護世帯は増大し、外国からの軍事的圧力も日増しに強まっています。異常気象による災害対策や環境問題への対応も必要です。学力の低下は日本の競争力を削ぎ、年金財源は枯渇しそうです。原発の廃炉問題や世代間の格差、医療費の増大など問題は目の前に山積しているのが今の日本です。しかし、そんな現状に不安を感じることを一休みしてまずはあるべき日本の姿を想像してみようではありませんか。

  それではプロジェクトの具体的内容の説明に移ります。
 来年は終戦から70年です。我々次世代の党は終戦から100年経った日本のグランドデザインを考えていきます。それは経済や技術革新、国際関係や安全保障など様々な観点から考察します。そしてもちろん政治の在り方についても考えます。そこで我々次世代の党は2045ビジョンプロジェクトを立ち上げます。
 2045年の日本はいったいどんな国になっているんでしょうか。またどんな国にしていくべきなんでしょうか。皆さんも想像してみてください。
 2045年、私たちは国民自らの手で作った憲法を持っています。また、国と地方の役割分担が明確になり次世代の活躍しやすい国になっています。ライフスタイルも大きく変わります。エネルギー自給率が100%の日本、食料自給率が100%の日本。自前の力で自国を守れる日本。世界一税率が低い日本。伝統文化やポップカルチャーで世界中から観光客が集まる日本。労働力不足をロボットがサポートしてくれる日本。そして国民が100歳まで健康で安心して暮らせる日本。こうやって我々が想像するのは来年生まれる次の世代の日本人が30歳になったときの日本です。
 そしてそれは30年後に私たちが生活している日本なのです。私たちは今までの政党が近視眼的にしかとらえてこなかった政策立案を全く新しい形で考えます。
 2045ビジョンは2045年に実現したい日本の姿を構想するプロジェクトです。次世代の党はこのプロジェクトの提言をもとに2045年にあるべき日本の姿を実現するための政策を立案していきます。
 2045ビジョンで私たちは提案します。次世代の日本の姿を。
 その未来の日本を作るための政策を。発表を行うのは2015年8月です。終戦から70年がたつその月に、私たちの政策を発表します。このプロジェクトは終戦70年後の日本から、終戦100年後の日本へのメッセージなのです。そしてこれは次世代の日本人へのメッセージでもあるのです。
 2045ビジョンでは我が党をご支援いただく皆様も未来の日本を”そうぞう”するメンバーの一員です。
 さぁ、一緒に未来を考えましょう。100年単位の時間軸で日本と国民のことを考える唯一の政党である、私たち次世代の党、そして我が党の2045ビジョンにご期待ください。

(結党大会にて)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/

平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org

次世代の党 事務局
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
クリムゾン永田町ビル6F
TEL03-3595-3555 FAX03-3595-2557
FB https://www.facebook.com/jisedai.party
プレ公式サイト http://jisedai.jp/index.html

※転載です

お名前:松村 ,2014-09-29 05:27:01 PM
題名: 英語が上手になって栄えた国はあるだろうか
英語が小学校5年生から正式な科目になる、しかし問題点もある、授業時間の確保、英語の不得手な先生がはたして教えられるか。大事なことは英語が話せるだけでは一部の人を除いていったい何の役に立つのか。英語のできない人ほど英語英語と騒ぐのである。世界を見回して英語が上手になって栄えた国はあるだろうか。

お名前:M.H. ,2014-09-22 02:32:56 PM
題名: スコットランドの選挙
スコットランドの選挙を終えて
一番喜んだのは中国ではないかなあ
もしチベットやウイグル自治区で同様の選挙が行われることがあれば、
結果はいかに?!

お名前:M.H. ,2014-09-17 05:39:44 PM
題名: スコットランド 明日住民投票
スコットランド 明日住民投票 独立 賛否拮抗

独立をしない方がいいのではないだろうか、
それは世界に広がる可能性がある、民族主義等である。
難しい問題だ。

お名前:M.H. ,2014-09-04 04:54:01 PM
題名: 北海道分割から免れた
□ヤルタ密約
昭和20年2月4日から11まで、クリミヤ半島ヤルタで米ルーズベルト、英チャーチル、露スターリンの3か国首脳会談が開かれた。会談でルーズベルトはソ連による千島列島と南樺太の領有権を認めることを条件として、スターリンに日ソ中立条約を破棄しての対日参戦を促した。

□ソ連の北海道占領計画
スターリンはトルーマンに、
1)日本軍がソ連に明け渡す区域に千島列島全土を含めること。
2)日本軍がソ連に明け渡す区域地域には北海道の北半分を含むこと。
と伝えた。

□占守島の戦い
カムチャッカ半島の南端から海峡を隔てて10キロ余、千島列島の最北端に占守島(しゅむしゅとう)という島がある。この島に、将兵の誰もが戦争は終わったと信じていた8月18日午前0時過ぎ、カムチャッカ半島のロパトカ岬からソ連軍長射程砲の砲撃が開始された。「ソ連軍、占守島に不法侵入を開始す」という電文が北千島方面の第91師団長、堤不夾貴中将から札幌にある第5方面軍司令部に入ったとき、司令官の樋口李一郎中将は反撃命令を発した。
 実際の戦闘では、ソ連軍は上陸用舟艇16席など計54隻、総人員8300人余りで、18日午前零2時に島北端に急襲上陸を図った。1日で全島を占領し、千島列島を南下する計画だったが、日本軍の予想外の抵抗により大きな被害を出し、変更を余儀なくされた。
 結果として北海道は護られたのである、樋口李一郎中将の英断であった。もし樋口中将の英断がなかったなら北海道北半分はロシア領になり、東西ドイツや南北朝鮮の様な悲惨な状態になっていたかもしれない。

[参考資料]産経新聞 8月19日号 続く

お名前:M.H. ,2014-08-29 04:45:06 PM
題名: ヤルタ密約
「ヤルタ密約」
昭和20年2月4日から11まで、クリミヤ半島ヤルタで米ルーズベルト、英チャーチル、露スターリンの3か国首脳会談が開かれた。会談でルーズベルトはソ連による千島列島と南樺太の領有権を認めることを条件として、スターリンに日ソ中立条約を破棄しての対日参戦を促した。
[参考資料]産経新聞 8月19日号

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2020 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター