画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:374, 合計:7882:メッセージ
お名前:斉藤 ,2011-12-21 05:13:59 PM
題名: 慰安婦問題
李明博大統領殿よ、韓国は今中国選漁船や北朝鮮問題で大変である。日本と連携してやらなければ貴国は大変な時代に突入する。1965年6月日韓基本条約締結、付属協定で請求権問題について「完全かつ最終的に解決された」と明記されている。いつまでごねているのか。

お名前:藤田 ,2011-12-19 03:07:40 PM
題名: 日韓首脳会談
「慰安婦問題」の件です。これはなかったことは事実です。李明博大統領は任期を一年残すことで時期に備えての行動である。日本は断じて「そのような事実はない」と強く言わなければならない。そしてブロンズ像を速やかに撤去するように大統領に伝えることである。

お名前:藤田 ,2011-12-19 03:05:41 PM
題名: 日韓首脳会談
「慰安婦問題」の件です。これはなかったことは事実です。李明博大統領は任期を一年残すことで時期に備えての行動である。日本は断じて「そのような事実はない」と強く言わなければならない。そしてブロンズ像を速やかに大統領に伝えることである。

お名前:松村 ,2011-12-17 11:44:49 AM
題名: 新たな人権救済機関設置に関する法案概要への談話
わが党はかねてより、言論・表現の自由を損なう恐れがあることから、いわゆる人権侵害救済法案(仮称)の制定には反対してきた。
にもかかわらず、本日、法務省は新たな人権救済機関(人権委員会)設置に関する法案の概要を発表した。
法務省は、すでに様々な人権侵害事案については、現在の法体系で99%以上が解決済みになっている現状を認めながら、新たに人権救済機関(人権委員会)を設置するとしているが、行政改革に逆行して公務員を増員するような新たな組織の必要性について納得できる説明をしていない。しかも、この機関は「3条委員会」と言われる政府から独立した組織であるため、委員が強権的な運営を行っても内閣が是正する手段がない。
また、人権委員の資格として国籍条項がなく、外国人に日本国内での取り締まり権限を付与する危険性や、「不当な差別的取扱い」の拡大解釈により、日本の国益を主張する行為も「差別助長行為」と認定されて処罰の対象となる危険性も指摘しておきたい。
たちあがれ日本は、このような問題点が存在する人権救済機関の設置には言論・表現の自由と人権を守る立場から重ねて断固反対する。
東日本大震災から9ヶ月が過ぎ、被災地は冬を迎えたが、復興は遅々として進んでいない。いまだに被災者たちを、厳しい状況下に放置している民主党政権に果たして「人権」を語る資格があるのか。政府はまず、東日本大震災の復興に全力を尽くすべきである。

平成二十三年十二月十五日
たちあがれ日本 代表 平 沼 赳 夫

****************************************
「日本会議 国民運動関連情報」 平成23年12月15日(木)通巻第584号 (転載)
****************************************
  法務省は、次期通常国会提出予定七法案の中に、「人権委員会の設置等による人権擁護施策の推進に関する法律案」「人権擁護委員法の一部を改正する法律案」を盛り込みました。
 15日に開催された民主党の法務部門会議で了承され、民主党内の年内の協議は終了しました。
 「人権委員会設置法案(仮称)」については、「人権侵害により発生し、又は発生するおそれのある被害の適正かつ迅速な救済及びその実効的な予防を図る等のため、人権委員会(仮称)及びこれを担い手とする人権救済制度を創設し、その組織・権限及び救済の措置・手続その他必要な事項を定める」と提案理由を記しています。
 マスコミ・ネット等についての人権侵害については、法務省は条文で特出ししていないものの申し出があれば調査の対象となると説明されました。
 慎重派・反対派が定義が曖昧であると批判してきた人権侵害の定義等については、次のように説明しています。ハードルを極端に下げており、反対しにくい内容となっていますが、逆に新組織設置の必要性が疑われる法律案です。

(同 平成23年12月12日(月)通巻第579号より)
 法務省は12月6日、8月2日に発表した「新たな人権救済機関の設置について」にもとづく、Q&Aを法務省HPで公開しました。
 法務省人権擁護局によると「ご意見やお問い合わせが数多く寄せられ」たことから「一問一答の形でご説明をさせていただく」と説明しています。全文はA4で15ページほどの分量。来年の通常国会へ向けた地ならしであり、国会質疑にあたっての想定問答集とも言える内容です。
 かつて平成8年でしたか、法制審議会が夫婦別姓について答申し、法案がまだ国会提出されていないにもかかわらず、法務省が同様のQ&Aを作成し、国会で大問題にしたことがありました。当時の反対論は、たしか「法案が成立も提出もされていないのに、法務省の一部の案を前提に世論誘導を図るパンフレットを配布するとは僭越ではないか、云々」というものだったと記憶しています。当時と同じやり口と感じています。

 全文はこちらから http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03_00041.html

 内容に少し触れれば、例えば、人権侵害救済機関は捜査機関でも司法機関でもなく、国民に人権について理解を深めてもらうため活動する機関であるとしています。
 また、「三条委員会」という法的位置づけにはこだわり続けていますが、三条委員会化に伴う委員会の権限については、付与される権限は現時点で何も決まっていないものと逃げています。
 反対派慎重派の疑問には真正面から答えず、「国民に人権について理解を深めてもらう
三条委員会」を設置しようとするなど、全くもって根拠が薄弱で不要な機関であるといえ
ます。

【法案の危険性を周知する活動にご協力を!】
◆たちあがれ日本【人権侵害救済法案への反対ビラ(A4・白黒・両面)】

※人権侵害救済法案反対チラシが必要な方は、

たちあがれ日本党本部
(電話03-3582-8111 FAX03-3582-8112) までご連絡下さい。
○必要枚数
○申請者の氏名住所
○利用方法をご確認させていただいた後、ご送付申し上げます。

【反対ビラダウンロード】
●「ダウンロード」して各自で印刷していただくことも可能です
(A4サイズ・両面・白黒印刷)
※ダウンロードはこちらから

・たちあがれ日本ウェブサイト「政策発表」
  http://www.tachiagare.jp/

・平沼赳夫HPから
  http://hiranuma.org/files/zhinken_download01.pdf

●問題点 内容解説
「日本の息吹 9月号 全体主義的な言論・思想統制を目論む『人権侵害救済法案』」
百地章 日本大学教授 論文
http://hiranuma.org/files/zhinken_download02.pdf

【反対ビラ活用方法】

(1) 街頭配布
(※所轄警察署の道路使用許可等を得てから実施してください)

(2) ポスティング
(※特別な許可は必要ありませんが建造物によってはポスティングが禁止されている場合があります)

(3) 集会での配布
(※主催者・施設管理者の許可が必要です)

個人が知り合いに配布することについては何ら制限がありません。
店舗や会社等に経営者の承諾を得て預託し来店者等にご自由にお持ち帰りいただくことも可能です。

「人権擁護」の名のもとに偏向した勢力による言葉狩りや言論弾圧を招きかねない、この危険な法案を阻止し言論・表現の自由を守るために、皆様のお力をお貸し下さい。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
====================
転載です

お名前:日本人 ,2011-12-14 05:17:26 PM
題名: 少女像」を慰安婦支援団体設置
在韓大使館前に「少女像」を慰安婦支援団体設置。
慰安婦問題は存在しない。宮沢元首相は朝日新聞を読み確認もせずに韓国に陳謝したことが始まりである。なんと情けないことか。民主党よ大使館を韓国から引き上げる覚悟で撤去させなければならない。

お名前:たなか ,2011-12-04 11:12:27 AM
題名: NHKスペシャル
昨日12月3日(土)午後9時から「NHKスペシャル」を観て感じたこと。NHKは、日本の戦争が悪い、戦争を始めたのが悪い、日本人のやり方が悪い、日本人がまるで悪魔のような表現である。なぜお国のために働いた人たちを称える一齣も出せないのだろうか。NHK職員は旧社会党関係者から金をもらっているようにしか思えてならない。

お名前:川村 ,2011-11-28 10:28:49 AM
題名: 大阪府知事選
倉田薫殿、よく検討されました、敗因は知名度とこれという殺し文句がなっかったからでしょうか。お若い次に期待しています!

お名前:川村 ,2011-11-28 10:25:56 AM
題名: 大阪府知事選
松井一郎新知事殿、驕ることなかれ。大阪のため、日本のために力を出してほしい。

お名前:はらだ ,2011-11-28 10:22:09 AM
題名: 大阪市長選
平松邦夫市長よく頑張っていただきました! 橋下氏の元首相小泉流と同じ発送で「二重行政の無駄」をなくすに屈したのでしょう。

お名前:松村 弘 ,2011-11-25 12:47:21 PM
題名: 「医療費削減」最終回 治療する医師と治す医師
「癌にならない方法、治す方法」

あとがき
 私は医師でも何でもありません、ただ健康には最も注意を払っている一人です、また医者(歯科医は別)に掛かったことは60年間近くありません、事実は事実であります。上記は健康に関する書籍を100冊読んで知ったこと、医師に教わったこと、新聞やテレビで読んだり見たり、自分自身のこと、またお見舞いに行ったりして知りえたことを纏めたものです。
 病気にならないためには、上記の生き方をするように勤めること、不足している微量元素(ミネラル)水飲用ではあるまいか。運悪く病気(生活習慣病)になってしまった方も上記を参考にしていただき微量元素(ミネラル)水飲用が適っていると思います。
不安とか何かありましたら野島先生にご相談されたらいかがでしょうか、きっと希望と夢を叶える一筋の光が見えてくるに違いありません。野島先生曰く医師は病気を治療するのではなく治すこと、とおっしゃっています。先生こそ病気を治す医師達の一人であると信じてやみません。
最後に、このホームページが皆様の健康に関することで少しでもお役にたてるなら望外な喜びです。
なにか御座いましたらお気軽にお問い合わせください。kokusai@kokusai.ne.jp

最後まで有難う御座いました。

お名前:松村 弘 ,2011-11-24 10:54:17 AM
題名: 「医療費削減」その6 治療する医師と治す医師
Ⅵ. 癌の原因を見つけた医師
 私(野島医師)と超遺伝子ミネラル水溶液との出会いは、千葉県保健所で所長を務めていた時である。ガンで余命数カ月と宣告された町長が、このミネラル水による療法を試したところ、徐々に体調が回復し、数カ月ですっかり健康を取り戻した時には「凄い」の一言に尽きるほどであった。これがきっかけとなり、本格的に「超遺伝子ミネラル療法」の研究に取り組むことになったのである。
 約数億年間、地下数千メートルの海底に埋もれていたものが出没。東北阿武隈山系の小野町から採掘される鉱石(花崗岩)で、豊富なミネラル分を含んでいる。この岩石を特殊製法によりイオン化し、純粋で甘味料、味付け、防腐剤等の添加物を一切使用していない(濃縮ミネラル)超遺伝子ミネラル水溶液の誕生である。
[参考資料]『超遺伝子ミネラル 遺伝子からのメッセージ』医師・医学博士 野島尚武著

続く

お名前:松村 弘 ,2011-11-23 11:11:30 AM
題名: 「医療費削減」その5   「治療する医師と治す医師」
Ⅴ.病気にならない方法。
1.「少食の勧め」 人は人類誕生以来ずっと飢えとの戦いの連続であったと考えられる。現在でも世界の広い地域で満足に食べられない人たちがどれくらい多いことか、日本、欧州、北米等は例外といってもよい。それで人間の身体は長い長い長い歴史の過程で食べ過ぎるより少食の方がよいようにできているようです、反対に食べ過ぎは万病の元であるらしい(腹八分で医者知らず、腹十二分で医者足りず、あるいは断食が健康によいのも何となく解かりますよね!)。そうそう、丸々太った豚(トン)ちゃんは何と腹6分らしいですよ、腹一杯食べている人、豚ちゃんにも劣る、なんだか恥ずかしいですよね。しかしこれを読まれている方は上品な方ばかりだから腹八分と信じています、安心してくださいね!
1.「人間は地球の分身である」と考え動植物やものを大切にする心が芽生え命を大切にすることができる。
1.「人は生かされている」ということを知り己の分際を知ることになる。
1.「自然に合わせて生きる」様にすること(早寝早起き等)。
1.「体を冷やさない」こと、冷やすのは頭のみ(冷えは万病の元)。
1.「身体を暖かくする」こと、但し頭を暖めないこと(暖めればお目出度い人になる、くれぐれもご注意を!)
1.「哺乳類が食べないものは摂取しない」様にすること(煙草や麻薬等)。
1.「運動不足にならない」様にすること(昇降機や自家用車等の使用を減らし歩く様に心がける。昇降(しょうこう)機を常用していると病気の症候(しょうこう)群の一つになり最後には焼香(しょうこう)してもらうことになりますよ! 桑原桑原!)。
1.「薬は飲まない」様にすること(薬は例外なく毒である、副作用のない薬はない。その証拠にクスリを後ろから読めばリスク(危険)である、十分に注意しましょう)。
1.「歯に合った食べ方」をする。
穀物・芋・木の実:6割強(20本(62.5%)が臼歯)
野菜・根菜類・果物:3割弱(8本(25%)が門歯)
肉・魚・卵:1割強(4本(12.5%)が犬歯)
1.最も不足している「微量元素を補う」こと。
これを書いている私は、短所はあっても長所はあまりない、が自慢できることが一つある、それは60年近くの間に医者を見たことは何度もある、が診てもらったことは一度もない! 医者泣かせである(私はお客さんでないから!)。それは上記のような生活をしているからに他ないと思います。

続く

お名前:松村 弘 ,2011-11-22 04:37:37 PM
題名: 「医療費削減」その4  治療する医師と治す医師
Ⅳ.宇宙誕生から現在まで
137億年前宇宙超大爆発で星が誕生し、地球は46億年前に誕生した。人間の身体は水素、炭素、窒素、酸素の4大元素で9割5分以上出来ている、これらの元素は137億年前宇宙に存在していた。即ち地球は宇宙の分身、生物は地球の分身、人間は生物の分身ということになる。動物も植物も鉱物も皆親戚!喧嘩や戦争しているときではないでしょう、政治家の皆さん、頑張って下さいね(集金や票を取るためではないですよ!)。
700万年前に人類誕生以来恐らく全人類は太陽が昇れば起き、沈めば寝るという生活だったと思われる。行灯が一般的に普及したのは江戸時代、貧乏人は太陽が沈み暗くなったら寝る、明るくなったら起きるという生活だったはずだ。その行灯の明るさは電球の50分の1程度といわれている(蝋燭も似たり寄ったりである)。だから明かりがあったといっても費用や明るさの加減等で毎日遅くまで起きていたとは考えにくい。
我国で電灯の普及が始まったのは精精5、60前である。その頃から少しずつ就寝時間と起床時間は変化してきたと思われる。
今から40年ほど前から国内農業は有機栽培から大量の農薬を使用する無機栽培に代わってきた。そのため土地はやせ、結果として身体に不可欠な微量元素(ミネラル)とビタミンの少ない見栄えだけのよい農作物が市場に出てきた。同時にそれを原料にした添加物漬けの加工食品が市場を牛耳ってしまった(本で読んだか聞いた話かよく覚えていませんが海外での話です、人が死ねば腐敗するがただ日本人は腐敗しない、だから日本人を探し出すのは腐敗していない死人を見つけること! それだけ日本人は添加物の入った食べ物を食べているということでしょうか、恐ろしい!)。現代の人は栄養失調だといわれています。日本は飽食時代です、どうして栄養失調なのか、それはビタミンやミネラルが農作物から激減した食べ物を食べているからに他ありません。

続く

お名前:松村 弘 ,2011-11-21 12:55:27 PM
題名: 街頭演説のご案内
【1】街頭演説のご案内
(1) 平成23年11月23日(水)JR秋葉原住友不動産秋葉原ビル前にて街頭演説を行いますのでご案内致します。皆様のご参加をお待ちしております。

日時:平成23年11月23日(水) 13:00~14:30頃
場所: JR秋葉原住友不動産秋葉原ビル前
弁士:平沼赳夫代表
かけはし塾卒塾生有志(第1期前期生)
※現場判断により時間が前後する場合、弁士が変更になる場合などがございます。

(2) 平成23年11月25日(金)恵比寿駅前交番付近にて街頭演説を行いますのでご案内致します。皆様のご参加をお待ちしております。

日時:平成23年11月25日(金) 15:30~17:00頃
場所: 恵比寿駅前交番付近
弁士:園田博之幹事長、三宅博支部長、藤井厳喜支部長、升田世喜男支部長、
松田学支部長、村岡敏英支部長、三木圭恵支部長
※こちらの会場には平沼代表は参加いたしません。
※現場判断により時間が前後する場合、弁士が変更になる場合などがございます。


【2】人権侵害救済法案に対する反対啓発ビラについて
たちあがれ日本は反対を表明しております。
同法案に対する反対啓発ビラを作成致しました。
お陰さまで皆様にご活用いただき、30万部以上の発注をいただきました。
是非同法案への危機意識を共有して頂き、街頭や戸別での配布活動などによる更なるご協力をお願い致します。
啓発ビラは党WEBサイトにて印刷可能ですが、街頭や戸別での配布活動などで一定部数が必要な場合は、党本部まで必要部数・送付先などをご連絡下さい。
http://www.tachiagare.jp/pdf/newsrelease_110829.pdf

【3】尖閣諸島を守る活動について
 我が党は尖閣諸島と尖閣諸島の漁業関係者の生活を守るため、国会請願署名に取り組んでまいりました。皆様のご協力の下、10万を超す署名を集めることが出来ました。
ご協力いただきました皆様方に心より御礼申し上げます。

■尖閣を守る全国国民集会 11月21日〈月〉 14時~16時
と き:11月21日〈月〉 14時~16時
ところ:砂防会館大ホール 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5TEL03(3261)8386(代表)
※平沼赳夫も参加いたします。
●集会終了後、国会請願行進(砂防会館~国会議事堂、約20分)を予定しています(参加自由)
※集会終了の16時30分頃より出発し、国会議事堂前で請願活動を行い解散します(16時45分頃)
主 催:尖閣を守る全国国民集会実行委員会
[集会事務局] 〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-10-1-601 日本会議
電話03-3476-5611 FAX03-3476-5612 Email:ibuki@nipponkaigi.org

【4】その他
■12月8日 午後6時~8時 「日米開戦70周年記念講演会」
アメリカはなぜ対日戦争を仕掛けたのか

本年は、日米戦争開始70周年にあたります。この機会にこの戦争をテーマとした第1回目の講演会を企画することにしました。あの戦争は日本の侵略戦争であったという汚名を未だに着せられている状況ですが、これに根本的に反撃する講演会としたいと考えております。

そもそもあの戦争は、単にアメリカにはめられて日本が仕掛けたなどというものでは全くなく、戦争を起こそうとし、更にはそれを裏から実際に推進していたのがアメリカであるというのが真相です。日本はなぜ、ではなく、アメリカはなぜあの戦争を起こしたのか、という観点からあの戦争を見直していく講演会としていく所存です。下記の通り開催いたしますので皆様のご参加をお願い致します。

日時:12月8日 午後6時~8時
場所:憲政記念館講堂
登壇者:加瀬英明「なぜアメリカは対日戦争を仕掛けたのか」
    ヘンリー・ストークス「ペリーがパンドラの箱を開けた」
    高山正之「アメリカはなぜ日本に悪意を抱いたのか」
    茂木弘道「戦争起こしたのはアメリカである」
来賓挨拶:平沼赳夫衆議院議員・中條高徳・山本卓真・夏川和也
協賛:偕行社・水交会・志士経営者倶楽部・美し国
参加料:1000円(当日会場にて)
申し込み:moteki@sdh-fact.com (先着順)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本会議岡山 関連行事ご案内

■11月24日(木)18:30開演 一色正春氏講演会
日本が危ない!「領土・領海問題から今後のニッポンを考える」
【名 称】一色正春氏講演会『今、伝えたいこと~領土・領海を護るために~』
【主 催】社団法人新見青年会議所
【担当者】委員長 田原 宰
【後 援】日本会議岡山ほか
【主 旨】講師として元海保安官一色正春氏、日本会議専任研究員江崎道朗氏をお招きし領土・領海を守る現場の生の声を聞き、現在の日本を取り巻くアジア情勢に目を向けこれからの日本の未来を市民全体で考えるきっかけになることを目的とする
【内 容】 
第一部 講演会『今、伝えたいこと~領土・領海を護るために~』
講 師 一色正春(いっしきまさはる)氏 (元海上保安官)
第二部 パネルディスカッション『我が国の領土・領海があぶない』
パネラー 一色正春氏(元海上保安官)・江崎道朗氏(日本会議専任研究員)
【日 時】2011年11月24日(木)
18:30開演 20:30終了予定 (開場18:00)
【場 所】まなび広場にいみ小ホール 〒718-0011岡山県新見市新見123-2
座席数約300席 入場無料  17:00から整理券300枚を配布予定
※会場の変更の可能性がありますので、最終案内は後日させていただきます。

【連絡先】担当者 まちおこし委員会 
委員長 田原 宰 携帯090-3740-0017
副理事長 堀江 裕 携帯090-6832-3088
社団法人新見青年会議所
事務局 〒718-0003 岡山県新見市高尾2475-7新見商工会館内
TEL0867-72-2139 FAX0867-72-0347
Eメール niimijc@optic.or.jp

■11月26日(土) 平成ビジョンの会 時局講演会「国家不在の政治を斬る!」
期  日  平成23年11月26日(土)
時  刻  午後2時00分~4時30分
場  所  サンピーチ岡山(岡山市北区駅前町2-3-31 TEL 086-225-0631)
内  容   講演1 演題 「政局雑感 -最近の国政について-」
講師 参議院議員 片山虎之助先生
講演2 演題 「戦後レジームからの脱却」
講師 日本政策研究センター代表 伊藤哲夫先生
参加費  2,000円(学生1,000円)
主  催  平成ビジョンの会
後援(予定)日本会議岡山、産経新聞岡山支局

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp

転載です

お名前:松村 弘 ,2011-11-18 01:44:16 PM
題名: 尖閣諸島を守る全国国民集会にご参加を ―海洋国家日本の国益を国民の力で守りぬこう!
■11/21 尖閣諸島を守る全国国民集会にご参加を
―海洋国家日本の国益を国民の力で守りぬこう!

 中国漁船追突事件から早や1年。中国は事件以来、東シナ海の海洋覇権を着々と推し進め、尖閣諸島への露骨な侵出を開始しています。
 たちあがれ日本は、領土・領海を守る署名運動を推進していますが、このほど同主旨の署名をしている民間グループが、下記の要項で国民集会を開催します。
「たちあがれ日本」を代表して、平沼赳夫代表も登壇し、挨拶する予定です。
どなたでも参加できますので、友人・知人をお誘い合わせの上、御参加いただければ幸いです。

●ご提言いただく皆さん(順不同)
◎政府代表及び各党代表 …平沼代表より挨拶の予定
◎主催者より …三好達氏(日本会議会長)
◎各界有識者 …櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)、香田洋二氏(元自衛艦隊司令官)
◎現地沖縄より …中山義隆氏(石垣市長)、比嘉康雅氏(沖縄県漁業師会会長)
と き:11月21日〈月〉 14時~16時
ところ:砂防会館大ホール 
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5 TEL03(3261)8386(代表)

◇集会終了後、国会請願行進(砂防会館~国会議事堂、約20分)を予定しています
(参加自由)
※集会終了の16時00分頃より出発し、国会議事堂前で請願活動を行い解散します
(16時30分頃)
主 催:尖閣を守る全国国民集会実行委員会
[集会事務局] 〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-10-1-601 日本会議
電話03-3476-5611 FAX03-3476-5612 Email:ibuki@nipponkaigi.org

●トルコ共和国地震被害・タイ王国洪水被害への義援金について

トルコ共和国ヴァン県における地震、及びタイ王国での広範囲にわたる洪水で、深刻な被害を受けられました皆様に心からお見舞いを申し上げます。
今回の災害に対し、多くの皆様より義援金のお問い合せを頂いております。
現在、両国大使館のWEBサイトにて義援金の募集を行っておりますので下記の通りご案内致します。

○トルコ共和国
口座にて受け付けています。
詳細は、駐日トルコ共和国大使館WEBサイト「国内義援金口座の開設について」
(下記URL)をご参照ください。
銀行名:三菱東京UFJ銀行
支店名:渋谷明治通支店(支店番号:470)
口座番号:(普)3144041
口座名義:トルコ大使館 災害支援義援金受付口座
http://tokyo.be.mfa.gov.tr/ShowAnnouncement.aspx?ID=134438

○タイ王国
口座のほか、現金書留にて受け付けています。
詳細は、在京タイ王国大使館WEBサイト「タイ洪水被害者救済のための寄付金受付について」
(下記URL)をご参照ください。
現金書留送付先:〒102-0074 東京都千代田区九段南2丁目2番1 タイ王国大使館
http://www.thaiembassy.jp/rte1/index.php?option=com_content&view=article&id=642:2011-10-14-07-48-35&catid=45:2009-08-28-06-01-13

先般の東日本大震災においては、トルコ・タイ両国からは多額の義援金のほか飲料水や缶詰などの食料に加え毛布や寝袋など多くの支援物資を提供して下さっております。一日も早い復旧・復興のために、皆様方のご協力をお願い致します。


■TPPへの拙速な参加表明に反対する(声明)

資源に乏しいわが国が、貿易立国で成り立ってきたことを考えれば、多国間であれ、二国間であれ、自由貿易のルール作りに積極的に取り組まねばならないことは国家戦略として当然である。
 しかしながら野田内閣は、TPPに関して必要な情報開示を怠り、国内対策への議論や国民への説明を尽くさぬまま、交渉参加への政治決断をしようとしている。同時に、与党・民主党においても、党内議論を両論併記にすることで野田首相に判断を委ねるなど、政権与党として実に無責任な対応に終始している。
TPPによる国民生活や国内産業への影響は測り知れないものであるにも関わらず、国民生活を守る視点を欠いたままの拙速な参加表明は後世に禍根を残すものであり、わが党は是認できない。

平成23年11月9日
たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
転載です。

お名前:大阪太郎 ,2011-11-17 04:42:30 PM
題名: 環太平洋パートナーシップ協定
「環太平洋パートナーシップ協定」は遅かれ早かれ避けて通れないでしょう。間違いなく輸出増期待、農家大打撃であろう。しかし損得の問題、枝葉の問題ではなく、日本全体で見た場合10年先20年先を見据えなければならない。特に食料問題である。大事なことは手ごわい相手と互角に渡り合える民主党議員はいるのか。2011.11.17.大阪発

お名前:松村 弘 ,2011-11-17 11:35:36 AM
題名: 「医療費削減」その4 「治療する医師と治す医師」
Ⅳ.宇宙誕生から現在まで
137億年前宇宙超大爆発で星が誕生し、地球は46億年前に誕生した。人間の身体は水素、炭素、窒素、酸素の4大元素で9割5分以上出来ている、これらの元素は137億年前宇宙に存在していた。即ち地球は宇宙の分身、生物は地球の分身、人間は生物の分身ということになる。動物も植物も鉱物も皆親戚!喧嘩や戦争しているときではないでしょう、政治家の皆さん、頑張って下さいね(集金や票を取るためではないですよ!)。
700万年前に人類誕生以来恐らく全人類は太陽が昇れば起き、沈めば寝るという生活だったと思われる。行灯が一般的に普及したのは江戸時代、貧乏人は太陽が沈み暗くなったら寝る、明るくなったら起きるという生活だったはずだ。その行灯の明るさは電球の50分の1程度といわれている(蝋燭も似たり寄ったりである)。だから明かりがあったといっても費用や明るさの加減等で毎日遅くまで起きていたとは考えにくい。
我国で電灯の普及が始まったのは精精5、60前である。その頃から少しずつ就寝時間と起床時間は変化してきたと思われる。
今から40年ほど前から国内農業は有機栽培から大量の農薬を使用する無機栽培に代わってきた。そのため土地はやせ、結果として身体に不可欠な微量元素(ミネラル)とビタミンの少ない見栄えだけのよい農作物が市場に出てきた。同時にそれを原料にした添加物漬けの加工食品が市場を牛耳ってしまった(本で読んだか聞いた話かよく覚えていませんが海外での話です、人が死ねば腐敗するがただ日本人は腐敗しない、だから日本人を探し出すのは腐敗していない死人を見つけること! それだけ日本人は添加物の入った食べ物を食べているということでしょうか、恐ろしい!)。現代の人は栄養失調だといわれています。日本は飽食時代です、どうして栄養失調なのか、それはビタミンやミネラルが農作物から激減した食べ物を食べているからに他ありません。
続く

お名前:松村 弘 ,2011-11-14 02:55:49 PM
題名: 医療費削減その3 「治療する医師と治す医師」
Ⅲ.癌を治す方法
現在の医学では癌の原因がわからない(らしい?)、特定できない、それでも医師は治療しなければならない。癌(ガン)になれば名前の通りガンガン痛い、だから患者は病院へ行く、するとA病院では手術、B病院では抗癌剤投与、C病院では放射線照射。しかし病気は悪化すれども治らない、それゆえ医者はこれでもかこれでもかと切りまくる、これでもかこれでもかと抗癌剤投与、これでもかこれでもかと放射線照射、これでもかこれでもかと薬を出す。医師は必死で治療する必死(必死=必ず死ぬ)になればなるほど患者さんは次々と天国行へ行ってしまう。それも苦しい思いをしながら、多額のお金を支払って、なんと気の毒なことか。これでは堪(たま)ったものではない、貯(た)まるのは借金のみ!
これでは製薬会社、病院、薬局、医者は潤う。その証拠に製薬会社の多くは大企業があり、病院や薬局は全国に、医者は高級車に乗り帰宅すればそこは城、恥ずかしいながらこれが現状である。会計士、弁護士、警察、刑務所が繁盛する世の中はよくないのと同様、医者、薬局、病院、製薬会社が繁盛する世の中はよくない、それは生産性も娯楽性もない。
患者さんを待ち受けているのは、注射(=痛い=怖い)、クスリ(=リスク=危険)、手術(俎板の上の何とか)、死の恐怖と借金のみ。
大航海時代に多くの船員が壊血病にかかった、原因は野菜、果物が船上になかった、即ちビタミンCの欠乏であった。日本帝国海軍では脚気で船員を悩ませた。原因は麦飯を食べなかったのでビタミンB1の欠乏であることが分かった。同じように多くの人が癌に掛かる、最初原因は分からなかったが微量元素水を投与すると改善か治癒される。故に壊血病はビタミンCで、脚気はビタミンB1で、癌は微量元素水で改善か治癒する。
最後に皆さんに質問です。病気を治すのは誰(何)だと思いますか、
「医者?」 
「薬?」
「漢方薬?」  
「病院?」
「祈祷師?」
「健康食品?」
「補助食品?」
「気功師?」
「指圧師?」
「整体師?」
「念力?」
「手当て?」
「ヨガ?」
「呼吸法?」
「正露丸?」
「梅肉エキス?」
「葛根湯?」
「どくだみの葉っぱ?」
「鉄道療法(Railway Therapy)?」
「神のタバコ?」
「手かざし?」
いやいやまだまだ沢山あります、しかし全部一理あります! いや二理も二理半もあるかもしれませんね(笑)。読者に下駄を預けますよ、譲りの精神をもって!

お名前:松村 弘 ,2011-11-12 10:38:31 AM
題名: 「医療費削減」その2  Ⅱ.医師の考える現代病の原因と素人の考え
Ⅱ.医師の考える現代病の原因と素人の考え
癌の原因は書籍に次の様に書いてある、「人が生きているから」、「細胞分裂における失敗」、「体に大きな負担や無理」、「塩分の過剰摂取」、「クエン酸回路の障害」、「過剰な活性酸素の発生」、「動物性たんぱく質・脂肪の過剰摂取」、「ミネラル欠乏」、「長時間労働」、「夜更かし」、「ストレス」、「アルコール・煙草」、「肝炎ウイルス大腸」等である。
皆さん、何か可笑しいとは思いませんか、全部当たっているといえば当たっている、外れているといえば外れている。例えば「人が生きているから」これは見事に当っている、流石に医師、死ねば癌も死ぬ、しかしよく考えてみると、死ねば元も子もなくなる、なんだか変ですよね!「塩分の過剰摂取」それでは普通に塩分を取れば癌にならないのでしょうかね、塩をがぶがぶ食べたり飲んだりする人はいますかね?私は市販されている塩にはミネラルが殆ど含まれていない精製塩、即ち粕の塩だからと思いますよ、そんな塩を食べても、しおないでしょう!「ストレス」を無くせば癌にならない、しかし現実問題無理ですよ、言うのは勝手ですがね、まあそういう風にする心構えは大事でしょうか。
裏を返せば癌の原因を突き止めるのはそれだけ難しいということではないでしょうか、単純でなく複雑であることです。
私は癌を含めた現代病の原因は、何万年何十万年と続いてきた生活習慣がここ数十年の間に激変した。食べ物においては食べ物の欧米化(悪いのではなく日本人には未だ合わない)、本来人間が殆ど口にすることがなかった農薬と添加物満載の食べ物、さらにビタミンと微量元素不足が追い討ちを掛ける。身体を動かすという点では、交通機関(電車、バス、乗用車等)の発達、昇降機やエスカレーターの設置等により以前と比べて歩く距離が激減することによる運動不足になった。20年ほど前から生活習慣も変化してきた、コンビニ等の出現で昼夜逆さまの生活者が増えた。
人間の身体は何万年何十万年という長い時間を掛けて環境に合うように少しずつ進化してきた。身体はこの現在の急激な変化についていけない、それが病気の大きな原因の一つに違いないと思う。

続く

お名前:松村 弘 ,2011-11-11 09:06:38 AM
題名: 医療費削減その2
Ⅰ.宇宙の歴史、地球の歴史、これ即ち人の歴史
1.紀元前137億年頃に宇宙超大爆発(BIGBANG=ビッグバン)が宇宙を誕生させた。
2.紀元前136億万年頃に水素が集まり最初の星が誕生。星は、その内部で核融合反応を起こし、水素→ヘリウム→炭素→窒素→酸素と軽い元素から順に次々と生み出していく。
3.紀元前46億年頃に太陽と地球が同時に誕生。水素とヘリウムが集まって太陽に、小惑星が10兆個ほど衝突と合体を繰り返して地球になった。
4.紀元前43億年頃に生命の素となるアミノ酸などの有機物が作られた。やがて遺伝子を作るという、生命誕生の前段階となる重要な化学進化が行われた。
5.紀元前40億年頃に最初の生命が誕生した!
6.紀元前30億年頃に前代未聞のバクテリアが現れ画期的なシステム「光合成」を生み出した。
7.紀元前24億年頃にシアノバクテリアは酸素を作り続ける。
8.紀元前2億年頃に哺乳類の出現。
9.紀元前700万年に「人類」が誕生。
10.紀元前1万6000年~3千年頃に人類は農耕や牧畜を覚える。
11.紀元前5千年頃に文字ができ国家という形のものができ、人類の文明が始まる。
12.50年前頃に電灯の普及、電気製品の普及。
13.40年前頃に有機栽培から無機栽培に移り始める。
14.30年前頃に生活習慣病(癌、糖尿、脳梗塞等)が増え始まる。
15.20年前頃にコンビニ店等が出来24時間営業店が始まり昼夜逆転の生活を始める人が増え始める。
[参考資料]http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/nenpyou.htm

次回に続く

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター