画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:424, 合計:10784:メッセージ
お名前:LENNON ,2019-07-23 11:15:09 PM
題名: 反社会勢力とは
昔はヤクザと呼ばれ世の落ちこぼれを集め口入れとも言うが人足等の土木や人の嫌がる仕事を請け負って底辺の人間には役に立って来た。しかし、それが徐々に暴力団と呼ばれ違法な事で金を稼ぐ違法集団になった。この頃から組織的な犯罪集団へと変わった。反社会的と呼ぶのは正しく無い。本当はこの連中は個別に見れば社会不適合者の集まりだ。本来なら不適合な部分を強制的に治療する為に社会から隔離する必要がある。そうでもしなきゃ安全な社会は作れない。一定の要件を満たした者は強制的に隔離収容する事でこの連中の保護にも繋がる。

お名前: ,2019-07-23 04:56:02 PM
題名: 投票率の低さ解消には
今回の参院選投票率は過去2番目の低さ48.80%だった。
最も高いのは新潟県粟島の82.25%、低いのは大阪市浪速区の35.73%。
何が原因か考え投票率を上げることは大切だ。
私が考えるには投票をとても ”わくわくする楽しいもの” にすること。

お名前: ,2019-07-23 03:04:08 PM
題名: 男女の候補者数
男女の候補者数をできるだけ均等にするとあるが、ただ単に何も男女数を半々にしても意味がない。政治の世界だけでなく、家庭でも、会社でも何をするにも役割分担がある。動物然り、すなわち「適材適所」である。

お名前:LENNON ,2019-07-23 12:23:11 PM
題名: 吉本興業問題
今回もテレビ報道は馬鹿発見器としての機能を果たしていた。しかも面白可笑しく。社長がアホを晒したのは身から出た錆だが、どうやら顧問弁護士を雇っていたようだが全く役立たずだった。それ以上に無駄な金を使ってたって事だ。無能な弁護士を雇うとえらい目に合うという良い見本になった。弁護士ってのは平たく言うと司法試験を受かった人間って事だけ。口では偉そうに知識をひけらかすが無能だったって事だ。弁護士を雇う時は能力を良く見てからにしよう。また、マスコミの番組では弁護士の存在が知られていながら一言も触れない。これはコメンテーターの弁護士に遠慮しての事か?また反社の存在にも触れないしどうするべきかの意見も全く出ない。これも反社に遠慮しての事か?取り上げると面倒だからビビっての事か?マスコミなんて綺麗事は並べるが社会の役に立っていない。

お名前: ,2019-07-23 09:09:56 AM
題名: 狂騒の一部野党
立憲民主党や共産党など一部の野党は憲法改正に狂乱して反対している。憲法改正をしなければどうして我が国を護れるのか。

お名前:ゆめかざり ,2019-07-23 01:42:20 AM
題名: 憲法改正
議席が5議席減ったが、須田慎一郎氏は心配ない、安倍総理は奥の手を考えていると語った。
近々奥の手があると思いますので、国民に改憲をゆだねる事はできると思います。

それよりも、日本経済が破壊されることのほうが深刻だと私は思っています。

お名前:LENNON ,2019-07-22 07:26:42 PM
題名: 憲法改正勢力の維持が出来なかった件
今回の選挙結果は非常に残念だ。と言って改正を諦める必要は無い。今の自民の改正案はチマチマした解りにくい案だ。安全保障、戦争は自国の法制度より国際法が優先されるのは常識だ。だから9条を安全保障専用の条文にして国民と国土を守る義務は政府に義務が有ると明記する事と安全保障は国際法規を遵守すると書き込むだけで良い。勿論現行の9条を全て書き換える前提だが。要は誰も反対出来ない条文を作る事だ。この程度の簡単な作業は幾らアホな議員でも出来るだろう?出来なきゃ議員の価値は無い。それでも改正に反対する奴は飛び切り大きな非国民レッテルを貼ってやろう。憲法の条文は簡単明瞭に誰でも理解可能な言葉で書くべきだ。

お名前:ゆめかざり ,2019-07-22 06:26:28 PM
題名: 私が混乱しています
正しく直してください

お名前:ゆめかざり ,2019-07-22 05:17:06 PM
題名: 混乱したでしょ
①は歳入29兆円の中から9兆円を使うといっています。

②は歳入は10兆円です、
そのほかに奨学金用の9兆円の税金(歳入)を取ります、という事なのです。

そうでなければ
③歳出を9兆円少なくして、消費税を4%にして、4%の税収(歳入)の中から、奨学金をチャラにします。

③は政府支出まで削れるのですから、②よりはスマートですね。

お名前:ゆめかざり ,2019-07-22 04:47:19 PM
題名: 山本太郎の消費税0は正しい
単に0にすると、20兆円の受け皿がなく、これはまずいと思われる。

財政支出=歳出-歳入

①山本太郎の選挙演説で、消費税を0%にすると税収が20兆円不足する、
その代償として、法人税や所得税を1997年当時の累進課税にすると29兆円の財源が出てくる。

のこ差し引きで余った9兆円で、奨学金をチャラにすると話している、これは正しいだろうか?。

財政支出=歳出-歳入
から見ると、歳入が9兆円増えるので、財政支出が9兆円減ると考える人は、錯覚しています。

歳入29兆円から9兆円を使うといっているので、歳入は29-9=20兆円に成り、財政支出は減らない。
また、物価の強制値上げがなくなるので、物価が下がり給与で購入できる量が増える。

購入する量が増えれば、生産がアップされ、増える需要に対処する形で供給が増える、
そして賃金の向上につながり、この循環でGDP向上の循環が生まれる。

②例えば消費税を4%にして、税の体系を現状と同じで、奨学金ゼロに9兆円使うとしたら。

税収(消費税4%の歳入)は10兆円になり、

財政支出=歳出-歳入
の式に当てはめると、歳入が20から10に減るので、10兆円財政出動が増える。

そこから9兆円を奨学金チャラに使うので
10兆円ー1兆円なので1兆円の財政支出が増えたことになるが物価は4%強制値上げされているので、
①と同じ効果が得られるかもしれない。

どうでしょうか?。

お名前:ゆめかざり ,2019-07-22 02:41:54 PM
題名: インターネットに、こんなのがあります
20年も前のものですからね、現在は!。どうなのでしょう?。


お名前: ,2019-07-22 01:39:11 PM
題名: 改憲は必至
自民党、公明党、維新の会それに国民民主党の一部で改憲は出来る。今改憲せねばならぬ。日本人の生命と財産を守るために、世界平和のためにも是非ともやり遂げねばならない最重要事項である。

お名前: ,2019-07-22 01:31:49 PM
題名: 枝野氏は共産党か
立憲民主党の枝野代表は福井県へ共産党新人の応援に行った。枝野氏は相いれない共産党とでも手を組むという身勝手な政治屋か、共産党と組んで一体何をするというのか、地に着いたか。

お名前:LENNON ,2019-07-22 11:19:58 AM
題名: 非国民を根絶やしに!大賛成!
でもね。そうする法律が見当たらんのだよね。何処を探しても。憲法でさえ日本国民を護る事は一行も書いていない。一応日本は法治国家と言われてるが。法律に書かれてない事は一切出来ないと思われてる。ただ何処のどいつが非国民かは知られているが。多分だが立法府がアホなんだろう。一応有権者に選ばれた政治家と呼ばれる連中は自分が当選する事を最優先に考え国民の生死や国の存続の事には頭が回らんのだろう。しかも安全保障や軍備に関する事を悪い事だとイメージさせ平和ボケを作り日本を他国に売り渡そうとする政治勢力が実在するからね。こいつらを排除する以外に日本の安全は保てない。国防が疎かになれば経済も福祉も社会保障もクソも無いんだが。ジックリ考えればこんな単純な事は理解出来る筈なんだが。また日本には国士が大勢居るからね。

お名前: ,2019-07-22 10:32:21 AM
題名: 自民党はよくやった
自民党はよくやった!
政策が全く違う野党連合はなりふり構わず、こんな党に振り回されてならぬ。

お名前:令和維新軍 ,2019-07-21 09:29:20 PM
題名: 日本でのクーデターの必要性
今の日本は腐っている。変えるには今の日本を壊すしかない。非国民を根絶やしにしよう。自衛隊を軍に変えよう。子供を安心してうめる社会にしよう。日本をもう一度世界に誇れる国にしよう。この国の未来のために。

お名前:ゆめかざり ,2019-07-21 03:48:40 PM
題名: 安倍総理応援団
日本の景気を与野党の協力の基に、拡大させてください、
私の生活が係っているのでお願いします

お名前:ゆめかざり ,2019-07-21 02:11:15 PM
題名: アベノミクス6年の実績 に苦言
アベノミックスが上手くいかないのは、安部総理が経済に疎いからに他ならない。

財政出動=歳出ー歳入
国の予算は歳出(国債)が先に行われ、歳入が後からで、入ってきた歳入(税金)で、歳出を引き算し、インフレになるのを防いでいる。
財政が足りないから、増税して歳入を増やすと、財政出動が減り社会保障や公共事業費、教育費が減る。

それは上記の数式で分る、経済は言葉ではなく数字で覚えないと間違える。

さらに、消費税の悪いのは物価の強制値上げで、給与を上げる効果が無い。

同じお金で2%(消費税8%~10%)上がると、同じお金で2%物が買えなくなる、
生産も調整して2%減らす、
企業の売り上げが2%落ちるので、給与も2%落ちる、

給与が一定であればこれで終わるが、給与が2%下がるとさらに、スパイラルが繰り返される。

なんてこった、そのための今年の対策は、たくさん打たれていますから、今年の経済は大丈夫でしょう?。

来年もたくさんの財政出動をお願いします。

お名前:ゆめかざり ,2019-07-21 01:38:54 PM
題名: 税金を国民から総理大臣まで勘違いしています
税金を国民は勘違いしています。

①政府は4月1日に予算を執行します(歳出)、
②随時税金が入ってきます、歳入(軽油税、収入印紙、タバコ税など)
③2月16日~3月15日に確定申告で税金(歳入)を納めます

つまり歳出が先で、歳入が後です

政府支出=歳出(国債発行)ー歳入(税金)
GDP=国内消費+企業の設備投資+日本政府の財政出動+純輸出

消費税を上げてそれを子育て支援や教育に充てるという考えは誤りで、教育や子育て支援は
歳出で充てられています。

歳入は歳出の引き算要因になります。

その事をステファニー・ケルトン教授もMMTの講演の中で話しています。

税金の取り方が複雑なので、学生のような軟らかい頭でなければ理解できませんが、書きます。
①4/1に1部の歳出を国債発行で行います
②随時入ってくる税金、軽油税、重量税、印紙税、印紙税を歳出の社会福祉などに充てます。
③2月16日~3がる15日に、確定申告を行い、納税します、それが公共事業費などに充てられます。

ほら、払った税金が使われていると考えるかもしれませんが、
②、③は歳出ー歳入=0なのです、歳出を歳入が引き算しています、役割は再配分だけでプラマイゼロです。

最初の式を再度書きます、

国の財政支出(国債)=歳出ー歳入

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本政府はプライマリーバランスの黒字化で均衡させようとしていますが、
ステファニーケルトン経済学者は国の財政支出とインフレをバランスさせなければいけないといっています。

インフレ率は2~3%
供給力以上の財政支出を行うと、インフレが加速するので、財政出動で最大限の供給を高めなければならない、そのためには公共事業は大事ですといっています。

1000兆も財政出動を行ってもデフレ脱却できない、給与が上がらない事に付いて、

政府の財政出動が足りないため、そして給与が人出不足でも上がらないのは、まだ失業率が底に届いていない可能性があり、表に現れない働いていない労働者がいるからではないかといっています。

失業率が2%になったら、これ以上は失業率が下がらず給与が上がると思われていましたが、疑問を投げかけています。
まだ失業率は下げられると思います、これは周りを見ると思うところがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MMT理論(モダン。マネタリー・セオリー)
自国通貨建ての先進国は、政府借金がいくら多くなっても問題は無い、ただし、インフレ率の制約がある。
その事は、日本国債1000兆円の日本がMMT理論が正し事を証明している(ステファニー・ケルトン教授)と語っている。

その理由は、自国通貨建ての政府借金(国債)は政府発行国債の今までの履歴でしかないからだ、
言葉を替えると政府発行通貨の残高にすぎない。

国債を中央銀行(日銀)が購入したら、それは償還された物と考える事ができる。

国債の役割は、ビルトイン・スタビライザー(政府の景気安定化装置)機能でしかない。

ここで主流派経済学(リフレ派)とケインズ経済学(MMT)の違いが表れる。

リフレ派はベーシックインカムにより、国民の消費が増えて、税収増を提唱している提唱する。

MMTでは、政府の財政支出による供給力の最大化で税収増を提唱している。

お名前:LENNON ,2019-07-21 12:39:41 PM
題名: 戸別訪問は警察に通報しましょう
戸別訪問は一応選挙違反なので。罪になるかどうかは司法が判断する事。少しでも疑いがあるなら迷わず通報するのが正しい事です。出来れば画像なんかがあれば良いですね。

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2022 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター