画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:401, 合計:9048:メッセージ
お名前:ただしい ,2016-11-25 05:02:53 PM
題名: TPP
民主党党首蓮舫氏は、首相のTPPの件で意地悪な質問ばかり、これが蓮舫氏か、自分の二重国籍を棚に置いて一体何事か。

お名前:日本再生者 ,2016-11-25 03:11:09 PM
題名: 真の独立国を目指せ
我が国日本が真に独立する絶好の機会である。
野党や公明党も自民党党首安倍総理を応援すべきである。
自分のことばかり考えていないで日本の事を考えねば政治家ではない、ただの政治屋である。
国民の皆さんも同感ですね。
日本を独立国家にしましょう!!
頑張れ日本!!

お名前:領土 ,2016-11-24 02:48:16 PM
題名: 北方領土
北方領土にロシアがミサイル配備した。むつかしい国である。一度取得した領土は絶対というほど手放さないとのことらしい。領土でいつまでも揉めるのは得策ではない。何かいい知恵は出ないだろうか。

お名前:松村 ,2016-11-21 05:56:00 PM
題名: 北方領土問題
安倍総理が頑張っています、しかし見通しは厳しい様子。
皆さんは北方領土をどう思われますか。
いずれにせよ総理はよく頑張って入ると改めて思う。
外交、特に領土問題は難しいと痛感。

お名前:賢者 ,2016-11-18 05:14:35 PM
題名: 環境創り
首相の賃上げ要請は大事である、熱心である。消費が増えれば多くのことが解決に向かう。
同等に大事ことは国民がお金を使いやすくする環境創りである。私にその役をやらせてくれませんか、立派にやり遂げますが、嘘は申しません(笑)

お名前:県名者 ,2016-11-18 05:07:51 PM
題名: 自由貿易推進
日本はEU(欧州連合)との経済連携協定(EPA)締結に向けて交渉を加速させる。自由貿易推進の立場を鮮明にすることが狙い。

お名前:賢者君 ,2016-11-18 03:11:04 PM
題名: 薬ではなく予防
小野薬品工業のがん治療薬「オプジーボ」が2月から半額になる。それでも100mg36万5000円もする。患者一人当たり年約3500万円かかる。
参考までに現在国内では100mg:約73万円、米国:約30万円、英国:15万円。
何れにせよ薬に頼るのでは大変なことになる。この機会に予防医学にさらなる力を入れるべきではないか。

お名前:ただしい ,2016-11-18 10:21:01 AM
題名: 何を考えているのか
憲法改正で公明党は、”一方的な押し付けでない”というが、では押し付けでもいいのか。公明党は一体何を考えているのか。

お名前:いよいよ ,2016-11-18 09:56:12 AM
題名: 落ちる
韓国大統領朴大統領は外堀を埋められ絶体絶命、落ちるのは時間の問題だ。

お名前:正義 ,2016-11-18 09:50:30 AM
題名: 憲法改正
憲法は改正されなければならない。米国から無理やりの押し付けられた教科書でいいはずがない。民進党や反対の野党は何もわかっていない、反対するだけのただの野党に過ぎない。本当に国民のことを考えていない。
多くの国民は改憲を願っている。

お名前:大人 ,2016-11-18 09:44:02 AM
題名: インタビュー
次期米大統領トランプ氏には日本が必要である、また憲法改正は実現させるべきだと、台湾の元総裁李登輝氏は産経のインタビューに応じた。

お名前:おくの ,2016-11-17 04:28:18 PM
題名: 響きがいい
奥野誠亮元法相が死去、103歳だった。
ご冥福をお祈りいたします。
タカ派で論客、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」会長を務めた。「侵略戦争を美化するものだ」いう批判に「言動に日本中が振り回されるのは情けない」、と発言。
「大東亜戦争当時日本に侵略の意図はなかった」と持論を展開。
「慰安婦問題では、商行為としてだった」、などと発言。
多くの日本人にはこの響きがたまらなかったのでは。

お名前:松村 ,2016-11-15 04:41:03 PM
題名: 会社訪問
本日「女子高校生2年生」が遠路はるばる滋賀県から2時間強かけて大阪難波まで会社訪問をしてくれた。文部科学省のスーパーグローバルハイスクールに指定された学校の生徒です。「外国人との関わり」という主題で、“通訳という人と人とのつなぐ仕事を通じて外国人とどのような関係を築くことができるのか”聞きたいとのことであった。
一時間半お話ししたが、よほど興味深かったのかまだ物足りない様子だった。この高校生ならきっと立派な通訳になれるでしょう! 毎年来てくれる高等学校です。

会社訪問は今後の求職者に大いに役立つと思われる!

お名前:大人 ,2016-11-11 05:31:50 PM
題名: 大人になれるかも
米軍が撤退すれば日本は一人前の国になれるかのせいが出てきた。頑張ろう日本!

お名前:政治・経済 ,2016-11-11 11:08:35 AM
題名: 大変な年になる
トランプ新大統領で今後世界はどうなるのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~
米国の新大統領に共和党のドナルド・トランプ氏(70)が決まった。異例の候補の勝利に、世界中で動揺が広がっている。「米国の選択」を、どう受け止めればいいのだろうか。

 6月の英国の欧州連合(EU)からの離脱を問う国民投票に続いて、米国大統領選挙もポピュリズムに堕した。長い間、世界の秩序を守ってきた英国と米国が崩れ、自由民主主義の国際的な信用は低下する。人類史の中でも2016年は忘れられない年になるだろう。

(毎日新聞11/11号より一部抜粋)

お名前:世界 ,2016-11-10 01:25:24 PM
題名: 新大統領に願いたい
米大統領はトランプ氏に決定した。米国のさらなる繁栄と同盟国とのさらなる絆を深め、世界の盟主であってほしい。そして政治も経済も安定した平和な世界に一歩でも近づけていただきたい。

お名前:新聞 ,2016-11-10 09:31:33 AM
題名: 正論4/4
産経新聞「正論」より抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 しかし、海洋進出を(2)の防御作戦、すなわち共産党支配を続けるために不可欠の行動だと考えているのならば、より大きなコストに耐えて作戦を続けるだろう。

 かつて大日本帝国が、米軍の攻撃から本土を守るために設定した死守すべき「絶対国防圏」は、中国が米軍の接近を阻止する第2列島線(小笠原諸島、マリアナ諸島)とほぼ同じ線である。現在、中国軍と米軍の質的格差は圧倒的であり、大日本帝国のように南洋諸島に基地を持たない中国が、第2列島線を守ることはできないだろう。戦争になれば中国の第2列島線は、「絶対国防圏」と同じ運命をたどるだろう。

 いずれにしても、世界の海を支配する米国が東シナ海や南シナ海を「米国の海」と見なしている限り、中国が東シナ海や南シナ海を「中国の海」にすることはできない。
(抜粋ホームページ:http://www.sankei.com/column/news/161102/clm1611020005-n2.html)

お名前:転載 ,2016-11-09 05:52:48 PM
題名: 米大統領決まる
米大統領決まる
© 毎日新聞 勝利演説を行うドナルド・トランプ氏=2016年11月9日、AP
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【北米総局】米大統領選で当選を確実にした共和党候補のドナルド・トランプ氏は9日未明(日本時間9日夕)、勝利演説を行い、「皆が一つになる時だ」と人々に団結を呼びかけた。その上で、「これまで見捨てられてきた男性や女性が見捨てられることはなくなる」と語り、「すべての国と協調していく」とも強調した。
(下記から抜粋:http://www.msn.com/ja-jp/news/politics/%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e9%81%b8%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b0%8f%e3%81%8c%e5%8b%9d%e5%88%a9%e5%ae%a3%e8%a8%80%e3%80%8c%e7%9a%86%e3%81%8c%e4%b8%80%e3%81%a4%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e6%99%82%e3%80%8d/ar-AAk50WR?ocid=UE13DHP)

この発言通りなら世界は一歩平和に向かうだろう。日本も安心、株価も上がるだろう、またそう願わずにいられない。

お名前:まつむら ,2016-11-09 02:11:28 PM
題名: 大統領は?
米大統領は誰の手に?
私はクリントン氏だと思う。
多くの人はそう願うでしょう。

お名前:新聞 ,2016-11-09 09:51:45 AM
題名: 正論3/4
産経新聞「正論」より抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 もし米国が東シナ海と南シナ海を封鎖すると、中国は全貿易の9割を失い、米国は中国貿易(全貿易の16%)を失う。日本も中国貿易(全貿易の21%)を失う。また、戦争が長引けば石油備蓄が少ない中国は動けなくなるだろう。東シナ海と南シナ海を封鎖するという米軍の低烈度の軍事作戦(オフショアコントロール)は中国に大きなコストを強要する。高烈度や中烈度の戦争で不利な立場にある中国が、苦し紛れに戦争の烈度を上げれば、中国はより大きなダメージを被ることになる。

≪第2列島線を守るのは不可能だ≫

 中国は本気で東シナ海と南シナ海を中国の海にしようとしているのだろうか。中国海軍の海洋進出は2つの側面がある。(1)民族主義・愛国主義の実践行動(2)経済発展を支える沿海地域を外敵から守るために建設する「海の万里の長城」-である。心理学(プロスペクト理論)から人間の行動を見ると、人間は新たに何かを得ようとする場合は、リスクを取らずコストが上がれば諦める傾向がある。

 ところが、今持っているものを失うと感じた場合は、リスクを取り大きなコストに耐えて抵抗する傾向がある。中国共産党が、海洋進出を(1)の攻撃作戦、すなわち他国が持っているものを奪う行動だと認識していれば、国際社会の非難や米軍の介入によって作戦のコストが上昇し利益を上回ると判断したときに行動を止めるだろう。

(抜粋ホームページ:http://www.sankei.com/column/news/161102/clm1611020005-n2.html)

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター