画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:372, 合計:7882:メッセージ
お名前:松村 弘 ,2012-02-09 05:44:40 PM
題名: 日本は世界最大の純資産国
何も慌てることはない!

2011の貿易収支は31年ぶりの赤字(2兆4千927億円の赤字)
貿易収支=輸出額―輸入額

<原因>
1. 円高
2. 生産の海外移転
3. 新興国の追い上げ
4. 東北大震災
5. 泰の洪水

<分析>
円高:長くは続かないだろう、続けば円高でできることをすればよい、例えば海外企業買収等。
生産の海外移転:海外で生産できないものを生産し、国が税制面で優遇する等方法はある。
新興国の追い上げ:付加価値を付ける製造に切り替える。
東北大震災や泰の洪水:間もなく収束する。

<資産収入>
海外の投資資産(債権、株式、現預金等)が生み出す利益。
純資産は世界最大で約250兆円(2010年末)

<現在は超円高>
海外の成長企業や資源を買収して配当収入を増やす絶好の機会である。国の後押しがあればなおよし。やろうではありませんか!! 私達日本人に出来ないことはない。

[参考資料]毎日新聞2012.1.26

お名前:松村 弘 ,2012-02-08 01:00:59 PM
題名: ―強いということー その2
 オリンピックでは、「勝つことではなく、参加することに意義がある」と言われている。しかしそのような綺麗ごとで、あれ程の人やもの、かねが集まるだろうか。この綺麗ごと発言の裏には、第4回倫敦オリンピックで当時の超大国英国と米国の凄い対立が起こった。それで両国民の感情のもつれを収拾するためにクーベルタンが言った言葉である。例外はあろうがオリンピックで強い国は経済軍事大国である。金(きん)を取るために頑張るのである、誰一人銀を取るために練習などするはずがないだろう、結果として賞が決まるのである。 
 
 競争があって初めて何事も進歩するのではないか、宇宙開発、医学、製造業、大学、国、軍事(結果として核や誘導弾に行き着いた:このことは英知を持って解決せねばならない)等殆どすべてである。

 皆さん、一番になるように、即ち私達日本人が強くなれば日本は間違いなく再生される。皆さんが今している勉強や仕事で一番になること、強くなることです、一緒に強くなろうではありませんか。

お名前:松村 弘 ,2012-02-06 05:22:30 PM
題名: 人口減少と超高齢化時代に楔を、そして未来を その2
大幅な医療費削減で“消費税零”は可能である。これでこれで、人口減少歯止めの予算に、介護費用に、繋がります。

平成23年度の日本の国家予算は92.4兆円です。厚生労働省発表で平成15年度の国民医療費は31.5兆円余り、国民医療費の国民所得に対する割合は8.6%となっています。 
この医療費を減らせば国民の負担が軽減され、私達の自由に使えるお金が増え、心に余裕ができ、消費が拡大され、日本の活性化に繋がります。[参考資料]
http://www.gaihoren.jp/gaihoren/public/medicalcost/html/medicalcost_2.html

現在は対称療法です、原因が解からずに治療しているから治りません、原因を探し出せば治癒率は劇的に改善されるでしょう。それが下記です、画期的です、ある医師が“病気の原因を突き止めた”のです;
「微量元素と総称されている、鉄、亜鉛、銅、マンガン、錫、ニッケル、コバルトなど鉱物由来のミネラルは、遺伝子が体内で正常に働くために必須だが、無機農業の定着によりとりわけ先進国の現代人に大幅に不足している。
ミネラルの供給不足により、体内の微妙な代謝のバランスが崩れ、ガン細胞の遺伝子が思いもよらない活動を始めてしまい、それに対応するべき人体の自然治癒力が健全に機能しない」。何も癌に限りません、生活習慣病や難病、花粉症等多くの病気や症状を治癒または軽減させてくれるでしょう。

詳しくはこちらをご覧下さい。不明な点はお問い合わせ下さい:
http://kokusai.kir.jp/cancer/iryouhisakugen.html

お名前:松村 弘 ,2012-02-05 04:13:35 PM
題名: 人口減少と超高齢化時代に楔を、そして未来を
新聞を読めば、テレビを観れば悲観的なことばかり、
超高齢化流れ止まらず
子育て支援待ったなし
人口減少社会

減少理由はいろいろあるがそれはさておきます。

日本の出生率は1970年代半ば以降低下を続けていた。だが政府が人口減少に取り組んだのは1990年代に入ってからである。きっかけは1989年の出生率が1.57と「ひのえうま」という特殊要因で過去最低だった1966年の1.58を下回り「1.57ショック」である。今も昔も日本政府は動きが遅い、鈍感、愚図さんである!

政府は、
□1994年「エンゼルプラン」を策定
1.「仕事と育児の両立のための雇用環境整備」
1.「保育サービスの充実」
□1999年「新エンゼルプラン」
雇用や母子保健、相談事業
□2000年「少子化対策プラスワン」
□2003年少子化社会対策基本法
「子ども・子育て応援プラン」
「子どもと家族を応援する日本」
「新待機児童ゼロ作戦」
しかし年金や医療、介護などの給付に手いっぱいで支援策には実効性を欠いていたこともあり、結局 “笛吹けど踊らず”であった!
[参考資料]毎日新聞2012.01.31.

大局的にみれば解決の糸口が見えてくる。
踊らすためには(失礼!)踊るようにすればいい。予算がないのなら極端な話、例えば医療費を半減させて、出生率向上にお金をまわす。あれもこれもやろうとするから無理がある、すなわち「二兎を追う者は一兎も得ず」である。

健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病または病弱の存在しないことではない(世界保健機関)。この健康を誰もが望っている。病気になりたくてなる人も、介護を願って病気になる人もいません、やむを得ず世話になるのである。

しかし世の中は広いもので、人の世話にならず身の回りのことは自分自信でやり一生を送る人が結構沢山いる。人間は弱いもので楽な方へ方へと進みがち、また損得勘定もある。自動車があれば自動車に、エスカレーターがあればエスカレーターを利用しがちになる、少しの距離は歩き、エスカレーターもできる限り使用しないようにする。これが健康に繋がる。

同じく、少しくらいのことでは医者に罹らない、薬を飲まないようにする、この心がけが健康につながる。保険代を支払っているから病院へ行かないと損、薬を貰わないと損という考えを捨てるようにすることである。特に生活保護を受けている人達にこの傾向が見られる。中には貰った薬を売る人もあると聞く。クスリは後ろから読めばリスク=危険である、薬を減らすことが健康に繋がる。

市町村は税収不足で大変、だから医者や病院に患者が行く回数や薬を最小必要限に抑えて欲しいと申し入れても医者は聞く耳を持たず(少なくとも医師の話を聞いているとそのように取れる)。医者も病院も患者が足を運べば運ぶほど儲かる仕組みになっている。医師や病院、薬局、製薬会社が繁盛する世の中は末期現象である。これらの関連者はもう少し倫理観を持つべきではないだろうか。

患者は若者よりも当然年配者が多い、だから次の時代を担う可愛い孫や子どもたちのため、国から高齢者に医療費削減をお願いする時期にきているのではないか、きっと高齢者も受け入れてくれるに違いない。いうまでもなく次を担うのは現在の若者である、次を担う人達を育てる以外日本の再生はないと断言できる。丁度日本が明治時代に教育に力をいれて先進国に追いついたように、これからは若者が安心して生活ができるようにすることである。

大幅な医療費削減は可能である、そうすれば半分成功したのと同然である、次回に続く。

お名前:松村 ,2012-02-02 05:46:05 PM
題名: 特捜班殿
回答:勿論いる、やるかやらないかだけではないだろうか。

日本人の中には、教育者を育成できる人がいないねえ。魚の精巣(明太子)を食べるから、スケベばっかしになった。あんたも、たらこおにぎりが好きでしょ。

>特捜班殿
>少ないでしょう、それならば教育者を育成すれば如何でしょうか!

>>「>―教育の重要性―r

>>教育は、教育する側の質が問われる。きちんと教育できる人が、いるかねえ、日本人の中によぉ。

お名前:松村 弘 ,2012-02-02 05:38:26 PM
題名: 戦争の悲劇
日本文学研究者
ドナルド・キーンさん
今、平和を語る 聞き手:広岩近広 毎日新聞 2012.1.30

平和を愛するのは何もキーン氏だけではありません。日本人も米国人も世界中の人が願っているに違いありませんよ。

キーン氏は日本を、
1. ウソに洗脳された悲劇
1. 軍の暴虐が自決招く
1. 他


反論です、
1. 戦争に仕向けたのは米国ではなかったか
1. 日本の都市という都市に無差別爆撃でどれほどの日本人を殺したのか
1. 日本の講和案を蹴ったのはどこか
1. 敗戦が決定的な我国になぜ広島と長崎に原爆を落とす必要があったのか
1. 東京裁判は報復裁判ではなかったのか

付け加えるなら、
ベトナム戦争を見よ
イラク戦争を見よ
アフガン戦争を見よ

お名前:特捜班 ,2012-02-01 07:16:18 PM
題名: 松村君へ
日本人の中には、教育者を育成できる人がいないねえ。魚の精巣(明太子)を食べるから、スケベばっかしになった。あんたも、たらこおにぎりが好きでしょ。

>特捜班殿
>少ないでしょう、それならば教育者を育成すれば如何でしょうか!

>>「>―教育の重要性―r

>>教育は、教育する側の質が問われる。きちんと教育できる人が、いるかねえ、日本人の中によぉ。

お名前:たなか ,2012-02-01 05:53:04 PM
題名: チベット
中国四川省でチベット族と衝突拡大、ダライ・ダマ14世のチベット帰還を求めるデモ隊に治安部隊発砲で3人死亡、色達県で二人死亡等。米国は「重大な懸念」を表明。

お名前:松村 弘 ,2012-02-01 10:37:24 AM
題名: ストレス・テスト(stress test)、健全性検査
 ストレス・テスト(stress test)和語で「健全性検査」(耐久試験)を受けて合格しても不安の解消には繋がらない。それは事前に判断基準が公表されない、ゆえに結果をいくらでも左右できる。もっと大事なことは原発がこの検査を受けなければならないことである。合格しても、不合格であっても国民にとってあまり嬉しいことではない。大事なことは今後このようなことが再び起こさない教訓にすることである。ただ現在の電力会社や民主党の話を聞く限り難しいのではないか。
 多くの政治家はすき放題のことを言っている、評論家と何等変わらない、一切責任を取らない、いやその場その場しのぎの繕いの発言である、政治家なら自分の発言には全身全霊、全知全能をかけてやり抜くことではあるまいか。

お名前:松村 弘 ,2012-01-31 01:09:35 PM
題名: 韓国は何故経済が強いか
理由は幾つかあります、
1. 通貨ウオンは弗に対して2割安
2. 円は弗に対して3割高
3. 企業の税金は日本の半分
4. 国の後押し
5. 企業の数が日本と比べて少ない
6. 人件費が安い
7. 何が何でも日本に追いつき追い越すという精神、丁度日本がやった様に
8. 考えが前向き前向きに進んでいる、投資も同じ
9. 北朝鮮と戦闘状態である、何が何でも強くなければならない気概がある
10. 韓国語が背骨

日本も韓国を見習う点があるのではないでしょうか。

お名前:松村 弘 ,2012-01-30 01:35:50 PM
題名: 二宮金次郎像
 まきを背負って本を読む二宮金次郎(尊徳)像は全国で減少気味らしい。像の撤去理由は「歩いて本を読むのは危険」、「児童の教育方針にそぐわない」、「子供が働く勧めることはできない」、「戦時中の教育の名残」等。
 再評価の声は「理想より実践を尊ぶ思想はいつの時代にも通じる理念だ」、「金次郎は賢人の名言集から学び、自分のできることに全力を尽くした。今の子供たちこそ、彼の姿勢に学ぶべきだ」等。[参考資料]毎日新聞2012.1.25.
 大事なことは今世界有数の素晴らしい日本があるという事実である、それは戦後の焼け野原から歯を食いしばって働いた多くの人達のお陰である、即ち二宮金次郎的精神があったからに他ならない。だから二宮金次郎の精神を受け継ぐためにも、多くの像を残しておくべきではあるまいか・・・。

お名前:松村 弘 ,2012-01-27 04:40:57 PM
題名: 屁理屈
 昨日26日野田首相は衆議院本会議で、消費増税は2009年の政権公約に違反すると追及された。それに対して、「衆議院任期中に消費税率の引き上げは行わない。従って公約違反でない」と反論した。野田総理よ、それを「屁理屈」という、首相が屁理屈を言えば閣僚も他の政治家も真似る、もっと怖いのはそれが全国に波及することである。国も企業も全て長で決まる、長はそれだけ責任が重い。総理大臣の一言一言は極めて重い、くれぐれもご注意あらんことを願っている。赤心をもって政治に取り組んで頂きたい所存である。

お名前:松村 弘 ,2012-01-26 05:56:26 PM
題名: ―日本語を正しく使えるようにすれば日本を再生できる!―
 カタカナが多すぎる!このまま増え続ければ日本はいずれ三等国になる。
例えば、リスクは危険でよいではないか、何処にカタカナにする必要があるのか。
言葉のできる人はカタカナをあまり使わない、通訳業界ではカタカナを多用する人は「英語のできない人」で通っている、くれぐれもご注意を! 格好良くカタカナを使っていると錯覚している目出度い(失礼、本当のことを言って)(笑い)人は、くれぐれもご注意を。言葉のできる人からは、英語の解からないとお目出度い人と思われている(愉快!)。
それはなぜか;
1. カタカナには定義がない、
2. 英語の解からない日本人には理解できない、
3. 辞書で引くことが困難、
4. 外国人には極めてわかりにくい、
5. カタカナ英語を正しい英語の発音や意味にするには時間と忍耐が必要、
6. 間違って意味を覚えてしまうことがある多々ある、
7. 老人に理解できにくい
8. 言葉は国の存亡をかけるくらい重要なものである
① イスラエルをみよ、
② 韓国をみよ、
③ フィリピンをみよ、
④ 多くのアフリカ諸国をみよ、
9. 母国語に誇りを持たない国で一級の国があるだとうか、
10. 外国語はあくまでも道具である、
11. 日本語を超える外国語を操ることは不可能である
12. 英語の教育は小学校からでは早すぎる、中学校後半からで十分、
13. 外国語を会社の共通語にするのは行き過ぎ、
14. 言葉が滅びは民族も滅びる。

お名前:松村 ,2012-01-25 05:59:56 PM
題名: 回答
特捜班殿
少ないでしょう、それならば教育者を育成すれば如何でしょうか!

「>―教育の重要性―

教育は、教育する側の質が問われる。きちんと教育できる人が、いるかねえ、日本人の中によぉ。」

お名前:特捜班 ,2012-01-25 03:01:42 PM
題名: 松村君よ、
>―教育の重要性―

教育は、教育する側の質が問われる。きちんと教育できる人が、いるかねえ、日本人の中によぉ。

お名前:松村 弘 ,2012-01-25 10:57:49 AM
題名: 教育の重要性
―教育の重要性―
先ず、はじめに、学問を何のためにするのか、それは「国家、社会、人々に役立つ人間になるため」である、決して金持ちになるためではない。そのために人格を築き上げなければならない、その考えの元になることを教えるのが、小学校、中学校での義務教育である。西洋も東洋も歴史の発生より過去を学ぶのが学問の中心であった、人間の英知を学び過去の過ちを知り、現在、未来を洞察できる人間を1人でも多く育成するために教育は大切なのである。

お名前:松村 弘 ,2012-01-24 05:43:35 PM
題名: 原子力関係分の12年度予算案
原子力関係分の12年度予算案は4236億円である。主要国エネルギー開発費は、米国と略同額、英国、仏国、独国、韓国を圧倒し3倍程度ある。また原子力偏重が際立ち、再生可能エネルギー、省エネルギー、その他は少ない。結局、政官業学が深く絡まっている、天下り60人、大学の依存(国、原子力関連企業等から11大学で105億円近く提供されている)、だが原発批判の論客には資金提供は零である。これが現状である。政治家は襟を正し国のために命をかけなければ日本再生はない。

お名前:特捜班 ,2012-01-24 02:58:46 PM
題名: 大変な弁当制度
日本人のお母さんたちは、朝早く起きて弁当を作り、大変でしたね。弁当のおかずは何にしたらいいか、お母さんたちはどんなに悩んだか。夕ご飯の残りを持ってきた生徒もいた。かわいそうだったねえ。子供は重たい弁当を持たされ、腐った米とおかずを食べて、子供もかわいそうだった。朝焼いたおいしいパンが給食に出たら、どんなに良かったか。お母さんはどんなに気も心も楽だったか。子供も重たい思いをしないですんだ。弁当箱を洗うのも大変だった。ほとんどの弁当箱は、隅っこが汚れていた。洗いにくい四角い形の弁当箱だったから。

お名前:特捜班 ,2012-01-24 02:33:46 PM
題名: 日本人の弁当のおかず
日本人は、中学・高校の弁当でやられた。古い米が、弁当でよけい腐った。おかずの定番は、卵焼き、ハム、ウインナ、ハンバーグ等の肉と、ツナ等の魚である。弁当に入れて、よけい腐った。日本人には、ハンバーグ、オムライス、ツナサンド、タマゴサンドが好きな人が多い。

お名前:特捜班 ,2012-01-23 01:19:31 PM
題名: レトルト食品
レトルト食品は健康に良くない、は常識である。なぜか?市販のレトルト食品は、作ってから日数が経っているため、腐っているからである。いいものもある。ファーストフード店は、スープやチャウダーにレトルト食品を使うが、注文して特別に作ってもらったもので、作りたてが店に届く。故に、古くない。レトルト食品は、作ってから3日以内であれば劣化はない。よって健康に害はない。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター