画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:372, 合計:9185:メッセージ
お名前:lo ,2018-04-17 03:38:07 PM
題名: 安倍首相は都構想に反対
首相は都構想に反対。
何度もするものではない、お金がかかり無駄、その上に意味なし、大阪都にして何になる。都構想を念じても大阪は大阪、頭を冷やせ知事と市長貪!

お名前:saka ,2018-04-13 04:55:35 PM
題名: 政権を渡せない野党
 野党はこういう時だけ団結して森友、森友、加計、加計と何とかの一つ覚えを唱えている。これしかできないから唯の野党。この様な野党に間違っても政権を渡してはならない。日本を守る憲法改正が何よりも大事、改正できるのは安倍総理をおいて他に誰もいない。

お名前:lon ,2018-04-12 03:54:23 PM
題名: 野党の罠にはまることなかれ
野党よ、安倍首相を引くずり落としに掛かっている、自民党の反安倍軍団んも同罪だ。今こそ総理を助け自民党が一致団結せねば次の自民党は無い。
野党の罠にはまるな官邸よ
劇場のような報道関係
中東や北東アジア、その他の地域で問題が続発中だ。
こんなくだらんことに力とお金を掛けるべきではない。
野党も自民党反対派もいい加減にすべきだ。

お名前:lon ,2018-04-11 05:34:03 PM
題名: 細かい
加計学園!加計学園!森友!森友!と唱えていても日本は取り残されていくだけ、海外を見よ! 米国、ロシア、中国を見ろ! もたもたしている場合ではない、細々するな!

お名前:日本 ,2018-04-10 04:02:30 PM
題名: 蚊帳の外からの脱皮
安倍外交は「蚊帳の外」らしいがどうしてか。米国と日本は北に対して圧力をかけ続けてきた、しかし土壇場になって米国は米朝首脳会談に走る。そして中朝首脳会談があり、結局韓国の橋渡しが米朝首脳会談等に繋がる。この間日本は情報収集不足で出遅れ、国内外で米国追従に映る。
これを覆すには日本は米国に何ができるか、米国は何を望んでいるのか知る必要がある。
今後のことも考えて日本は強くならなくてはならない、強くならなければ唯のお人よし。経済力を強めそれに見合う軍事力を持たねばまた同じ事が起こる。そのためには国民がもっと賢くなるように勉強していただきたい。

お名前:雲泥 ,2018-04-09 05:39:33 PM
題名: 地獄行の元大統領
朴槿恵韓国元大統領が懲役24年、地獄と天国の雲泥の差の世界に住むことになる。韓国ではしばしば元大統領が地獄に送り込まれる、なぜ? こういう国だ!

お名前:反移民 ,2018-04-09 11:12:51 AM
題名: IS
先日ドイツ西部の町ミュンスターで群衆に車が突っ込み3人が死亡した。現時点ではテロかどうかははっきりしていない様子。過激派組織「イスラム国」の仕業かどうかは不明。
移民問題は多くの国で問題が起きている、日本は従来通り移民はすべきではない。

お名前:kel ,2018-04-06 03:20:19 PM
題名: 防空レーダー
防衛省は太平洋進出の中国軍警戒のため硫黄島に防空レーダーを整備する方向である。これで一歩前進。
お金さえあれば技術力があるので直ぐにでき我が国の安全に繋がる。
やれることはどんどんやるべきだだ、国を護れなくては何をやっても無駄になる。

お名前: ,2018-04-06 10:59:38 AM
題名: 関税
関税とは関所や関門で掛ける税金の事で、関税を掛ければ値段が上がり物が売れにくくなる。
例えば今まで店頭で一房200円のバナナが、
10パーセントの関税を掛ければ、220円になり、
20パーセントの関税を掛ければ、240円になる。
だから売れにくくなる。
関税はゼロかゼロに近づける方がいいのに決まっている、そうすれば物がよく売れて景気が良くなる。

お名前:経済 ,2018-04-04 04:52:42 PM
題名: 貿易戦争
戦後の世界経済の発展は自由貿易によるところが大である、誰もが認めるところ。しかし残念ながら大国間で貿易戦争が起こりつつあるのは極めて遺憾である。短絡的にならないでもう少し話し合って公平になるような仕組みをつっくていかなければ経済問題が次の一手に進む可能性が出てくる。大国よ今一度考えなおさないと大変なことになる可能性が大きい。他国があって自国もある考えから始めたらいかがだろうか。

お名前:かさ ,2018-04-03 05:39:15 PM
題名: 目を覚ませ
いつまで森友に時間を費やすのか、日本にとって一銭の得にもならない、甚大な時間の無駄である。
国外では米中貿易戦争の始まり、中北朝鮮のよりを戻す動き、米欧の貿易戦争等が起きている。
今が拉致被害者救出の絶好の機会である、この時期を逸しては二度と救出は無理だ。
野党諸君、いい加減に森友の答弁を辞めたまえ。

お名前:pol ,2018-04-02 04:38:09 PM
題名: Patriot misseles
Poland signed the largest arms procurement dealing in its history on Wednesday, agreeing with the United State to buy Raytheon Co.'s Patriot missile defense system for $4.75billion in a major step to modernize its forces against a bolder Russia.(The Japan News)

お名前:井松 ,2018-04-02 04:16:15 PM
題名: 都構想反対
大阪都に反対
大阪都構想は吉村市長や維新の遊び場じゃない。
吉村と維新は市民の税金で特別区になるまでやるのか??
大阪市債は減り続けているが府債増え続けている、何のために市民の血税を府は横取りするのか。
24区からの再編で300億~500数十億円かかる、何のために税金を使うのか暇つぶしのためか。
都構想の考えを即刻辞めるべきだ。

お名前:l ,2018-03-30 11:29:08 AM
題名: Korea
Inter-Korean summit talks set for April 27

お名前:matsumura ,2018-03-30 09:32:53 AM
題名: Malala returns to Pakistan
The 20-year-old Nobel Peace Prize winner makes her first visit back to her native country since she was shot there in 2012 by Taliban on her way home from her school for advocating greater education for girls.
(Extracted from The Japan Times)

お名前:会談 ,2018-03-29 11:23:15 AM
題名: もたもたしている時ではない
中朝首脳会談が北京であった。南北首脳会談が4月、米朝首脳会談が5月。
一方日本では些細な森友学園問題で揺れている、馬鹿げたことは一刻も早く収束させねば我が国を核から守れない、拉致問題も永遠に解決できない。
諸問題を解決できるのは安倍政権のみである。だから自民党は安倍政権を応援せねばならない。

お名前:会談 ,2018-03-29 11:08:33 AM
題名: もたもたしている時ではない
中朝首脳会談が北京であった。南北種の階段が4月、米朝首脳会談が5月。
一方日本では些細な森友学園問題で揺れている、馬鹿げたことは一刻も早く収束させねば我が国を核から守れない、拉致問題も永遠に解決できない。
解決できる可能性のあるのは安倍政権のみである。だから自民党は安倍政権を応援せねばならない。

お名前: ,2018-03-28 10:42:42 AM
題名: 政党政治
近代政治は政党政治で、どこの国でも党は“綱領”を持っている。綱領とは党が目指すもので、それをどう実現するか、我が国では国が置かれている現状などが記されている。
政党の本来の目的は、自らの理念に基づく政策施策を実現し、自らがよりよいと思う社会を現出させることです。
しかし残念ながら野党は与党を批判し政治の足を引っ張っているのが仕事で、政治理念や思想などというものはない。この間の民主党の様に政権が交代しても結局何も変わらず失敗の連続であった。
各党とも「綱領」に沿って政治活動を行っているはずですので最終的には自らの主義・主張を通すために単独政権党を目指すのが当然です。しかし主張がちがい、本来は正反対であるはずの他党と手を組んででも政権の座にありつきたい」という姿勢がよくわかる党もある。

お名前: ,2018-03-27 11:14:33 AM
題名: 報復合戦
英国でのロシア情報機関元幹部が神経剤で襲撃された暗殺未遂事件で、米国はロシア外交官60人追放。米国に欧州などを加えると100人超の追放となる。 報復合戦になるだろう。

お名前:かい ,2018-03-26 04:54:15 PM
題名: 改竄指示は特定できず
森友文書で太田充理財局長は国有地売却に関する決済文書で誰が指示したかは特定できていないとの認識。これが政治の世界だ。
野党は官邸を責めることを生きがいにするのでは脳がなさすぎる、すべきは国民のために拉致問題解決や北方領土問題に最大の力を出すべきだ。そうすれば国民は付いてくるかもしれない。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2022 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター