画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:377, 合計:7882:メッセージ
お名前:松村 弘 ,2011-01-07 11:02:54 AM
題名: 念頭によせて
念頭によせて

今日本は大変なときに差し掛かっています。尖閣諸島、竹島、北方四島等領土問題、多額の赤字国債、年金問題、少子高齢化、円高高止まり、企業の海外流出、日本の空洞化等、一刻の猶予もありません。

今すぐやるべき特に大事なことは、防御と経済再生です。

防御すなわち国を守ることです。分かりやすく言えば川の堤防の一部が壊れると裂け目が段々大きくなり、ついに決壊します。今正に南西諸島はそのような状態です。今直ぐに手を打たなければ日本領土でなくなります。そのためには、南西諸島を守り抜くという国の強い姿勢が何よりも求められます、同時に自衛隊の増派並びに基地建設であります。

経済再生にはいくつかあります、製造業等が海外移転しなくてもよい仕組みを作ることです。例えば税金の軽減、観光に力を入れる、安売り競争に参入するのではなく「日本」を「日本製品の良さ」を全国並びに世界に発信することです、誰だってよいものを必要としますから。

最後に何れにせよ「国の進むべき道」を国民に示すことではないでしょうか。

お名前:yiki , 電子メール : toropikarubali@yahoo.co.jp 2010-12-26 04:36:59 AM
題名: 政治家はええ加減にしてくれ
自民党時代に 公務員を選挙推薦の為有利に社会を作って来て 天下りが多すぎて止まりません
飛行機の JALも天下りだらけで 畑ちがいなのに突然管理職に来て 月に140万円ほどもらっている人が沢山います
4年ほど前にJALは世界のランキングでで80番目以下でした 今はさらに落ちています
天下りが沢山いてるので 国から流れるように国民の税金が補給されています
これは正当でしょうか
JALなんて倒産して無くなれば そこに使った税金は高齢化で 老人ホームも沢山
作れるし
民間の飛行機会社がさらに加速すると思います
以前にも高給取りの銀行に 相当な沢山の国民の税金を使いましたが やはりそこには沢山の天下りがいます
政治家は本当に大事な事は分かってはいる物の 海外に対して戦う事をせずに 身内をかばって 過保護状態で 警察まで影響が来てます
私個人で 1つあげれば 日本は資源がほとんど無い国で 生産国 加工製品でお金をもうけてる国で 世界で名前を売ってきました
世界の 80番以下のJALなどにこれからまだまだお金をつぎ込むみたいですが 
私が思いつきで今回書かせていただきますが コンタックスのカメラ 
私がアメリカに行った時に ショールームに スペシャルカメラとして 日本の コンタックスが 一番引き立つ所にありました
香港でも フランスでも 同じでした
世界では 飛行機で カンタスは有名ですが 日本のJALなんて 職人意識も無く レベルも悪い所になぜ国民の税金を使っているのでしょうか
10年ぐらい前に カメラのコンタックスは 倒産しました 国宝なら補助されるのに
世界で評判が悪い会社でも 天下りが沢山いる所は いくらでも税金を沢山使って
日本として技術を世界に発揮しているメーカーがなぜ無くなるのでしょうか 
これは世界に対して日本の精密技術が1つ下がった事になります
JALが無くても 飛行機会社は沢山あって 世界ランキングではどれもたいした事はありません
別にJALが無くなっても 数年はなんらかな影響があっても 時代は変わる物で それが普通です
そんな事より進化が必要です
現代の日本の政治家は 身内しか考えていないのは 世界からの評価でも分かりますが 
世界をリードする 国宝級のカメラや 数多い技術を無くして 公務員や身内にに多量な税金を使い 今は台湾か中国が アメリカやヨーロッパから注目され
資源の無い日本はとりえが無くどうしたら良いですか

お名前:松村 弘 ,2010-12-14 01:24:25 PM
題名: 日本再生(その48)
<国防>

 「大儀の旗」を掲げる⇒人権・民主化
自由民主主義は欧州・米国・国際社会の潮流である。中国の遅れている弱点を衝くことである。
 日本のいう日中友好は現在の中国の政策を認めるということになりかねない、それは例えば、英紙オブザーバーの社説<中国のやり方は、中国との友好を実現するためには、中国の権威主義的政治体制を許容することが必要だということを世界に対して通告している>という一面からも理解できる。政府民主党はよくよく考えて外交をやっていただきたい。

[注] Will 2010年12月号一部抜粋一部書き換え

お名前:松村 弘 ,2010-12-13 03:01:50 PM
題名: 日本再生(その47 )
日本再生(その47)
<国際社会のなりたち>

 国際社会は、「国債関係上、全ての国家は対等、平等である」という根本理念(「ウエストファリア条約」(1648年)=国家における領土権の確立、主権国家における内政干渉などの原則が定められたもの。)の上に成立する。近代の国際関係は「ウエストファリア体制」とも呼ばれ、現在の国際秩序はこれを受け入れて成り立っている。我国もこの「ウエストファリア体制」に基づいて外交を進めなければならない。(参考資料)Will 2010 12月号 26頁~ を一部抜粋書き換え

お名前:松村 弘 ,2010-12-09 01:25:18 PM
題名: 日本再生(その46)
<国家-2>
国家=1.領土、2.国民、3.主権

即ち
1.国土を守る
2.国民の生命と財産を守る
3.内外の干渉を許さず統治する権力を持つ
上記に照らしてみると日本は独立国家とはいえません。
1.「国土を守る」 という点からみれば;
竹島:日本の領土であるが現在大韓民国が実効支配中→だから日本は韓国にそして世界に向けて竹島は我が国の領土であること発信し続けなければならない。
• 北方領土(4島):日本の領土であるが現在ロシア連邦が実効支配中→だから日本はロシアにそして世界に向けて北方領土は我が国の領土であること発信し続けなければならない。
• 尖閣諸島:現在、日本が実効支配しているが、中国、台湾が領有権を主張している→我が国固有の領土であることを内外へ向けて発信しなければならない。

島を守るには幾つかの方法がある。
1.日本の領土であると世界に発信する。
1.一つは既成事実を作る。
  ・島に住むこと
  ・工場を作って操業する

簡単に言えば世界の誰もが日本の領土であると確信するようにすること。

お名前:松村 弘 ,2010-12-01 10:33:19 AM
題名: 日本再生(その44)
日本再生(その44):国家

[国家とは]
 一定の領土とその住民を治める排他的な権力組織と統治権とをもつ政治社会。近代以降では通常、領土・人民・主権がその概念の三大要素とされる。(広辞苑より)
領域:一定に区画されている。
人民:恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりはしない。
権力:正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に排他的に行使できなければならない、つまり、主権的でなければならない。国家とは、権力が領域と人民を内外の干渉を許さず統治する存在であると捉えられているのである。(ウイキペディアより)分かりやすくいえば、国家とは; 1.国土を守る…


お名前:松村 弘 ,2010-11-29 01:17:51 PM
題名: 日本再生(その43)
日本再生(その43)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[教育の最終編]

あとがき『眞相箱』を読み終えて:2
 
 大人たちは米国の欺瞞にみちたこの出鱈目な放送から抜け出す手立てはなかった。残念ながらその間に良き日本を知らない新しい世代はこの欺瞞に染まっていった。その結果が現代の日本の姿である。日本を立て直すためには戦前戦中のよい点、即ちこの罠に隠された事実を掘り起こしていくことに違いない。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-11-26 10:46:06 AM
題名: 日本再生(その42)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

あとがき『眞相箱』を読み終えて
 敗戦直後の占領下の日本で、戦前戦中の全てが悉く否定された。日本国民は自分達が信じてきた価値観を否定された。当時は皆が食に事欠き、思想や事実よりも生存の貯めに食べていくのに精一杯だった、だから持っている力の大部分をそのために費やさねばならなかった。
 そんな時代に、明らかな嘘も、嘘と判じ難い巧妙な嘘もある『眞相箱』は放送された。いずれも日本を否定し、米国を正義として位置づける耕造である。これを無理やりに3年間も聞かされれば、ある時点から嘘や歪曲やすり替えを正していくのに根気を失うのではないかという気がした。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-11-22 10:35:05 AM
題名: 日本再生(その41)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
- 米国の日本人捕虜待遇 -
「アメリカは日本の捕虜をどういう風にあつかっておりましたか」

「説明」
 ここでは米国はいかに捕虜を丁寧に取り扱ったかと書いてある。
[解説]
 捕虜の扱いで共通していることは時期や場所そのときの条件等により大きく異なることである。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-11-19 09:01:38 AM
題名: 日本再生(その40)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
- “在米邦人の転住 -
「米国に住んでいる日本人の転住について、お話して頂きたいと思います。なお、これら日本人が、受けた待遇についても伺いとうございます」

「説明」
 略
[解説]
 「転住」は実態として「強制収容」だった。日系とはいいながら米国籍をもつ米国国民の財産を没収して収容したのは、明らかな人権差別である。この件で米国政府はクリントン政権の時代になってようやく正式に謝罪した。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-11-11 10:37:45 AM
題名: 日本再生(その39)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
- “侵略”という言葉の本当に正しい意味をお知らせ下さい -

「説明」
 ウエブスターのニュー・インターナショナル・ディクショナリーに、侵略の意味は、先ず己より攻撃すること、或いは敵対行動をとること。最初の不当行為即ち戦争または論争になるような最初の行為。
[解説]
 当時、日米両国において誰の心にも真珠湾の奇襲攻撃を想起させる。強襲、攻撃、侵略戦争と“侵略”を日本人の心に刻み込むという執念を感じさせる。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-11-09 10:10:12 AM
題名: 日本再生(その38)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
- 太田海軍中将の自決 -

「太田海軍中将の死について詳細をお知らせ下さい」

「説明」
  沖縄方面帝国海軍部隊司令官太田実中将は、那覇市南方オロク半島の洞窟に追い込まれ、遂に自決したのであります。
[解説]
 沖縄戦で亡くなった民間人は約10万人。沖縄の人々は本土防衛の名の下に多くの凄まじい死を遂げた。太田中将は沖縄の人々を想い自決前に遺書を残した。
「沖縄県民かく戦えり、後世特別のご高配を賜らんことを」と。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-11-08 10:51:29 AM
題名: 日本再生(その37)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
- 日本が南京で行った暴行についてその真相をお話下さい -

「説明」
 略
[解説]
 『「南京事件」の探求』北村稔 文春親書、『「南京事件」日本人48人の証言』 阿羅健一 小学館を読めば「南京大虐殺」は存在しなかったという結論に達する。皆さんも読まれましたらご理解いただけます。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-11-01 01:23:53 PM
題名: 日本再生(その36)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
- 戦陣訓 -
「戦陣訓」はだれが書いたものでしょうか。

「説明」
 略
[解説]
 奏上したのは東条英機である。最も有名なのは、「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」である。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:Matsumura ,2010-10-29 03:52:27 PM
題名: 尖閣諸島を守るには
我が国を守る抑止力のためには下記のような艦船が必要なのか、そういう必要がないように外交を重視させねばならない。ウイキペディア参照; http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/45/Yamato_Trial_1941.jpg

お名前:松村 弘 ,2010-10-29 03:30:18 PM
題名: 尖閣諸島を守るには
尖閣諸島を守るには、他国を上まわる3倍の戦力が必要である;
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/photo_1.jpg

お名前:松村 弘 ,2010-10-29 10:39:12 AM
題名: 日本再生(その35)
日本再生(その35)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
―東京のバラ―r
「東京のバラ」とはだれのことですか。

「説明」
 東京のバラ、トーキョー・ローズとは、トグリ・アイバという二世の婦人に米兵がつけた渾名である。彼女は昭和16年に米国から日本に来たが戦争のため帰国できなかった。
 初め彼女は東京の放送局で連合軍の放送を記録する仕事をしていたが、後に声がよいのでアナウンサーとなって「ゼロ・時間」と呼ばれた番組に出演した。この番組は録音をとった米の流行歌を放送すること。レコードの合間に色々なおしゃべりをして米兵の人気を得る計画だった。
[解説]
 彼女は1945(昭和20)年10月国家反逆罪で収容され、裁かれ、禁固10年、罰金1万ドル、そして米市民権を剥奪された。1977年フォード大統領の特赦を受けて自由の身になるまで30年の歳月が過ぎた。彼女が60歳を入るまで許されなく人生を大きく狂わせた。米国政府とはこの様であった、戦勝国とはこのようのことを一方的にするのであった。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-10-21 09:01:08 AM
題名: 大阪都構想「評価零」
橋下ドン、大阪都構想「評価零」0ゼロ! 早く止めなさったら! そんな時間があればもっと大事な本来の仕事に戻っていただきたい! 市民の願いです。

お名前:松村 弘 ,2010-10-19 09:43:09 AM
題名: 日本再生(その34)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
― 原子爆弾投下とアメリカの世論 ―r

[解説]
 そのころ日本は降伏の道を探っていて二進も三進もいかない追い詰められた状態であった。そのことは米国はよく知っていた、敗戦まで時間の問題であった、米国は原爆投下をする必要は全くなかった。原爆投下は間違っても許されるものではない。原爆投下を決定したトルーマン大統領とその関係者を断じて許せるものではない。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-10-18 10:37:54 AM
題名: 日本再生(その33)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』

[設問] 
― 原子爆弾投下とアメリカの世論 ―r

「原子爆弾が広島に投下されたとき合衆国世論はどんなものでしたか。」

[説明]
 ニューヨーク・タイムスには、僅か一日に多数の読者の声が寄せられた。幾つかを挙げると、
1)原子爆弾は我が国歴史の汚点となるものである。
2)これは集団的殺戮、全くのテロ行為だ。
ウィリアムペン大学学長セシル・ヒンショウ博士は、原子爆弾について「野蛮な非人道的戦争方法である。その使用は許しがたい」と述べている。

原子爆弾とその作用に対する一般の感情は雑誌ニュースウィークに掲載された、
「先週トルーマン大統領が原子爆弾完成の指導に当ったヴァヌバーブッシュ博士、レズリ・アール・グロウブス少将等を白亜館に招致して、爆弾の今後の使用と管理についての意見を求めた折のこと、暫くは一座黙して急には答えるものもなかった。が、やがて指導的な科学者の一人が突然『成功して遺憾千万だ』といった。すると軍人の一人が『アーメン』と唱えたものである

[解説]
 次回にします・・・。

■これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。米国は日本を一方的に悪者扱いにしているが決してそうではないことをご理解いただけると思います。ここまで読んでいただいた方々に は、『眞相箱』とはどういうものであったかご理解いただけたことと確信します。米国はいかにして日本人を骨なしにしようと企んでいたかを、最後まで読んで いただければ聡明な読者にはご理解いただけるに違いない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※ [説明]は同上
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
※ GHQ=General Headquarters= 連合国最高司令官総司令部
■ (参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター