画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:371, 合計:7882:メッセージ
お名前:松村 弘 ,2012-03-09 03:57:32 PM
題名: \"Mineral Deficiency has Been the Cause of All of These Modern Day Diseases and Life Style Illn
The mineral imbalance within the body is the result of modernization. Those modern deceases, especially cancer, are due to the lack of some microelements within the body. The therapy of super mineral can activate the internal secretion within the cells as well as immunocytes which can strengthen people's ability of immunity.

Reference book:By Hisatake Nojima,M.D. 2003
Publishing office: NPO Corporation Circle for Modern day Diseases

http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=en&url=kokyaku_syoseki_nojima_english

お名前:松村 弘 ,2012-03-09 01:32:55 PM
題名: 癌の原因―5
■ 早期発見・早期治療が広まっても、ガン患者は増える
国立ガンセンターによると、がん患者は、
1997年 479,000人
2015年 890,000人

ガン死亡者は、
2005年 320,000人
2015年 430,000人 と予想している。
年間死亡者の1/3は癌で死亡している。

何年後かには希望のもてる治療になるのだろうか、そのうち癌で死ぬことはほとんどないという時代がくるのだろうか。医者として癌が治癒できる病気になる可能性はほとんどない、これからもますます癌患者さんは増え続けていくと断言せざるをえません。

早期発見、早期治療が叫ばれています、そのことにより治る人も増え、生存できる期間もいままでよりも長くなるかもしれません。しかし癌になる人が減るということにはなりません。癌にならないことと、早期発見・早期治療とは全く別の問題であります。
一部抜粋変更加筆
[参考資料]『ガンをつくる心治す心』土橋重隆 2006 主婦と生活者

お名前:松村 弘 ,2012-03-08 11:29:03 AM
題名: ―小澤征爾指揮者の一日も早い快復を願う―
世界的な指揮者小澤征爾さん(76)の事務所は7日、小澤さんが来年2月末までに指揮をする予定だった国内外の公演をすべて降板すると発表した。2010年の食道がん摘出手術後、3回にわたって肺炎と診断され、低下した体力の回復に専念するとしている。

 事務所によると、今月17日から横浜、名古屋、大津の各市と東京都で、小澤さんが指揮をする予定だった歌劇「蝶々夫人」の公演は中止。5~6月に予定していたイタリア・フィレンツェでのオペラ公演や、6月のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との公演も降板する。今夏、長野県松本市で開催されるサイトウ・キネン・フェスティバル松本には総監督の立場で参加する。講演など指揮以外の活動は続ける。

 小澤さんの主治医は「がんの再発、転移などは一切認められず、肺炎も問題なく治癒している。しかし音楽活動の傍らのリハビリでは、本来の指揮活動を行うに十分なまでに体力が回復することは困難」としている。小澤さんは「大変つらい決断だった。1年間は体力をつけるためのリハビリと食事療法に励みたい」とのコメントを出した。

[参考資料]
 [2012年3月8日6時38分 日刊スポーツ紙面から]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120308-914180.html

小澤征爾指揮者の担当医はできる限りの治療をされてきたと確信します。しかし小澤征爾氏が完治されたとしましても、また同じ生活を繰り返されるなら、好まれない結果になりうるかもしれない、そのことを憂慮せざるをえません。
指揮者の健康状態を少しでも改善させられる方法はあるはずだと確信していま。その可能性があると思われる方法を少しずつこのブログに書き込んでまいります。またツイッターで流していきます。私達は日本の誇る世界の指揮者小澤征爾氏に、一日も早く快復されることを願っています。

お名前:松村 弘 ,2012-03-07 03:19:59 PM
題名: 癌の原因―4
■ 名医
患者さんが考えている名医とは、“どんな病気であっても、誤診の心配のない正確な診断をして最善の治療を完璧にしてくれる医者“である。
医者の仕事の大半は診断することで、診断の優劣が名医かどうかを評価する基準になっている。あまり名医にこだわらないほうがいいと思う。
例えば糖尿病の名医にかかれば、糖尿病は間違いなく治るか。間違いのない診断はするが、適切な助言をするか、名医に診て貰っても糖尿病は治らないでしょう。
それにたとえ名医であっても、いまの日本では保険で認められた治療以外はできないようになっているし、とっておきの治療法もない。一般の医者で治らない病気が、名医にかかれば治るというわけではない。一般の医者に治せない病気は、どんな名医でもまず治せないというのが偽りのないところである。

診断力以外の名医(巧拙を意味する)、例えば;
1. 手術の腕
1.内視鏡の技術
1.カテーテルの操作技術

極端に言えば、
慢性患者の名医とは;
1. 診断力のある医者。しかし病気を管理できても、治すことはできない。
急性疾患の名医とは;
1. 診断力と、治療に長けた医者である。

一部抜粋変更加筆
[参考資料]『ガンをつくる心治す心』土橋重隆 2006 主婦と生活者

しかし日本も広いもので、慢性患者(糖尿病)を「管理」ではなく、「改善」または「治している」医師もいます。また栄養水、運動等を取り入れて糖尿病を予防している施設もあります。

続く

お名前:松村 弘 ,2012-03-06 01:06:58 PM
題名: 癌の原因-3
■ 患者を検査漬けにするのは
患者さんを検査漬けにするのは西洋医学が科学そのものであるから、即ち科学的事実に基づく学問だからである。患者さんが病気かどうか、何の病気か、診断するにあたって科学的に分析することが欠かせない。多くの検査をして、どんな変化が発生しているか、変化の状態を科学的に把握しなければ、正確な西洋医学的診断ができない。医者は検査に頼るしかない。異常が認められれば治療し、なければ「異常ありません」と言う。

しかし患者さんが疑念をもつように、高価な機械の費用を回収するために必要以上の検査をする病院が一部にあることは否定できない。日本人は“科学的”という言葉や“西洋”と言葉にはいまだに憧れを感じてしまうところがある。医者から「医学的」や「検査の結果」という言葉で説明されると弱い立場にいる大半の患者さんはなんとなく納得してします。検査漬けになるのは医者の行う診断や治療を患者さんに納得させるためのという側面もある。

一部抜粋変更加筆
[参考資料]『ガンをつくる心治す心』土橋重隆 2006 主婦と生活者

続く

お名前:松村 弘 ,2012-03-05 01:17:01 PM
題名: 食わない思想
人生を考える場合、その人が能動的か受動的かによって、生き方の内実に計り知れないほどの違いがもたらされる。野口春哉の著書の中に、「食わなければ健康、食えなければ餓死」、この「わ」と「え」の違いこそが、同じ生理現象を人間にとってよいものにもするし、悪いものにもする。

その量が健康の元になるのか病気の元になるのかは、計算で決まるのではなく、摂取する側の心がけで決まるのである。現在我国で食事でこのようなことは一切教えていない、恐らく知らないのであろう。

健康法は断食、粗食、少食がよいといわれている。ただし本人が自覚してする場合である、人から強制されると逆効果である。自分で食べる量を減らせば体の調子はよい、反対に食べたいものを食べさせてもらえないと体の具合が悪くなる。

「少食の勧め」
人は人類誕生以来ずっと飢えとの戦いの連続であったと考えられる。現在でも世界の広い地域で満足に食べられない人たちがどれくらい多いことか、日本、欧州、北米等は例外といってもよい。それで人間の身体は長い長い長い歴史の過程で食べ過ぎるより少食の方がよいようにできているようです。反対に食べ過ぎは万病の元であるらしい(腹八分で医者知らず、腹十二分で医者足りず、あるいは断食が健康によいのも何となく解かりますよね!)。そうそう、丸々太った豚(トン)ちゃんは何と腹6分らしいですよ。腹一杯食べている人、豚ちゃんにも劣る、なんだか恥ずかしいですよね。しかしこれを読まれている方は上品な方ばかりだから腹八分と信じています、安心してくださいね!

一部抜粋書換え加筆 [参考文献] 執行草舟 2011 講談社


お名前:松村 弘 ,2012-03-04 11:30:59 AM
題名: 政府が海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に関する法律の一部を改正する法律案を閣議決定】
 政府は2月28日、海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に関する法律の一部を改正する法律案を閣議決定し、国会に提出しました。
 わが党は、尖閣事件を契機に、領海警備体制の強化を求めてきましたが、政府もようやく海上保安庁関係の領海警備体制強化についての法案をまとめ、閣議決定をしました。今後、国会でこの法案の審議が始まります。わが党は、わが国の領海警備体制が強化され、日本の漁業関係者が安心して操業し、船舶の航行の自由と安全が確保されるよう、丁寧に法案について審議し、できるだけ早く領海警備体制が強化されるよう尽力いたします。
 一方、領海警備に自衛隊が即応できるようにするための領域警備法(仮称)の制定については決定されておりません。わが党は引き続き領海警備に関する法案の改正に取り組んで参りたいと思います。


【人権救済機関設置法案にたちあがれ日本は強く反対しています】

 政府・民主党が提出を準備している「人権救済機関設置法案」について、たちあがれ日本は強く反対します。 たちあがれ日本ではこの法案に対する反対啓発ビラを作成し、党WEBサイトに掲載致しましております。多くの皆様に是非同法案への危機意識を共有して頂き、街頭や戸別での配布活動などによるご協力をお願い致します。

■人権救済機関設置法案反対チラシ(第二弾)が完成致しました。ご活用いただければ幸甚です。
http://www.tachiagare.jp/data/pdf/newsrelease_120223.pdf

●人権救済機関(人権委員会)が設置される問題点
1)現行制度で人権侵害事件の99%が解決している人権を擁護するための法律は既に「児童虐待防止法」、「配偶者虐待防止法」、「高齢者虐待防止法」、「ストーカ規制法」などの個別法が多く存在しており、人権を擁護する法整備は十分に整っており、人権侵犯事件の99%が現行制度のもとで解決しています(法務省発表)。
2)行政組織の新設で国家公務員と人件費が増加し、行政改革に逆行しています
3)内閣の指揮を受けず巨大権力を持つ「3条委員会」設立を予定している
4)人権侵害の定義があいまいなため、新たな人権侵害発生の恐れがある「人権侵害」や「差別助長行為」の定義があいまいなため、拡大解釈によって、日本の主権・領土・国歌になどに対しての主張までも取り締まりの対象になる恐れがあります。

 街頭や戸別での配布活動などで一定部数が必要な場合は、党本部で受付をしております。必要部数・送付先などをご連絡下さい。


○日本会議岡山関連行事

岡山において以下の行事を行ないます。参加をご案内申し上げますストともに、告知にご協力いただければ幸甚に存じます。


■3月11日(日) 東日本大震災1周年 東日本大震災復興祈願祭
東日本大震災復興を祈念する集い

 東日本大震災から早くも一年が経ちました。犠牲者の御霊に哀悼の誠を捧げるとともに、一日も早い復興を祈念するため下記のとおり「東日本復興祈願祭・復興を祈念する集い」開催いたします。ご参加賜りますようご案内を申し上げます。

     記
と き 平成24年3月11日(日) 13:30~
ところ 岡山県護国神社 いさお会館
(岡山市中区奥市3-21 086-272-3017)

【進行予定】
13:30~14:00 東日本大震災復興祈願祭 ※拝殿
※いさお会館へ移動
14:10     開 式
14:15~14:30 DVD上映(天皇陛下のお言葉など約10分) ※いさお会館
14:30~    NHK放映の中央式典(予定)謹聴
14:46     天皇皇后両陛下に合わせて黙祷(予定)
          天皇陛下のお言葉 拝聴(予定)謹聴
15:00~15:45 講話「東日本大震災災害派遣活動について」
         講師 第305施設隊長 山口欣大(よしひろ)2等陸佐
15:45~16:00 ボランティア体験談発表
16:05     閉 式

※諸般の事情により当日プログラムが変更になる場合があります。


■3月20日(火) 春分の日 春季皇霊祭・忠霊塔春分祭り

と き/平成24年3月20日(火) 春分の日 午前9時
ところ/岡山県護国神社(岡山市中区奥市3-21 086-272-3017)
    忠霊塔前


■関連団体行事ご案内

□3月25日(日)14:00~16:00 平成ビジョンの会時局セミナー
「人権侵害救済法の正体」

 今、民主党執行部と法務省が「人権侵害救済法案」なるものを国会に提出しようとしています。
この法案は、人権擁護に関する施策を総合的に推進するとともに、人権侵害による被害に対する救済・予防等のために人権救済機関(人権委員会)を国の独立機関として新たに設置するというものです。
 しかし、「人権侵害」の定義が極めて曖昧なため、「人権侵害の救済」の美名のもとに逆に相手方の人権が蹂躙される恐れがあります。また、この法案は「差別的言動」の取り締まりを理由に、言論を踏みにじり自由社会を根底から破壊する恐れがあるとの懸念が示されています。
 この時局セミナーでは、この「人権侵害救済法案」の正体を明らかにし、私たちの進むべき道、取るべき行動について考えていきたいと思います。

平成24年3月25日(日)
14時00分~16時00分
会 場 岡山国際交流センター(地階会議室)
岡山市北区奉還町2-2-1
電話 086-256-2905

参加費 1,000円(学生500円)
主 催 平成ビジョンの会
後 援 日本会議岡山
連絡先 090-4654-0263(小池)

講師 日本政策研究センター研究部長 小坂 実 先生
プロフィール: こさか・みのる
●昭和33年、宮城県仙台市生まれ。昭和59年、東京大学法学部政治学科卒業。日本政策研究センター研究部長として、主に地方自治体の条例問題や家族・社会政策などを中心に、月刊誌「明日への選択」の執筆や講演活動を行う。主な著書に「危ない『条例』」、「あなたの町の危険な条例」「提案!日本の家族政策」などがある。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp

転載です。

お名前:松村 弘 ,2012-03-03 03:46:03 PM
題名: 「食塩の成分を昔の海水と同じにせよ」
―現代人が不健康な原因は「塩」にあったー

昭和30年代に日本は食塩をNAとCLに決めた。世界的な趨勢によるものであるが、同時に日本の海が公害のために汚染されて、有害物質が含まれるようになったもので、食塩として塩化ナトリウムだけが食用になったものである。

塩化ナトリウムを多く取とると血圧が高くなるが、それに数パーセントのマグネシウムがあると高くも低くもならない。それは自然塩の成分に近いからである。けれども自然塩にはそれ以外のミネラルが数十も含まれており、動物の健康を保つためには必要なものなのだ。

動物は全て海水中から発生し、海中で育った--------これが生物の起源であるから、動物の血液中の成分は海水の成分とほとんど同じである。昔の塩は海水を塩田で乾かし、それを煮つめて作った。つまり完全な“自然塩”だったわけである。

けれども科学の力で食塩を人工で作ることを発明し、NAとCLに決めてしまった。ただ、この決める時代、もう少し程度の高い科学者がいたならば、公害で海水を汚染した物質を取り除いただけにして、昔からあった海水と同じ“自然塩”の成分にしたことであろう。

海水は生物を発生させ、何億年もの間、生物をはぐくんできた。けれどもおろかな人類によって、限りなく汚染されていった。それは先を考えることをしない低級な科学者によって、自分たちの利益だけの追求のために、“自然の海”“生物達の海”を失い、まさに生物は滅びんとしているのだ。

砂糖も“人工砂糖”になってしまい塩と同じように自然のもつ成分のなにもない、体に悪い白砂糖になり、それを食べているのだから、不健康になるのは当たり前である。


一部抜粋変更加筆
参考文献『人類を救うヒット商品開発法』政木和三工学博士 1995 東洋経済新聞社

お名前:松村 弘 ,2012-03-02 04:02:46 PM
題名: 癌の原因
―ガンをつくる心治す心―

■慢性疾患(糖尿病、高血圧、高脂血症等)は大事なお客様

病跡学とは簡単に云えば、どのような生活習慣や思考習慣が、どのような病気を招くのか。心理的な要因も含めて病を跡づけようというのである。べつの表現では「病気の痕跡」を追いながら研究する学問です。土橋重隆先生は癌も心身症だという考え方である。

全ての病気には必ず原因がある、病気の完全な治癒は、その原因を取り除くことでもたらされる。現代医療では病気という起きた現象だけを見る診断を頼りにして治療を行っている。現代医療は原因に対する治療ではなく、現象に対する治療になっている。

土橋先生は西洋医学から見放されたにもかかわらず癌が治癒した患者さんから学ばれた。それは治癒された症例で「自然発生的に心理的変化が起きて、心理的ストレスが解消した」という共通の現象が認められた。心理的ストレスの解消は自然におきたことで、意図してなされたことではなかった。

医学的に理解し難い治癒が起きた症例では、一般的ではない心理が働いていた。これには三つの分類がある。
1) 患者が癌という現実から離れる
2) 患者が癌という現実を忘れてしまう
3) 自分の人生観をしっかり持つ
究極的には癌になる前の生き方とは決別し新たな生き方に踏み出す。心の在り方が癌の原因だけでなく、予防や治癒においても関係している。また癌と対峙しないことも大切である。

医者の治療の多くは「対症療法」、即ち外側からの治療である。すなわち、咳がでれば⇒咳止め、熱が高ければ⇒解熱剤、胃が痛めば⇒胃の痛み止め、胃潰瘍なら⇒別の薬、癌⇒手術や抗癌剤、放射線療法等。胃潰瘍ならその原因がある、しかし医者は原因を明らかにせず薬で治療する。これでは例え治ってもまた同じ病気になってしまう。症状が改善して病変もなくなり、治療が終ると、医者はよく「また元の生活に戻っていいですよ」などという。これは考えようによると、「悪くなったら、また来て下さい、貴方はお客さんですよ」と言っているようなもの。

病気には、西洋医学が得意な急性疾患とそうでない慢性疾患がある。
□急性疾患=放置すれば死に至る危険性のある病態や外傷、感染症等。
[例]急性腹症、急性心筋梗塞、脳血管障害、外傷等。しかし病気全体から見れば多くはない。
□慢性疾患=緊急の治療を要しない。西洋医学は不得手、根治は難しい。
[例]糖尿病、高血圧、高脂血症、胃炎、肝炎、腎炎等。
このようななかなか治らない、治せない病気を、西洋医学では「慢性」という言葉で表現している。医者は慢性疾患には「慢性疾患管理」という言葉を使う。慢性疾患は西洋医学では「治らない」「治せない」と考えているからです。この「慢性疾患管理」という言葉は、「慢性疾患に対して、医者は治すのではなく、管理することしか出来ない」ということです。医者が保険で請求する項目には、「慢性疾患管理料」という名で報酬が定められている。
 
医者が慢性患者にできることは対症療法を行いながら精々現在の状態と対処すべき助言ぐらいである。医者はその病気を治せるものか治せないものか解かっている。医者は西洋医学とはどのような医学かを5年も経験を積めば解かる。しかし医者は治せるふりをしているだけ、これは医療の枠組みが関係している。

患者さんにいい治療方法があっても保険で認められないものだったら医者はその治療をできません、経営が成り立たないからである。要するに治せない病気でも、治せる病気でも、保険の範囲内で行わなければならないという枠組みの中で医者は治療している。

医者は治せる病気なら積極的に治そうとする。しかし治せない病気に対しては、治せないという立場で管理するしかない。だが医者はそのことを患者さんに十分に伝えて理解を得ることをしていない。病院を訪れる患者の大半はこうした慢性患者で経営を支えてくれる大事なお客さんである。


一部抜粋変更加筆
[参考資料]『ガンをつくる心治す心』土橋重隆 2006 主婦と生活者

続く

お名前:松村 弘 ,2012-02-29 01:15:44 PM
題名: 森林と微量元素 農業・漁業
□フォレストヒーロー 畠山さん国連で表彰 !

森林保護に貢献したとして国連機関から「フォレストヒーロー」に選ばれた東日本大震災の被災地、宮城県気仙沼市のカキ養殖業、畠山重篤さん(68)らの表彰が9日ニューヨークの国連本部で行われた。

畠山さんはあいさつで「20年間かけて海をよみがえらせたが、東日本大震災の大津波がカキも何もかも失った。だが1ヶ月ほどで海に魚が戻って来た。背景の森林がしっかり保全されていたからだ」と、震災を経た海の姿を説明。「木を植えることも大切だが、流域に住む人々の心に(自然保護の)木を植えることが大切」と訴えた。

表彰を受けられたこと私達多くの日本人は勇気付けられたことでしょう。

□なぜ山に木を植えるのか
森は根元の腐葉土で水を蓄え、水質を浄化し、根っこで表土が流失するのを防いでくれます。また二酸化炭素を吸収し炭素を固定する働きを通して地球温暖化の防止にも役立つとされています。 [参考資料]
http://tiulon.web.fc2.com/naze.html

□森林は海との深いつながりがある

川の上流にある山の豊かな森林が多くの栄養分を作ります。それを雨水が川に運んでやがて海に流れつくと、植物性プランクトンとなり、それを動物性プランクトンがエサにして繁殖します。その動物性プランクトンを稚魚や小魚が食べるのです。それをまた中型魚が食べ、大型魚が食べます。このつながりを食物連鎖と呼びます。この原点に位置しているのは山であり、豊かな森林なのです。また、木はサカナのエサとなる昆虫も育てますし、大雨による洪水で山の土砂が流れ出し、河口付近の海底環境を悪くすることからも守ってくれます。
そのため、海のサカナを育てるには山の森を豊かにすることと川をきれいにすることがとても大切なのです。[参考資料]

http://www.zengyoren.or.jp/kids/oshiete/sub/4korekara/oshiete4_09.html

            一部抜粋変更加筆 参考資料]毎日新聞 2011年3月10日

■森林の微量元素の役割とと農業、漁業

世界を見渡してみましても、砂漠地域や半砂漠地域には人、家畜、野生動物は限られ、好漁場も少ない。森林保護はそういう意味でも上記の様にとても大切なことです。

しかし一つ忘れられていることがあるのではないでしょうか。それは、「森林と微量元素」の関係についてです。
以下をお読み下さい;

「我々動物は栄養素を他に依存して進化した。植物は独立非依存性生物である。植物は土(金属=微量元素)を溶かして、自分の遺伝子を使って、タンパク(酵素)を作り、生命現象を営んでいる。動物は植物を踏み台に生きている。動物でも葉緑素をもって、独立栄養のものもたまにはいる。そこで、ミネラルを使えるように土を溶かす森は食物連鎖では重要になる。森が海を造るという文学的な表現が成り立つ」。
                              [参考資料] 野島クリニック
微量元素は私達の健康維持に不可欠なものです、が、農薬に汚染された農場で栽培された作物には微量元素は激減しています。しかし森林保護により、微量元素が海に流れ、結果として美味しい大量の海産物を私達に供給してくれるのです。

お名前:松村 弘 ,2012-02-27 10:38:20 AM
題名: ―病気にならないためにー 無料講演いたします!
私は自慢できるものは何一つありません。しかしあるとすれば、
1.50数年間医者の世話になったことがない、
1.50数年間寝込んだことがない、
1.ここ10年程風邪をひいたことがない。

趣旨は、
1.1人でも多くの方に「医者知らずの生活」を送っていただく、
1.それがすなわち「医療費削減」に繋がる、
1.そして「日本再生」に繋がる!


よろしければ無料講演(交通費はお願いします)いたします!
お役に立つのでしたら非常に光栄です!
※虫歯治療等例外はあります。
現在の医療費:30,000,000,000,000円強 なんと予算の1/3強です!
患者が今の1/3になれば消費税は不要になります!

講演者:松村 弘(まつむら ひろし)
職 業:国際通訳株式会社社長
お問合せ:kokusai@kokusai.ne.jp

お名前:〇〇 ,2012-02-24 04:48:36 PM
題名: 短編映画
2011年12月9日の毎日新聞で;「上官の命令に募るむなしさ」「生きとるものはみな殺せ」「元兵士の証言元にドキュメンタリー」ここでは日本の悪口のみ。毎日はいったどうしているのか。

お名前:松村 弘 ,2012-02-24 04:43:48 PM
題名: 南京事件
2/23(木)の毎日新聞で;名古屋の河村市長の発言を多くの日本人は正しいと思っています。なぜ日本の新聞は外国よりか理解できません、朝日もそうですね。河村市長の仰る通り、公開討論会をやるのもいいですね。

お名前:松村 弘 ,2012-02-23 11:33:03 AM
題名: 英語は中学生からで十分!
 西班牙の言語学者ミケル・ウナムーノ(テレビで宣伝している「あらうーの」とは関係がありませんよ、念のため!)(笑い)氏は「外国語は15歳以前には絶対やってはならなん」と言っています。ウナムーノ氏は20ヶ国語以上を自由に操れた語学の天才でもある人物です。それは母語によってその人の思考ラインを作り上げねばならない。だから早くから外国語を始めれば、脳の志向回路が乱れる。多分、日本では今猫も杓子も英会話英会話と騒いでいるが、要注意。嫌いな人は何も勉強すること無かれ! 好きなことをやればよろしいよ!
 ルーマニアの哲学者、エミール・ミオランは「国語は涙に由来する。国語の真の力がその人物の品格で有り、愛国心の程度となる」と、また「祖国とは国語である」と言っている。自分の根源がない国際性なんか奴隷と同じ、英語を話したいのは欲、よくよく考えられたし!

一部抜粋書換え追加
[参考資料]正論 2012年1月 執行草舟

お名前:松村 弘 ,2012-02-21 11:32:41 AM
題名: 医師の本来あるべき姿
この頃医師の側において、生命の尊厳に対する畏敬の念が薄れ、倫理観の低下が問題になっている。現代の医業は、患者からも医師からも、尊厳を奪いかねない。尊厳性を奪われた生命は人間生命ではない。医師による特定の処置が適切であるかどうかの基準は、それが人間の尊厳にとってどう影響をもたらすか、ということであると考えます。その処置が人間の尊厳を守るものか、損なうものか。医師が自らの尊厳を支えるためには、まず人間同胞への奉仕を第一の感心事とする。そのことを自分の生活費を稼ぐことを優先させることである。
 
1人の医師が、感情の通い合う人間関係を必要とする患者の友人という立場と、感情抜きの作業を必要とする冷静な科学者という立場を、同時に兼ねそなえることは可能でしょうか。医師と軍人とを比べた場合人に恩恵を施すのが前者であり、人に害を加えるのが後者の職務です。しかしこの両者には、一つの共通する特徴があります。それは医師も軍人も、ともにその職業柄、心身の苦痛、死への恐怖、死それ自体、死別の悲しみといったことを、常に目の当たりにしていなければならないことです。それでは感情を抜きにしないかぎり、効果的に職務を遂行することはできないでしょう。しかし医師の場合は、感情を殺したうえで、なおかつ思いやりがあるというのでなければ、十分に適正ある本物の医師とはいえないでしょう。


一部抜粋、書き換え、追加した。
[参考文献]
『21世紀への対話』池田大作 A・トインビー 2007 聖教ワイド文庫

お名前:松村 弘 ,2012-02-19 03:31:45 PM
題名: 人類の自滅を避けるには
人類が生き延びるには、諸文明がお互いに対立し、分立を深めている状況の中にあることからの脱却である。博士は古代ギリシャ・ローマ、中国、オスマントルコの例をあげながら、人種・民族・宗教の違いを乗り越えて、世界国家を作る道を模索している。核エネルギー、世界の人口膨張、都市の発達、機械化、収入の増大、余暇などの問題である。人類を破滅から救うために、私達は世界国家を作れるか、核をなくせるか、また世界3大宗教キリスト教、回教、仏教は手を結べるか。人類滅亡を避けるために今英知を注がなくてはならないときに差し掛かっている。

[参考文献]
『現代が受けている挑戦』A.J.トインビー 吉田謙一訳 2001 新潮文庫

お名前:松村 弘 ,2012-02-18 05:52:03 PM
題名: 怖い東京電力の社員流出
昔サムスン電子が松下やソニーから技術者を引く抜き現在世界有数の弱電製造会社にのし上がった。今度は東電の原子力部門社員に韓国からの誘いがある。夢持てぬ東電から退職者が急増している。怖いのはプルトニウムを扱う技術は「核兵器を造る能力」であることだ。社員流出や海外流出を避けるためには夢を叶えられる他の職場の紹介である。また社員も自分のことを最優先するのではなく、この事故を謙虚に受け止め、行動すべきではないか。東電の社員虐めもあるが国民は許す心の持ち合わせも必要ではあるまいか。民主党は短絡的な一刀両断の行動を止め、3年、5年、10年、30年と先を見る目があるかどうかが問われる。

お名前:松村 弘 ,2012-02-17 02:00:24 PM
題名: 天皇陛下の心臓手術
無事手術が成功することを願うのみです。きっと手術は成功するでしょう。しかし手術をしなくても治せる医師が日本にいます、できるものならそうするに越したことはありません。しかし厚い壁があり陛下や担当医にお会いすることは不可能です。
なおこの医師は以前天皇陛下にお会いされています。
私は先生にお話を聞く機会がありました、お話では手術をしなくても治る可能性は高いとのことです。今後のためにどなたか宮内庁関係か影響力のある方をご存知でしたらご協力をお願いします。

お名前:松村 弘 ,2012-02-16 05:47:30 PM
題名: インフルエンザ予防
■病気予防(流感、インフルエンザ、生活習慣病等)
Ⅰ.病気の原因は何か
1.免疫力(抵抗力)低下
1)免疫力(抵抗力)低下の原因は何か
 栄養のない食べ物を食べている、
喫煙、
飲酒過多、
睡眠不足、
運動不足、
ストレス蓄積、
低体温、
薬過多等
■ 免疫力低下の最大の原因は何か
 栄養のない食べ物を食べていることに尽きる。特に不足しているのは微量元素である。なぜ玄米や黒砂糖、天日塩は身体によいのかは微量元素(ミネラル)含有量が多いからである。しかし玄米も黒砂糖も化学肥料で栽培したものは農薬等に注意が必要である。有機栽培のものも土に微量元素(ミネラル)が少なければあまり意味はない。
これを書いている私は50数年間に、医者をみ(見)たことはあるが、医者が私をみ(診)たことは無い、唯一つの松村の自慢である(えっへん)!
私は、藪でも藪医者でも、医者でもありませんよ! 私はただの人! 病気になりたくない方、あるいは運悪く病気に罹った方はご連絡下さい、きっとお役に立つ助言ができると確信しています。
連絡先(電子メール) matsumura@kokusai.ne.jp

お名前:松村 弘 ,2012-02-11 11:08:48 AM
題名: 皇室典範」拙速な改変論議に反対する
■「皇室典範」拙速な改変論議に反対する

世界に現在約200国ある独立国のうち、45の国が君主制をとっています。
日本は、「万世一系」の皇室をいただいている世界でも類を見ない歴史と伝統を有する立憲君主国です。125代、ニ千年以上、男系の血統を護持し続けている君主国は、日本以外にはどこにも存在しません。祖先が守り続けてきた日本の万世一系の歴史こそまさに『世界の至宝』です。
どこの王家・王室においても、女王の夫君が女王の父方の直系男子でない限り、お二人の間に生まれた王子が即位すると、女王の父方の血統から、夫君の血統へと王統の交代が行なわれたと認定されます。例えば大英帝国においてチャールズ皇太子が即位されれば、エリザベス女王まで続いているウィンザー朝(1901~1917まではサクス=コバーグ=ゴータ朝、1917に改称)が途絶え、女王の夫君のエディンバラ公爵フィリップ・マウントバッテン殿下の血統へと王統が交替して、マウントバッテン朝が始まることになります。
現在安定した皇位継承が論議され、女性宮家創設や女系天皇容認なども検討されているようですが、まず大前提としてわが国の歴史と伝統を踏まえ、男系を維持し続ける方法を検討すべきです。
幸いにも秋篠宮悠仁親王殿下が御即位されるまでには、まだ時間があります。女性宮家創設、女系天皇容認を急がなくとも、男系を残す方法がないわけではないのです。例えば戦後にGHQ(連合国司令部)によって皇籍離脱させられた11宮家があって、男系が続いているお家がまだいくつかあります。これらの旧宮家の皇籍復帰もひとつの方法です。
平成17年に小泉首相の私的な諮問機関でしかない有識者会議の吉川弘之座長は、皇族や政治家の関与を一切否定し、『歴史は我々が作っていく立場で検討する』と述べています。このとき三笠宮寛仁殿下が示された『世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのかどうかです。万世一系、125代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、「男系」で今上陛下迄続いて来ているという厳然たる事実です』というご指摘とご懸念についても、『それでどういうことはない』と発言していますが、実に不遜なことである存じます。
 安易な女系天皇容認・長子相続優先などは、我が国の歴史の連続した流れを断ち切ることに繋がります。我々の祖先の守り続けてきた伝統を、現在だけの価値観で否定し破壊することは、断じて許されることではありません。後世の日本と日本人ためにも決して認めるわけには参りません。
また皇室の問題を、一部の報道機関などが浅薄な世論調査などのパーセンテージによって論ずる姿勢も不見識極まりないことだと思います。文化や伝統は、守り受け継ぐものであり、多数決の論理で安直に、否定し改変すべきものではないと存じます。
 当たり前のことですが皇室にかかわることを、決して政争の具にしてはなりません。しかし現在の価値観だけに基づいた皇室典範に係わる結論ありきの議論や特定の意見以外を、封殺しようとする可能性があることこそが懸念されます。
 安易で拙速に過ぎる女性宮家創設論議や皇位継承論議に強く反対すするとともに、神代から今日まで繋がる皇室の長い歴史と伝統に基づいた見識ある十分な論議が尽されることを強く求めます。
たちあがれ日本 代表 平沼 赳夫


■2月7日 北方領土の日、2月11日 建国記念の日

○北方領土の日を迎えて(談話)

わが国固有の領土である北方領土は、昭和二十年八月二十八日から昭和二十年九月五日にかけての旧ソビエト軍による武力侵攻以降、現在に至るまで旧ソビエト、次いでロシアによる不法占拠が続いています。
日本国民の意思を示すべく昭和四十年八月十五日より開始された返還要求署名運動によって、平成二十二年度には署名数は八二〇〇万を超えました。
一方、当時一万七〇〇〇人いた島民は現在七四〇〇人に減少し、進展しない領土交渉は「生きて故郷の土を踏みたい」との島民の思いに応えられぬまま、いたずらに時間だけが流れています。
そんな中、ロシア政府は平成十八年八月三日、連邦議会の閣議に於いて「二〇一五年までのクリル諸島社会経済発展計画」を閣議決定し、二〇一五年までに日本円で約七九二億円の開発資金を投入する事を打ち出し、不法占拠を既成事実化すべく、現在開発を進めています。
平成二十二年十一月一日には、国後島にメドヴェージェフ大統領が政府首脳として初めて上陸しました。しかも、昨年択捉島で大規模軍事演習「ボストーク二〇一〇」を実施し、北方領土駐留ロシア軍の装備を強化など、現実的支配を強化しつつあります。
これらロシア政府の方針に対して、たちあがれ日本は、駐ロ日本大使の一時召還を含む対抗処置をとるよう日本政府に要請致しましたが、残念ながら、日本政府から強い抗議の姿勢は示されておりません。
ロシア政府による一連の強行措置と歴史的な背景を勘案するならば、日本政府のこれまでの政策は全面的に見直されるべきです。特に人道支援や入漁料方式での安全操業等、現在の北方領土支援の形が果たして領土問題解決の道筋となるのか、国民の多くは強い疑問をもっています。
そこで、たちあがれ日本としては、「北方領土は日本に帰属する」との日本側の基本姿勢を全世界に訴え、対ロシア包囲網を形成するなど、国際世論を背景とした実効的領土交渉の推進に全力を挙げます。

平成二十四年二月七日
たちあがれ日本代表 平沼 赳夫

○平成二十四年 建国記念の日 (声明)

 本日ここに平成二十四年の建国記念の日を迎えるにあたり、二千六百七十二年前に神武天皇が橿原(かしはら)の宮で即位され、国の基を定められた古(いにしえ)を偲ぶと共に、建国の精神を守り伝えてきた先人の努力に対して心からの敬意を捧げます。
建国をお祝いするこの日は明治五年に国の祝日と定められ、敗戦後の昭和二十三年、GHQの指示によって廃止されました。昭和二十七年の講和独立後、建国記念日制定を求める国民世論が盛り上がり、昭和四十一年、「国民の祝日に関する法律」が改正され、昭和四十二年から二月十一日は「建国をしのび、国を愛する心を養う」建国記念の日となりました。
以後、全国各地で建国記念日をお祝いする行事が盛大に開催されてきましたが、その一方で、ただの一度も政府主催による建国記念の日祝賀式典は開催されておりません。
折しも今年は『古事記』が撰上されてより千三百年の節目に当たります。
改正教育基本法に基づく小中学校での「神話」教育をより一層充実させるべく教育改革を進めると共に、政府に対し建国記念の日をお祝いする政府式典を開催するよう強く求めます。

平成二十四年二月十一日
たちあがれ日本 代表 平沼 赳夫


○平沼赳夫動画メッセージ
超人大陸 平沼赳夫警鐘塾 第128鐘
「民主党政権になってから侵害され続けている領土」
http://www.hiranuma.org/new/message/message20120206.html

超人大陸 平沼赳夫警鐘塾 第127鐘
「2012たちあがれ日本宣言 保守結集軸をつくる時が来た!!」
http://www.hiranuma.org/new/message/message20120123.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp

転載です。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター