ページ番号:363, 合計:8186:メッセージ
お名前:難波 ,2016-08-16 01:38:46 PM
題名: 国内総生産増
内閣府によると国内総生産(GDP)は年0.2%増(4~6月)、これは住宅や公共事業が下支えした。GDPの6割が個人消費である、だから個人消費を増やすことが総生産増になる。そのために政府は国民にお金を消費に向ける対策、すなわち将来の不安を払拭させることではないか。

お名前:イロハ ,2016-08-05 01:25:22 PM
題名: 自爆テロ犯を「カミカゼ」
自爆テロ犯を「カミカゼ」

テロが相次ぐ欧州で自爆テロ犯が「カミカゼ」と呼ばれる傾向が表れている。語源は日本の神風特攻隊だが、自爆テロ犯は民間人を無差別に殺害する一方、神風特攻隊は国際法が適用される正規軍が相手だった。
英語圏では自爆テロ犯は「スーサイド・ボマー」(suicide bomber)(自殺の様に爆死する者)と呼ばれている。(産経新聞参照)

国は後手後手にならないように対策を講じねばならない。

お名前:東京 ,2016-08-01 05:48:56 PM
題名: 世界の東京に!
小池百合子さん
おめでとうございます!
世界の東京にしてください!
いろんな面で世界の東京にしてください!

お名前:xyz ,2016-07-28 02:52:26 PM
題名: 是々非々
政治の世界でも、経済の世界でも、また学校や職場でも必ず問題が起きる、しかしこれが社会である。

多くの人たちに納得してもらうためには、やはりよいことをよいとして賛成し、悪いことは悪いとして反対することではないでしょうか。
世界平和のためにも是々非々を活かせないだろうか。

広辞苑によれば、是々非々とは、「良いことは良い、悪いことは悪いと、事に応じて判断すること」とある。

お名前:松村 ,2016-07-13 05:50:42 PM
題名: 10,000,000,000,000円
10,000,000,000,000円超の経済対策を首相指示!
皆さん、好景気は皆さんの消費にかかっています!?
うんとウンと使ってください!!!

お名前:松村 ,2016-07-11 05:56:21 PM
題名: 与党過半数制す
与党、自民党・公明党で過半数制す!

野党もよく頑張ったのではないか!
政策の違いがあるだけで、与党も野党も同じ、国民のためにある。
国民のために、まずは経済政策、すなわち今まで以上の生活向上の底上げである。
経済をよくするには、「もうけ」て「使う」、これだけです。皆さん大いにお金を使ってください!?!?

お名前:M.H. ,2016-06-17 01:50:54 PM
題名: From Hiroshima
We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men and women and children, thousands of Korean and dozen American held prisoner.
To be continued

お名前:M.H. ,2016-06-16 05:38:30 PM
題名: From Hiroshima
A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.
To be continued

お名前:M.H. ,2016-05-31 11:15:24 AM
題名: from Hiroshima
Sankei Shimbun on 28th May, 2016 says
"U.S. President Barack Obama’s speech at the Hiroshima Peace Memorial.
Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed."

To be continued.

お名前:M.H. ,2016-04-05 05:45:25 PM
題名: 抗がん剤の薬価(1カ月当たり)300万円!
抗がん剤の薬価(1カ月当たり)300万円!
1993年には月額10万円以下であった。2002年以降は同数十万円台に、最近では同70~80万円になるものも出てきた。2015年には同300万円を超える。
問題なのはたとえこの高額抗がん剤を使用しても直る保証はどこにもない、多くは私たちの税金が注がれるのである。このままでは日本は医療費で押しつぶされる、それよりも予防医学などに力を注ぐ方がはるかに重要ではないか。政府はよくよく考えるべきである。
私を政府の医療費削減担当参謀にしてもらえるなら、間違いなく医療費を3年後をめどに、毎年数%ずつ減らすことができる、私は嘘を申しません(笑)
[参考資料]毎日新聞4月5日号

お名前:非裁判官 ,2016-03-15 10:42:28 AM
題名: 裁判官はそんなに偉いのか??
裁判官はそんなに偉いのか??
・原発問題の判決
・死刑の判決
・交通事故の判決
等々幾らでもある。
裁判官は、
神さまでもなければ、
仏さまでもない、
私たちと同じ人間である。
その裁判官が国を左右する、あるいはその人の一生を左右する、重い重い最終決定を下してもいいのだろうか。

お名前:松村 ,2016-03-03 04:03:52 PM
題名: 少子化問題
<下げ止まらない婚姻数>
昨年は63万5千組、戦後最低を更新する見込みで、解決方法の一つは出会いの場の提供である。下記の表は結婚相手と知り合ったきっかけである。
・社会人になってからの仕事関係
・友人などの紹介
・高校・大学時代の学区など
・インターネット
・趣味や教養のどのサークルなど
・婚活パーティー、合コン
・高校・大学時代のアルバイト先
・旅行などの偶然の出会い
・中学以前の友人
・お見合い
・結婚情報サービス
「社会人になってからの仕事関係」が最も高く「結婚情報サービス」に向かって少しづつ低下している。
[参考資料] 産経新聞 平成28年2月21日号

お名前:om ,2015-11-26 02:25:49 PM
題名: 違憲
衆院選で裁判官などは、違憲だとか無効だとかいっている、しかし何のために憲法があるのか。勿論国民のためにある。一票の格差格差というけれど人口が全てではないはずだ。人口ですべてが決まるのなら、人口は少ないが面積が広い北海道や東北、あるいは人口が少ない四国地方などは極端に国会議員が少なくなり、不公平が起こらないか。面積などを考慮すべきではないか。

お名前:008 ,2015-11-18 02:55:29 PM
題名: 都構想は?
大阪の知事選と市長選
大阪再生には大阪都構想にするのではなく、大阪市が都道府県並みの権限のある「大阪特別市」にすることである。そして周辺市と合併して面積も人口も拡大させる。大阪府はそれ以外の市町村をまとめればいいのではないか、それが将来の道州制につながりやすい。
大阪府が大阪都になれば横浜市や名古屋市、京都市、神戸市もするのか。東京は人、物、金が集まるようにできている、首都だから。
大阪の場合には、「都構想」ではなく、人、物、金が集まる「魅力ある都市」にすることである。大阪都にすれば府の赤字埋め合わせために大阪市の財源が使われる(笑) さらに数か月前に都構想が流れている、都構想はいかがなものか。

お名前:007 ,2015-11-10 04:18:38 PM
題名: 大阪知事・市長選挙
維新の知事・市長で何が起こっているか?
・雇用者報酬の推移:大阪は全国よりも悪い
・負債残高:膨らんでいある
・退職金ゼロ:実は手取り348万円増し
・維新の党分裂で政党助成金分捕り合戦
・など等ナド
数えればきりがない。

お名前:松村 ,2015-11-09 04:15:47 PM
題名: 大阪の知事選と市長選
 大阪再生には大阪都構想にするのではなく、大阪市が都道府県並みの権限のある「大阪特別市」にすることである。そして周辺市と合併して面積も人口も拡大させる。大阪府はそれ以外の市町村をまとめればいいのではないか、それが将来の道州制につながる。
 大阪府が都構想になれば横浜市や名古屋市、京都市、神戸市もするのか。東京は人、物、金が集まるようにできている、首都だから。
 大阪の場合には、「都構想」ではなく、人、物、金が集まる「魅力ある都市」にすることである。大阪都にすれば府の赤字うめのために大阪市の財源が使われる! 都構想には反対である。

お名前:松村 ,2015-11-06 01:07:19 PM
題名: 医療費激減の秘策-13
=血液のアルカリ性化=
血液が酸性になる大雑把な条件すなわち「陽の条件」というのは、文化生活(肉食、美食、酒、煙草)や精神の動揺、イライラ、交感神経緊張(短気、働き過ぎ)、汚れた空気、目まぐるしい社会生活などあげられる。しかし現在の私たちの生活を見ればここから抜け出すことはほぼ不可能である。
このことを考えると人類の血液は次第に「酸性化」(陽性化)の傾向をたどっている。これでは健康になれないし長寿も難しくなる。
 反対に血液をアルカリ化するための「陰の条件」は、正しい食生活や精神の安定、副交感神経の生活、きれいな空気、安定した社会生活などである。
 血液の酸性化(陽性化)は究極的に見れば陰電子の不足である。それで外から「陰電子」を補給してやれば、血液アルカリ化の目的を達することができる、次回に!
 皆さんの生活から考えていただいて、血液の酸性化につながっていませんか。
次回に続く
[参考文献]『無病長生術』昭和50年 伊藤賢治 健友館
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=hiroba_120_2

お名前:松村 ,2015-11-05 11:09:17 AM
題名: 国内総生産600兆円
安倍晋三首相が掲げる国内総生産(GDP)600兆円は可能か。
多くの関係者は難しいとの発言。しかし出来ないという人たちはできない要素をあげる、これでは実現不可能です。

可能にするには出来ることを前提に進める、そうすれば必ずや実現するだろう!!

お名前:om ,2015-11-02 04:59:12 PM
題名: 慰安婦問題
安倍首相と朴大統領の首脳会談で慰安婦問題で早期妥結で一致した。これからが大変だ!

お名前:松村 ,2015-11-02 03:20:59 PM
題名: 医療費激減の秘策
=薬では長生きできない=
「神経痛の速攻療法」「高血圧はもう大丈夫」「長生きするにはこれで」・・・等々。そんなに薬が効くなら、どうして年々現代人の病気がうなぎ上りに増えていくのか。この薬が効くという実証があるならば、どうして次から次へと違う薬がたくさん造り出されるのか。
「我々が使う病薬は、ことごとく毒物であるから、一服ごとに患者の活力を削減するものである。医師たちは病気を治療するという名目のもとに、かえって甚だしい害を与えている・・・」、これはアラング・クラーク博士の書いた本の中の一節である。
 現代医学は、もともとドイツのウィルヒョウの「細胞病理説」やフランスのパスツールの「細菌病理説」が基本となり発達したので、細菌を発見したり殺したりすることには威力を発揮するが、細菌によらない病気、例えば、高血圧、脳卒中、がん、心臓病、神経痛などの成人病に対しては全く無力に等しい。それは現代医学発達の過程が「細菌を殺す」ことに集中された結果にほかならない。
 薬物もまた、主として「細菌を殺す」ことに力を注いで研究されてきたため、確かに結核、肺炎、各種伝染病、化膿性疾患などには、素晴らしい効果を発揮する。だが細菌とても、「生き物」である、これを殺すためには毒物を用いなければならない、つまり「毒をもって毒を制す」という考えから出発したのが薬物である。だから薬には必ず毒性があると思っていいのである。
 こうみてくると薬でながいきできるはずがないことがお分かりいただけたでしょう。薬をできるだけ控えましょう! このようなことを書いていると製薬会社や薬局などに怒られるかもしれません、どうかがご容赦ください(笑)

次回に続く
[参考文献]『無病長生術』昭和50年 伊藤賢治 健友館

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター