ページ番号:377, 合計:8934:メッセージ
お名前:国益者 ,2017-08-25 05:51:29 PM
題名: 裁判官の資質
朝鮮学校を高校無償化の対象外として国の措置について、7月末、大阪地裁が違法とする判決を出した。裁判官は歴史教科書を読み、日本の公金はこれに見合うと判断したのですか。もしそうだとすれば裁判官の資質が疑われる。(産経新聞参照)

お名前:まつむら ,2017-08-24 02:42:01 PM
題名: 健康に暮らすことが
なぜヘビー・ウオーキングが骨密度を高めるのか

 運動にある一定の法則がある。ウォーキングは健康維持に大切な運動で、運動効果も表れます。骨も少しは丈夫になるし、筋肉も多少はつきます。しかし、負荷が自分の体重だけだと、一定の線で効果の伸びが止まってしまう。それでそれ以上の効果を望むなら、自重以上の負担をかけることが必要になってきます。
 すなわち激しい運動をすることにより損傷を受けた部分に、修復のために必要な栄養が集まり、骨密度が高まる。だからアンクルウエイトをつけて歩くことや、重いリュックサックを背負って歩くことが効果的です。重量に応じて効果の伸びが増し、骨密度や筋力のつき方が高くなります。
 しかも、負荷を与えて歩けば歩くほど血の巡りもよくなるので、血管が柔らかくなり、動脈硬化や脳梗塞などの危険性もへります。
 医師の話では、大腿骨を折った高齢者は回復が長引き、その間にどんどん筋肉が衰えるので、ほとんどの人が寝たきりになるという。運よく回復できても、何年もの長い間リハビリに通院しなければならないらしい。
 三浦雄一郎さんは2008年の冬、76歳のときにスキーをしていて全治6か月の重傷を負った、けれどもヘビー・ウォーキングをずっと続けていたおかげで、骨密度が高く、筋力もついていたため、手術もせずに無事退院できたのです。
(一部書き換え、書き加えた)
[参考資料]『歩けば歩くほど人は若返る』2012 三浦雄一郎 小学館

健康な生活を送れることが何よりの幸せです! その幸せが他の人たちの幸せに繋がります。

お名前:abc ,2017-08-23 04:50:11 PM
題名: 政治家の仕事
政治家の仕事
終戦の日談話で民進党の蓮舫代表は安倍政権を批判して、「憲法の平和主義の下で武力行使に抑制的な国、立憲主義を尊重し自由と民主主義が保証される国を作り上げていく」と主張した。
じゃ質問、どうやって日本を護るのか。平和主義だけで日本を護れるほど単純ではない、蓮舫さんや、世界を見ろ!

共産党も安倍政権を批判するのみ。
じゃ質問、改憲しなくてどうして日本を護るのか。

社民党は「戦争放棄の国」が「戦争する国」転換するとかってな事を言っている。
では質問、改憲しなくてどうして日本を護るのか。戦争放棄をすれば日本を護れるのか、これは単に絵に描いた餅に過ぎない。

政治家の最も大事な仕事の一つは国防ではありませか。国を護れなければ国民は平和に過ごせない。野党の議員さんはどのようにして国を護るのですか。

産経新聞参照

お名前:国益者 ,2017-08-23 10:53:15 AM
題名: 裁判官の資質
朝鮮学校を高校無償化の対象外として国の措置について、7月末、大阪地裁が違法とする判決を出した。裁判官は歴史教科書を読み、日本の公金はこれに見合うと判断したのですか。もしそうだとすれば裁判官の資質が疑われる。(産経新聞参照)
その公金は国のために使われるべきだ。

お名前:まつむら ,2017-08-21 04:53:21 PM
題名: 山下り
“山下りのご褒美”
山や階段などで段差のある下りでは、下りるとき足に体重と荷物を合わせた自重の3~4倍の負荷がかかり、その負荷を強い力で瞬間瞬間に受け止め、体を安定させることが必要です。だから瞬間的に強い力を出せる速筋線維(速い速度で収縮し、大きな力を瞬間的に発揮する。)が優位に働くのです。
ストックを使って上半身の力を合わせて下りたとしても、絶えずブレーキをかけながら伸長収縮を繰り返す速筋線維は、どんどんダメイジを受けます。長い距離を下りれば下りるほど、筋肉線維が壊れるのです。山から帰って筋肉痛になるのはこのせいです。傷ついた速筋線維は2~3日で回復するけれども、回復すると以前よりも強く太くなる。
速筋線維のエネルギー源は糖なので、これを繰り返すことで速筋線維の量が多くなり、その結果、糖の代謝が増えるので、糖尿病改善の効果も大きいことが分かった。
さらに、回復過程でIGFI(インスリンライクグロスファクターワン)という成長ホルモンが出てくる。これは筋肉を増強し、筋肉を若返させる効果があるのです。また同時に、VEGF(ベスキュラーエンドシリアルグラースファクター)という、血管を増強したり、増やしたりするホルモンも出てくる。
つまり、“山下り“を繰り返せば繰り返すほど、筋肉痛になればなるほど、筋肉も血管も強くなり、体はどんどん若返る、ということなのです。
(一部書き換え、書き加えた)
[参考資料]『歩けば歩くほど人は若返る』2012 三浦雄一郎 小学館

皆さんも“山下り”や“丘下り”“階段“下りを楽しみませんか、そのことで視界が広がり、健康に繋がり、平和に繋がります。

お名前:efg ,2017-08-18 05:13:55 PM
題名: Barcelona
スペインのバルセロナで亡くなられた方々に衷心より哀悼の意を表します。
I express my heartfelt condolences to those who passed away in Barcelona, Spain.

お名前:abc ,2017-08-17 03:59:22 PM
題名: どうして沖縄を護るのか
「若者から沖縄の本音」

例えば、
"NO BASE HENOKO"
基地反対!
オスプレイいらない!

では質問ですが、
基地など反対の人たちはどのようにして沖縄を護るのですか。

お名前:abc ,2017-08-17 02:25:39 PM
題名: 基地問題
若者から沖縄の本音

例えば、
"NO BASE HENOKO"

ではどのようにして沖縄を護るのか。

(毎日新聞参照)

お名前:まつむら ,2017-08-17 10:48:48 AM
題名: 靖国神社問題可決方法
 今年2月、訪米した安倍首相は、ワシントン郊外のアーリントン国立墓地を訪れ無名戦士の墓に献花した。ならばこの際、この秋にも初来日するトランプ氏には、靖国神社を訪れてもらいたい。
 「そうなれば一番いいのだが・・・」。安倍首相もかって周囲にそう述べていた。日米の為政者が互いに英雄をたたえ合うとき、靖国問題をめぐる局面は大きく転換する。過去の歴史を持ち出しては日本批判を繰り返してきた中国や韓国も、対日戦略の再考を迫られるだろう。
(産経新聞より抜粋)
この解決方法を皆さんはどう思われますかね!?
これは大きく日本の平和と世界平和に繋がると思います。

お名前:abc ,2017-08-16 02:10:03 PM
題名: 終戦の日談話
終戦の日談話で民進党の蓮舫代表は安倍政権を批判して、「憲法の平和主義の下で武力行使に抑制的な国、立憲主義を尊重し自由と民主主義が保証される国を作り上げていく」と主張した。
じゃ質問、どうやって日本を護るのか。平和主義だけで日本を護れるほど単純ではない、蓮舫さんや、世界を見ろ!

共産党も安倍政権を批判するのみ。
じゃ質問、改憲しなくてどうして日本を護るのか。

社民党は「戦争放棄の国」が「戦争する国」転換するとかってな事を言っている。
では質問、改憲しなくてどうして日本を護るのか。戦争放棄をすれば日本を護れるのか、これは単に絵に描いた餅に過ぎない。
産経新聞参照

お名前:abc ,2017-08-16 10:12:41 AM
題名: 公明党は公明党を守るための政党か
<公明党山口代表は何を考えているのか>
 首相が5月に提案した改憲案は、戦争の放棄を定めた9条一項と戦力不保持など定義した2項を維持したうえで自衛隊の存在を明記するもので、かっての公明党案とほぼ同じだ。にもかかわらず山口氏は「憲法改正は政権の課題ではない」などとして、改憲議論にブレーキをかけてきた。公明党幹部は「政権与党の立場と改憲論は別だ。自民党と一緒に進めるとみられては、支持者の理解を得られない」と漏らす。
 公明党は国のためにあるのではなく公明党のためにあるのか。国民をどうして護るのか、素手で強敵から護るのか。憲法9条で護れると思っていあるのか、日本列島周辺を見れば分かるだろう。
(産経新聞参照)

お名前:まつむら ,2017-08-15 05:06:03 PM
題名: 爆発寸前の北朝鮮情勢
 北朝鮮が米本土に届く弾道誘導弾の開発に成功すると判断すれば、米国は躊躇なく北朝鮮攻撃に踏み込むだろう。それが米国という国である。
 もしそうなれば日本も無事ではいられない。日本に向けて核弾道弾が発射される悪夢のものとなりかねない。それにもかかわらず、日本人はどうもさほど危機感を持っていない様だ。いったいなぜなのか。誤解を恐れずにいうならば、「平和憲法」のせいだと私は思う。
日本は自国民が北朝鮮に拉致されても奪還することもできないままである。日本は「経済的制裁」と「外交努力」で問題を解決するとしてきたが、そんなものは絵に描いた餅だった。北朝鮮という無法国家がいうことを聞くはずはない。それをわかっていながら野放しにしてきたのだ。そのあげく、これまでにないほど朝鮮半島情勢が緊迫しているにもかかわらず、ひたすら米国頼みで、自ら対処する手立てが何ひとつないという状況に陥っている。これが「平和憲法」を報じてきた結果である。この現実を日本人はもう一度考えてみる必要があるのではないだろうか。
(上記は一部抜粋し多少書き換えました)
[参考文献]『欧米の侵略を日本だけが撃破した』2017 ヘンリー・S・ストークス 悟空出版

 掛け声だけで物事は前に進みません。言葉だけでは人も国も動きません。歴史を見れば明らかです。このままでは拉致被害者は帰ってきません、日本の平和も保たれません。私と同じ考えでいらっしゃる方が多いと思いますが。

お名前:まつむら ,2017-08-14 02:50:57 PM
題名: 反日を止めるには
韓国も中国もことあるごとに「反日」の旗を振りかざします。
その点は北朝鮮も同じです。
しかもその根拠は、私に言わせれば、根も葉もないものです。
いったいなぜか。
それは、世界に類例のない歴史を有する
“神々の国”である日本に嫉妬しているからです。

[参考文献]『欧米の侵略を日本だけが撃破した』2017
ヘンリー・S・ストークス 悟空出版

反日を止める一つの方法は、私たち日本人が正しい歴史を知ることです。
続く

お名前:1012 ,2017-08-10 05:19:39 PM
題名: 加計学園
加計学は 認可判断 保留
保留 日本の平和 どう響く

お名前:1012 ,2017-08-09 11:22:31 AM
題名: 捕鯨継続
捕鯨継続へ太地町(和歌山)とフェロー諸島(デンマーク自治領)が姉妹都市締結に! 漁業の発展につなげたい。

お名前:1012 ,2017-08-07 09:56:41 AM
題名: 72回目広島原爆の日
一瞬にして奪った何万にもの尊い命、
今も後遺症で亡くなっていく人たち、
今も苦しみ続ける多くの人たち、
明日をおびえる人たち、
何が何でも原子爆弾の無い世界に向けて私たちは努力しなければならない。

お名前:1012 ,2017-08-04 05:47:46 PM
題名: 台湾
台湾の中国人観光客が激減。日本人誘致に活路。台湾の平和のためにも日本や東南アジアから一人でも多い観光客が望まれる。

お名前:1012 ,2017-08-04 05:45:36 PM
題名: 内閣改造
<内閣改造>
改憲案は秋の提示を先送り、これは評価できる。ただ、心配なのは外相の河野太郎氏、すなわち河野洋平氏の息子である。政府は河野談話作成過程に関する報告書をまとめ、「いわゆる『強制連行』は確認できない」としたが、洋平は談話を今も正当化し続けている。ううん、安倍総理の決断が正しければいいのだが・・・。河野太郎大臣、日本国のために頑張っていただきたい。

お名前:1012 ,2017-08-04 05:43:46 PM
題名: 世界平和
中華復興のために、習近平国家主席が目指しているのは、中華思想を基軸としてユーラシア大陸を一体化する経済圏構想「一帯一路」である。しかし周辺国は経済力と軍事力で属国化するかもしれない

お名前:まつむら ,2017-08-04 10:21:40 AM
題名: 内閣改造
<内閣改造>
改憲案は秋の提示を先送り、これは評価できる。ただ、心配なのは外相の河野太郎氏、すなわち河野洋平氏の息子である。政府は河野談話作成過程に関する報告書をまとめ、「いわゆる『強制連行』は確認できない」としたが、洋平は談話を今も正当化し続けている。ううん、安倍総理の決断が正しければいいのだが・・・。河野太郎大臣、日本国のために頑張っていただきたい。
産経新聞参照

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター