画像サイズ:2MBまで、画像タイプ:jpg, png, gif

ページ番号:440, 合計:9083:メッセージ
お名前:坂口 宏仁(さかぐち こうじ) ,2010-06-19 01:38:55 AM
題名: 書道の法帖『急就章』坂口宏仁
初めまして、今日は。私は兵庫県加古川市で書道をしております、坂口 宏仁(さかぐち こうじ)という者で御座います。この度、『急就章』という書道の法帖を書かさして頂きました。是非御覧下さい。
台湾の国立故宮博物院の院長にも見て頂いたものであります。『急就章 坂口宏仁』のホームページに、全文記載させて頂いております。何卒、宜しくお願い申し上げます。

お名前:松村 弘 ,2010-06-15 05:53:41 PM
題名: 大阪都」について
大阪府、大阪市を解体して大阪都にするのではなく「大阪特別市」にすべきである
1) 橋下知事は関西州を目差してる、関西州になれば「府」は不要になり、大阪都にしても意味がない、無駄である。
2)橋下知事は二重行政等を無くしたいといっているが、大阪市の経済力や人口は県と同等以上の経済力、人口を有している、だから統合する必要はない、却って競争原理が働く。
3) 世界の国を見渡したとき、戦後の世界の経済大国、米国、ドイツ、日本、そして今後の大国なりうる「ブリックス(BRICS)」、ブラジル、ロシア、インド、中国をみれば分かるように、必ず首都と経済都市は別々である(例外はある)。
4) 日本は世界の大国と渡り合って繁栄を持続しなければならない、その場合複数の拠点が必要不可欠である。地政学に見て日本に大阪以外にない。
5)東京府、東京市を廃止し、其々を東京都、区に作り変えたが何かよいことがあったか、何もない。
6) ゆえに大阪都にするのではなく大阪は府や州と同等の権限をもつ「大阪特別市」にすべきである。

お名前:松村 弘 ,2010-06-12 10:44:58 AM
題名: 日本再生(その10)
<教育 終戦後、GHQの監視下半強制的に聞かされたラジオ番組>

『眞相箱』の設問;
「第一次世界大戦において、日本から中華民国に提出された二十一箇条について御説明下さい。」
解説:1914年7月第一次世界大戦が勃発、我が国はこれを天祐と受け止め中国での日本の経済権益を拡大しようとした、その集大成が1915年の二十一箇条の要求であった。
 米国にとって中国における権益を守るため、中国に同情を示しつつ日本を敵視するという構図を深めていった。当時のウイルソン大統領は好戦的で、日本と対立し相互の誤解を創り出していったと評されている。ウイルソンは大統領就任直後閣僚に「中国を援助したいという切実な願い」を抱いていると語ったという。中国に傾いた米国の外交政策が事態を悪化させた要因の一つであった。
 日本は第一次世界大戦勃発時に中国での権益確保に乗り出した、しかし要求は以前欧米が手にしていた権益と同様あるいはむしろ「温和」だったとも評される。二十一箇条の要求で悪名を世界に馳せることになったのは、中国での権益を脅かされる欧米の反発や中国人の反日等、世界情勢を正確に読み取ることができなかったことだ。1904年頃の日本と違って1915年の日本は各国に警戒感を抱かせるほど力をつけていた。
 日本のとった道は正道とはいえない、しかし歴史の視点は当時の国際情勢の枠内に置いてみれば、日本のみが不当な要求をしていたとの構図と批判は当らない。
※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
(参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
『蹇蹇録』:日清戦争の発端から、講和会議、三国干渉(=1895年の下関条約の調印の直後、日本は清国から遼東半島を譲り受けたが、露・仏・独の三国が異論を唱え、遼東半島 [りょうとうはんとう] を清国(当時の中国)に返還させた事件)に至までの機密文書を用いて記した著作。外交文書が公開されていない当時においては特に、日清戦争時の外交状況を物語るほとんど唯一の資料として重視されている。
[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo /kenkenroku.htm ] 2010.06.05.

お名前:松村 弘 ,2010-06-08 05:12:00 PM
題名: 核拡散防止
-核保有国は身勝手-
 世界を見れば言うまでも無く核保有国は絶対的な発言権等の特権を持っている。核保有国が核を持ち続けるにはそれなりの大きな理由があるからである。だから核を持たない多くの国が何をさておき核を持ちたくなるのは当然の成り行きである。いくら米国が圧力を掛けても押さえることは難しい。核をこの世からなくするためには先ず現保有国が核を廃棄することが先決ではあるまいか。

お名前:松村 弘 ,2010-06-05 04:02:12 PM
題名: 日本再生(その8)
<教育-3 終戦後、半強制的に聞かされたラジオ番組>
『眞相箱』の設問;
「我が国が台湾、樺太、朝鮮を領有したのは日清、日露両戦役で、所謂侵略によってこれを奪い取ったものであるという解釈についてご説明下さい。」

解説:この設問自体元社会党が日本の戦った戦争は全て侵略戦争だったとする歴史観であった。米国占領軍は全て日本が悪かったのだと日本国民に植えつけようとした表現であり、さらに日清、日露戦争を侵略と定義したことが欺きの意味を持つ。
 日清戦争に関して当時の国際社会はどのように見ていたかは名著『蹇蹇録』には次のように書いてある。緒戦で勝利した日本に対して「世界の世論は一変して、日本を賛嘆し、あるいは嫉視するに至った」と書かれている。英国の『タイムズ』が「日本は、勝者たる栄誉を受けるに足りる軍功を挙げた。」と論評した。仏の新聞が「日本は清国に対してよりも、いっそう大きな勝利を欧州に対して得た。もう日本は、今後、したいことのできる独立の国である、日本は他の強国と同じように、もう勝手に他国の土地を取り、蚕食してもよいのだ。もう欧州列強も、日本のすることに干渉はできない」。このように当時は帝国主義価値観が国際政治の規範だったことは事実である。
 歴史の事実は、のの事実が発生したときの国際社会に照らしてみてはじめて公平な判断ができるのであり後の時代価値観で日本を非難するのは誰が考えても可笑しい、間違っている。

※ 「設問」はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で書かせたものである。
※「解説」は投稿者(松村)が参考資料を一部抜粋、一部書き換え、一部加筆等して書き上げた。
(参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ
『蹇蹇録』:日清戦争の発端から、講和会議、三国干渉(=1895年の下関条約の調印の直後、日本は清国から遼東半島を譲り受けたが、露・仏・独の三国が異論を唱え、遼東半島 [りょうとうはんとう] を清国(当時の中国)に返還させた事件)に至までの機密文書を用いて記した著作。 外交文書が公開されていない当時においては特に、日清戦争時の外交状況を物語るほとんど唯一の資料として重視されている。[http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/t-nie/200606/6-2/yohgo/kenkenroku.htm ] 2010.06.05.


お名前:seiji ,2010-06-04 06:57:15 PM
題名: 政治家を判断するには
政治家を見てくれで判断してはいけない。
ましてや、彼らの言葉を聴いて、真に受けてはいけない。
言ったことと真逆のことをするのが普通だからだ。
ただし、政治家になる気がなかった頃の発言は
政治家になってから言ったことより信じるに値する。

政治家を判断するには、彼の出自と履歴を調べ、
彼のやったことを調べること。
それ以外に何も信じてはいけない。

マスコミが盛んに宣伝して政界に送り込んでくる政治家は
もちろん、マスコミの大手スポンサーであるパチンコ業界や
サラ金業界、ヤクザ、創価学会等々の利権を拡大するための政治家だ。
つまり、マスコミが持ち上げる政治家は日本人の敵である。

政治家を判断するときの肝心なポイントは
彼がふつうの日本人の利益を代表しているのか
それ以外の特殊な集団(在日とか同和とか創価とか)
の利益を代表しているのか
そこを見極めることである。

ふつうの日本人はまじめに投票に行かない者が多く、その結果、
税金が特殊な集団のために優先的に使われるということがよく起こる。
自分の払った税金を、予期しない者たちに使われたくなければ
投票場へいくべきだ。

お名前:松村 弘 ,2010-06-03 05:16:48 PM
題名: 米軍基地問題について
-鳩山首相 沖縄の基地負担軽減-

5/27の全国知事会議で、橋下知事は「大阪は(安全保障を)ただ乗りしている。できるかぎりのことはしたい」と前向きな発言をしていた。しかしこの件は都道府県が協力するという筋合いのものではなく国が候補地を決めなければならない。場所はどこでもよいのではない、地政学的にみてどこが最適かである。橋下さんは分かっているのですか、基地問題を。

お名前:松村 弘 ,2010-05-31 10:41:38 AM
題名: 日本再生(その7)
§事業仕分け§
-人気取りで行っている事業仕分け-

事業仕分けはそんなに単純作業なのでしょうか、新米政治家がその場で決めてしまうほど簡単なことではない。いかに無駄を省いているか「民主党の宣伝場」である、劇場である。
 間違った事業仕分けで役所では仕事が増えたり等で本来の仕事が滞ったりで困っている、そのことによりまた余計な経費が嵩む、また同様に関連する多くの企業が困っている、そのことにより売上が減少し納税額が減る、悪循環である、そのことを民主党は知っているのですか。
 またこれは仕事に精通している人がするものであり、仕事が山積する政治家がするものではないはずだ。

お名前:松村 弘 ,2010-05-29 02:11:34 PM
題名: 日本再生(その6)
§鳩山首相「嘘の列挙」§
1. 最低でも県外へ
1.日米関係の深化の試み
1.親からの月々15,000,000円受け取る(恐らく間違いなく嘘!)
1.東アジア共同体の展開
1.拉致問題解決に
1.北方領土問題進展に
1.命がけで⇒恐らく首相の座を命がけで守っているのだろう

潔く首相の座を降りることを国民は願っている。世界に目を向ければ、欧州の希臘問題、中国の軍備拡大、北朝の魚雷、米国の権威低下、アフガン問題、核問題等山積している、日本は一時ももたもたしていられない。

お名前:坂口 宏仁(さかぐち こうじ) ,2010-05-28 01:05:35 AM
題名: 書道の法帖『急就章』坂口宏仁筆
失礼します。初めまして。私は兵庫県加古川市で書道をさせて頂いております、坂口 宏仁(さかぐち こうじ)という者です。この度、書道の法帖であります『急就章』を書かさせて頂きました。是非御覧下さい。台湾の国立故宮博物院の院長にも見て頂いたものであります。『急就章 坂口宏仁』のホームページに、全文記載させて頂いております。何卒宜しくお願い申し上げます。

お名前:大坂 ,2010-05-26 01:09:21 PM
題名: ○○府の話
被差別民として育った人間は
自分および同胞の社会的状況を改善したいと願う。
それも強烈に願うはずである。
そういった願いをかなえる制度がしかれている自治体においては
被差別民のほうが、一般市民よりも圧倒的に強い動機で
政治家・議員になろうと努力するだろう。そういう環境では
議席の大半が被差別民やモト被差別民によって占められる日はかならず来る。
そして、○○府は、まさにそのような状況にあるのだ。
こういった連中が、議会の中で多数派をしめれば、
税金の使い道を考えるときには、一般市民のためよりも
彼らの同胞のための配分を最大化しようと図るのは当然である。
たとえ、莫大な借金を○○府や○○市に抱えさせても
同胞の繁栄のために予算をつぎこもうとするだろう。

そして戦後60年あまり経過して
現在、○○府の財政は、かくのごとき破産状態に陥っている。

ある候補者を熱狂的に応援する人間は、彼の同胞である。
彼らほど熱心に、また確実に投票場に足をはこぶ市民は
一般人にはほとんどいない。
したがって、選挙があるたびに、一般市民は次から次へと負け組に転落する。
負けている理由も知らないほど愚かなのである。

ちなみに
維新の会は、そのスジに詳しい人々の間では
同和の会とも言われている。

お名前:松村 弘 ,2010-05-26 10:26:35 AM
題名: 日本再生(その5)
§教育§
[自然の掟に沿う教育]

何事においても自然の掟から外れないことが基本中の基本である。教育も然りである。現在平等の意味を履き違えているように思えてならない。伸びる者は伸ばす、長所は長所として更に伸ばす教育でしょうか、勿論前提には倫理があります。

「そもそも人間は平等ではありません。そんなフィクション(虚構)を前提に論理を展開するのはもうやめたほうがよい。優れた者が劣った者に惻隠の情をもつのは当然という教育をすべきだと、私は考えます。こうした教育によって、日本は孤高の国、品格をもった国家になればよいのです」

(参考資料)藤原正彦『国家の品格』新潮新書

お名前:松村 弘 ,2010-05-25 11:43:27 AM
題名: 日本再生(その4)
[道州制]
現在の都道府県単位では交通の発達等により狭すぎる、また競争原理等を生かし経済回復のためにもできるだけ早く道州制に手をつけるべきである。その場合、いうまでもなく国民が納得いく道州割りをしなければならない。現在東京特別区と大阪市は都道府県同等以上の力を持ち合わせている、日本の機関車役である、また更なる日本の発展のため世界の大都市と渡り合わなければならない、ゆえに道州と同じ権限を持つ「特別市」にすべきである。
 世界主要国をみれば分かるが殆どの国には必ず二つの拠点都市がある、一つは首都でもう一つは経済都市である、これは必然的にできたものである。複数拠点都市は交通、安全、内需拡大等に大いに貢献している。

お名前:松村 弘 ,2010-05-21 05:14:40 PM
題名: 日本再生(その3)
<教育-2>
終戦後日本は言論の検閲からはじまった。

 そして終戦後4ヶ月弱の昭和20年12月9日より『眞相はこうだ』というラジオ番組全10回が放送された。形式は反軍国主義思想の文筆家が太郎という少年に戦中の話を聞かせるものである。
『眞相はこうだ(英語名 Now It Can Be Told)』は、占領政策の一環として、日本から軍国主義を排除するため、GHQみずからが企画から演出まで担当したラジオ番組であった。その後、『眞相はこうだ・質問箱(Now It Can Be Told-Question Box)』、『眞相箱(Truth Box)』、『質問箱(Question Box)』と名称等を変えながら1948年1月まで約3年間続けられた。
これら一連の番組はCIEラジオ課の指導・監督を受け作成され、GHQの統制下で日本は思想を形成させられていった。

(参考資料)『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』櫻井よしこ

お名前:松村 弘 ,2010-05-19 10:00:28 AM
題名: 日本再生(その2)
<教育>
日本の教育の始まりは中世の寺子屋に遡り、その後江戸時代に実務教育の需要が高まり江戸や京都などの都市部に普及していった。寛政年間頃から農漁村へも広がり始め、江戸時代以降に益々増加した。そして明治時代に義務教育となった。嘉永6(1853)年黒船来航後、明治時代に国は富国強兵をめざし、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦後日本は名実共に欧米列強の仲間入りを果たした。第二次世界大戦終戦まで学校で「教育勅語」を習った。「教育勅語」(一部抜粋)⇒「・・・あなた方臣民よ、父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は調和よく協力しあい、友人は互いに信じ合い、慎み深く行動し、皆に博愛の手を広げ、学問を学び手に職を付け、知能を啓発し徳と才能を磨き上げ、世のため人のため進んで尽くし、いつも憲法を重んじ法律に従い、もし非常事態となったなら、公のため勇敢に仕え、このようにして天下に比類なき皇国の繁栄に尽くしていくべきです。これらは、ただあなた方が我が忠実で良き臣民であるというだけのことではなく、あなた方の祖先の遺(のこ)した良き伝統を反映していくものでもあります。・・・」
 65年前までこのような素晴らしい教育を受け日本を築き上げたのであります。
(教育勅語 http://kan-chan.stbbs.net/docs/chokugo.html)

お名前:松村 弘 ,2010-05-13 06:01:52 PM
題名: 谷亮子選手の選挙後⇒???
有名人を「票集め」に活用⇒民主党。
選挙に勝つことしか考えていませんか、自分のことしか考えていませんか、自分さえよければいいのですか、民主党よ。このままでは谷選手を潰すことになりかねない!


お名前:南瓜茶 ,2010-05-10 07:44:40 PM
題名: 今宮崎が大変な事になっている!
今宮崎が大変な事になっている!
宮崎県で今、口蹄疫が充満している。
口蹄疫とは家畜類にかかる病気で人がかかる病気ではないです。人間はかかりません。もし、口蹄疫にかかった家畜類を食べても何も起こりません。
しかし、口蹄疫は鳥インフルエンザなどの脅威な物に変わる可能性もあります。
そして今、宮崎で口蹄疫が流行り、6万頭に及ぶ牛、豚などが殺されています。
これは大変な事で日本の肉類食品の危機でもあります。
この病気は4月30日時点で発覚されており、宮崎県は政府に助けを呼びましたが、政府の方は動いていませんでした。
しかも今の農水産大臣は外遊に行っており責任放棄しております。
10年前に同じような事が起こりましたが、その時は1000頭以下で終わりました。いかし、今回は政府の無責任な行動により6万頭ものの牛や豚がころされています。
しかし、この様な大きな事件はメディアで報道されていません。
それは政府による情報遮断です。
情報遮断とは元々国民を不安にさせないようにするためにするものですが、今回の場合は国民にこういうような失態を知らしめないために情報遮断しています。
今の宮崎では緊急事態になっています。
もはやこれはバイオテロです。
そこでみなさんにこの情報をチェンメでみんなに知らせてください。
もし、これが嘘だと思うならインターネットで調べてください。
ユーチューブにも載っています
これがURLです!

http://www.youtube.com/watch?v=APQZDR36srg

これが今の政府です!
みなさんこの政府を許さないでください!!

いち早くこれを国民に知らしめてください。そして出来るならば政府にFAXなどを送ってください。

http://1cc.jp/eio7zy
ここにFAXなど記載されています。
本当にお願いします!!

宮崎県ではどんどん口蹄疫が広がっています。もうこれは情報遮断して良い程度ではないです!


お名前:松村 弘 ,2010-05-10 11:21:02 AM
題名: 「大阪都」について
大阪都でなく「大阪特別市」にすべきである

1) 橋下氏は関西州を目差しています、関西州になれば「府」は不要であり大阪都にしても意味がない、無駄である。

2) 次は「関西州」の話に、その場合「州都」問題がおこるはず、大阪市がなければ地理的等をみても京都が州都にすんなり収まるはず。大阪市がない方がよい。

3) 世界の国を見渡してください、戦後の世界の大国、米国、ドイツ、日本、そして今後の大国「ブリックス(BRICS)」、ブラジル、ロシア、インド、中国をみれば分かるように、必ず首都と経済都市は別々である。

4) 日本は世界の大国と渡り合って繁栄を継続しなければならない。そのために大阪を関西のみならず日本の拠点にすることが大事である。

5) ゆえに大阪は府や州と同等の権限をもつ「大阪特別市」にしなければならない。

お名前:松村 弘 ,2010-05-06 10:17:55 AM
題名: 鳩山首相の発言
「学ぶにつけ海兵隊は抑止力と思い至った、浅かったと言われれば、その通りかもしれない」。この発言をどう解釈すればよいでしょうか、何も知らないただの人が首相に収まっている、少なくても日本の運命を任せられる人ではない。きつい言葉ですがもっと首相にふさわしい人がなるべきではないでしょうか。

お名前:松村 弘 ,2010-04-30 02:01:14 PM
題名: 大阪再生(その5)
[発祥の地大阪] 発祥都市大阪

 人を引き付ける都市とは、芸術・学問・運動(スポーツ)等でその道の人々から一度は行ってみたい憧れの対象とされている土地、場所、すなわち憧れの場所(=メッカ)である。丁度、ミュージカルはニューヨーク、芸術はパリ、音楽はウイーン等である。しかし「お笑いは大阪」、「食は大阪」、「たこ焼きは大阪」あるいは「阪神タイガースは大阪」では少し淋しい! 以前大阪は、「煙の都大阪」であった、しかしこれも今一で、行ってみたいという気はおこらない。
 しかし「宮崎は新婚旅行のメッカ」、「代官山はおしゃれ好きのメッカ」(東京)、「新橋はサラリーマンのメッカ」(東京)なら一度はいってみたい気は起こるのではないか。
 「パリは芸術家のメッカだ」のように「〇〇は大阪」はないだろうか。大阪には大阪発のものが下記のように沢山ある。それゆえ例えば、「発祥の地大阪」ではいかがでしょう、そして「発祥の地大阪」を日本全国、全世界へ発信する。と同時に全国・海外からやる気満々人たちが大阪で学べる体制を確立させる。さらにその人たちが起業や就職に結びつく支援も怠らない配慮もしていく。

大阪発祥のもの
  <世界初>
   「即席麺」チキンラーメン
   「レトルト食品」大塚食品のボンカレー
   「折る刃」式カッターナイフ オルファ
   「リサイクル紙トレー」株式会社秀英の「ホッかる」
   「電卓」シャ-プ
   「プレハブ住宅」大和ハウス
   「焼肉屋」食道園
   「クレパス」サクラクレパス
  <日本初>
   「回転寿司」元禄寿司
   「動く看板人形」くいだおれ人形
   「ビヤガーデン」大阪駅前第一生命ビル屋上
   「公設市場」大阪市公設市場
   「カラー下着」鴨居羊子
   「おまけ付き商品」グリコ
   「うどんすき」美々卯
   「リサイクル紙トレー」株式会社秀英の「ホッかる」
   「私鉄」阪堺鉄道
   「民放ラジオ」新日本放送
   「地域通貨」ボランティア労力銀行
   「スーパーマーケットチェーン」ダイエー 昭和32(1957)年
   「テレビの視聴者参加トーク番組」朝日放送
   「アニメCM」ヤン坊マー坊の天気予報
   「領布会」千趣会
   「本格ネオンサイン」大阪クロード株式会社
   「万能薬」仁丹
   「マラソン」阪神間20里長距離競走
   「ターミナル・デパート」阪急百貨店 昭和4(1929)年
   「近代貨幣」造幣局
   「国産ワイン」赤玉ポートワイン
   「自動車学校」松筒自動車学校
   「アイビールック」VAN
<日本初>
  漫才の祖:  明治34(1901)年ごろ 千日前
  きつねうどん:明治10年代ころ
  親子丼:   明治36(1903)年ころ
  お好み焼き: 昭和10(1935)年すぎ(昭和のはじめは洋食焼)
  動く歩道:  昭和42(1967)年 阪急梅田駅
  自動改札機: 昭和42(1967)年 阪急北千里駅
  自動券売機: 昭和42(1967)年 阪急北千里駅
  人形浄瑠璃: 慶長(1596~1615)ごろ
  国産ラジオ第一号:1925年
  コーヒ-フレッシュ:メロディアン(ポ-ションタイプ)
  本格国産ウイスキ-
  オムライス:大正14年
  全国高校野球(夏):1915年豊中

[一部参考資料]
インターネット
井上理津子(2007)『始まりは大阪にあり』ちくま書房

戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455



Flag Counter
KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD.
5th Floor Kunieda Building, 2-8-86 Nambanaka, Naniwa-ku, Osaka, 556-0011 Japan
E-mail
Phone:81-(0)6-6631-1718
Facsimile:81-(0)6-6631-9771

Copyright (c)1996-2022 KOKUSAI INTERPRETING CO., LTD. All Rights Reserved.
There have been アクセスカウンター visitors to this page since November, 2008
アクセスカウンター