ページ番号:350, 合計:8986:メッセージ
お名前:LENNON ,2019-02-06 07:02:54 PM
題名: 勤労統計について
毎月勤労統計に必要な調査項目は何だろう?給与月額?その元になる賃金計算に必要な時間単価と勤労時間?タイムカードに記載された勤務時間で残業時間も当然数字になる。給与月額は企業が計算するから当然単価等の必要な数字は持っている。そのデータを企業がファイルにして送れば良いだけの話。一々役人が調査に回る必要は無い。厚労省の調査その物が無駄な行為。企業は毎日PCに入力して持っている筈。そのデータを元に経理が利益を計算し申告をし税金を納めている。と言う事は税務署或いは財務省がデータを持っていないとおかしい。もしももっと詳しい数字が必要なら月々の締め日にファイルを役所に送れば良いだけ。また、役所はデータの並び順や書式を統一して送付をお願いすれば良い。国会のやり取りはそう言う実際の作業には関係の無い話ばっかりだ。その話で稼いでいるマスコミも評論家もピントのずれたトンチンカンな話ばっかり。情報処理の初歩でもお勉強すればどんな話をすれば馬鹿に見えないかは判るはず。

お名前:日本人 ,2019-02-06 09:09:45 AM
題名: 日本人
日中戦争当時の日本人とシナ人
(写真は数年前の産経新聞?より)


お名前: ,2019-02-04 11:05:14 AM
題名: サイバー攻撃
サイバー機密で英・米・カナダ・豪州・ニュージランドに日・独・仏が枠組みに参加する。これで中国を警戒できる。

お名前:LENNON ,2019-01-31 03:58:05 AM
題名: 国の基本と民主主義
国とはその国に生を受けた人間が構成する。それを国民と言う。その国民が生活をしていく上で個々人の生活をより良く豊かにする為に物々交換では無く通貨による取引で利便性が増した。その通貨は国が発行し価値を保証する事で利用する安心感が増加した。経済とは国民の生活を丸ごと一つの言葉で表した物だ。国民の間には争いも当然起きる。だからルールが生まれ司法制度が出来た。その様な経済や治安を維持管理する法が必要だから立法組織である国会が必要になった。そこで議論し良い法を作り又は改定する為に議員を有権者が選び権限を付託している。そして国民の税金で歳費を支払っている。議員の生活は国民が面倒を見ている。立法により必要とされる国民へのサービスが行政組織が担当している。ここで働く人達は公務を担当するから公務員と呼ばれその生活の糧となる給与を税金から拠出している。この公務員にも権限が与えられているが法に基づいた範囲で国民が付託している。ここまでで如何して国民が主権者である説明にはなったと思う。ここまでは国内の事だ。国と言う物が有れば当然争いが起きる。そこで話し合いで争いを解決する為に外交が必要であり外務省と言う組織が必要になる。外交とは口頭による問題解決を図る手段だ。その外交が国益に叶う成果を上げるには軍事力の裏付けが必要不可欠なのは国際常識だ。もう言い古された言葉だが富国強兵と言うのが有る。富国の部分は誰も異を唱えないだろうが強兵の部分を軍国主義の現れだという議論がある。では強民ならどうだろう?国民が強くある事に反対はしないだろう。主権者たる国民が選んだ議員が作った法を守り支持し行政サービスを受け必要な軍事の組織も持つ。しかし誰も言わないのは国民がその結果に責任を取るって事だ。最終責任は国民が負うのが正しい民主主義で文句だけを言うのは間違っている。と言うより民主主義を理解してない。自分は責任を負いたくない無責任でいたいと言うならば独裁国家に移住されればどうだろう?責任の全ては独裁者が握っているから無責任でいられる。世界には幾つかそう言う国がある。そしてどの様な国かは世界中に知られている。

お名前:LENNON ,2019-01-30 02:03:24 PM
題名: 毎月統計調査について
厚労省の不祥事について。この調査がどう言う項目で行われているのかを是非知りたいものだ。賃金と言うからには当然税務署に一年ごとに申告してるのだから基本的なデータは持ってるはずだ。毎月調査をしなきゃならんのかが理解出来ん。如何しても毎月しなければならないのであれば厚労省じゃ無く税務署に権限を譲って調査をして貰えば良い。そうすれば厚労省の下手な調査よりよほど信頼の置けるデータになるだろう。自分の能力を超えた仕事をしてはいけない。また、今時の企業であればIT化が進んでるだろうから賃金と個々の必要な単価、時間のデータを税務署にファイルで提供するよう義務化すれば良い。本当はオンライン化して消費税等の国民からの預かり金を毎月納めるようにすれば尚良い。当然セキュリティーの強化も含めて推進するべきだ。オンライン化はイカサマ防止にも寄与する可能性がある。

お名前:LENNON ,2019-01-30 06:05:31 AM
題名: 選挙について
選挙で選んだ議員の不祥事が後を絶たない。そして多くは次の選挙まで地位は維持される。当然その議員に対する歳費は税金から支給される。選挙の方法が不備ではないか。今はデジタル技術も発展しセキュリティーも完全では無いが信頼度は高くなっている。選挙の方法を大きく変え記名式にしても良いのでは。投票所で本人確認をするのは従来通りで良いのだが自分の投票した者に対してのみ投票を取り消す権利を有権者に与えれば、得票が減り失職の可能性も出て来る。又は次席の者の当選も有り得る。公職選挙法の改定が必要だが。今の様な有権者の存在を無視した言動は抑止出来るのではないか?この投票行為を現在の紙による記入式から完全にデジタル化し、投票所の端末に表示された候補から選んでクリックすれば無効票は無くなり投票終了時には開票の集計も終わってる事になる。毎度開票所に行き作業を見ているが人海戦術でやってるあの作業も不必要になる。様々な小さい部分で改良の余地は出て来るだろうが将来的にはメリットは大きい。最も大きいメリットは費用の削減だ。用紙の印刷は不要になり保存の費用も無くなる。良い事だらけの様に思えるが当然反対する人も出て来るだろう。こう言う制度改革が本当は必要だ。

お名前:領土 ,2019-01-29 10:59:54 AM
題名: 盗られた領土
盗られた領土は取り戻すのが基本中の基本。竹島にしろ北方領土も。その基本を邪魔してる根本が憲法9条の存在。9条は安全保障の在り方を規定している。この条文と項目を削除し、国の安全保障は国際規範を遵守しそれに従う。との一文にすれば面倒な解釈や屁理屈は出てこなくなる。勿論国際法が変わればそれに合わせる。今も色んな考え方が交錯してるが単純にした方が良い。シンプルイズベストだ。

お名前: ,2019-01-29 10:38:26 AM
題名: 消費税を物品税に
消費税は景気の腰を折る悪税でしょうな。大根、芋と乗用車、家の税率が同じだから問題になる。貧乏人でも金持ちでも。命を繋ぐ食品でも贅沢品のフェラーリでも。1000円以下は無税で良いんじゃ無いの?妙な複雑怪奇な軽減税率なんか止めて。単品が1000円を越えれば課税、以下は無税で。基本的に財務省の役人特に消費税の言い出しっぺはバカの極み。元々物品税ってのが有って贅沢人には課税してたんだから。その財務省に騙される政治家の頭はどんな構造をしてるのやら?ここから先は想像だが財務省の中に日本を破壊したい工作員が混じってるのかも知れない。

お名前:MH ,2019-01-25 09:08:45 AM
題名: 国家の三要素
 「地理A」の問題の選択肢の一つに、「国家は、国民と領域と主権の三つの要素からなる」との一文がありました。いわゆる「国家の三要素」です。
 この1週間を振り返ると、北方領土交渉の行方が注目された日露首脳会談、英国のEU離脱をめぐる動きなどのニュースがありました。どちらも「国家とはなにか」、つまり「何を守ろうとしているのか」を正しく理解した上で接すれば、より内容を深く読み解くことができると思います。(参考文献)産経ニュースより一部抜粋

お名前: ,2019-01-24 04:42:14 PM
題名: 領土交渉
領土交渉は長期化するだろう。
日本は北方領土返還に力を入れる、
一方ロシアは経済優先に必死。
少なくともその経済協力で東シナ海問題でロシアは中立の立場でいるに違いない。
政府は長い目で交渉するのもよしではないか、
急いではならない、「急いては事を仕損じる」総理大臣殿、余裕を持ってやりましょうか。

お名前:Peace ,2019-01-24 04:30:02 PM
題名: Peace
Peace is freedom from or cessation of war.

お名前:h ,2019-01-23 03:45:37 PM
題名: 領土交渉
安倍総理大臣はよくお国のために頑張っている。ロシアは経済協力を取り付けたい、以前と同じである。我が国の経済協力作戦は、少しづつ、少しづつ、亀の歩みの様にしていけばそれでいい。我が国は急ぐことなかれ。島を島民のためにそして日本国のために早く返してほしい。しかしすぐに島が我が国の領土にならなくても特に困ることはない、長い目で見ればいい、そうしないと解決しない。

お名前:m ,2019-01-23 02:11:42 PM
題名: 食品の無駄減ら
 私が思うには、まず冷蔵庫の中が一目で分かるようにして無駄を省く、これで買いすぎや賞味期限、消費期限での無駄を省ける。
 賢明な皆さんはどうされていますか?
 「食品ロス」とは飲食店や家庭での食べ残しや食品メーカーの余剰在庫、小売店の売れ残りなど、食べられるのに廃棄される食品。環境省によると食品ロスは2015年に事業所から357万トン、家庭から289万トンと推計され、国民一人あたりに換算すると、毎日茶碗1杯のご飯に相当する。(参考資料)毎日新聞12月21日号 一部抜粋書き換え

お名前: ,2019-01-23 10:08:32 AM
題名: 北方領土問題は長期戦で
ロシアのラブロフ氏は「北方領土は第二次世界大戦の結果、合法的に手に入れた」と歴史的認識受け入れを迫る。次々と難題を突き付けてくるのは返したくない証拠。先ず返すことはないだろう。

お名前: ,2019-01-17 10:33:21 AM
題名: 領土・主権館
 日本個有の領土である尖閣諸島や竹島に関する資料を集めた「領土・主権館」移転が宙に浮いている。現在は東京都千代田区にある市政会館にある、移転候補地に東京・四谷が浮上している。
 今やるべきこと、日本人は勿論諸外国の多くの人たちに現実を見てもらうために一等地に速やかに移転すべきである。国は何をもたもたしているのか。

お名前: ,2019-01-16 09:03:22 AM
題名: 急ぐことなかれ
安倍総理大臣殿
日露首脳会談で北方領土解決を急がない方がいいい。急げばロシアの思う壺。早く平和条約を締結したいのはロシア側である。ロシアは現在八方塞だ、欧州や米国など。帝政ロシア時代にロシア領となった極東アジアは中露の大きな懸念。ロシアは日本と平和条約を締結して極東に活路を開きたい。

お名前:正義 ,2019-01-12 10:56:29 AM
題名: 検察庁頑張れ
ゴーン前会長の件で裁判所に外圧外圧あるが裁判所も検察庁も正義を貫き模範とせよ

お名前: ,2019-01-08 04:24:27 PM
題名: ゴーン前会長
日産のゴーン前会長は法廷で無実を訴えた。
真偽はいかに・・・。

お名前:政治 ,2019-01-07 04:58:08 PM
題名: 本日から
平成31年も本格的に始まるのは本日から。
政治も経済も去年より更に前に進んでほしい。

お名前:国際通訳株式会社 ,2018-12-28 04:12:15 PM
題名: 明けましておめでとうございます
謹賀新年
昨年はお世話になりました
今年もよろしくお願いいたします
平成31年1月1日
国際通訳株式会社

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター