ページ番号:423, 合計:8957:メッセージ
お名前:松村 弘 ,2012-07-02 09:02:13 AM
題名: <我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>(8)
<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく
第(8)

SOS 日本が危ない! 診療所が生活保護受給者を勧誘! 医師並びに職員殿、恥ずかしくないのか!!

SOS 日本が危ない! 生活保護者が207万人! 民主党はなにをしている! 職場を作られたし!!

SOS 日本が危ない! 生活保護者が大阪府:30万人強! 東京都:28万人強! 大阪市:15万人強!!

SOS 日本が危ない! 総理よ 消費税でもたもたしている場合じゃない! 中国に外堀を埋められている!!

SOS 日本が危ない! 民主党よ、予防医学に力を入れれば消費増税は不要か微増で済む! 智慧を出されたし!!

SOS 日本が危ない! 政府よ、国民を薬漬けから救え、薬では治る病気も治らない! 殻から抜け出す工夫を!!

SOS 日本が危ない! 政府よ、航海の自由を確保しないでどうする、祖国を護れるか! 後がない!!

お名前:松村 弘 ,2012-07-01 01:30:21 PM
題名: <我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>(7)
<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>
趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく
第(7)

SOS 日本が危ない! 日本人は沈黙が金! 海外では通らない! 外国人には沈黙を破れ!!

SOS 日本が危ない! 日本は和を尊ぶことが伝統的精神! しかし海外では通らない!!

SOS 日本が危ない! 自己主張の弱い日本人は国内では重要! しかし海外では通らない!!

SOS 日本が危ない! 自己主張の弱い国は自己主張の強い国に不利! これは世界の常識!!

SOS 日本が危ない! 慰安婦問題で日韓攻防! 日本の主張は蚊の鳴き声! 無能民主党は寝ているのか!!

SOS 日本が危ない! 歴史問題は国の根幹! 慰安婦問題は負の遺産になる! 政府は即刻行動をせよ!!

SOS 対馬が危ない! 韓国に則られるぞ! 民主党、それでも与党か 無能党か! 対馬を護れ!!

お名前:松村 弘 ,2012-06-28 11:42:22 AM
題名: <我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>
<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>
(趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく)
第(5)
SOS 日本が危ない! 人材育成は日本ですべし! 海外でするべからず!!

SOS 日本が危ない! 製造業は日本脱出をするべからず! 甘えるべからず! その考えでは成功しない!!

SOS 日本が危ない! 製造業は日本脱出をするべからず! 海外に移せば技術を抉り取られて丸裸!!

SOS 日本が危ない! 製造業が脱出! 技術が流失! 日本は空洞化! 祖国はどうなる!!

SOS 日本が危ない! 民主党の新たなバラマキは許されない! 民主党は烏合の集か! これでは分裂!! 

SOS 日本が危ない! 社会保障制度改革で問われているのは、伸び続ける年金、医療、介護費用抑制方法だ!!

SOS 日本が危ない! 原子力規制委作りは、国益を守り抜く人選、責任感ある最高権力者を決めことだ!!

お名前:松村 弘 ,2012-06-27 09:41:35 AM
題名: <我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>
<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>
(趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく)
第(4)

SOS 日本が危ない! 自主防衛の覚悟と用意を忘れるな! 米国は日本共同防衛行動に出ない!!

SOS 日本が危ない! 朝日新聞の石原知事の尖閣購入計画に「無責任」と非難した、果たしてどちらが無責任か!!

SOS 日本が危ない! 中国人が尖閣諸島を買えばどうするか! 朝日新聞は日本の新聞社か、恥を知れ!!

SOS 日本が危ない! 政府は外国人の土地購入に厳しい制限を設けろ! 後手後手は許されない!!

SOS 日本が危ない! 東電の原子力発電技術者が他国で働くのか 日本の技術が奪われる! 政府よ 動け!!

SOS 日本が危ない! 家電や自動車の技術者が韓国に流れた! 次は原子力!! 国は手を打て!!

SOS 日本が危ない! 製造業の拠点を海外に移すな! 後戻りはできない! 民主党は烏合の衆か! 智慧がないのか!!

お名前:松村 弘 ,2012-06-26 01:42:44 PM
題名: <祖国日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>(3)
<祖国日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>
(趣旨:日本再生のために関心を持っていただきたく)
下記はそのためにツイッターに流している文章です;
(3)
SOS 日本が危ない! 日本海は日本海! 政府よ、ロビイストを活用せえ! 他国の発言を封じよ!!
SOS 日本が危ない! 民主党よ、どこに目をつけているのか! 丹波氏を中国大使に任命するとは何事か!!
SOS 日本が危ない! 丹波中国大使よ それでも大使か 太子が嘆く ”大死一番”になって出直せ!!
SOS 日本が危ない! 民主党よ、南西諸島への武力攻撃に備えよ!!
SOS 日本が危ない! 民主党よ、南西諸島の海上保安庁の領域監視を怠るな!!
SOS 日本が危ない! 民主党よ、南西諸島の警備体制の強化を怠るな!!
SOS 日本が危ない! 民主党よ、日米共同防衛行動(日米安全保障条約5条の発動)を期待するな!!


お名前:松村 弘 ,2012-06-25 10:27:44 AM
題名: <一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>2
<一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>

(趣旨:日本再生のために関心を持っていただきたく)
下記はそのためにツイッターに流している文章です;

その(2)

SOS 日本が危ない! 西太平洋、東アジア、印度洋の弧 傲慢な中国外交 政府は立ち上がれ!!

SOS. 日本が危ない! 総理よ、消費税でもたもたしている場合じゃない! 中国に外堀を埋められている!!

SOS. 日本が危ない! 民主党よ、予防医学に力を入れれば消費増税は不要か微増で済む! 智慧を出せ!!

SOS  日本が危ない! 政府よ、国民を薬漬けから救え、薬では治る病気も治らない!!

SOS.  日本が危ない! 航海の自由と核心的利益を護れるか!! 政府よ立ち上がれ!!

SOS.  日本が危ない! 生活保護不正受給128億円 民主党は寝ているのか!

SOS.  日本が危ない! 軍の意向が国家を動かすシナ 立ち上がれ日本、目覚めよ 日本!!

お名前:松村 弘 ,2012-06-23 11:35:49 AM
題名: <一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>
<一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>

(趣旨:日本再生のために関心を持っていただきたく)
下記はそのためにツイッターに流している文章です;

その(1)
SOS 日本が危ない! 新たなバラマキは許されない、伸び続ける年金、医療、介護費用をどう抑制するか!!

SOS 日本が危ない! 原子力規制委を作るのが目的ではない、国益を守り抜く人選である!!!

SOS 日本が危ない! 西成の診療所は生活保護受給者を勧誘、診療所よ、医師よ、恥を知れ!!

SOS 日本が危ない! 生活保護者が207万人、民主党はなにをしているのか!!

SOS 日本が危ない! 生活保護者、大阪府:30万人強、東京都:28万人強! 民主党はなにをしているのか!!

SOS 日本が危ない! 電力が危ない! なぜ電力会社は一地域に一社か! 早く競争原理を!!

SOS 日本が危ない! 北方領土が危ない! 露西亜プーチン大統領は変わらない!!

お名前:松村 弘 ,2012-06-18 10:25:50 AM
題名: 大阪・市改革意見箱への投稿
大阪・市改革意見箱への投稿

橋下市長はよく頑張っていらっしゃる、多分誰もが認めるところ。
1. 徹底して無駄を省くのはいい、普通掛け声だけでなかなか凡人にはできないこと、それを有言実行とは流石といわざるを得ない。しかし赤字部門は全部廃止するのは間違っていると私は思う。
例えば地下鉄で御堂筋以外は赤字かトントンである。しかし御堂筋以外の路線があるから御堂筋が稼ぎ頭になっている。
 また歴史ある大阪の文化財を軒並み赤字だから、或いは効率化のみで畳み掛けるのはいかがかな、例えば130の歴史ある大阪一大をなくすのか?

2.赤字減らしや給料減らしは小学生にでもできる、赤字を減らせば減らすほど大阪市のパイが小さくなる。悪の連鎖に繋がる。市長は「蟻の話」や「ユダヤの法則」をご存知ないようですね。勉強されたらいかがかな。

3.大阪市と大阪府を一緒にしても大阪は決してよくならない。大阪市の規模は標準的な県同等以上の力がある。大阪市が東京に水を開けられたのは、東京は首都で自然と人が集まるようにできているからである。決して東京市がなくなって東京都23区になったからではない。
さらに市長が全国を10程度の道州制に関心があるのなら、いずれ府は消滅することになる。確か市長は世界と戦うためには大阪が強いほうがいいと仰っていましたね、それなら大阪市が周辺の衛星都市を吸収合併して500万程度の大都市にする、残りをいくつかの地域に分ければいいのでは。

4.大阪を再生さすのは、人、もの、かねを呼び込む何かを「創造」することである。市長とは正にこの創造ができる人でなければならない、私はそう信じている。市長は出来ますか? 


[生涯学習センター]の件

自動車の舵と同じ、遊びが必要である、ゆえに補助金を減らしてはならない。

強すぎては人を育てられない、宮本武蔵を見よ! 橋下知事は未だお若い、この辺で一度頭を打たれてはいかがかな!! そうすれば代議士になれる器の持ち主である、私はそう思う。

お名前:松村 弘 ,2012-06-04 08:48:22 AM
題名: お詫びと訂正
昨日配信したメール内での行事ご案内の曜日に誤記載がございました。
誤 6月24日(土) ×
正 6月24日(日) ○
謹んでお詫びを申し上げ、訂正させていただきます。 

■6月24日(日) 日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム
平沼赳夫 vs 田母神俊雄 誇り高き二人の武士がホンネで語る「日本の危機」
~真の独立国日本の政治と国防~

日 時 平成24年6月24日(日) 開場12:00 シンポジウム13:00~16:00
場 所 岡山シンフォニーホール (岡山市北区表町1-5-1 TEL 086-234-2001)

不屈の信念を持った二人の武士、平沼赳夫氏と田母神俊雄氏を講師としてお迎えし、「在るべき独立国日本の姿」について本音で大いに語っていただき、今の日本が直面している危機を打破するために、我々一人ひとりが、いかに行動すべきなのかあらためて考えて参りたいと存じます。お誘い合わせの上、多くの皆様のご参集をお願い申し上げます。

講演1 13:20-14:20 『信念の政治家が語る 在るべき日本の政治』
講師/平沼 赳夫 氏

講演2 14:30-15:50 『不屈の愛国者が語る 在るべき日本の国防』
講師/田母神 俊雄 氏

■参加費(チケット販売) 
前 売  一般1,500円  大学生以下 1,000円
(当 日  一般1,800円  大学生以下 1,300円)
■チケット取扱 
実行委員会事務局 086-234-7200
ローソンチケット(Lコード 68461)
岡山シンフォニーホール 086-234-2010
ぎんざやプレイガイド 086-222-3244

【お問合せ】日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム実行委員会事務局
〒700-0818 岡山県岡山市北区蕃山町4-5 日本会議岡山 内
電話086-234-7200 
FAX 086-234-7201
Eメールhinomaru@nipponkaigi-okayama.jp

※日本会議岡山HP
http://www.nipponkaigi-okayama.jp/evevtguide.html#24_6_24

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

転載です、私はたちあがれ日本党首平沼赳夫衆議院議員を応援しています。
平沼さんは日本を再生できる数少ない誠の人だからです。

お名前:松村 弘 ,2012-06-03 10:13:28 AM
題名: ■外国人参政権に断固反対する!

■外国人参政権に断固反対する!
民主党の「永住外国人法的地位向上推進議員連盟」が、5月30日、「特別永住者」へ地方選挙権を付与する方向で検討に入り、議員立法で法案成立に向け動き出しています。
 参政権は日本国民固有の権利です。これを外国人に付与することは重大な憲法違反です。地方議会と連携し、日本社会の根幹を揺るがす外国人地方参政権付与法案にわが党は断固として反対します。 
たちあがれ日本代表 平沼赳夫

□たちあがれ日本は「自主憲法大綱案」を発表致しました。自主憲法大綱案は公式サイトでご覧いただけます。
http://www.tachiagare.jp/pressinfo.php

□5月30日(水)、定例記者会見
 衆議院第一議員会館にて、「新しい党の政策」「たちあがれ日本 尖閣諸島募金口座の開設」などについて報告しました。「たちあがれ日本チャンネルYouTubeチャンネル」
http://www.youtube.com/watch?v=mv30R40JLAA&list=UUukeduzMrX9hT_PAQZc1-Cg&index=1&feature=plcp

たちあがれ日本は石原慎太郎東京都知事のよ都による尖閣購入表明を支持します。尖閣諸島募金口座についてはこちらを御覧下さい。
http://www.tachiagare.jp/emergency/donation.php

□動画メッセージ
「アメリカ頼りの拉致解決は望めない」
http://www.hiranuma.org/new/message/message20120521.html
「石原都知事の尖閣バクダン発言を支持します」
http://www.hiranuma.org/new/message/message20120501.html

□油断大敵!注視し警戒しなければならない「危険で無用な法案」
「人権侵害救済法案反対ページ」
http://hiranuma.org/new/download01.html
※人権侵害法案反対ビラをご活用下さい。

以下のような報道がありましたが、今国会の会期延長の含みもあり、このまま鵜呑みにして「安心」するわけには参りません。敵はあきらめていません。厳重な警戒が必要です。
(「時事通信」5月29日18時42分配信)
人権委法案、今国会断念=異論根強く―政府・民主
 政府・民主党は29日、法務省の外局として人権救済機関「人権委員会」を設置する法案の今国会提出を見送る方針を固めた。自民党を中心に「人権委が強力な権限を持つ恐れがある」との異論がある上、今国会は各種法案の処理が停滞し、日程が窮屈になっていることが影響した。
 法務省の政務三役の一人は29日、人権委設置法案について「自民党保守派の反発が強い」と指摘。民主党国対幹部も「6月21日の会期末が近づいたこの時期の新法案提出は無理だ」と語った。 

【報告】
□世界ウイグル会議を支援し中国の覇権と闘うシンポジウム
日時:2012 年 5月 18日(金)  開場 18:00 開会 18:30から
会場:日本プレスセンタービル 10 階ホール

『世界ウイグル会議』の議長であり2006年ノーベル平和賞受賞候補者でもあるラビア・カーディル氏をお招きし、日本側からは国家基本問題研究所理事長の櫻井よしこ氏を迎え、ウイグル問題を通じて日本が中国の覇権にどのように対峙していくかを討議しました。
(1)開会宣言
YouTube : http://youtu.be/877rMmw-7lA
(2)中共によるウイグルへの侵略史
YouTube : http://youtu.be/dVATsX6Pv5U
(3)現在も続く女性たちの強制連行の実体とは?
YouTube : http://www.youtube.com/watch?v=DbT1YX4iasw&feature=colike
YouTube : http://youtu.be/7ByzTk0DF78

【Free Uyghur】世界ウイグル会議 第4回代表大会開会式&懇親会[桜H24/5/15]
http://www.nicovideo.jp/watch/1337071914
アジアで初となる歴史的意義の高い『世界ウイグル会議 第4回代表大会』が14日、東京で開幕されました。永田町の憲政記念館で行われた開会式と、その後に行われた親睦会の模様のダイジェスト映像です。

■ご案内 平成24年6月10日(日)、女性部主催の講演会開催
 平成24年6月10日(日)、三木圭恵兵庫県第一支部長が女性部長を務める主催の「たちあがれ日本女性部・兵庫の集い」を開催します。
 集いでは、「日本は文化のプラットホーム」などをテーマに、中山恭子参議院幹事長代理による基調講演が行われ、講演会の後、スイーツを用意した懇親会を行います。
 下記の要項によってお申込みいただければ、どなたでも参加できます。

日 時:平成24年6月10日(日) 14:00~16:00(講演会/懇親会)
場 所:神戸三宮・生田神社会館 3階 「菊の間」
   (兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1  TEL:078-391-8765)
講 師:中山恭子 参議院幹事長代理
会 費:2,500円
お申込み:
    たちあがれ日本女性部事務局
    兵庫県三田市相生町26-24-202
    Fax:079-562-0055
    Eメール:k-miki@sandacity.name
    FAX、メール又は封書にて、お名前・ご住所・連絡先を明記の上お申し込み下さい。

■ご案内【岡山】6月24日(土) 日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム
平沼赳夫 vs 田母神俊雄 誇り高き二人の武士がホンネで語る「日本の危機」
~真の独立国日本の政治と国防~
日 時 平成24年6月24日(日) 開場12:00 シンポジウム13:00~16:00
場 所 岡山シンフォニーホール (岡山市北区表町1-5-1 TEL 086-234-2001)

不屈の信念を持った二人の武士、平沼赳夫氏と田母神俊雄氏を講師としてお迎えし、「在るべき独立国日本の姿」について本音で大いに語っていただき、今の日本が直面している危機を打破するために、我々一人ひとりが、いかに行動すべきなのかあらためて考えて参りたいと存じます。お誘い合わせの上、多くの皆様のご参集をお願い申し上げます。

講演1 13:20-14:20 『信念の政治家が語る 在るべき日本の政治』
講師/平沼 赳夫 氏
講演2 14:30-15:50 『不屈の愛国者が語る 在るべき日本の国防』
講師/田母神 俊雄 氏
参加費(チケット販売)  前 売  一般1,500円  大学生以下 1,000円
(当 日  一般1,800円  大学生以下 1,300円)
チケット取扱 (平成24年4月~) 
実行委員会事務局/ローソンチケット(Lコード 68461)/岡山シンフォニーホール/ぎんざや

【お問合せ】日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム実行委員会事務局
〒700-0818 岡山県岡山市北区蕃山町4-5 日本会議岡山 内
電話086-234-7200 
FAX 086-234-7201
Eメールhinomaru@nipponkaigi-okayama.jp
※日本会議岡山HP http://www.nipponkaigi-okayama.jp/evevtguide.html#24_6_24

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

転載です、何か御座いましたらご連絡下さい。

お名前:松村 弘 ,2012-05-21 01:14:09 PM
題名: <慰安婦問題>

 海部総理が日米構造協議は米国の善意で、米国が日本の市民のためにやってくれたのだといった時代からちっとも変わらないのであった。だから、従軍慰安婦のことで安倍晋三首相はのこのこ出かけていって、ブッシュ大統領に謝罪したんですよね。こんなばかなことがあろうかと思うんですよ。ひっくり返っていますよ、やることがね。戦後港に米兵のために日本人慰安婦が20万人もいた事実をアメリカ国民に、むしろ突きつけるべきです。つまり、ブッシュ大統領に謝罪するというのは筋違いもいいところで。むしろ米兵の不始末の謝罪を大統領に求めるべきです。
 1953年に『日本の貞操――外国兵に犯された女性達の手記』(蒼樹社)に「兵隊と女が連れ立って歩く姿を、街の風景の一齣として、ほんの一、二行触れた一文を公にしたため、占領目的違反の罪に問われて、投獄された」占領の時代が終ってすぐの出版です。満鮮からの引き揚げじや占領下の「人権侵害」には、日本左翼は無関心ですね。

此処から作成者松村の文章です;
 一国の首相の言動は極めて重い、日本では首相も含めて代議士は、代議士じゃなくて「大擬死」になっているのでは! 何も今回だけじゃなく歴代の大臣の多くは大同小異である。

一部抜粋変更加筆
[参考文献]
『保守の怒り』2009 西尾幹二 平田文昭 株式会社草思社

お名前:松村 弘 ,2012-05-19 05:07:51 PM
題名: <経済人の第一の条件>

 宮島清次郎日本工業倶楽部理事長をしていたときに、事務局が、東京・丸の内にあった日本工業倶楽部の屋上にゴルフの練習場を設けてはどうかと提案した。高齢者が多い財界人の健康を気遣ってのことだったが、宮島は一喝した。
 かって丸の内にあり、今日では改装されて新しくなった日本工業倶楽部の屋上には、近代日本の産業発展の基礎を築いた人々の象徴として、「織姫」と「炭鉱夫」の像が立てられていた。
 これらの人々の苦労を考えず、そのそばでゴルフクラブを振るとは何事か。これが宮島の怒りだった。
 宮島はかねてより、経済人としての最大の条件は、経営手腕よりも、人格にあると考えていた。だからこそ、自らを律し、教育にも情熱を注いだ。人格の養成は、その基礎となる学校教育が大切だというのが宮島の考えだった。勿論、点数主義ではなく、人を磨くために必要な、英知や知識の養成だった。
 経済学の父、アダム・スミスの不朽の名著『諸国民の富』は、『道徳情操論』の延長線上にあった。また社会学者マックス・ウエーバーは、「産業資本主義の精神」の生みの親はプロテスタントの「倫理」にあったと述べている。
 宮島の一生はまさにアダム・スミスやマックス・ウエーバーの指し示したとおりだった。法令順守以前に、経済人は守らなければならない倫理がある。「はじめに倫理ありき」の原点に戻れ。

此処から作成者松村の文章;
 耳の痛い経済界の関係者のみならず、我国の明日を担う政治家や弁護士等先生と呼ばれる人達も今一度よくよく自問していただきたいものである。

一部抜粋変更加筆
[参考文献]
『転進』2008新井喜美夫 講談社


お名前:松村 弘 ,2012-05-18 09:17:00 AM
題名: <草場中将が残した遺言>

 草場中将は満州では大陸鉄道司令官の任にあり、敗戦と決まって、満州在住の軍、民を問わず、邦人を日本に送り返す任務に携わっていた。
 「私は軍人以外の民間人を、なるべく早く返したいと考えていたが、上からの命令で、軍人を優先しろといわれてやむなく従った。満州開拓団をはじめ、民間人は満州の奥地の辺鄙な場所に住んでいる人が多かった。
 対して、軍人は運搬には便利な中心部に駐屯していた。つい効率を考えて、命令に従ったが、そのせいで多くの民間人が引き揚げ途中で亡くなったり、あるいはソ連に連行され、シベリアに抑留されて大勢が犠牲になった。
 自分はこれがずっと納得できなかった。自分の任務をまっとうしたことにならないからだ。死んでお詫びしたい」
 これが草場中将が自ら命を絶った理由だった。
 
ここから作成者松村の文章です;
 この草場中将からの言葉からお解かりのように、国民のために命を捧げた軍関係者は多かった。そういった人達も靖国神社に祭られているということも知っておきたいことである。自衛隊も悪者扱いされている傾向があるように見受ける、が隊員も祖国日本のために命を張って頑張っているのである、もっと高い評価があっていいのではないだろうか。去年の震災の活躍で大分見直されたようではあるが・・・。
 結局現在の安全な日本があるのは多くの戦時中の犠牲者や現在の自衛隊等上に成り立っているという事実であるまいか。今後継続して安全な国土にしていくため、多くの国民のそのことへの理解が不可欠である、と私は考えます。

一部抜粋変更加筆
[参考文献]
『転進』2008新井喜美夫 講談社

お名前:松村 弘 ,2012-05-16 10:57:21 AM
題名: <尖閣諸島>その2

 昭和46(1971)以降、日本の巡視船が周辺をパトロールして、台湾や中国の漁船が近づくと、警告して近づけないようにしています。
 しかし過去の日本政府の態度ははっきりしませんでした。昭和54(1979)年には、海上保安庁が魚釣島に仮設ヘリポートを建設しましたが、中国の抗議を受けて撤去しています。日本の領有だと主張しながら、中国の抗議を受けると施設を撤去する。隣国と争いごろを起こしたくないという政府の方針が、問題をややこしくさせた一因になっているとの指摘もあるのです。
 今回の石原都知事の行動はこうした政府の態度に痺れを切らしたものです。土地を個人所有のままにせず、国が買い上げて国有地として、政府が管理すべきだが、それをしないのなら東京都が代わって管理するというわけです。
 このニュースを聞いて、「尖閣諸島が東京都内になる」と勘違いしている人もいるようですが、住所が東京都になるわけではありません。沖縄県石垣市のままです。東京都が、東京以外の土地や建物を保有することはこれまでにもありました。その場所の住所が東京都になっていないのと同じことです。ただし、「東京都民の税金で買う必要があるのか」という声も出ていて、見通しはわかりません。石原知事は、大胆な行動を取ることで、政府を動かそうとしたのかもしれません。
一部抜粋変更加筆
[参考文献] 『毎日新聞』2012年05月/13日

 昭和54(1979)年5月、大平正芳内閣は魚釣島に仮ヘリポートを造り、を調べる調査団を派遣した。その後、ヘリポートや灯台、避難港などの建設計画が一部で浮上したが、中国への配慮から先送りされた。現在は、日本の政治団体が昭和63(1988)年に建てた灯台を海上保安庁が管理しているだけだ。
 昭和53(1978)年8月の日中平和友好条約調印の際も、問題の解決を次世代に委ねたいとする当時の中国の最高実力者、鄧小平副首相の意向もあって、日本の領有権は明確にされなかった。 
 中国との事なかれ主義外交を続けてきた歴代自民党政権の責任も大きい。日本の領土を国が守るために最善の策を講じることは、主権国家として当たり前のことだ。与野党とも、政治家はこのことを肝に銘じるべきだ。

一部抜粋変更加筆
[参考資料]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120419/plc12041903100005-n1.htm

此処から松村の文章;
 魚釣島へリポート建設撤退からの首相は、
大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘、竹下登、宇野宗佑、海部俊樹、宮澤喜一 、細川護煕、羽田孜、村山富市、橋本龍太郎、小渕恵三、森喜朗、小泉純一郎 、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦。
 一体全体歴代首相は何をしてきたのか、国を護ることが何にも勝る最重要事項である。現在国を護れる人は見回してみて、石原慎太郎知事か平沼赳夫たちあがれ日本の党首以外にないのではないか。

お名前:松村 弘 ,2012-05-15 09:47:55 AM
題名: <日本再生勉強会>5月12日(土)

5月12日(土)の勉強会で話し合ったことです;
一口で言えば、「毎回一からのやり直し、足を引っ張る」でした。

<国の方針(青写真)が決まらない、決められない>
 日本をこういう国にするという「国の青写真」を描ける政治家(政治=国家経営である)が残念ながらいない。これが致命的なことである。結論から言えば政治家になってはならない人が政治家になっている、そういう人が多すぎるということではないかと私は思う。    
 政治家になれば国のために素晴らしい仕事をしてくれる人は沢山いるに違いない。しかしそういった人達は政治家になる方法を知らない、また普通政治家になるためにはお金がかかる、何千万円単位のお金が必要である。
今の政治家がしていることは枝葉の部分が殆どで、肝心の幹の部分を殆どしていない、それは政治を知らないからと思えてならない。丁度病人を治療する場合に悪い一点を診て治療にかかる対症療法である、患者を治すためには、はじめに身体全体を診る必要があるはずである。その上で初めて正しい治療ができるのと同じである。
 政治も同じで対症療法のようなことをしていても日本の国はよくならない。言葉は悪いが継ぎ接ぎである。次の国々が世界で受けがいいか悪いかは別として、大いに参考になると思う、露西亜、中国、米国、伯剌西爾、印度、独逸、英国、韓国等。

 法案がなかなか通らない、すなわち出る杭は打たれる或いは反対ばかりで前に進めない。例えば国を護るには国防はとても重要である、国防あっての眞の独立国である。しかし憲法九条の話がでれば軍国主義、日の丸と言えば軍国主義、君が代と言えば軍国主義、自衛隊の海外派遣と言えば軍国主義、これでは日本に明日がない。教育から始めなければならないのか、それとも国民に分かりやすく説明して説得することだろうか・・・。
 私(松村)がその原因の一つを指摘すれば、報道機関である、テレビでは視聴率を上げるためにこれでもかこれでもかと馬鹿な番組を流し続けている、日本放送協会も大同小異。国益に繋がる報道をやれば少しずつ改善されていくと確信する。新聞も産経新聞以外、朝日、毎日、読売もテレビ局同様国賊のように思えてならない、果たして私だけの考えだろうか・・・。

※「政治=国家経営である」は松下幸之助さんのお考えであったように思う。

お名前:松村 弘 ,2012-05-14 09:11:11 AM
題名: <尖閣諸島>

 尖閣諸島とは沖縄県石垣島北170キロの東シナ海にある五つの島と周辺の岩から成り立っています。明治28(1895)年、明治政府がどこの国の島でもないことを確認して「沖縄県」の標識を立てました。それ以来、日本の領土になり、日本人が住み、海鳥を取ったり、かつお節を製造したりしていました。その後、かつお節製造工場は閉鎖され、昭和15(1940)年に無人島になりました。一番大きい魚釣島などは、埼玉県の男性が所有しています。台湾や中国が「自分たちのもの」と言い出してからは、日本の政府が借り上げています。
 尖閣諸島が日本の領土であることは、中国も認めていたことがあります。中国共産党機関紙「人民日報」は、昭和28(1953)年1月8日の沖縄に関する記事の中で、尖閣諸島が琉球群島(沖縄県)に含まれると書いていたのです。当時は台湾で発行された地図でも、尖閣諸島は日本領土になっていました。
 様子が変わったのは昭和43(1968)年のこと。国連のアジア極東経済委員会が、この周辺を調査して、海底に石油が埋まっている可能性があると発表してからです。昭和46(1971)年から台湾そして中国が、「島は自分たちのものだ」と主張し始めました。
 中国が「尖閣諸島は自分たちのものだ」というのは、「尖閣諸島は台湾に属し、台湾は中国の一部だから、尖閣諸島は中国のものだ」という論理です。

続く

一部抜粋変更加筆

[参考文献] 『毎日新聞』2012年05月/13日
ウイキペディア:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6

お名前:松村 弘 ,2012-05-11 08:54:31 AM
題名: <米中旧味方同士の感情の回復を恐れる>

■何故日本は「米国債を買い続けなければ」ならないのか
米国は困っているので日本は米国債を買い続けている、しかし本音は買いたくない、中国も買いたくない。弗(ドル)が下がれば日本も中国も困る、それ以上に困るのは弗が全部ちゃらになれば更に困る。中国国内では米国債をこれ以上買わないと言っている。
 しかし胡錦濤は買わないとは言っていない、それは弗を支えないと中国経済も困るからである。いざとなれば中国は軍事力があるから買うのを止めることはできる、だが情けないが日本にはできない、軍事力が無いから、米国の言われたとおりにする以外にないのである、恐らく。東京裁判史観に知識人や言論人、歴史学者、昭和史論者が呪縛されているだけではなく、総理大臣以下、官僚を含めて政治家が東京裁判史観に閉じ込められているのではないか。
 米国が、大東亜戦争がアジア解放戦争だったということになることを一番恐れたと思う、という風にクリストファー・ソーンが書いている。日本が世界の解放者になれば、米国に太平洋戦争という大義名分がなくなる。そうすれば日本は米国に頭を下げるという根拠がなくなる。その点をこれから明らかにしていかないといけない点です、が、戦時資料は対独戦争のものはあらかた解放されたが太平洋戦争に関連する部分は100年間封印です。

続く

一部抜粋変更加筆
[参考文献]『保守の怒り』2009 西尾幹二、平田文昭 草思社

お名前:松村 弘 ,2012-05-07 09:14:09 AM
題名: <米中旧味方同士の感情の回復>

■何故日本は「米国債を買い続けなければ」ならないのか
 米国は困っているので日本は米国債を買い続けている、しかし本音は買いたくない、中国も買いたくない。弗(ドル)が下がれば日本も中国も困る、それ以上に困るのは弗が全部ちゃらになれば更に困る。中国国内では米国債をこれ以上買わないと言っている。
 しかし胡錦濤は買わないとは言っていない、それは弗を支えないと中国経済も困るからである。いざとなれば中国は軍事力があるから買うのを止めることはできる、だが情けないが日本にはできない、軍事力が無いから、米国の言われたとおりにする以外にないのである、恐らく。東京裁判史観に知識人や言論人、歴史学者、昭和史論者が呪縛されているだけではなく、総理大臣以下、官僚を含めて政治家が東京裁判史観に閉じ込められれているのではないか。
 米国が、大東亜戦争がアジア解放戦争だったということになることを一番恐れたと思う、という風にクリストファー・ソーンが書いている。日本が世界の解放者になれば、米国に太平洋戦争という大義名分がなくなる。そうすれば日本は米国に頭を下げるという根拠がなくなる。その点をこれから明らかにしていかないといけない点です、が、戦時資料は対独戦争のものはあらかた解放されたが太平洋戦争に関連する部分は100年間封印です。

続く

一部抜粋変更加筆
[参考文献]『保守の怒り』2009 西尾幹二、平田文昭 草思社

お名前:松村 弘 ,2012-05-05 09:55:26 AM
題名: <靖国神社とは> その二

ー我が祖国、日本を命を賭けて護ってきた人たちの社 ー
■靖国神社が存続した逸話
戦後日本を占領した連合国軍最高司令官総司令部は、靖国神社を焼き払いドッグレース(犬の競争)場を建設する計画を立てていたが、ローマ教皇庁代表であり上智大学学長でもあったBruno Bitter(ブルービッター)神父に意見を求めることになった。ビッター神父は「いかなる国家も、その国家のために死んだ戦士に対して、敬意を払う権利と義務があると言える。それは、戦勝国か、敗戦国かを問わず、平等の真理でなければならない」とし、「靖国神社を焼却する事は、連合国軍の占領政策と相容れない犯罪行為である」とまで言ったという。そして次の言葉で締め括った。「靖国神社が国家神道の中枢で、誤った国家主義の根源であるというなら、排すべきは国家神道という制度であり、靖国神社ではない。我々は、信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教・キリスト教・ユダヤ教など、いかなる宗教を信仰するものであろうと、国家のために死んだものは、すべて靖国神社にその霊をまつられるようにすることを、進言するものである」、この進言により靖国神社は焼き払いを免れたという。
一部抜粋変更加筆

[参考資料]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE

お名前:松村 弘 ,2012-05-04 12:03:46 PM
題名: <靖国神社とは>その一

ー我が祖国、日本を命を賭けて護ってきた人たちの社 ー

■歴史
 幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり、嘉永6(1853)年ペリー来航以降、日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀ってある。その柱数(柱=神を数える単位)は平成16(2004)年10月17日現在で計246万6532柱に及ぶ。

 神社名にある「靖国」は(国を靖んずるなり、即ち平和な日本を作りたい)という願いがこめられて名づけられた、明治天皇が命名したもので、明治12(1879)年に改称された。英語圏では「Yasukuni shrine」と表記されるが、「war shrine」(戦争神社)と表記される場合がある。
 東京招魂社は軍が管轄するものとされ、明治天皇の裁可を得て明治12(1879)年6月4日に「靖國神社」への改称と別格官幣社列格の太政官達が発せられた。戦後は政教分離政策の推進により国家管理を離れて宗教法人となり日本政府との直接的な関係は無くなった。

 合祀手順は戦前、旧陸海両軍の審査によって合祀が内定され、天皇の勅許を経て決定された。合祀祭には天皇が祭主として出席し、合祀されることは死者・遺族にとって最大の名誉であると考えられることが多かった。しかし敗戦により、靖国神社は一宗教法人化した。戦後になると合祀制度は形を改めたが、昭和27(1952)年)当時には未合祀の戦没者が約200万人に上り、遺族や元軍人を中心に「合祀促進運動」が起こり、昭和31(1956)年に厚生省が新しい合祀手順を定めた。御霊(みたま)は身分、職業、年齢、性別にかかわりなく、手厚く祀っているという。
[参考資料]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2021 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター